フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:Jリーグ

先週の水曜日(5/17)にFC岐阜とロアッソ熊本の試合を観戦に岐阜県の長良川競技場に行ってまいりました。


岐阜に行くのは実に2年振り。
前回はアニxサカがどんな感じで行われてるのか見てみたくて、vs東京Vだったんですよね。
あの時は岐阜城に大仏殿、長良川の日帰り温泉と岐阜を堪能しました。

2年前とまず変わったのは新東名!岡崎まで繋がった事で少し早くなった感じ。
当然、途中のサービスエリアにも寄り道します。


長篠設楽原PAは戦国コンセプトのPA

甲冑があったり

火縄銃売ってたり

直虎は今が旬!こんなデフォルメされた可愛らしいパッケージもあったり

続いて岡崎サービスエリア

スガキヤだったり

手羽先を買って食べました。
矢場とんもフードコートに入ってて、もう完全に愛知県だなぁって感じです。

こんな所で雪ミクに会うとは思わなかった。

さて、今回の遠征寄り道もちゃんとして旅行としても楽しんできました。

向かった先は…
国宝・犬山城!
木曽川の辺にあるこのお城は、長良川競技場からも車で1時間圏内。前回の旅路で諦めていただけに、来れたのは嬉しい(ただし、お城の知識は無い。)



お城までの道筋で神社に参拝し、御神籤とおもかる石で願いを込めてみた。
折角サッカーの遠征だったのでアスルと沼津の街の賑わいを願ったんですけど、石は重くは無いけど、凄く軽くも無かった感じですかね(笑)
御神籤も「悦」悦びを与えれば力になる。とな…そういったブログや活動をしていきたいものですね。

天守閣で木曽川の素晴らしい景色を一望すると、これを見るために来た価値があったなぁと思いました。

お土産屋さんで外人さんに色々聞かれたり、城下町を散策したりして頃合いになったのでスタジアムへ移動。



この日のマッチデープログラムの表紙は清水エスパルスからレンタル中の福村貴幸選手。
実はこの遠征。昨年からエスパルスにどハマりしてる10年来の友人(正直こんなハマる人だとは思わなかった。)が福村選手推しで観に行きたい!との事でやって来たので良いタイミングで来れたなぁ〜と思いました。

選手のパッケージの飴は面白いですね!小袋まで全部そうらしいです。(しかし、袋開けるのちょっと気がひけるな:笑)

さて、岐阜と言えば屋台村!スタグル堪能するぞぉー!

飛騨牛コロッケのおじさんご夫婦と2年振りの再会!
覚えてないだろうな。って思ったけど、「おじさん!2年振りに岐阜来たよ!」って話しして、まだ混む時間じゃ無かったから先週B級グルメフェアでエコパ行ったんだぞ。とか、三島に今度また行くから。とか、それにアスルクラロ沼津を今応援してて、岐阜に居た染矢選手いるんだよーとか話が盛り上がりました。
奥様も2人ともお元気そうで良かった。

勿論、飛騨牛の串とか飛騨牛バーガーとか(牛ばっかりか!)後、鶏ちゃん唐揚げも(2つ食べた所で肘を引っ掛けて全て地球に食べさせるという失態)目移りするご当地グルメは遠方から来た自分達や熊本のサポーターを魅了しました。

今年からNBにユニが変わった為か古いウェアを安く買って、試合中は緑色を着て試合を観戦。ニワカサポです(笑)でも、折角の岐阜!応援もするし全力で楽しみます。



岐阜の空はとても綺麗だった。

ナイトゲーム用に緑のキンブレ売ってたけど、あれ評判どうなのかな?

沼津から上土のPRしてるあげっこ缶バッジをさり気なく連れて行きバックスタンド中央の前列を確保。

試合は大木監督のサッカーを最後まで貫く岐阜と、体の強さで勝負する熊本の対照的なスタイルがぶつかり合う好ゲーム。

沼津出身の庄司選手は凄いね。遠藤ヤットみたいだった。永島選手、シシーニョ選手との中盤は中々に魅力的。
永島選手のファインゴールも素晴らしかった。

お目当だった大木監督のサッカー。エスパルスからレンタル中の福村選手。
一度見てみたいと思っていた庄司選手に難波選手。後、あの変わったFK(笑)
それと熊本も、昨年までアスルクラロに居た光永選手に「ムァキ」こと巻選手も見れて満足。

試合は岐阜が追いつけずホームで残念な敗戦。挨拶に来た福村選手に声かけたかったけど、地面蹴るほど悔しさを露わにしてたからグッと我慢。頑張れ福村選手!
カモンロアッソ見れたからそれはそれで、おぉーってなったり。

夜10時前にスタジアムを出発し、静岡に日付またぐ位には帰宅。今回の遠征も岐阜は楽しかった。今度はゆっくり来たいね。岐阜本当良い所。

そういえば、バックスタンドが変わってた。上が今年。下が2年前。

※はじめに※
今回の内容はアスルクラロ沼津以外の方々にも出来れば読んで頂きたい内容となっております。出来る事なら最後までお付き合いいただければ幸いです。

1s
5
2n



無題
3
4

上の2つを見て何か違いにお気づきだろうか?
上3つが今シーズン・アスルクラロ沼津が戦ったホームゲームでのベンチ入りメンバー
下3つが今シーズン・アスルクラロ沼津が戦ったアウェイゲームでのベンチ入りメンバーである。

ホームゲームでは7人、アウェイゲームでは6人がベンチ入りしている。


なぜアウェイでも7人ベンチ入りさせないのか? 単純な話である、遠征費が足りないのだ。

今回タイトルにつけた「Ready for」国内最大のクラウドファンディングサイト。

このサイトでアスルクラロ沼津は遠征費及び選手のコンディション維持費を現在クラウドファンディングにて行っている(5/31迄)
2017年J3リーグ参入!アスルクラロ沼津、次なるステージへ!!

クラウドファンディングとは

「なんだよ。募金しろってかよ」
 と言う話がしたい訳では無い。
(勿論力を貸していただけたら嬉しいが今回したいのはそう言った話ではない。)

日本ではまだまだ馴染みの無いクラウドファンディングであるが、このサイトを見て行くと様々なジャンルへ資金を求めている団体がいる。
スポーツのジャンルに限ってみても、障碍者スポーツ、海外への援助、マイナースポーツ団体と多岐に渡る。

その中でちょっと気になったのがプロバスケット・B2リーグの鹿児島レブナイズだ。
Bリーグと言えば、Jリーグ初代チェアマンの川渕三郎氏がチェアマンに就任し、昨年華々しい幕開けを飾ったばかりだ。

そのBリーグのチーム。鹿児島レブナイズが経営難で存続の危機に瀕しているらしい。
財政難に苦しむ鹿児島レブナイズの現状、Bリーグの手厚いフォローがクラブの再生を支える
(BASKETBALKING)
財政難でチーム消滅危機!存続へ向けた最後の挑戦に力をください
(Ready for 鹿児島レブナイズ)

Ready forでの期間は後8日。(5/11現在)
仮に達成され今シーズンを含め乗り切ったとして、財源確保へクラブは難しい戦いを強いられるだろう。
Jリーグでも先日のV・ファーレン長崎の経営危機。古くは横浜フリューゲルスの消滅。
(JFLカテゴリで言えばSP京都や企業チームの退会。特にアスルクラロ沼津にとっては同じ東部にあったジャトコサッカー部の解散は、しばしDAZN等でも話題に挙がる。)

決して対岸の火では無い。
だから「我々が何をする」と言う事ではないが(可能であれば少しでも助けてあげてほしいとは思う。応援するクラブが消えるのはやはり見たくない。)、アスルクラロ沼津のクラウドファンディングから鹿児島レブナイズのページを見つけてそう感じ。書かずにはいられなかった。


…SC相模原との試合で楽しむ沼津サポーター&相模原サポーターの皆さんの姿を見て、今ここに大好きなサッカーや大好きなチームがあるのって改めて幸せな事だな。と思い。
特に沼津はJリーグに上がって「今まさに上へ上へ全力で進んでるタイミングで、ちょっとこういう湿っぽいと言うかマイナス的な話を書くのはなぁ…」って何度も書かない方がいいのかなって自分の中で葛藤があったけど、だからこそ今のチームや応援を全力で楽しみたい。色々な人達の思いが詰まってるからこそ、出来る事からサポートしたいと感じました。
このブログFBMの住人の人も閲覧して頂いた皆様も皆応援しているチームはそれぞれ違うと思いますが、「今そこにあるサkk」←言いたいのはこれです!

なんともおセンチなお話を長々と見て頂いた方々!ありがとうございましたm(__)m
なんか答えのないし、メンドクサイ話を書いて後で後悔しそうですw

そんなこんな、さぁ!まだまだ走りますよー!アスルクラロ沼津!

見た事無い夢の軌道 追いかけて!

こんにちは。週末に恐ろしい忙しさに襲われて、今年のGWはどうなるやら…と早くも戦々恐々としている私です。

4/16日曜日に行われた清水エスパルスvs大宮アルディージャの試合をDAZNにて先ほど観ました。
大宮の10番を背負った、元清水の10番・大前元紀選手を敵としてIAIスタジアム日本平にて迎え撃つ一戦。

0円移籍やら色々ありますけど、やっぱり私にとってはエスパルスを見始めた時の10番はもう大前選手だったし、これから何年経って何があってもそれは変わらない事なのです。

さて、では試合を見て気になった点をいくつか書いていきたいと思います。

=清水エスパルス=
村田選手の先発起用。
・この日、右サイドの先発は村田選手。清水の小林監督が言う通り好調ですね。清水に移籍してから一時期は言い方が悪いかもしれませんが、縦さえ抑えてしまえば怖くない選手といった感じになっていましたが、中への切り込みが昨年から増え周りと連携が良くなったことも大きな要因だと思います。この日も32分くらいに大きなチャンスを迎えた時に中へのカットインを選択。それまで外、外で来ていてここ一番で中を使ったのは面白い選択だなぁ。と感じました。それまでの展開も良かった。

野津田選手のボランチ
・六平選手&野津田選手のコンビとなったボランチですが、悪くないというか思ってる以上に野津田選手がはまっていて驚きました。竹内選手&河井選手の離脱でしばらく不安だなと思っていた故にちょっと安心。

リーグ戦初出場のチアゴ・アウヴェス選手
・ 後半チアゴ選手が投入され攻勢を強めていた清水が一時的にバランスを失いました。これは連携不足によるものだと思いますが、ルヴァンカップの時もそうだったんですが、チアゴ選手が位置を少し下げたら全体的にリズムが戻った感じがしました。足がもつれるシーンもまだまだあり、DAZN解説の興津さんも仰ってましたがまだコンディションは万全ではないのかもしれません。この辺りは徐々に合わせていくのではないでしょうか?

 後半40分以降の白崎選手
・ 0-1でビハインドだった後半の残り少ない時間帯。同点ゴールを挙げた10番の白崎選手はボランチに位置を下がっていました。が、ボールの配球が素晴らしかったなぁと思いました。大宮の茨田選手も試合を通して素晴らしい配球で起点になってました。(途中で消えたけど)

あと細かい事だと松原選手のステップからのシュートが良さ出てるなぁとか、チョン・テセ選手の終盤まで体を張った粘りやポスト、金子選手のチェイシング…。そして選手の配置を変えながら攻撃的なカードを上手く切って行った小林監督の采配と選手の適応力が勝点1以上の価値を残したのかなと感じました。
それと1点入った後のスタジアムの雰囲気はやっぱり凄いなぁと。同日開催された磐田vs鳥栖でも同じこと感じましたけどやっぱりホームの雰囲気って凄いですよね。(改めて
 
 =(少しだけ)大宮アルディージャ=
前半脅威を与えた江坂選手
・江坂選手には前半良い様に料理されてました(汗  もう大体ここら辺も解説の興津さんが全部話してますが、対面した松原選手が左利きの江坂選手に随分と苦しめられました。清水GKの六反選手が好セーブしたシーンをもし決められていたら…と思うとゾッとします。

6連敗と絶不調の大宮…と思っていたんですけど、思ってるよりチームの状態は悪くない様に感じました。結果が出ていないという点は勿論良いものではないですが、チームが崩壊してるわけでも無いしやる事が出来てないというわけでも無いので寧ろ、変なスパイラルに入らないと良いなと思うくらい。


それにしてもホーム初勝利がまたお預け。ピギィ
 

こんにちは。先日の12日に開催されたルヴァンカップ 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌を観戦してまいりました。

昨年の今頃、セレッソ大阪戦を観に来た時も同じ様に桜が満開の時期だったなぁと思い出しました。



試合前には桜の木の下でお花見している清水サポーターの方々もいらっしゃいました。

この日のスタグルは鐘庵のツートップ丼
桜の季節にちなんで桜海老が入っているものにしました。

現在、怪我人を多く抱える清水は二種登録の選手やルーキーを起用し急造チーム。試合内容を求めるのは酷だったのではないでしょうか?
その中でも17歳の平墳(ひらつか)選手の柔らかい足元や新加入のチアゴ・アウヴェス選手のドリブル突破は攻撃に新しい風を与えてくれそうな予感を感じました。



今週末、エスパルスは前10番の大前選手が移籍した大宮アルディージャと対戦します。他会場でもJリーグが開催されます。
試合の開催されるスタジアムには総合運動公園等も多いので、お花見がてらJリーグ観戦に出かけてみては如何でしょうか?
暖かい春の陽気、気持ちいいですよ!

こんばんは。代表戦を観戦しながら先週のアスルクラロ沼津のJ3初陣となった試合の記事を書いております。

2017-03-18-11-33-34

と、言いつつも当日なんですが私かなり舞い上がってしまってました。(反省)
前日全然寝付けずに、DAZNでドルトムントの試合見始めたら余計に眠れなくなり、ほぼ寝ずに高速道路で沼津まで(危ないわ…)
試合当日にお会いした方々、もし失礼がありましたら大変申し訳ございませんでした。 

そんな訳で、9時半頃に愛鷹に到着。(キックオフは13時)
2017-03-18-09-49-14
2017-03-18-09-49-16
2017-03-18-11-32-29

フードエリアの「アスルキッチン」は19店舗の過去最大!
富士開催の時に食べた”つけナポリタン”のお店もありました。

◎今日の愛鷹オススメグルメ◎
うみゃあもん工房さんの「富士山はんぺん
注文からフライヤーで2度揚げするはんぺんは美味!
その場で揚げるからこその美味さである。愛鷹にお越しの際は是非ご賞味ください。

2017-03-18-12-24-46

2017-03-18-12-24-42

2017-03-18-12-25-02
 
 お馴染みのアスルドダックさん(@azuldduck12) 今年もホーム・アウェイのサポーター関係なく一緒に太鼓を叩いて、スタジアムの楽しさを伝えていました。
2017-03-18-11-55-30
 
DAZNだぞーんもブースが出てました。
2017-03-18-11-32-13

◎Jリーグになって変わった事◎
Jリーグになって変わったなと体感した事をいくつか

2017-03-18-11-32-01
ホームゴール裏への導線が変わりました。今まではメインスタンドの脇からスロープを降りて入場出来ましたが、今年はぐるっと大回りする形になりました。上の写真の左側の点線→がそうです。
(途中の階段から試合が丸見えなのはどうするのだろうか?とか余計な心配したり) 
また、ゴール裏もJFL時代のバックスタンドからゴール真裏に変わりました。 (今年のバックスタンド解放はありません。)

それと手荷物検査が実施される様になりました。スタッフの方が「すみません。今年から手荷物検査が…」って言われるまで手荷物検査が昨年まで無かった事に気づいてなかった私です(笑)

2017-03-18-11-50-22
 
2017-03-18-12-39-37
 
2017-03-18-12-51-20
 
ゴール裏とメインスタンドの写真。
ちゃっかりラブライブ!フラッグが映りこんでいますが、この日はラブライブ!サンシャイン!!がきっかけでアスルクラロの試合に足を運んでくれた方、他チームのサポーターながらアスルクラロ沼津の船出の試合に足を運んでくれた方々もいらっしゃいました。本当にありがとうござます&ようこそ愛鷹へ。と同時に、沼津ダラーズの皆様を中心に繰り広げられる楽しい愛鷹の雰囲気と沼津の街を楽しんで帰って欲しい!と思いました。

水戸サポのほりひでさん(@horihide0722)がラブライブ!の中で出てくるルビィちゃんのゲーフラを作ってきてくださいました。いつか水戸とも対戦したいですね。アニxサカ…公式でやってくれないかなぁ
2017-03-18-13-58-58
 
対戦相手の福島ユナイテッドサポーター からは試合前に「ようこそJ3へ」の横断幕が(この時は「へ」の文字に気づいてなかった。

2017-03-18-12-49-20

さて、ここからは真面目に試合の話です。
アスルクラロ沼津Jリーグ公式戦初スタメンの栄光を掴み取ったのはこの11人

myboard

 3選手全員が新加入となったGKは石井綾(りょう)選手がスタメン。
DFの左には国士舘大学から加入したルーキーの藤嵜選手が抜擢された。
中盤にはヴァンラーレ八戸から加入した菅井選手。2トップはお馴染みの青木選手・薗田選手

過去数シーズンを見ても、JFLからJ3へ新規参入したクラブは好成績を収めているが、リーグが変われば戦い方も変わる。現在のアスルクラロ沼津のサッカーがJ3のクラブにどこまで通用するか?
J参入の興奮の中、冷静にそんな点にも注目して試合を観戦した。(のちにDAZNで再度試合を見直した。)

◆十分に戦えたストロングポイント◆
まずJ3初試合という事で、チームに硬さがあるのではないか?と心配したがその心配は必要なかった様だ。
アスルクラロ沼津のサッカーをやれていたと思う。それにチームの熟練度という点で昨年のそれより良くなっている印象。
特に1つの攻撃が終わった後の相手のクリアボールをしっかり奪取しセカンドボールをモノにできていた点、プレスのかけ所も徹底されていた。
何より、このチームのストロングポイントである中村亮太選手、尾崎瑛一郎選手の右サイドからのアタックは十分に機能していた。特に中村選手は交代まで終始相手に脅威となり続けていました。
ただ、欠点を言えば手数をかけ過ぎて行き詰る場面もあった。シンプルにダイレクトで叩けた時の方が福島としては嫌そうだった。勿論、福島もそれはわかっていてキックオフからずっとサイドにボールを運ばれると必ず2枚で挟み込む守備を徹底し攻撃の芽を摘もうとしていた。

◆先制できなかった代償と課題◆
前半一番のビックチャンスとなった菅井選手の抜け出しから薗田選手のヘッドを外してしまったアスルクラロ沼津。前半44分と言う前半終了間際の時間に手痛い失点をしてしまう。
右サイドで星選手にターンで沓掛選手を外されるとアレックス選手のキープからCB田中選手とSB藤嵜選手の裏のスペースを使われ失点。
直前にも左に流れたアレックス選手のキープからカットインした星選手に、誘い出された中盤のスペースを自由に使われ最終的にはシュートがポストをかすめたシーンがあった。
左右は違ったが、形としてはボランチが外されCBが飛び込めない状況を作られた点では遠からず近いものがあった。
前半ATの田村選手のミドルがバーに当たり肝を冷やした。嬉しくない時間の失点であった故にハーフタイムの笛に救われた感が否めなかった。

1点を追いかける後半15分。今度は右で溜められた後、CB田中選手の裏を今度は田村選手にしてやられる。失点までのボール回しやプロセスは異なるが、ラストパスから失点したエリアは同じ。実はこの左の裏とボランチが釣り出された時のバイタルのエリアは前週のトレーニングマッチでも個人的に失点に絡み、気になっていたエリアだったので今後チームは修正をかけていくのだと思います。守備面で現状のチームが抱えている課題かもしれません。

 ◆新戦力の躍動と歴史に刻んだJリーグ初ゴール◆
2点を追いかける事となったアスルクラロ。後半24分に2トップをそっくり入れ替える。
190cmのわかりやすいターゲットマン渡辺亮太選手とドリブラーの小牧成亘(まさのぶ)選手を投入。
吉田監督の交代策はすぐに結果を残した。選手投入僅か4分後の後半28分、左でボールを受けた小牧選手のドリブルから中村亮太選手のふわりとしたパスに渡辺亮太選手がトラップからボレー。
アスルクラロ沼津にとってJ初ゴールは、新加入の渡辺選手がアスルクラロサポーターが待つホーム側のゴールへ突き刺した。 

J初ゴールという喜びと同時に、昨年までに無かった新しい攻撃が結果を出した点も大きい。
この後、中村選手に変えて白石選手を投入するという昨年からある交代パターンも加え、更に攻撃の手を強めたが、同点ゴールまでは至れずJリーグの舞台での初戦は惜しくも1-2の敗戦で終わった。

しかし、悲観する様な試合では一切なかった。勝利という結果で初陣に華を添えかった。という気持もあるがこの日出た選手だけでなく、昨年のチームに攻守において新しいオプションが増えているという事は長いシーズンにおいて大きな助けとなりそうだ。(とはいえ、負けたのは悔しかったですけどね!)

2017-03-18-14-55-57
2017-03-18-14-56-24
 
敗れはしたが、アスルクラロ沼津はJリーグという新たな海で確かな1歩を歩み始めた。
0から1へ、全てはまだ始まったばかり。
(…って次もうダービー!サトミキもくるんだって!)


 ◎試合後、沼津ご飯◎
昨年の最終戦後、キャプテンの尾崎選手から「沼津で美味い物とか沢山食べて帰ってください!」的な言葉があった。
私自身沼津の地元民では無く「それもそうだな」とその言葉を聞いてから試合後の楽しみにしている。
(幸いにもラブライブ!サンシャイン!!関係のフォロワーさんの影響で色々ご飯屋さんに限らず商店街のお店を最近知る事が出来たのも大きい。)
「折角、沼津を訪れて頂くからにはサッカーだけでなく色々楽しんで欲しい。」という思いからちょっとこういった企画をちょっとやってみようと思う。

今回伺ったのは上土商店街の「浜忠」さん。ベイビーフェイスなイケメン店員さんに注文し海鮮フライ定食を頂く。エビフライとか久しぶりに食べたけど、プリッとしてて美味しかったです。
余談ですが、このお店最近ラブライバーの方々からも人気でして丁度ご飯食べてお会計する時に夕方の地方ニュースでアスルクラロの試合流れたんですが、ラブライブ大旗がバッチリ映ってまして、ちょっとざわついてました。(尚、私はこの時カウンターで中にアスルユニを着ておりまして、何故かちょっと恥ずかしいw)
2017-03-18-18-17-11

更に初回という事で栗せんの「ほさか」さんにもお邪魔しました。(と言ってもこれは試合の日じゃないんですけどね。)
創業89年の老舗和菓子屋。奥様の優しい笑顔が印象的でした。駅南口からも近いので良かったら寄ってみてください。
2017-03-11-17-52-16

 次はあの流れるお店に行ってみたいなぁ…(続く)

このページのトップヘ