フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:HondaFC

今日、日本では日付が変わると共に開幕したロシアワールドカップ。開幕戦はロシア代表のゴールショーとなりました。
我らが日本代表は直前の監督解任等、色々騒がれましたが今出来る事を全てぶつけて欲しいものです。


このワールドカップ開催に伴いJ1リーグは中断期間に入っていますが、J2、J3リーグと国内サッカーは裏で行われています。

そんなリーグ戦と共に天皇杯は2回戦までが終了しました。
去る5/13 アスルクラロ沼津も天皇杯を目指し、静岡県代表を決めるスルガカップ決勝を藤枝総合にてHondaFCと戦いました。
IMG_3134

■戦いたかった相手HondaFC■
今年個人的に一番対戦を心待ちにしていた相手がこのHondaFCでした。
恐らくその気持ちは例え天皇杯に出て、勝ち上がった先で鹿島アントラーズと戦っても変わらなかったと思います。

JFL2年目からアスルクラロ沼津を見始めた私にとってもHondaFCというチームは特別な相手。
そして絶対に乗り越えたい、乗り越えなければならない相手。
JFL時代手も足も出なかった。JFLラストイヤーのHondaFC戦も防戦一方だった。

昨年のスルガカップ、HondaFCがベストアマチュアで静岡県予選に居ない中、アスルクラロ沼津は静岡県代表の座を掴んだ。その先にあったのは、京都との熱戦、マリノスへの挑戦だった。
「あのステージにまた立ちたい。またあの景色の中で今のアスルクラロがどこまでやれるのか戦いたい。」
一度覚えてしまったあの感覚を簡単に譲り渡したくない。

そして、この段階でアスルクラロ沼津はJ3リーグ1位、HondaFCは前節敗れJFL2位に後退したものの(この試合の直後に再度1位に浮上した)お互いに良い状態でこの試合を迎えた事。

全ての舞台は整っていた。何より、試合前にアスルクラロ沼津のコールリーダーから
「HondaFCには今まで0勝7敗1分(1得点18失点)かもしれない。でも自分達はJ3リーグの厳しい戦いを沢山戦ってきました。そろそろ勝ちたい!」

この言葉が凄く刺さりました。
J3の洗礼を浴びた愛鷹での開幕戦福島。ATに追いつかれた相模原戦、高温多湿の琉球戦、秋田の熱戦。
アウェイの厳しさを見せられた栃木、鳥取、藤枝や長野戦。
そして最終戦の優勝をかけた栃木との激闘。
2017シーズンのアスルクラロ沼津は厳しい戦いも沢山経験してきた悔しい想いも山ほどしてきた。

この日、アスルクラロ沼津のゴールに襲い掛かった児玉選手や大町選手、遠野選手等、HondaFCの選手も確かに素晴らしい選手。
でも、昨年アスルの前には色々な選手が立ちはだかってきた。秋田の田中選手、相模原のジョン・ガブリエル選手。何より栃木のペチュニク選手。天皇杯ではオリス選手や斎藤学選手、ウーゴ・ヴィエイラ選手。

色々な強敵と戦ってきた事をこの言葉で思い出した。JFLからJ3に昇格して1年。ここまでの全てをHondaFCにぶつけれれる事がとても幸せなことに思えた。


IMG_3142

FullSizeRender

IMG_3144

IMG_3145

キックオフが近づくにつれて、雨脚はより強くなった。
それでも応援エリアの芝生席には多くのアスルサポが集った。

試合が始まると序盤はHondaFCが攻勢に出た。縦に速いボールから児玉選手と遠野選手がゴールに迫る。
体格に秀でる児玉選手を必死に徳武選手や藤原選手が抑える。沼津の右サイドを抉ろうとする遠野選手やDFを振り切ろうとする児玉選手を右SBの熱川選手を含めたDF陣のカバーリングで何とか抑え込む。

時間と共に速攻が決まらなくなってきたHondaFCはボールを保持して厚みのある攻撃を展開。

myboard

HondaFCの攻撃にはいわゆる「スイッチが入る」瞬間があってサイドからパスを横に回して後ろが上がってくる時間を作り、中盤と最終ラインのスペースとSBの外に一気に人が流れ込んで来て相手DFのマークの受け渡しでのズレをついってきます。
それでも、沼津もそこをしっかり狙い目にしていて、中盤の普光院選手や富田選手がこのタイミングを付いてボール奪取。

HondaFCは前に人数をかける分、後ろは薄くなるので前半途中から徐々にではありますが、畑選手・田中選手の前線が機能して前を向ける時間が増えてきました。

■再び立ちはだかった男■
試合は正に互角の戦い。むしろ後半に至っては徐々にリズムをつかんだ沼津の攻勢な時間が続きました。
何より嬉しかったのが、沼津のサッカーがここまで積み上げてきた「沼津らしいスタイル」のサッカーだった事。
しっかり守って前へ長いボールを供給しながらチームを押し上げる。普光院選手、富田選手が太田選手が、そして時には最前線の畑選手が守備にも走り相手に自由な状態で蹴らせない。

応援しながら、久々の現地観戦だった事もあってか「これが沼津のサッカーだよな…」とグッとくるものがありました。

それでも中々ゴールネットを揺らせずにいた沼津にあの男が牙をむいた。

後半も残り僅か、HondaFCボールのスローインになった瞬間、本当に少しだけマークの付きが遅れた。
百戦錬磨の男はこれを逃してはくれなかった。大町選手のフリックを叩きこんだのは、JFL時代最後の戦いでも決勝点を挙げた古橋達弥選手だった。

懸命に同点ゴールを目指した沼津だったが最後までゴールネットを揺らす事は出来なかった。
全国への扉は閉ざされた。そしてHondaFCには僅かに届かなかった。
悔しかった。それでもギリギリ届かなかったのが現実だった。

■いつかこの地に立つ為に■
6/6 IAIスタジアム日本平に私は居た。
IMG_3480

IMG_3479

天皇杯に出場出来たら鹿島まで行くんだ!と休み申請を以前からしていた。
HondaFCとの戦いで天皇杯出場を逃したのでFC今治の試合を観に来たのだ。

IAIスタジアムで初めてエスパルスを敵に回す時はアスルクラロ沼津で

清水エスパルスをキッカケにJリーグを見始めた自分にとって、そう以前から考えていたがJリーグを目指す今治をこの日は応援しようと決めた。


IMG_3481

IMG_3487

FC今治は勇猛果敢に戦った。元金沢の太田康介選手や元ソニー仙台の有間選手が居る事に驚いた。
ポゼッションしながらJ1相手に臆することなく闘った。通用していた部分と足りない部分がハッキリわかる試合だったが、持てる全てをぶつけていた。

J1の清水は初めて対戦相手として見たが、やっぱりJ1のチームは部分部分で上手さが段違いだった。危うい場面もあったが、GK西部選手のシュートコースの切り方は抜群だったし、決勝点のシーンは速いクロスを正確に捉える辺りは流石だった。

IMG_3493

IMG_3495

IMG_3497

FC今治のサポーターの皆さま
突然の応援参加にも関わらず、暖かく仲間に入れて頂きありがとうございました。
JFLでの時期も被っておらず、縁は無いチーム同士ではありますが、試合後にお話させて頂いた時にも交わした言葉「沼津で、今治で会いましょう!」
IMG_3489

今治の戦いを見て、改めて来年リベンジして天皇杯に出たいと思いました。

次は沼津のユニフォームを着て、まだ見ぬ強敵に挑みたい。
何でも思うようには行かないかもしれない。でもそれに立ち向かって、前を向いていつか手に入れると


日本サッカーは様々。アマチュアにプロ、目指す場所も違うかもしれません。

余談ではありますが、藤枝でのHondaFC戦の時、隣接のグラウンドで試合をしていた沼津西高校の応援をアスルクラロ沼津のサポーターが一緒になって応援し0-2から追いつきPK勝ち。(自分はPK戦の時に見に行ったのでそこしか見れませんでしたが)

「最後まで諦めない」大事な事を改めて思い出させてくれました。ありがとう!

沼津西高校はアスルクラロ沼津のGK福留選手が指導に参加されており、偶然にも同日に会場が重なる。そう言った偶然が繋がりを産んだ事は同じ地で活動しサッカーを愛する仲間としてとても良いなと思いました。


高校生もJ1のプロも、その全ての頂点が日本代表だと思います。
様々な物議を呼んだ監督交代、立ちはだかる強敵。あれこれ言っても過去には戻れない。
今出来る事全てをぶつけてきてください。頑張れ日本代表。

あーだ、こーだ…では無く、戦うチームが自分は見たい。

2017-08-26-17-30-32

こんにちは。
8月も残すところ数日となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
ここ数日、夏の疲れが溜まっているなと実感し私は過ごしています。

さて、8/26(土)に都田サッカー場で開催された
JFL2ndステージ・第6節 HondaFC vs 東京武蔵野シティFC
の試合を観戦して参りました。

実は先々週のアスルクラロ沼津とのトレーニングマッチで初めてこの都田サッカー場に足を運びましたが、やはりHondaFCは強いなぁと。
TMを観戦されていたアスルクラロ沼津のサポーターの方とも話で出ましたが、「HondaFCがあるだけで、J3で上位だろうが調子に乗らず、もう一度謙虚な気持ちに戻れる」
その通りだなぁ…と感じます。
image
アスルクラロ沼津のTM時の写真

天皇杯でもJ1で現在6位のジュビロ磐田相手にPKまでもつれ込む試合を展開したアマチュア最高峰のHondaFC
普段J1等を見ている方々には馴染み無いかもしれませんが、アマチュアでは別格の強さ。
かくいうアスルクラロ沼津もJFL時代1度も勝つ事は出来ませんでした。

2017-08-26-17-29-47

余談が長くなりましたが、試合当日は夕方に都田サッカー場の近くに駐車しました。
公式戦での観戦は初めてだった為、ホームページで駐車場を確認。
時間がキックオフ30分前だった為、少し離れた所を選択しました。

小さな看板で「HondaFC」と書かれただけの簡素な誘導看板。
サッカー場正面の駐車場には警備員が居ましたが、自分が停めた方は「どうぞ自由に」といった感じが何ともJFLぽいなぁと思いました。(写真撮り忘れた)

2017-08-26-17-38-18


まずは当日券を買いました。この日は一般の方はメンスタンドのみの開放。
チケット代が、なんと800円。グッズコーナーでパッサーロ師匠のタオマフが1,000円。タオマフの方が高かったw

■JFLだなぁと感じる景色
入場するとメインスタンドの下にスタグルとグッズ販売のブースがありました。
2017-08-26-17-33-29

2017-08-26-17-38-33

image

2017-08-26-18-53-26

スタグルは写真のお好み焼きのお店と、肉巻き(500円)を買った(ポテトやかき氷等も取り扱っている)2店舗のみ。
クラブのグッズもあんな感じで販売してました。

更にこんな企画も

2017-08-26-18-51-27

画伯w 抽選で日本代表vsオーストラリア代表戦のペアチケットが貰えるとかなんて太っ腹!


2017-08-26-17-33-08
2017-08-26-17-33-13
選手紹介のパネルには会社で所属してる部署が書いてあったり


2017-08-26-17-33-19
前節の写真プレゼントは良いですね!これは嬉しい!

出店が沢山並んでたり、人でごった返したり、J1の様なきらびやかさは無くとも、町のお祭りみたいなちょっとした「遊びに来た」という非日常感が何となくJFLに来た!という気分にさせてくれました。

J3に上がって、我らがアスルクラロ沼津も昨年からアスルキッチンもお店が増えたり賑やかになったけど、初めて来た時は売店にアスドラの販売、アスルプリン…出店も3・4店舗だったなぁ。と何か懐かしく感じました。

■あの北沢が絶賛?都田サッカー場

昔のFOOTxBRAINから。9:28辺りから

都田サッカー場はバックスタンド含め4,000人収容の決して大きなスタジアムではありませんが、雰囲気・ピッチの近さも素晴らしいスタジアムです。
ホンダ都田サッカー場wiki

2017-08-26-17-37-18


2017-08-26-17-37-36

2017-08-26-17-47-28

2017-08-26-17-56-40

2017-08-26-17-57-40

2017-08-26-17-58-47

2017-08-26-18-20-19

2017-08-26-18-27-30

2017-08-26-19-01-37

2017-08-26-19-52-03

2017-08-26-19-53-04

2017-08-26-19-54-21

2017-08-26-17-47-37

ちょっと行ってみたくなりません?(笑

試合は前半HondaFCが先制したものの、東京武蔵野シティFCもカウンターから同点。
東京武蔵野シティFCは奪い所とプレスに行かない所をハッキリさせてメリハリのある対応をし、前線にシンプルに当てる事が効果的で、前半途中までは互角の展開だったと思いました。

対するHondaFCは基本として左から展開。縦に4枚走らせて、スルーパスが出るなら右SBとCBの間。
左の突破も中央を使う場合もパス&ゴーを多用し、中を固められたら右にCBの1枚が上がって目先を変える。ベースになってる攻撃はそんな感じ。左右に振られずどこまで耐えるか、そこからどうカウンターを食らわせられるかは結構カギだと思いました。

後半に入り、HondaFCの中盤のプレスが一気に加速。また、前半泳がせていたエリアで東京武蔵野シティFCがプレスに行き始めてしまった事で、試合は大きく動きました。
ショートカウンターからHondaFCが2点決めると、運動力が落ちた東京武蔵野シティFCは、流石にそこから返す力は残っておらず終わってみれば5-1とHondaFCが圧巻の勝利。


武蔵野シティFCは、立ち上がり良いサッカーをしていたが、90分を戦うという意味では現実的では無かったのかなぁと感じました。
また、後半立て続けに2失点して一気に疲労も出た時間で叱咤出来る選手が居なかったのもちょっと大きかったと思います。
HondaFCは勿論強かったですが、そういった点に力関係以上の差が出てしまったのかな?と思う試合となりました。(HondaFCの交代で入った選手含め、全選手が最後まで集中を切らさなかったのは流石でした。)

沼津だと尾崎キャプテン辺りが怒鳴り鼓舞するし、そういう面で声をかけたりケアしてくれる中山選手や伊東選手らベテラン。等が居るのは有難い事だなぁ。と感じたりもしました。


HondaFCの試合を観ると、どうしても今のアスルクラロ沼津でここを倒せるのか?勝つならどんなサッカーをやればいいのか?などと考えてしまします。
来年の天皇杯では、アマチュアシードでは無くなるでしょうから(筑波大が躍進している為)きっとまた静岡県予選で立ちはだかる事でしょう。


試合の中身、そして会場の雰囲気と「日本のサッカーはJリーグだけではない!」という所を見せてくれたHondaFC。リーグは違えど同じ県内、いつか勝ちたい相手のホームで素晴らしいサッカーの景色を見る事が出来ました。

このページのトップヘ