フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:FC東京

皆さんこんばんは。
夜磐です。

先週末はJ1の第20節が実施されましたね。

この日私は、大学時代の友人達とそのご家族さん達と共に
味の素スタジアムでFC東京-神戸戦を観戦しました。
ミーハーで恐縮ですが、目的は神戸に入団したイニエスタ
残念なことにイニエスタは出場しなかったのですが、せっかくチケットを
取ったのでいってみよう、ということになり、足を運びました。
自分以外の4人はJリーグ初観戦という、当方の長いJリーグ観戦歴の中でも
異彩を放つ集団での観戦となりました。

123650

123651


チケットが完売したこの試合、来場者数はなんと4万4千人
FC東京の主管試合としては歴代3位だったようです。
当方としても、これほど隙間のないの味スタは初めて見ました。
去年のE-1選手権の日韓戦が3万6千人だったので、国際試合より
人が来ていたことになります。
試合前から、この超満員の光景に感動していました。

試合はそこそこ面白かったのですが、いかんせんスコアが動かなさすぎました。
普段からJリーグを見ていない人には、試合を見続けるには少しキツかったようで、
後半途中からけっこうダレてしまっていました。
特に6歳になる友人のお子さんは退屈そうでしたね~・・・。
高度な試合でなくても1点でも入っていたら、少しは違ったと思うんですけど、
両チームとも負けるわけにはいきませんから、そればかりは仕方ありませんね。

結局、混雑を避けるため試合時間を10分残してスタジアムを後にしたんですけど、
同じように試合終了を待たずに帰った人が多数いて、普段の味スタの
試合終了後と同じくらいの混雑具合でした。その道中、試合終了間際に決勝点が
入ったのを知って、少 しテンションが下がりました・・・(笑)。

収穫としては、友達の子供に「ジュビロ磐田」をすり込めたことですね(笑)
ことあるごとに「ジュビロ磐田っていう凄く強くてカッコいいチームがあるんだよぉ」と
アピールしまくっていたら、最終的に「次はジュビロの試合にいく~」って
言ってくれたので、これはもう連れ出すしかありません。
絶対無理ですけどね!


ああ、磐田さんといえば、凄い試合してたみたいですね。
味スタから帰宅後に、ディレイでフルマッチを観戦しました。

ジュビロ磐田 3-2

あんまり言葉のいらない試合だったかな、と思います。
年に何回かある、モチベーションで押し切る試合でした。
去年でいえば例のハンド事件が起きた神戸戦などが該当します。

■試合について
もちろん磐田さんがただがむしゃらに戦ったわけではなく、
試合途中でのシステム変更でミスマッチを解消したり、
素早いリスタートで隙を突いたりと、監督や選手たちの
インテリジェンスがあっての勝利ではありました。
しかしながら、それだけでは説明できない要素も多かったです。

チャンスが多かったのは仙台の方でした。
前期同様に仙台は非常に攻撃の完成度が高くて、この試合でも
少ない人数で磐田さんの守備を何度も剥がしていました。
決定的なチャンスは得点シーン以外にも数回ありましたが、
カミンスキーのスーパーセーブと西村や石原のシュートミスにより
2点に収まってしまいました。
若手の西村は、ポテンシャルは誰もが認めるところでしょうけれど、個人的に
去年の試合でカミックがキャッチしたボールを蹴り飛ばした件で好感度が下がって
いるので、彼に点を取られなくてよかったな、と思います。
メンタル的な部分で、彼にはまだムラがあるのかもしれませんね。

■磐田さんについて
磐田さんは、完璧に崩されたシーンでは点を取られず、逆に
大したピンチではない状況での自爆により2点を失いました。
1点目は、小川大貴が最終ラインの不整合を起こしオフサイドを取り損ねて失点。
2点目は、祥平が最終ラインで相手にボールを奪われてそこからのCKで失点しました。
祥平のああいうミスはかなり珍しいです。あのエリアは、先日の鹿島戦で
新里がプレゼントパスで失点を引き起こした場所。
ヤマハスタジアムのあの場所には、何か棲んでいるんでしょうかね?

攻撃では少ないチャンスをモノにして3得点という効率の良さ。
なんともムラのある攻撃陣ですね・・・。
攻撃を牽引したのは川又です。前期の仙台戦では不調の真っ只中にあり、
ほとんど何もできなかった川又でしたが、この試合では空中戦の強さを
発揮したヘッドと中野へのプレゼントパスで2度の同点劇を演出しました。
仙台さんとしては、突如出現した元日本代表FW川又堅碁に面食らったかもしれません。
得点力が川又の調子に全依存してしまうのは、チームとしてはなんとも
ハイリスクな状況なのですが、逆に言えば川又の調子が安定していれば
このチームは点を取れるということです。今後は試合のたびに川又に
粛々と祈りを捧げる必要がありますね。


今日は以上です。


 南長野運動公園総合球技場 13:00キックオフ AC長野パルセイロ対FC東京U23 のJ3と
 味の素スタジアム       17:00キックオフ FC東京対ガンバ大阪 J1の試合を観戦してきました。

前泊は松本で。今回で3回目の松本ですが毎回お邪魔している 居酒屋「まるちゃん」へ。
仕事が遅れに遅れ、出発時間が1時間半遅れになり11時すぎ(バイクで行ったもので。)
遅い来店にも関わらず、毎度お世話になってお話も色々とさせていただきました。
DSCN8891いつもありがとうございます

松本で一泊し、スタジアムのある長野に向けてバイクでGO!
DSCN8920山、川、ダム、緑、快晴、温かい気候。
この季節、長野でのツーリング最高!サッカー観戦だけでなくて観光で長野県内を
バイクや自転車で走るの絶対おすすめです! 走ってよかったっす。東京からバイクで来たかいがありましたよ!  サッカー観戦が蚊帳の外になるところだったww 長野につくまでの 道の駅もよい景色だったり
そばやジンギスカンを食せてよい!
DSCN8935

 スタジアム最寄駅「篠ノ井駅」にもよりこじんまりとした駅周辺だけど
パルセイロ応援するオレンジが多くチームが根付き始めてるんだと感心しました。

そうこうして南長野運動公園総合球技場に着。長野オリンピックで使われていた公園の一角にあります。
小中規模のスタジアムでは上位レベルかな全面屋根におおわれているし。コンパクト、近い、きれい。
マスコットのライオーも頑張っていますよ。
DSCN8960

グッズ売り場で買い物を…と思ったらとなりのスペースでなにやら放送中。
ユーストリームで毎回ホームの時は生放送中している番組だそうで(パルセイロだよ全員集合)。
でなんとFC東京サポーターもどうぞということで出演させていただきました(予想外。あげくバイクメットつけていたせいか寝癖的なものが…w)

DSCN8971 PANO_20160529_143723
近いっす。近いっすぅぅう。

試合は長野0-1東京 (得点ユ・インス) ユース選手を多数起用しGKも圍選手でなく、ユースの波多野選手。
とはいえ、J3の選手を前にビビらず積極的な戦いを展開し完封。今季ベストバウトの一つになるであろう1勝。

IMG_20160529_145521 長身を生かし安定したハイボール処理を披露した波多野選手。J3デビュー戦でみごと完封。今後のJ3、ユースの試合にも弾みがつくでしょう。今後がめっちゃ楽しみです。


試合後早々にスタジアムを後にして味スタに向けてバイクを走らせる。
3時間以上かけてついたのが後半25分すぎ位だったか。
FC東京1-0ガンバ大阪 
遅れていったので試合どうこうはわからないけれど、得点シーンは見れて勝ったのでOKです。
ドロンパも相変わらずかわいいなぁっ。観客も多く、多い中で勝てたのは今後の観客増につながるとうれしいです



今回のハシゴ観戦は時間的に無茶ではあったんだけれど、やれるだけやってみようと企画し
長野の自然を満喫できたし、試合も楽しめバイクも楽しめた。味スタに戻ると試合も勝ったし
肉体的には疲れはあったけど精神的にはだいぶリフレッシュできたのでやってよかったす。

みなさんも 普段やらないような観戦方法や移動をしてみるとたまにはいいかもしれないですよ?
違ったサッカー観戦の見え方があるかもしれません。


何回も書きますが 「今の時期の長野ツーリングはよい!」

前編をお読み頂きありがとうございました。
後編は試合開始から、試合後のお話です。

入場直前、笑顔で子ども抱っこする菊岡。
P3132458

スターティングイレブンを改めて確認しましょう。
GK藤吉は一昨シーズンぶりの出場です。
DF陣は昨シーズンと同じ4バックとはいえ、工藤以外は新加入の面々。
MFはベテランの井上、深井、菊岡に加えて、薩川サッカーの申し子岩渕、ボランチ挑戦中の曽我部。
CFに長身の服部。
一方、FC東京はCBの吉本がトップチームの選手で、オリンピック世代の中島や幸野、平岡、野澤と実力のある若手が出場です。
P3132482


SC相模原がコーナーキックを獲得すると、オーロラビジョンにはこんな画像が出ます。
P3132487

ハーフタイム、トイレから戻ると最前列に噛付く少女たちがいました。
P3132489

ハーフタイムでダンスが披露され、それに夢中だったようです。
P3132490

ハーフタイムのお約束イベント、ケミカル電子プレゼンツ、ハーフタイムダンスコンテント。
タオルマフラーを振り回して選手からサインボールを貰おう、という企画です。
メインスタンドでは可愛らしい女の子がサインボールをget!!
BlogPaint


試合は1-0でsの勝利で終わりましたが、決勝点は優しい顔をした必殺仕事人、新婚ホヤホヤの井上平。
P3132508

J3ハイライトまで待てない人のためにブレブレ動画。


1-0になってからも社長の顔はやや険しいまま。
P3132512

開幕戦は、驚きの7280人を動員しました。
元代表選手や有名お笑い芸人が集うドリームマッチを年1回開催した上で、平均3000人。
お隣の先輩、町田ゼルビアとのダービーで5000人程度。
そんなSC相模原の開幕戦がいきなり7000人越えを記録したことは、少なくない驚きを内外に与えたはずです。
吹田スタジアムでYS横浜と対戦したガンバ大阪U23が3000人超、盛岡と対戦したセレッソ大阪U23が1800人程であったことを踏まえると、近場のFC東京U23は集客の見込める”太いお客さん”になる可能性があると思えます。
次はセレッソ大阪U23との試合が4月24日にありますので、どんなスタジアム模様になるのか楽しみですね。
P3132514

今日の試合でMF25番 普光院がJリーグデビューを果たしました。
フリーランで積極的に相手の2ラインに対して仕掛けていた姿が印象的でした。
交代の井上平にはスタンドから惜しみない拍手。
P3132517

新10番は最後の最後に時間を使うために登場したような恰好となりました。
次は必殺スルーパスでゴールを演出してほしいですね。
P3132520

今日のヒーロー井上平は「これからは自分が引っ張っていかなくては」と語りました。
確かに去年は高原、森がいて、3人目という感じでしたが、今シーズンは2人が去り、プレーでも、ピッチ内外での振舞いにおいても牽引役の1人として期待される存在です。
今日は服部の落としから利き足とは逆の左足で決めましたが、得意のヘディングは何度かあったチャンスをものに出来ませんでした。
より精度の高いフィニッシュワークでチームの勝利に貢献してくれることを期待したいです。
P3132523

「点が入らなくイライラ。。」と語った監督ですが、初戦を勝利で飾ったことで一安心といったところでしょう。
今日の試合ではいくつかの課題も見えましたので、次節ホームYSCC戦に向けて修正してほしいところです。
P3132530
P3132531
P3132532

落ち着いたプレーで貢献した曽我部ですが、昨シーズンまで見せていたようなアグレッシブな攻撃を見せることはできませんでした。
今はボランチとして、監督の求めるプレーに試行錯誤といった感じでしょうか。
P3132536

イケメンぞろいのSC相模原の中でも、特に井上平が好きだという女性は結構いると思います。
表情の柔らかさが女性を虜にする秘訣なのでしょうか。
昨季8得点、今季は何点取れるか注目です。
P3132542


SC相模原恒例のハイタッチイベントです。

ゲームキャプテンの深井。
P3132548

決勝点の井上、1トップで相手DFとの競り合いをほとんど勝った服部。
P3132550

恐ろしいまでのボールハンティング能力と走力を見せた保崎、WAONカードをアピールしたキム。
P3132552

新しいサッカーの中心の菊岡、リハビリ中の天野。
P3132553

Jリーグデビュー普光院、GK藤吉、新加入CBルーカス。
P3132554

ボランチ挑戦中の曽我部、離脱中の長身Fwアレシャンドレ。
P3132556

途切れなく続くハイタッチの列を見て驚きました。
J1のクラブでは到底実現できない、この圧倒的に選手を身近に感じられるイベントは大きな効果を持っていると思います。


開幕はベンチ外の安藝、藤吉にスタメンを奪われた佐藤。
P3132562

イケメンSB 寺田、恐怖の左足を持つ成田、離脱中の川上。
P3132563

ベストショットは普光院。
これは女性受けしますね(*´ω`*)
P3132566

帰って来た元10番、坂井。
P3132567

右サイドで躍動した牧内。
P3132571

中盤で正確なパスワークを見せた岩渕。
P3132573

新10番、飯田。
P3132579

フランチャイズプレーヤー工藤。
P3132582


試合雑感。

序盤からボールを狩る時、狩らずにステイするときのon・offがハッキリしているように見て取れました。
ただ、相手はコンパクトでキレイな2ラインを敷いてきた以外にチーム、個人としても特筆すべき点がありませんでした。急造チームとはいえ、ちょっと期待外れな感もありました。

相模原はルーカスの左足から何度も前線にフィードをして局面の打開を狙いました。
また、ボランチの片方がCBの間に落ちてSBを押し上げる工夫を見せていました。
それでも前半に点は奪えず、試合は後半へ。
好機はSC相模原の方が多かった印象ですが、攻めきれなかった感も。


後半、疲労で動きが鈍っていく選手も出ましたが、基本的には前半と同じく服部にボールを当てて、落としを受ける形からチャンスを何度かつくりました。
得点シーンはセットプレー崩れから一度最終ラインにボールを戻してフィードを蹴り込んだ形でした。
牧内のフィード、服部の落とし、井上のシュート、それぞれが質が高かったのも事実ですが、FC東京は相手の最終ラインへボールが下げられたことで自分たちがラインを上げて前からプレスに行きたいところで出来ず、自らのオリジナルポジションを回復しようとした選手もいて、ややチグハグな対応になってしまったと思います。
ただ、セットプレーの流れから得点したとはいえ、SC相模原は8本もCKがあったので、もう少し枠にシュートを飛ばさなくてはいけないと思います。

現状出場可能な選手では、服部しか1トップ適正のある選手がいません。
アレシャンドレのコンディションが上がってくるまでの間、彼がケガ・疲労で欠場を余儀なくされると大変厳しい戦いになります。
練習でも見せているキムのFW起用を含めて、不測の事態へ備えて損はないと思います。


短寸評。
SC相模原
・服部
90分を通してポスト、フィードのレシーバーとしての役割を果たした。
競り合いでファールになってしまう場面もあったが、J1でプレー経験のある相手CBの吉本に対しても堂々と競り勝った。前線を縦横無尽に走り回り、出足の良いプレスから単独でボール奪取してカウンターに持ち込むなど昨シーズンの成長にさらなる上積みを感じさせた。
足元で受けても、頭で競っても味方に合う”落とし”が出来ていたのは本当に大きい。
得点シーンではバックジャンプしながら左にいた井上に頭で落とすプレーを披露した。
ボールホルダーに後ろからでも手を使って突っ込んでしまうところはやや改善事項だろう。

・菊岡
1トップ下として申し分のない働きを見せた。
試合開始直後からシュートを立て続けに放ち、正確なキックのCKから何度も好機を演出した。
中盤の低い位置、サイドへと自由に顔を出しワンタッチや絶妙な間の取り方からパスを次々に通した。
オフザボールの動きも活発で、ボールの循環をスムーズにした。
曽我部との縦関係でのポジションロールがもっとあっても良いかなと思った。
個人的、今日の試合におけるMVP。

・井上
右サイドで先発し、徐々に左サイドや中央へとポジションを入れ替わりながらゴールに迫った。
サイドの高い位置でボールを保持したときのアイディアはやや物足りないが、出来るプレーの中から最善を選択するシンプルで良いところが目立った。
得点シーンは一瞬、足元にボールが入ってしまったが、うまくDFと間をとり左足で蹴り込んだ。
CKやクロスから好機をフイにしてしまったシーンが何度かあり、それらを1つでも決めていればもっと楽な展開に持ち込めた。
薩川監督の走るサッカーでは、後半に入るとスタミナの面でやや難しさがある。

・曽我部
新しいポジションでの出場となり、やや地味なプレーに終始した印象だったが、危険な位置を察知して俊足を生かしたカットや、ロストボールの回収を見せた。
また、好機と見るや服部への大胆な楔のパスやドリブルで突っかけるなど、本来の持ち味を失くしたわけではない。
個人的には左サイドでカットインからシュート、右サイドを突破してのクロスなどの良さを消してしまう現状はもったいないと思うし、J3にありがちなフィジカルとスピード勝負のヨーイドンに持ち込まれた場合チームの弱点にならないかと心配である。

・岩渕
安定したプレーでチームのポゼッションサッカーを支えた。
チャンスやピンチを正確に読み取り、リスクを回避できたのは素晴らしい。
前線に上がっても、元FWらしくプレーすることを苦にしない。
薩川サッカーの最重要ピースの1人だ。

・深井
前半はやや省エネ気味に服部へ蹴り込むこともあったが、90分プレーした。
こぼれ球を叩いた強烈なシュートは相手GKに惜しくも阻まれたが、年齢を感じさせない運動量とプレー精度でチームに貢献した。

・牧内
前半に何度かクロスを上げるシーンがあったが、いずれも精度を欠いてしまった。
後半に入って高い位置を取れることが多くなり、右サイドが活性化した。
体力を消耗してからは自分のサイドから攻め込まれることが多くなり、やや雑な対応を見せた。
先制のシーンでは、セットプレーの後にバックパスされたボールを中央で受けて前線にフィードし、それを服部が落として井上が決めた。
元々、1つ前のポジションでプレーしていたこともあって、ドリブルはお手の物だ。
今後はクロスの精度、消耗してからの攻撃と守備のバランスを求めたい。

・工藤
ケガから復帰し、1対1で負けることは地上戦、空中戦ともにほとんどなかった。
もっとCBから服部に対して楔を入れてもいいと思うので、ルーカス共々チャレンジしてほしい。

・ルーカス
ボールを受けて得意の左足で前線へフィードを繰り返した。
ただ、効果的だったのは最初だけで、その後はチームが菊岡を中心に密集を細かいパスワークで進む方がより良い攻撃を作っていたので、ただ蹴り込むだけではいけない。
対人では地上、空中ともに負け知らずでゴール前でのセットプレーでも存在感があった。

・保崎
粘り強いディフェンスで対面の選手を封じた。
無理の利くタイプの選手で深井、井上と守備は不得手な選手が前方にいながらも相手のアタッカーとの1対1で負けなかった。
ビルドアップでもっと簡単にボランチを使ってもいいんじゃないと思うシーンが2~3.

・藤吉
危険な場面が1度あったが、見事防いだ。
それ以外に大きな仕事は無かったが、出来ればもう少しフィードを正確に蹴りたい。

・普光院
全体の運動量が落ちてきた時間帯にオフザボールの動きで相手DFに脅威を与えた。
細かい技術的なミスや判断ミスはあるにしろ、攻撃的なポジションならどこでも出来るマルチロールさはこれからも相模原にとって重要な戦力。




試合後、ゴール裏に行ってみるとこんなものが。
P3132545

ケガを早く治して、ギオンスタジアムに登場してほしいですね。

スゴイゲーフラを見つけました。
P3132546


SC相模原の試合が開催されている裏側には多くのボランティアスタッフの活躍があります。
試合の設営から、モギリ、試合後のごみの分別まで様々なところに多くの人が関わっています。
普段スムーズでキレイな環境で観戦できている、この当たり前の部分に彼らの尽力があること、これは声を大にして広めていきたいですね。
BlogPaint




1-0の勝利で開幕を飾ったSC相模原、次節はホームギオンスタジアムでYSCC横浜と対戦します。
今日見せてくれたパスワークからの得点を次節でも期待したいですね。
では、また

3月13日、2016シーズンのJ3リーグが開幕しました。
SC相模原とFC東京U23の試合を見にギオンスタジアムに行きましたので、写真とともに紹介します。

事前情報でGK川口能活の欠場が発表される一方、チケットは前売りで7000枚出ているとの情報もありました。
10時過ぎに駐車場に到着すると、すでに青赤のグッズを身にまとったサポーターがチラホラといました。
P3132340


ギオンスタジアムに着くと、チケット売り場にはすでに列ができていました。
P3132343

今までならまず、チケットを買うところでしたが、今年からはコレです。
IMG_3780
このS席のシーズンチケットは、座席が指定席で年間2万円とお買い得です。
昨シーズンの平均動員3000人ちょっとと考えれば、毎試合チケットを買うことにしても売り切れる心配はありません。
当日券は2,500円なので8試合いけば元が取れる計算です。
BlogPaint


今シーズンからC席がなくなり、B席が一番安い席種になりました。


ここ数日、寒い日が続きましたが、本日も非常に寒く、、
眞田珈琲でHOTルイボスティーを頂きました。
暖まります(*´ω`*)
IMG_3782

次はこれです。(IDとパスワードをちょっと消してあります)
某所でサポーター認定されてしまったので、今年は加入してみます。
サポーターズクラブに入るとグッズが安くなるので、yearbookを買う前に入りました。
どうも、相模原サポーターのみなさん。
BlogPaint

サポーターズクラブに加入して頂いたプレゼント、yearbook、そしてSC相模原仕様のWAONカード。
シーズンチケットがあるので、A席チケットは布教用ですね。
(既にパーソナルスポンサーの継続でB席チケットが手元にあります)
IMG_3788

昨シーズン、他チームを応援している友人をギオンスタジアムに連れてくると、スタジアムグルが非常に好評でした。
今シーズン初戦の出店スタグルをリサーチしてみました。
(猛烈な腹痛のため、実食は2軒のみ)

元気なオバちゃんが呼び込むオムそば。

P3132348
P3132351
P3132386

串モノといえば、このお店。
ビールと一緒にどうぞ。
P3132349

クレープ屋。
試合後に友人と並び、ラスト1個をget。
P3132350

個人的なギオンスタジアムのスタグルNO.1のワンツードン。
白いカレーはココナッツ風味でクセになる味。
今日はゆうな店長率いる女性3人、試合前には完売してしまった人気店。
P3132357

スタグルの定番、フライドポテトのお店。
子どもに大人気です。
P3132363

記事の最初に登場したルイボスティーを提供してくれた眞田珈琲。
サダミハラテは女性が大好きなラテアートをしてくれます。
P3132366
IMG_3786

みんなの怪しいスリーエフの渡辺酒店。
昨シーズンから登場したSC相模原ビール(小金井酒造)を販売しています。
P3132393
P3132394


お昼はFC東京サポの友達とワンツードンのDONカレー。
ちょっと辛くてクセになる味がたまりません(/ω\)
IMG_3784

将来有望なサガミスタ(SC相模原のサポーターのこと)がフードコートには一杯いました。
サッカーファンの英才教育ですね。
P3132362

お父さんにくっついて歩く子どもの後ろ姿は、地域に根差したクラブチームがこれからもずっと続いていくことを予感させます。
家族連れが週末のレジャーとしてギオンスタジアムで過ごす半日をより一層充実させていくことで、SC相模原をサポートする人が今以上に増えていくのではないでしょうか。
BlogPaint



yearbookを買うと、サイン会に参加できるみたいです。
誰が来るのかな?? もしかして、か・・
P3132377

川上と、半田、石垣、安藝でした。


新サポーター団体、GREEN BULKによる応援練習。
BlogPaint


イオンのブースでは、キム・ヨンファン、アレシャンドレがSC相模原verのWAONカードをアピールしていました。
この2人、デカいです。(キム186、アレシャンドレ191)
P3132408

安藝はファンサービスをキッチリやる選手です。
今日は、恥ずかしがる少年のシャツにサインを書いてあげていました。
歩くとあちらこちらから声をかけられ彼を見て、新人の石垣が感じるものがあれば良いと思いました。

BlogPaint


いつも笑顔の半田、彼の笑顔がギオンスタジアムのピッチで見たいと思う人が少なくないはずです。
SC相模原における攻撃陣のレギュラー争いはとても厳しく、加入からまだ出場はありません。
それでも、練習で見せる一瞬の輝きをぜひ公式戦でも発揮してほしいですね。
P3132413

石垣くんはサインを求められ、真剣な面持ち。
BlogPaint


今日のギオンスタジアムでは、至る所でノジマステラのサポーターによる宣伝が展開されていました。
田中陽子らのヤンなで世代もSC相模原と同じくギオンスタジアムで試合を行います。
次世代のなでしこジャパンが見れるかもしれません。
P3132420

元FC東京のルーカスも来場しました。
BlogPaint


12時近くになるとスタジアムグルメはどこも人で一杯でした。
P3132429

さすが、FC東京のサポーターと言った感じでしょうか。

BlogPaint


スタジアム内では試合前セレモニーが行われました。
FC東京サポーターがゴール裏にたくさんいました。
P3132439

今シーズン、FWの中心は服部康平。
188cmの長身を生かしたポストプレー、日々進化するスペースへの飛び出しや予想もつかないプレーが持ち味です。
P3132449

今シーズンから指揮を執る薩川監督。
とにかく走ることを重視した練習メニューをこなし、開幕を迎えました。
注目の采配については、後編で少し触れようと思います。
P3132455

ゲームキャプテンの深井を先頭に選手が入場してきました。
P3132462

P3132467

P3132472

写真撮影も無事終了。
試合開始が近づき、ワクワクと腹痛、寒気がより一層増してきたのでした。

後編へ続く。

金曜日の夜の事である。
私は同じFBMの住人であるtakuさんと明日のJ1観に行く打ち合わせをしていた。


taku「あずさん明日、湘南観に行くの?」

あず「瑞穂(名古屋vs清水)かBMW(湘南vsG大阪)で迷い中」

taku「湘南行くなら一緒に行こう」

あず「じゃ、湘南にするかな。…あっ(ネットでチケット状況を見て) チケット売り切れてるかも!?」

taku「え?うわ市民デーか。。。明日なんとかチケ抑えられるかなぁ…」

===== 翌日 =====

taku「席ないべw どうする?埼スタ行く?味スタ行く?」

あず「マジか。。。 んー…福島行く?」

taku「ふくしまwww 間に合わんしw」

       =紆余曲折=

あず「午前中は用事あるから、時間的に味スタだね。」

taku「OK」 

そんなドタバタな事情もありまして味スタに参戦です。 

 
途中、駿河湾沼津SAで一服。可愛らしいロリ幼女子供がステージで歌ってた。
securedownload
 
takuさんと合流して味スタへ
 3

スタジアム内で同じくFBMの住人、夜磐くんと合流。
2

(写真PCに転送する際に小さすぎたと記事編集中に気付く)
試合に関しては、妥当。正に妥当。お互い「これが自分たちのやり方です。」って感じでした。(この点に関しては3人とも同意見でした。)

個人的にちょっと気になった事だけ
【広島】
・ ドウグラスは良くも悪くも出る時がある。
・柏からのクロスは寿人の後ろにドウグラス入ってくる。これ約束。
 ・攻め方はいつも通り。フィニッシュ時に枚数を一気にかけるので、後ろ4枚はカウンター対策で上がらない。 

【FC東京】 
・ この日は悪い部分が沢山目についた。徐々に後退させられたとはいえ、守備がギリギリ過ぎる。
・中盤で広島がキープした部分を狙っているが奪った後前3枚での攻撃にもう1枚アクセントがあると良いなと思った。
・終了間際に前田を投入してパワープレーを試みたが、クロスを丁寧に上げるあまり時間をかけ過ぎている。


それと、味の素スタジアムは音の響きが良いですね。CK時などの手拍子の響き方は気持ちよかったです。


そんなこんなで試合終了して、あーだこーだくだらない事も話しながら、夕飯を食べてから帰宅。 

最近では、アイスタ等ぼっち参戦が多い私にとっては、やはり気の合う仲間との久しぶりの観戦は本当に楽しかったです。
  
スタジアムで試合観てる時の1/3くらいはサッカーとか試合に関係ない話もしてた。

でも 、そうやって観るのも良いんだよ。
試合の事ばかりを真面目に見る。
それだけじゃ、疲れちゃうし、きっと色んな物を見落としてしまう。 

このページのトップヘ