フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:FC岐阜

先週の水曜日(5/17)にFC岐阜とロアッソ熊本の試合を観戦に岐阜県の長良川競技場に行ってまいりました。


岐阜に行くのは実に2年振り。
前回はアニxサカがどんな感じで行われてるのか見てみたくて、vs東京Vだったんですよね。
あの時は岐阜城に大仏殿、長良川の日帰り温泉と岐阜を堪能しました。

2年前とまず変わったのは新東名!岡崎まで繋がった事で少し早くなった感じ。
当然、途中のサービスエリアにも寄り道します。


長篠設楽原PAは戦国コンセプトのPA

甲冑があったり

火縄銃売ってたり

直虎は今が旬!こんなデフォルメされた可愛らしいパッケージもあったり

続いて岡崎サービスエリア

スガキヤだったり

手羽先を買って食べました。
矢場とんもフードコートに入ってて、もう完全に愛知県だなぁって感じです。

こんな所で雪ミクに会うとは思わなかった。

さて、今回の遠征寄り道もちゃんとして旅行としても楽しんできました。

向かった先は…
国宝・犬山城!
木曽川の辺にあるこのお城は、長良川競技場からも車で1時間圏内。前回の旅路で諦めていただけに、来れたのは嬉しい(ただし、お城の知識は無い。)



お城までの道筋で神社に参拝し、御神籤とおもかる石で願いを込めてみた。
折角サッカーの遠征だったのでアスルと沼津の街の賑わいを願ったんですけど、石は重くは無いけど、凄く軽くも無かった感じですかね(笑)
御神籤も「悦」悦びを与えれば力になる。とな…そういったブログや活動をしていきたいものですね。

天守閣で木曽川の素晴らしい景色を一望すると、これを見るために来た価値があったなぁと思いました。

お土産屋さんで外人さんに色々聞かれたり、城下町を散策したりして頃合いになったのでスタジアムへ移動。



この日のマッチデープログラムの表紙は清水エスパルスからレンタル中の福村貴幸選手。
実はこの遠征。昨年からエスパルスにどハマりしてる10年来の友人(正直こんなハマる人だとは思わなかった。)が福村選手推しで観に行きたい!との事でやって来たので良いタイミングで来れたなぁ〜と思いました。

選手のパッケージの飴は面白いですね!小袋まで全部そうらしいです。(しかし、袋開けるのちょっと気がひけるな:笑)

さて、岐阜と言えば屋台村!スタグル堪能するぞぉー!

飛騨牛コロッケのおじさんご夫婦と2年振りの再会!
覚えてないだろうな。って思ったけど、「おじさん!2年振りに岐阜来たよ!」って話しして、まだ混む時間じゃ無かったから先週B級グルメフェアでエコパ行ったんだぞ。とか、三島に今度また行くから。とか、それにアスルクラロ沼津を今応援してて、岐阜に居た染矢選手いるんだよーとか話が盛り上がりました。
奥様も2人ともお元気そうで良かった。

勿論、飛騨牛の串とか飛騨牛バーガーとか(牛ばっかりか!)後、鶏ちゃん唐揚げも(2つ食べた所で肘を引っ掛けて全て地球に食べさせるという失態)目移りするご当地グルメは遠方から来た自分達や熊本のサポーターを魅了しました。

今年からNBにユニが変わった為か古いウェアを安く買って、試合中は緑色を着て試合を観戦。ニワカサポです(笑)でも、折角の岐阜!応援もするし全力で楽しみます。



岐阜の空はとても綺麗だった。

ナイトゲーム用に緑のキンブレ売ってたけど、あれ評判どうなのかな?

沼津から上土のPRしてるあげっこ缶バッジをさり気なく連れて行きバックスタンド中央の前列を確保。

試合は大木監督のサッカーを最後まで貫く岐阜と、体の強さで勝負する熊本の対照的なスタイルがぶつかり合う好ゲーム。

沼津出身の庄司選手は凄いね。遠藤ヤットみたいだった。永島選手、シシーニョ選手との中盤は中々に魅力的。
永島選手のファインゴールも素晴らしかった。

お目当だった大木監督のサッカー。エスパルスからレンタル中の福村選手。
一度見てみたいと思っていた庄司選手に難波選手。後、あの変わったFK(笑)
それと熊本も、昨年までアスルクラロに居た光永選手に「ムァキ」こと巻選手も見れて満足。

試合は岐阜が追いつけずホームで残念な敗戦。挨拶に来た福村選手に声かけたかったけど、地面蹴るほど悔しさを露わにしてたからグッと我慢。頑張れ福村選手!
カモンロアッソ見れたからそれはそれで、おぉーってなったり。

夜10時前にスタジアムを出発し、静岡に日付またぐ位には帰宅。今回の遠征も岐阜は楽しかった。今度はゆっくり来たいね。岐阜本当良い所。

そういえば、バックスタンドが変わってた。上が今年。下が2年前。

【you@あず】FC岐阜vs東京ヴェルディその① 岐阜観光からスタジアムまで【J2】 

続きです。 とりあえず…ワイもパノラマ写真撮ってみたかったんや…
image

2015-07-08-17-07-13

観光も終え、スタジアムに着きました。(キックオフ3時間前)
色々と紹介していきたいと思います。

着いた時間も早く、入場口はスタッフが準備に追われていました。
さっそくスタグルのある屋台村グルメへ
image
 このスタジアムはコンコースの設計上なのかスタジアムの外に屋台村としてフードエリアがあります。
普段ただでさえ試合前の人で溢れるエリアでスタグルに並ぶ私としてはこの広さはありがたい!
構造上、この形を取ったのでしょうが、悪くないですね♪
2015-07-08-17-05-27
 コンコースはこういった作り、スタグルはとてもこのエリアには出せませんね。
 image
上のコンコース写真と同じ場所から!スロープを降りた先が屋台村エリアへの再入場口になってます。
これはありがたい。

スタグルをいただく!
2015-07-08-16-24-02
 まずは、飛騨牛コロッケ。
おじさんが、ヴェルディ君やこの日アニxサカのイベントで来ていた甘ブリのモッフルの着ぐるみを見つけて
「なんじゃありゃ?FC岐阜の新しいマスコットかね?」と言ってビックリしてました。ご夫婦共にサッカーそれ程詳しくないそうなんですが、他の店の店員さんも含め、屋台村は楽しい雰囲気でとても良かったです。
image
 野郎2人でスタグルを買い込む
2015-07-08-16-12-33
早い時間から完売で食べられなかったですが、元気玉バーガー食べたかった!
2015-07-08-16-10-06
 こちらはアニxサカのブース FC岐阜xのうりん 東京ヴェルディx甘城ブリリアントパーク

image
 グッズ販売は、この日「のうりん」コラボグッズもあり、16時の段階で長蛇の列!
→から階段手前まで列が途切れない。
2015-07-08-17-13-06
 日付入りのタオマフをGET。右に林檎ちゃんがいる以外、アニメアニメしてないデザインは良い。
image
 この日からグッズ半額クーポンがあった為、買う人が多かったのもあると思います。
岐阜県産のお米1.2kg 420円 思わず買ってしまった。
買い物袋&マッチデーの袋にはいずれもサポーター番号の「12」 

コラボとか抜きにしてオススメはカリオカTシャツ 

この日は麒麟がマッチパートナーだったのでガラポンでビールが貰えました!ビール1缶だ!やったぜ!
image
 ちいさい…

 ◆アットホームな雰囲気は最高!スタジアムへ
さて、そんなこんなで試合に向けてスタジアムへ入ります。
今回は、芝生席で観戦したく、バックスタンドに陣取りました。

このスタジアムは屋根があるのですが、カバーできるエリアが広くなく、バックスタンド上段は芝生・下段はベンチ席という変わった作り
2015-07-08-17-43-07
この段差になってる所のコンクリが思った以上に痛い。座布団必須
2015-07-08-17-43-11
 
スタグルの件も含めて、元々あった競技場を利用していると思うので、これは今後改善されるのかな…?
バックスタンドに陣取ると全てが遠くなるという仕様。

アニxサカはどこまでなのかなーと思ってましたが、あくまで一部って感じでしたね。もう少しやってもいいんじゃない?って思いましたけど?
2015-07-08-17-47-25
あと、試合前のキャラクターのアナウンスで、どうも前回のvs水戸戦のを間違えて流したみたいで「水戸ホーリーホkk って言っちゃったみたいですね。ちゃんとヴェルディさんにごめんなさいしなさい。運営さんドンマイです。


試合内容は、岐阜はチームとしての連動だったりの部分でチカラを発揮できない感じでした。レオミネイロという攻撃の中核がいるとまたチームは変わるんでしょうか?
チャレンジし突破できる力は個人個人持っているので、それを信じ球の出た先を感じ、信じて走る動きがあれば、もっと点が取れ、守備出来ると思いました。
対するヴェルディは数少ないチャンスも前に走った人間が自分の前に来てもいい様に準備できていた事が、点を取れた理由だと思います。


以下試合中のツイート









言いたい放題だなコイツ…
2015-07-08-20-58-52


↓↓
ちょっと試合内容以上に真面目な話

◆暖かいサポーター
岐阜を観に行って一番良かったな。と感じたのはサポーター・スタッフを含め作り出されているスタジアムのアットホームな雰囲気だ。平日開催。土日平均の約半分3500人強の集客ながら素晴らしいと感じた。

私は、このフットボールマンションのブログに何度も書きかけては書けずに消している記事がある。
それは、「素晴らしいスタジアムとは何か?」という物だ。
私自身、清水以外の様々なスタジアム、J1、J2、J3、Fリーグ、高校サッカー等とカテゴリー問わず訪れる様になったのはそれが一番の理由である。
 
試合を通しFC岐阜のサッカーというのは「魅了される!」という物では残念ながら無かった。
それでも、 コールリーダーを中心にバックスタンドの家族連れや会社帰りだったりのユニフォームを着ていないライトユーザーを含め皆が楽しめる。選手がプレーに失敗しても罵声が飛び交うのではなく、声援が送られていた部分は、過ごしやすさを私は感じた。(勿論少しはブーイングとか色々してましたよ。当たり前だけど)


「サッカーを観る目が肥えてない」とかそう言う言い方をする方もいるかもしれない。
ただ、それでもスタジアムやサッカー、それ以前にスタジアム入場前の屋台村や芝生でボールを蹴って遊ぶ子供達も含めて、初心者やサッカーを知らない人間だとしても彼らを拒否したりする部分の無い。

これはこれで、一つのスタジアムのある形なのかな

と感じました。

これが、この日の一番の収穫です。

また来たい!そう感じるスタジアムでした!

image
 岐阜オウエンシチャウモンネー

2015-07-08-16-07-19

こんばんは。昨日(2015/7/8)FC岐阜vs東京ヴェルディの試合を観戦に岐阜県の岐阜メモリアルセンター長良川競技場まで観戦に出掛けました!
私にとって初の岐阜上陸。どんなサッカーやスタジアム、サポーターの方々なのか?楽しみに出掛けました。


◆試合前に岐阜を楽しむ 
「観戦の前に現地を満喫したい!」岐阜について殆ど知識はありませんが、スタジアムの名前通り“長良川”周辺…私のイメージは鵜飼・日帰り温泉…後は知らん!という訳で行き当たりばったり静岡を出発。

前日の仕事終了後に出発。途中腹ごしらえをして、深夜に到着した事も有り、昭和情緒あふれる健康ランドで朝まで仮眠。
2015-07-08-01-37-27
デブの素。深夜のメンラー
2015-07-08-09-05-12
 ここは凄く昭和だった!高度経済成長期以前?にタイムスリップしたかのような健康ランド(ご年配者憩いの場だった。)

 さて、岐阜観光。今回私が試合前に行ったのは3か所。
岐阜城(旧稲葉山城)
正法寺大仏殿
長良川温泉(日帰り入浴)  

その前に前日、運転中に気になった「元祖岐阜タンメン」という店に寄る。平日夜中の2時だというのに前日行列が出来ていて気になっていた。
image
味はシンプル。癖の無い安心と安定の味と言った感じ。
さて、それでは観光に行こう。

岐阜城は「難攻不落の名城」なんて言われただけあってよくぞまぁ、こんな所に建造したなと言わんばかりの山上。ハッキリ言ってロープウェイで登ったが、自分の上司にあたる武将に「攻めるぞ!」と言われたら「こんなん絶対無理やん!」って泣きたくなるレベル。上からの景色は素晴らしかった!
 image
長良川から見た岐阜城。一番上のチョコンと出てるのが城
2015-07-08-10-29-40

2015-07-08-10-28-18
この日はあじさいも綺麗だった。
image
管理人のポンチョビ様を参考に私もパノラマ撮影を試みてみた。橋の近くに見えるのが競技場。上の写真も橋の手前辺りから撮影した。

大仏殿は、奈良か京都にでも足を運んだ気持ちになった。入館時に頂いた資料にはデカデカと「日本三大仏」と書かれているが、公認ではない。
正確には、戦争時に金属類回収令で無くなった神戸の兵庫大仏の座を富山県高岡市の高岡大仏と復刻した兵庫大仏と競っているが、実質空位らしい。
image
しかしパンフには堂々と書いてある。

観光し、「スタジアムに入る前にひとっ風呂」という意味で日帰り温泉は最高だった。
2015-07-08-13-33-08
 温泉は雰囲気も良かった。

と、 実はこの3か所。地図で表すとスタジアムからそう遠くない。
4e037010-s

 大仏殿は画面左の「歴史博物館周辺」、温泉は「うかいミュージアム」と「警察署」の間くらいの位置にある。
車移動しないと少し距離はあるが、大移動せずとも十分に楽しめた。

そして、この限定的な地域だけでは無く、途中寄ったタンメンも含めどこにでもFC岐阜のポスターを見かけた。
ポスター貼りが全てでは無いが、街のアチラコチラで見かけるとクラブの努力を感じ、期待が膨らむばかりだ!
2015-07-08-12-46-33
2015-07-08-14-51-07
 
少し長くなりましたが、次の②では長良川競技場、 日本一の屋台村を目指すスタグル、そして試合について書きたいと思います。それでは

このページのトップヘ