フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:高原直泰

こんにちは、ようやく先週故障中のPCが直り、久々の投稿となります。

今回は、試合…では無く、三島市で行われたコチラのトークショーに参加してまいりました。 
2015-11-15-12-08-39
 
夢 ACTION 『一度きりの人生』 
日本サッカー界のトップを駆け抜け今も挑戦し続ける2人をゲストに迎え、夢を抱き続ける大切さ、自ら行動を起こす大切さから、スポーツと夢及びまちづくりに関してのトークイベント。

奇しくも、前日の7日に沖縄で沖縄SVの会見をしたばかりの高原直泰氏には、特に大きな注目が集まりました。


受付開始の18:00過ぎに会場に到着。平日ながら既にロビーには沢山の人。年配の方から女性、サッカー少年に至るまで年齢層も様々でした。
2015-12-08-18-05-09
 
会場に入ると、 SC相模原の今シーズンの試合をまとめたPVがエンドレスで流れてました(笑)
曽我部選手がドフリーでヘッド外したシーンは外してあげなさいよw 
場内では「本日満席の為、前から詰めて座ってください」とのアナウンスが、実際イベント開始時刻の19:00には会社帰りの方々も集まりほぼ満席になりました。

一通り、祝辞等があった後、いよいよイベントが始まります。大雑把ではありますが、進行の流れに沿って書きたいと思います。
※本イベントは写真撮影OKという事で、少しだけブログ用に写真を撮らせていただきました。
 
まず、この日トークを進めるコーディネーター役の藤田義行氏、SC相模原代表である望月重良氏がご登壇されます。
2015-12-08-19-20-31
 藤田氏は、三島市の商工会議所青年部・副会長。
そして、数々のアスリートの治療もされているトレーナーの方です。詳しくはコチラからどうぞ  
望月氏とは高校時代から、高原氏とはドイツHSV時にはドイツにパーソナルトレーナーとして滞在され、この日の主役2人とは旧知の間柄と云った所でしょうか。

 2015-12-08-19-20-25
そして、J3・SC相模原代表の望月重良氏です。
もう引退されてから何年も経っているので、若い世代では知らない人も多いかもしれません。
プロフィールはコチラ  

話はSC相模原を創設される所から始まります。
恐らく、この事は望月氏の著書やSC相模原のサポーターの方々が僕よりよほど詳しいでしょう。
特発性大腿骨頭壊死症という国の特定疾患を患い選手を引退、監督かコーチでもやるかと思ってた頃相模原で友人と食事をしていた際。
お酒の席ではあったが店の大将に「相模原は何もないから週末に子供を連れていける様なサッカーチームだったりを作って欲しい」と言われ、お酒の席でもあり冗談かとは思ったが何度も真剣にお願いされた。
その後、 改めて相模原市について調べてみたが、ポテンシャルがあると感じ、監督業の夢を一旦封じ、県3部からJリーグ入りへ…大変な苦労をしたが7年間駆け抜けてきた。

最初の試合、観客は50人前後だった。それが今はギオンススタジアムに毎週3,000人のお客様が来てくれている。
県リーグに参戦し結果を残していく事で、行政に何かをお願いしたりされたり。徐々にではあるが地域に認めて頂いて来た事。
SC相模原というサッカーチームが地域や相模原市に1つのツールとして地域振興出来る存在でありたい等、スポーツでの地域振興について語ってくださいました。


更にここで、三島市の産んだスーパースター高原直泰氏が登場し3人でのトークが始まります。
2015-12-08-19-33-45
前日に沖縄SVの会見を那覇市でしたばかりの高原氏。自ずとその話が出るのか…注目が集まりました。
プロフィールはコチラ  

高原氏の話は、まず中学生で地元三島市を離れ清水市にサッカー留学する所から始まります。
小学生ながらに母親(父親に言うのは怖かったらしい)に清水の中学(東海大一中)に行きたいと決断し伝えた事。
私学の学校、更に毎日駅まで送り迎えしてくれたエピソードから夢を持つ子供への親の愛。
「子供の頃は当たり前だと思っていたけど、今思うととてもありがたかった。」と両親に感謝している事。 
*この日は高原氏の親御さんも会場に居たらしいです。 

ジュビロ磐田に入団、周りが上手くてちょっとトラップやパスをミスすれば周りがミスしなから目立つ。練習から必死でやった。当時のジュビロは練習からそれが当たり前のチームだった。高いレベルに身を置くことの大事さ。
(高原が加入した頃、ジュビロ磐田は黄金世代、ブラジル代表のキャプテンも居れば、代表選手も沢山)
アンダーエイジでは世界と対等に戦えている自信があった、だから早く海外へ行ってそれ以降に付く世界との差を埋めたかった事。
ポーランドからフランスへ移動の飛行機でエコノミー症候群になり、日韓W杯に出られなかった。W杯を経て世界へ羽ばたくつもりであったが、頭を切り替えこの年にJリーグで得点王・MVPに2冠を取りアピール。HSVと1860ミュンヘンからオファーを受けHSVへ移籍した。
※エコノミー症候群が日本で認知され医者に行くと感謝されるらしい 

2015-12-08-19-33-55
望月氏の清水商業時代等も引き合いに出し、
「うまいやつとやれば自分も上手くなるよね。手は届かないんだけど、距離が縮まる感じ」
「失礼な話だけど、下手な奴とは練習しなかった(笑)」

等、笑いも絡めながら質問コーナー等話は進む…

挑戦する原動力は?
 望月氏「向上心」  高原氏「好奇心」

悩んだら誰に相談する?
 両氏「自分で決める。相談しない」

壁にぶつかったら?
 高原氏「サッカーで壁を感じたことがない。まだ俺が下手くそなだけもっと練習する」


で、皆さん注目の沖縄SVの事ですが…まぁ話してくれました。

元々、柔道の野村氏、ラグビーの福永氏らと競技問わずに育成出来る環境を作るプロジェクトを考えていた。(この点に関しては以下の記事を参考にしてください)
沖縄SV立ち上げの高原は「代表兼監督兼選手」…県3部スタートも将来的なJリーグ入り視野  
 
その中でまず、モデリングケースとして沖縄SVを立ち上げる事になった。
また沖縄を選んだ部分にも、地元での育成という部分に対する思いを感じさせた。
現地の方々と話をさせて頂いた際に、「優秀な子達が地元を離れて県外へ出ていって行ってしまう。」地元の受け皿になるチーム・施設を作りたい。そう言った思いもある様でした。
トークの中で藤田氏が「本当、高原さんは地元の三島市を愛してる」と言った通り。沖縄の現地の人達の地元愛を受けれるチームになって、ゆくゆくSC相模原と対戦出来るクラブになると良いですね。

高原氏が新たに踏み出した挑戦・夢の話。そして望月氏の今後の夢はSC相模原をもっと、そして相模原市を世界にアピールできるクラブにしていく

といった感じでお二方の未来への夢をうかがい、聞きたい事はまだまだ沢山ありましたが90分という楽しい時間はあっという間に終わってしまいました。


何ともうまく伝わらない文章で申し訳ないです。
今回は、夢ACTIONと題しテーマに基づいた(夢・行動・地域振興)点にフォーカスし話が展開されてました。 

トークイベント等に参加するのは初めてでしたが、またこういったイベントがあれば参加し私自身もまた刺激を受けたいと感じました。

今回この様なイベントを無料で開催された三島市商工会議所青年部の皆さまに感謝です。 

本日は、明治安田生命J3リーグ第28節 藤枝MYFC対SC相模原を観に藤枝総合運動公園サッカー場へ行ってきました。
SC相模原の試合を見るのは、天皇杯以来約1か月ぶりです。
そして、初アウェー観戦です。

藤枝MYFCは、水曜日の天皇杯でJ1の清水エスパルスに2点差勝利を収め、勢いに乗っているチームです。
J1チームに勝ったという結果は藤枝の選手たちに大きな自信を与えましたが、中3日での試合となり、コンディション面では相模原にアドバンテージがあります。


IMG_2899

静岡SAで当ブログの住人 あずさんと昼食。
※あずさんの書いた記事
【you@あず】天皇杯2回戦 清水エスパルスvs藤枝MYFC【静岡ダービー・ジャイアントキリング】

その後、単身藤枝へと向かいました。
IMG_2900

マグロの隠れ身?丼 500円を頂きました。
ボリュームは少な目ですが、しょう油がきいた味付けは絶品(*´з`)
次回、静岡SAに来た時も食べたいと思いました。
静岡といえば”魚”、おいしい丼に大満足です(*´ω`*)

そういえば、昨晩、SC相模原グルメである、ワンツードンさんでトムヤムチキン丼を食べました。、
ワンツードンさん、トムヤムチキン丼も( `・∀・´)ノヨロシク
IMG_2894


藤枝総合運動公園につきましたが、なんだかエコパと同じく山の中です。
IMG_2901

スタジアムが見えません(/ω\)

IMG_2902

見えました(´_ゝ`)

IMG_2905

←あっちですか。

IMG_2906

ん?

IMG_2907

階段がたくさん、、、、(´Д`)

声が聞こえてきました。
→を見ると、、、
IMG_2908

あれが藤枝総合運動公園サッカー場ですね。

IMG_2910

正面から見ると、重厚なメインスタンドですね。
IMG_2912

スタジアムの外にグルメは2件。
ちょっと少ない気もしますが、、コンコースにも何やらスタグルの予感がします。

IMG_2913

雨が降ってもいいようにS席を購入しました。
普通の席でも屋根がありますが、横から吹き込んできそうでしたし、何より俯瞰厨なのでメインスタンド中央から見れる席が良かったのです。

SC相模原の遠征用バス。
足柄SAで一緒になりましたが、私は静岡SAに寄り道していたので藤枝にはバスが先に到着していました。

IMG_2915


S席最上段に席を確保しました。
専用スタジアムらしく、ピッチとの距離がとても近かったです。
IMG_2917

IMG_2919

電光掲示板は、選手の名前などは表示されないタイプのものでしたが、これはこれで味があります。

コンコースは屋根がしっかりあり、トイレも数か所あり、快適に観戦できます。
IMG_2923

S席の専用ゲート。
IMG_2926

選手が練習を開始しました。
ピッチの手前側に芝生の悪いところがあり、気になりました。
ですが、それ以上に突然の豪雨が降り、田ッカーになってしまうのではないか?と心配になりました。
IMG_2929

多くの人が屋根があるところに逃げる中、最前列で試合開始を待つサポーターがいました。
公式グッズのポンチョが役に立ちましたね。
IMG_2931

さて、試合開始が近づいてきました。
雨は止みました(あの豪雨はなんだったんだ、、

IMG_2937


IMG_2938

IMG_2939

相模原ボールでキックオフ。
IMG_2940

いきなり、SC相模原が攻勢にでました。
SBの寺田のクロスに逆サイドのSB大森が絡む形を披露。
このままイケイケドンドンか?と思わせる立ち上がりに大きな期待感を抱きました。

IMG_2941

しかし、その後はグラディエーター満生、帰ってきた大石、エスパルスにも通用した久富マンのドリブル攻撃を受け、ズルズル後退してしまいました。

満生の動きにモビオは混乱し、大石・満生が狭いエリアで第3の選手と絡みCBの裏取りや、積極的なシュートにSC相模原は手を焼くことになりました。
久富マンは右サイドに大きく開いて大森の上がりに蓋をし、なおかつ大森と久富のマッチアップを気にしてモービーは大混乱し、フィードのキックはまったく合わず落ち着かない前半になるのでは、、、、と思いました、、




myboard


9分には、CKから中央で満生にフリーでヘディングでのフリックオーンを許し、大石に決められ失点。
SC相模原、相変わらずセットプレーの守備に問題ありでした。





一方で、押し込まれながらも蹴り込むフィードに対して、服部とタレスが高確率で相手DFに競り勝ち、曽我部や井上平がすぐにフォローに入り、アタッキングサードへ侵入するなどチャンスも作れていました。
特にタレスはフリーで決定機を迎えるなど、試合を通して多くのチャンスを迎えました。
15分にタレスのゴールで同点としました。




タレスはチャンスが多い割には決定力を欠いていて、1得点は物足りない印象でした。
(シュートを打つタイミングが遅いのかな?





ただ、タレスはドリブルで1対1で勝負でき、ボールの受け方も反転で相手と入れ替わったり、的確なポストワークが出来るので、ハマれば大化けするタイプの選手です。
徐々に相模原のサッカーで輝く場面も増えてきているので、もう少し長い目で見たい選手です。
(来季も契約延長してほしい。


それにしても服部ですよ。


21分には相手GKパクのミスもありましたが、ボールへの執着心を見せ、ゴールへと結びつけました。
また、ロングフィード主体のゲームメイクで制空権を獲得し、頼れるCFとして確かな存在感を発揮していました。
(交代したときは、いつものように疲れ切って死にそうな顔をしていました)





さて、下の写真にもあるように藤枝をはじめとして、SC相模原の多くの対戦相手は4人のDFに対して、同数のアタッカーをぶつけてくることが多いように思います。
このシーンでは、手前にいる久富マンに大森が対応し、モービーと満生、大石と小谷のマッチアップが出来上がっています。
さらに奥のサイドでは寺田先生が相手アタッカーと1対1の関係です。

この4枚のアタッカーがDFラインを乱し、縦の対人には強くても、横のスライドや裏取りに弱い相模原DF陣をかく乱する手法が良く見られます。
SC相模原がロングボールをターゲットに当てて、前進するのとは対照的ですね。
IMG_2942

ハーフタイムに大石監督からのコメントがありました。
試合終了後にもコメントがあり、SC相模原にはない試合運営にちょっと驚きました。
IMG_2944

ハーフタイムのコンコース。
雨があがって、やや蒸し暑さを感じる中での試合になったので、多くの人が飲み物を買っていました。
IMG_2945

オフィシャルグッズ売り場。
IMG_2948


ハーフタイムに、ピッチに近いエリアの雨でぬれた座席を拭くボランティアスタッフさん。
こういう心遣いって、嬉しいですよね。
IMG_2950


1-2で折り返した後半。

SC相模原には追い風が吹きます。

前半、寺田先生の突破を止めてイエローカードを受けたアニキンスキー(カミンスキー兄)が交代。

アニキンスキーの練習風景動画を撮影しました!!





疲れの見えてきた服部に代わり、高原が投入されるシーン。

IMG_2952

相模原は次々交代でフレッシュな選手を投入しました
27分 服部→高原
34分 タレス→樋口
39分 曽我部→成田


44分には高原がゴール。
1-3で試合を決定づけ、そのまま試合終了。

IMG_2953

90分走り続けた北原は疲れきっていましたね。

大盛り上がりのサポーターへ挨拶する選手たち。
IMG_2956


・試合の印象

藤枝について

藤枝は試合序盤、積極的に攻め込んだものの相模原がしのぎ切ったことと、GKパクのミスも重なり、試合プラン
が立ち行かなくなり、キーとなる満生や久富を封じられ、大石に良いボールが配給できなくなったのは痛かったですね。

また、相模原の屈強な2人のFWとの競り合いに負け続けたことで、相手にやりたいことをやらせてしまったのも、1つの敗因だったのではないでしょうか。


相模原について
相模原は北原、トロと中盤の狩人が機能し、またFW2枚が競り合いに勝ち、互いに良い関係を築けていました。
また、曽我部、井上平ら2列目の選手もFWと良い関係を築けたことで何度も藤枝ゴールを脅かすことが出来、交代選手もそれぞれの特徴を出せたことで、結果3ゴールを奪い勝利することが出来ました。

3ゴールは充分な結果ですが、タレス、井上平はフイにした決定的チャンスがありましたし、成田や曽我部、樋口もあわや得点か?と思わせるシーンがあったので、次回はもっと決めて欲しいですね。


・選手たん寸評みたいな何か。
タレス:能力を発揮し始めた。
    ドリブル、ポストを巧みにこなして、最後はなぜか外すの繰り返し。
    1得点はお見事ながら、もっと取れただろ実際。
服部 :空中戦で圧倒的存在感。 タレス、曽我部を生かすポストプレーはお見事。
    得点も決め、今の攻撃に欠かせない存在。
トロ :ボールハンターの北原がパートナーになり、2人で広い範囲を走り回ることが出来た。
    須藤とのコンビと比べ、安定している印象。
井上平:序盤はボールが足につかず、トラップミスを連発し、決定的シーンではゴール外へ。
曽我部:何度かあったCKはほとんど味方に合わなかった。
     ドリブル突破から決定的チャンスがあったが、決めきれず。
     数字的な結果以外は充実の内容だったので、次回に期待。
北原 :何度もボールに食らいつき、危険なシーンではカード覚悟のタックル。
     後半には3列目から飛び出しを見せ、須藤とは違う良さをアピール。


小谷 :ステイから跳ね返す強さはこれまでもあったが、今日は出足の早い守備で貢献。
     持ち上がってのパスは強く、早く正確に供給していた。
モービー:満生に手を焼き、フィードも味方と合わないシーンも散見。
      ディフェンスラインと中盤の間が空いてしまうことも、、、
寺田 :全体を通して無難な出来。 さすがの安定感。
大森 :試合終盤でも敵陣深くまで走っていける強靭なスタミナで貢献。
     前半は、”サイドに張っておけ”な久富マンに守備で引っ張られるも、大崩れしなかった。
佐藤 :大石に決められたシーンはノーチャンス。 
     時間をうまく使い、的確なフィードで試合に安定感をもたらした。
辛島監督:服部、タレスが得点し、交代出場選手も躍動した。
      

満生 :当たり負けしない強気のプレーと、ボールを引き出す的確な動き出しで、
    対面のモービーを混乱させた。先制のシーンはお見事!!
大石 :良い形でボールが入ってくることが少なかったが、先制点はさすがの反応だった。
アニキ:大きな声で周りを鼓舞し、チームに欠かせない存在になっていたが、
      エスパルス戦でも見せた背後のスペースを突かれ、素早いドリブルへの反応もアレ。
      結果として、前半で警告を受け交代。(ケガの可能性もある)
パク :立ち上がりから、タレスの決定的シュートを阻むなど、ポテンシャルの高さを見せつけた。
    一方で、服部との競り合いを含め、あらゆるボール処理に不安定な面を見せた。
    らしくないプレーに終始した。



初めてのJ3アウェー観戦は1-3の勝利で終わりました。
帰りは特に渋滞もなく、スムーズに帰宅することができました。
(クルーズコントロールって、とっても楽ですね)



文章はちょっと歯切れの悪い感もありますが、そろそろ眠いので加筆はまた後日にでも。
では!!
たいらくん

こんにちは、毎度お馴染みギオンスタジアムからtakuがお送りいたします。
ドモッ!!(*´ω`*)ゞ
明治安田生命J3リーグ第22節 SC相模原対レノファ山口を観戦してきました。

気温が36~37℃になるかもしれない、、というトンデモナイ猛暑日に13時よりキックオフということで、急病人必死な状況での試合を観戦してきました。

※試合のディテールはスカパーオンデマンドでご確認ください!!
 J3の放送はめったにないので、ぜひご自身の目でご確認ください!!!
 といわけで、今回試合分析はほとんどありません。

『天王山』と大々的に宣伝をしていたのですが、残念ながら当日を4位で迎えてしまったSC相模原。

IMG_2372
女性が無料なのは嬉しいですね。
B席、C席が無料ですが、、、この時期屋根のないバックスタンドB席、ゴール裏C席に座るのは気が進まないところです。
(グレードアップで安く、屋根のあるメインスタンドのA、Sが買えると思えばいいかも)

なお、女性は2,000円でピンクのTシャツを買えば、SS席に座れると聞いたので、連れがTシャツ1枚と私は初SS席を購入しました。
「連番でお願いします」と申し出たら、店員が右往左往してしまった。
(忙しかったのに申し訳ないけど、男性はTシャツを買ってもチケット付いてこないんでね。)

IMG_2389

実はチケット販売の列を間違えていて、チケット購入前にヒロインブースに並んでいたので、無料券ももらってしまっていました。
返却を申し出ましたが、不要であると言われるも納得がいかない。
女性にお願いしてヒロインチケットを貰って、Sにグレードアップして男性に渡したら、B席相当分を得できちゃうじゃん。)

よくわからんばーい(´・ω・`)

IMG_2505

グッズ売り場の奥にはサッカーグッズ屋さんがお店を構えていました。
IMG_2506

先日公式Facebook行われた人気投票の結果として、3名のパネルが設置されていました。

さっそく、「ソガベ( ゚Д゚) ソガベ( ゚Д゚)」と隣の連れが指差しておりました。
(他人を指さしてはいけないと習わなかったのか?)
相模原のプリンス という枕は使われなくなったようですが、本人がイヤだったのでしょうか。
IMG_2509

一位は工藤なのですが、工藤には興味がないようです。

IMG_2510

後で本物の寺田と遭遇したのですが、「同じ人?」という始末。
黒木くん間違い事件の主犯としては何もいえねぇ、、、、(´・ω・`)
(いつまでこのネタ引っ張るんだよ)

IMG_2511

冠企業のブース。
石鹸の良い匂いがします。
数々の試供品を頂き、ボディシート(女性用)を購入しました。
ボディシートはが全て使い切りました(*´ω`*)ゞ
IMG_2512
IMG_2514

レノファブースには、元マリノスの松本翔のグッズが買えるみたいですが。
5,000円するので、華麗にスルー。

IMG_2516

暑いのでワンツードンまで行くまでに溶けそうだったので、ジェラートを買いました。
(ワンツードンは隣にあります)
IMG_2517

左がレモン、右がローズミルクティーです。
とてもおいしかったのです(*´ω`*)ゞ
IMG_2518

さて、やっとワンツードンに着きました。
マスターが玉のような汗をかいて接客していました。
この頃顔見知りになったバイトちゃんもいましたが、暑さで完全にフリーズしておりました。

今日から相模原ビールが販売開始なのは知っていましたが、カレー屋さんなのにうどんメニューの方が多いという謎。
アップルミルクを飲みたいところですが、、主食を購入です。
IMG_2519

安定の旨辛カレー。
初めて食べる人はちょっと変わった味だなーと思うかもしれませんが、、、
気を付けてください。
99%また食べたくなりますから!!

IMG_2520
連れは、冷やし鳥塩うどん。
「今まで食べたうどんで一番おいしい。」と、何度も連呼するあたりおいしいようです。
(食す前に無くなりました)
IMG_2521

麻溝台高校のチアバトン部によるパフォーマンス。
IMG_2522

練習見学券をもらっていたので初めてギオンスタジアムのピッチレベルに突入しました。
IMG_2523
IMG_2524

当たり前ですが、陽を遮るものが何もありませんね。

今日はマヨネーズもいないし、クマのぬいぐるみでもありませんでした。
誰だ、お前は!!!|д゚)
誰おま君がスタジアムDJをしておりました。


ゴール裏の方々は準備中。
この暑さでもあそこに陣取る人たちの心意気には脱帽です。
(帽子は被ってませんけど)
IMG_2525

ドM心満点なバックスタンドを選択した人が結構いてびっくりです。
熱中症対策は充分なのでしょうか、、、、
とはいっても、他人を気遣う余裕はありません。

ピッチ脇は外と比べて体感温度がさらに高かったです。
こんな状況で走って、飛んで、90分、、、拷問ですよ、、、、
IMG_2527
IMG_2528

GKが出てきました。
強烈なシュートを次々止める姿はカッコイイですね。

IMG_2529
メインスタンドの屋根がカバーしている範囲にしか人が座っていません。
IMG_2530

選手が入ってきました。

IMG_2532
IMG_2533


先日、栃木から移籍してきた永芳卓磨が目の前に来ました。
大型でありながら、テクニックがある選手と聞いていますが、どうなのでしょうか。
IMG_2536

交代の切り札、大森。
このクソ暑い中でも笑顔を見せるナイスガイ。
彼を生かすにはサイドの高い位置で起用したい。
IMG_2537

曽我部のクロス練習を激写。
ピンボケですね、
IMG_2541
IMG_2543

成田くんから、高原?へのクロス。
IMG_2544


お酒が飲みたいと言うので、相模原ビールを連れが購入しました。
またしても「おいしーおいしー(*´ω`*)」と連呼です。
(俺も飲みたいんだが、、、、(´Д`))
IMG_2547

さて、メインスタンドに入りましょう。
もうすぐ試合開始です。
スカパーの中継車がきています。
わざとらしく「スカパーはJ3を全然放送しねえんだよなー( ゚Д゚)」と言いながら通過してみました。
IMG_2548

レノファ山口サポーターは結構な数がきていました。
メインスタンドのアウェー寄りにも相当数がいて、勢いのあるチームであることを感じさせてくれました。
IMG_2549



SS席からの視点。
普段より角度が無いので、少し見にくさを感じました。
自分の好きな視点が1つ下のグレードなので、次回からはまたS席に戻る予定です。
IMG_2550
IMG_2551

さて試合開始です。
IMG_2554
IMG_2555

前半を終えて0-2。
サッカーは11人でやるスポーツであることを実感させてくれる内容でした。
少なくない差があり、ビハインドの相模原はどうしてくるのか。






IMG_2556

結果は0-3となりました。
新加入のタレス、永芳は周囲との連係不足から、効果的とはいえず、、
曽我部のドリブルはゴールから遠く、飯田は低い位置でボールを裁かざるを得ない状況でした。
森がケガで退場したことで、小谷が入り右サイドからの攻撃は完全に停滞し、前半に攻め立てられたLSBの成田と交代で入った大森も仕事をすることは叶わず、最後は多くの選手がスタミナ切れから何もできずタイムアップを待つだけに。





レノファ岸田はCkから2得点。
SC相模原はセットプレーへの弱さを露呈しました。
IMG_2557





引き上げる曽我部が「庄司!!」と声をかけていました。
彼らには交流があるのでしょうか。

IMG_2558


帰りにカムイに寄り、アリオで買い物をしました。
家につくと疲れがドッと出て、扇風機の前にパンツ一枚で鎮座しておりました。

IMG_2560

試合前、鈴木健太と写真を撮ってもらいました。
SC相模原の選手と写真を撮るのは初めてです!!
その最初が彼だったのは、とても嬉しいことです(*´ω`*)ゞ
IMG_25071111111


それではまた、次回の記事でお会いしましょう。

このページのトップヘ