フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:戸田和幸

SC相模原の企画で、戸田和幸さんのトークショーに行ってきた。


c_toda01
(以下、公式HPより)
SC相模原がサッカー好きにお届けするトークイベント《football studio》 好評につき第2弾の開催が決定しました。第1回目の中西哲生さんに続いての今回のゲストは、サッカー元日本代表 2002年日韓ワールドカップでは闘志溢れるプレーで日本に “赤モヒカン”旋風を巻き起こした地元相模原市出身 戸田和幸さん。 少年時代の話から日本代表としてW杯出場時のエピソード、海外移籍時の体験談など彼のサッカー人生を振り返りながら、今後の日本サッカー界への思いを熱く語っていただきます。歯に衣着せぬ男“戸田和幸”のぶっちゃけトークをお楽しみください!サイン会もあります!





私の中での戸田和幸
彼を初めて知ったのは日韓ワールドカップの少し前だった。
01年に代表デビューし、02年日韓ワールドカップでは日本の中盤での守備的な仕事を一手に引き受けていた彼のイメージは、まさしく”守備の人”。
激しい球際でのファイトを繰り返していた戸田さんは、体格や経験に劣る日本代表の中でも一際目立つ存在だった。
特にあの赤い奇抜なヘアースタイルは、プレー以上に強烈なインパクトをTVの前のファンに与えていた。

その後、プレミア名門のトットナムに移籍して以降、戸田さんを目にすることはほとんどなくなった。
当時高校生だった私には有料放送を見る手段もなければ、そこまでサッカーに対する熱量がなかった。
海外組を見ようとすれば、日本代表か各種スポーツニュースくらいなもの。
しかし、彼は次期監督のジーコに招集されることがなかった。
(正確には、1度呼ばれたが拒否したらしい)
以降、彼がプレーするのを生で見る機会は訪れず、2013年に現役を引退した。

それでも戸田さんは02年の英雄たちの1人であり、今でもそれが色あせることはない。
私をサッカーの世界に引きずりこんだ日韓大会のメンバーに会える、これだけで胸が高鳴った。



戸田和幸という男
時に冗談を交えながら、SC相模原のスタジアムDJテディとのトークショーが始まった。
トークは日韓大会、欧州移籍、現在の戸田和幸さんと話は時代を追って進んでいった。
IMG_2494

戸田自らが”言うことは言う性格”と自負するだけあり、若い時から意見を言った結果、どのようにキャリアに作用したかが何度か語られた。
海外移籍で、自分自身が日本では周囲から見て浮いた存在だと位置づけられていたが、海外では自分の意見を言うのは当然であると感じたようだ。

たしかに日本人は自己主張が苦手な人が多い。
周囲から浮いてしまうことを恐れ、進んで意見をいうのをためらった経験は誰しもが持っているだろう。
戸田さんの経験からも、自己主張をした結果が全て良い方向に転がったわけではないようだが、サッカー選手は1人の個人事業主であり、ピッチには11人しか立つことが出来ず、またそのキャリアは決して長くない。
そこに妥協があって良いのか、あとで後悔しないかを思えば、おのずとどちらが望ましいかがわかる。


トークショーは、戸田さんがJリーガーになるきっかけや年代別代表に選ばれた理由など、自らを細かく自己分析した軽快な語りを展開し、スカパーでの新進気鋭の解説者な一面とはまた違った本音の戸田和幸さんを表現してくれた。







戸田和幸の今後

語りの多くはおよそ、戸田和幸のバイオグラフィであったと思う。
多くの人が13年前の日韓ワールドカップを如何に彼が語るかを期待していただろう。
私もその1人である。

しかし、戸田和幸さんに期待するトークはそれだけではない。

この2年余りで、戸田和幸さんは気鋭のスカパー解説者として、サッカー界に再登場したのだ。
彼が歩み始めた第2のキャリアをどのように語るか。
そして、そのキャリアの先に何を考えているか、そこに一番の興味があった。

例えば、名波浩のように自らの古巣に指揮官として帰還するのか、野々村芳和のようにフロントに入っていくのか、はたまた安永聡太郎や平野孝のように解説者やサッカー番組MCといったメディアの人になっていくのか。
先日、メディアの人だった小倉隆史はGM補佐として古巣名古屋のフロントに入り、第3のキャリアを歩み始めた。

第2のキャリアを歩む上で、戸田さんは自らのイメージを変えたいと思っているようだ。
かつての赤い髪の毛をした反則すれすれのハードな守備をするクラッシャー、ダーティ、変わり者といったネガディブなイメージや激しく相手に当たる勇敢であるものの、頭脳的ではないプレーという周囲の自分に対する先入観に強烈な嫌悪感を彼は抱いている。

彼はトルシエから「狂った犬になれ」と言われた言葉をとても印象的に覚えていると語った。
「自分は犬でもないし、狂ってもいない。」と当時の心境を述懐した。
私の戸田さんに対するイメージはまさしくこの言葉に合致していた。


それを彼は今、壊そうとしている。



戸田さんが目指すのは今までの解説者とは違い、攻守に渡りキッチリ語れること。
彼は自らが守備の専門家として現役時代を過ごしてきたこともあり、守備のディテールを語ることを強調した。
これは日本の解説者や指揮官が欧州と比べ、守備への考え方や指導が立ち遅れていると実感しているとのことだった。
彼は先日の川崎フロンターレ対ボルシア・ドルトムント戦でドルトムントが見せた守備の在り方に驚いたと語ったが、Jリーグの中でも異端な川崎フロンターレとの対照で、より鮮明で強いインパクトがあったのだろう。
もちろん、守備的なMFやDFとしてキャリアを築いたからと言って、攻撃の解説を怠ることせず、解説者が本来あるべき姿を実現したいと考えているようだ。


また、その後のキャリアとして多くの人は彼が将来的に指導者(それもJクラブ)になることを期待している。
今現在は、A級ライセンスに挑戦中であり、解説者の仕事をしながらいつか来るその時に向けて準備をしていると今後の自身について語った。


彼のように自らを語れる人は概して、他人に喋ったことは自分自身に言い聞かせていることと同義であることが多い。
こうした場で解説者としての在り方や将来の自分について語り、周囲に宣言することでストイックに自らを追い込んでいく、日本代表という選ばれたほんの一握りしかいない、真のプロスポーツ選手らしさを見せてくれた。



トークショー後はサイン会と写真撮影。
念願の日韓大会の選手と初めて、2ショット写真をテディに撮ってもらった。
近くで見た印象は、意外と細いし、そんなに大きくない。
現役を引退しているのもあるけど、先日ワンツードンで見かけた成田くんの方がだいぶ大きく見えた。

日曜日のレノファ山口戦はスカパー放送があり、戸田さんが解説でギオンスタジアムに来る。
現地観戦後、自宅でさらにもう一度オンデマンドで見ようと今から鼻息を荒くしている。

IMG_2497 - コピー


IMG_2499

トークショー終了後、チョリパンを初めて食した。
木下通訳が呼びこみをしており、後から出てきた戸田さんも食べていた。
ソーセージ一噛みすれば激アツ肉汁があふれてきて、とてもおいしかった。


IMG_2500



おまけ

静岡には娯楽が少なく、エスパルス時代チームではパチンコかゴルフが定番だったという話があった。
数日前に清水のレジェンドが良くパチンコ屋で目撃されていたという記事を見ていたので納得してしまった。

トルシエとの関係について何度か語る場面があったが、当時は練習中に戸田とトルシエが衝突したことがスポーツ紙の記事になったりもしたので、良く聞かれることなのだろう。 
02年を知る世代にとっては掴みのトークとして、一気に引き込まれた。

結果だけで上位カテゴリに上がったとき、そこで勝てなくなったら、大変だという話はまさしく多くのクラブが考え、取り組むべき課題。
J3では、町田、富山といて、J2には千葉、磐田、京都、札幌とJ1での実績や経験があっても、下位カテゴリで苦しんでいるクラブがある。(今シーズンの磐田は結果はついてきているけど)




最後に、
メモを取って聞けばよかったなぁと、、、いまさら、、、
他にも色々話があったんだけど、今は覚えていても、そのうち忘れちゃうんだなと思うと勿体ないよな。

今日も今日とて球蹴り。
さがみはらドリームマッチ2014、J3リーグSC相模原対福島ユナイテッドの2試合を観戦しました。
さがみはらドリームマッチ2014については特設ページがありますので、詳細はそちらを参照ください。
メンバー紹介動画は↓↓↓からご覧ください。




豪華ですね。
”私生活で事件を起こした前園くん”はアキレス腱を切った復帰試合とのこと。
戸田和幸、田中誠など02、06年の代表選手も参加です。



ディエゴ・加藤・マラドーナと芸人になった元日本代表DF名良橋のおふざけ?なメンバー紹介。




話は脱線しますが、自分は86年生まれで本田圭佑や長友佑都と同い年です。
彼らは所属チーム、また日本代表でも経験豊富な選手として活躍しています。
もう数年もすればベテラン選手と呼ばれ、キャリアの終わりが現実になります。
10年くらいしたら、彼らをドリームマッチで見られるようになるのでしょうか。
当たり前の話ですが、今はまだ日本代表として活躍する彼らを見たいので、まだ考えないようにしておきましょう。



さて、話は11月2日の朝6:00過ぎです。
持病のせいか、最近朝早くにトイレの大きい方に行きたくなり飛び起きます。
一度起きると寝れないもので、携帯でtwitterを見てみると、「ギオンスに向かいます」、「家でました」とツィートされる人がチラホラ。
当初、あまり今日の試合に行く気がなかったので、チケットは買っていませんでしたが、ネットで見てみると当日券があるようでした。
『行くか。』
そんな軽い気持ちで見に行けるのがギオンスタジアムなんです。



でも、ミスチル桜井が来るのに駐車場は大丈夫なのか。
そこだけが心配だったので8時には家を出ました。



ギオンス到着。
twitter,facebook更新。
あまり人いないじゃん、、、なんて思ったらバックスタンド入場待ち列がある。
こんなの見たことない。
2014-11-02-08-36-31

誘導の兄ちゃん、アウェー寄りなら半分の人しか並んでいない別の入場待機列があるという。
行ってみたら同じくらい並んでいる。
テキトーなこと言いやがって、、(ちょいおこ←もう死語ですかね??、
とにかく頭が半分寝ているので、席を確保して眞田珈琲で一服したい欲がMAX。


こんなに人がいるんじゃ、トンデモナイ場所の席しか無いんじゃないだろうか。
と思ったら、ハーフライン辺りに席をゲットです。


整列シーン。
バックスタンド側、マイクで言っていることが良く聞こえなかった。
メイン側のスピーカーとバック側のスピーカーが影響しあっていてるのか。
何だかんだいつも音響に不満あり。


さがみはらドリームマッチ2014は引退したJリーガーと芸能人のチームが地元相模原の高校選抜と対戦する30分ハーフの特別試合です。

2014-11-02-10-21-16


やべっち登場は大きな歓声がありましたが、ミスチル桜井の登場はさらに大きな歓声でした。
今回はピッチサイドシートが設置されており、ほとんどはウカスカジーの代表ユニの女子ばかり。
彼女たちのお目当ては、かつての日本代表選手たちではなく、サッカーをするミスチル桜井なんだと思うと、スーパースターは違うなと感心してしまいました。


ディエゴ・加藤・マラドーナだけアルゼンチンユニで、短パンをアゲアゲ。
名良橋は緑のボンバーヘッドのカツラ。
この2人はベンチスタートです。
やべっちが真面目にやる一方で芸人化する名良橋、いいと思う。
良くも悪くも、名波、前園など今回の選手たちはみんな真面目なキャラクターが確立されている。
おふざけキャラも必要ですね。

それにしてもディエゴ・加藤・マラドーナ。
練習で見せるキックやトラップからして相当の経験者だろうと思っていたら、帝京高校での2度の選手権準優勝のキャリアは知らなかった。(ゴメン、今日の今日までどんな人か知りませんでした)

2014-11-02-10-26-54


試合は若い高校選抜がオジサン化した元Jリーガーをヒィヒィ言わせ、球際のうまさでオジサンたちが高校生に対抗しようと必死になる好勝負になりました。
前後半とも明らかにファールじゃないのにFKを獲得した平野。
全然動けないやべっち。
笑いを誘うディエゴ・加藤・マラドーナ。
高校生をなぎ倒す戸田。
被り物でウケ狙いに走る名良橋。
高校生と競り合い本気で走る安永。


高校選抜が先制し、ディエゴ・加藤・マラドーナのCKが直接決まり、やべっちも点を決めるなど、見どころもたくさんあった試合でした。

やべっちのFK動画。
アイポンで撮りましたので、画質イマイチです。



最後はピッチ脇をぐるっと回りハイタッチで終了。
2014-11-02-11-44-48

2014-11-02-11-44-55

2014-11-02-11-45-10


ピッチサイド席10,000円という価格でしたが、友人曰く「元日本代表とミスチル桜井、やべっちとハイタッチなら10,000円の席は元が取れる。」とのこと。
一理ありますね。



さて、今回の試合は7000何某人集まったそうですが、そうなるとフードコートは大混雑でした。
普段のギオンスタジアムに慣れてしまっていると驚きを隠せません。
ドリームマッチの前に朝ごはん代わりに眞田珈琲とハニービーで焼きそば、ベーコン串を食べたので、お昼ご飯はピタパンを食します。(食べ過ぎか)
2014-11-02-11-59-29

ピタパン。
おいしくて、ボリュームがあります。
サルサっぽい感じかと思ったら、そうじゃなかった。
ギオンスタジアムに来たら一度は食べてほしいですね。
2014-11-02-12-03-40

さぁさぁ、SC相模原の試合です。
布陣は高原の怪我離脱以降定番になった形です。
今日は佐野ちゃんが1トップの服部の近くでプレーして、時に2トップに変化。
左のSH三幸は試合の序盤、チームとしてのボールの循環がうまくいかずイライラしていました。
トロがDFラインに落ちて、モービーが張り出すことで前からのプレスをかわしにいく戦術を何度かオペレーションしますが、途中でサイドチェンジする”仕掛け”が不発に終わるなど、相変わらず非効率的なサッカーです。

前線で服部が体を張り、佐野ちゃんにボールを落としますが、3枚目のフォローが居ないのであまり効果を発揮しません。
それでもデカい服部があちこちで競り合うので福島DFは『競り合うのやだな』と思ったに違いない。
前半、右サイドで作って左へのサイドチェンジが成功し、良い形でチャンスを作りました。
風上にいる前半で得点を奪えないと後半痛い目を見る ギオンスタジアムの気候を考えると、先制したいところでしたが、チャンスはあっても決定的なシーンがほとんどありませんでした。
理由は次に書くようなところです。
・クロスやパスといった、最後の場面が雑
・シュートが打てる位置にいる選手が1~2で、たいてい相手にマークされていた
・そもそビルドアップの途中で、つまらないボールロストが多かった

それに比べて、福島ユナイテッドはボール回しが徹底されていた印象です。
ゴール前での決定的なシーンは相模原より多かったものの、フィニッシュの精度を欠いていました。

後半になると試合の展開が難しくなりました。
中盤での攻防は滑らかさを失い、セカンドボールを取り合う体と体の激しいぶつかり合いが増えました。
必然的にエアポケットが生まれ、そこから相模原の得点です。
前半がんばっていた服部、、ではなく後半に投入された松本の得点でした。

松本は服部に比べると体格的に劣っているものの、FWとして申し分ない体のサイズと強さがあり、特徴はDFとの駆け引きで裏へ抜け出すことです。
佐野が高い位置でボールを受け、DF2人と駆け引きをした松本へロブスルーパスを送り、それをキッチリ決めました。


それまで、やや退屈な試合展開に静まりかえっていたスタジアムが、打って変わって大盛り上がり。
近くの女性から「これで目が覚めた!!」と力強い言葉も聞こえました。


試合はそのまま1-0で相模原が勝利しますが、最後の10分は守備に奔走させられる展開になり、粘り勝ちといったところでしょうか。
実力的には拮抗した相手でしたが、2人の選手の特徴が合わさったSC相模原が決定的なシーンをものに出来たことは、今後の試合に向けての自信になりますね。

2014-11-02-14-51-35

試合後は笑顔でバックスタンドに挨拶です。

2014-11-02-14-53-38


本日2回目の眞田珈琲にてサガミハラテで、帰宅です。
2014-11-02-15-01-03



そろそろ、本格的に寒い時期になるので次回からは防寒対策は必要でしょう。
そうすると、また珈琲がうまいんだなぁー。
では。

このページのトップヘ