フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:岸田

2015 J3リーグを観戦して”あくまで”印象に残った人を挙げてみようと思う。

レノファ山口
・岸田
34試合32得点は恐ろしい数字だ。
岸田の良いところはいくつかあるが、ボールの受け手としての労を惜しまないところが特に好印象。
得点を重ねていくことで、相手からのマークがきつくなってからも得点を重ねたのは見事だった。
シュート数に対する得点効率が高く、岸田は60本ちょっとで32得点を記録したが、同僚の福満は90本以上のシュートで19得点である。(他の得点上位者である藤枝の大石、町田の鈴木孝司とシュート数はさほど変わらない)
出場しなかった試合は今季2試合(出場停止など)あるが、それ以外のほとんどの試合でフルタイム出場を果たしており、非常にタフな選手である。
カテゴリは上がり、主導権を握れることができない試合が増えると予想される来季にどういった活躍を見せるかは注目である。


町田ゼルビア
・深津
180そこそこながら、驚異の堅さを誇る町田の壁。
空中戦で相模原の選手が吹っ飛ばされるのを何度も目にした。
J3レベルでは、彼と増田が並ぶだけで制空権を手にしたようなものだ。

・鈴木孝司
今季はケガでベンチスタートもあった。
それでも入替戦の大分トリニータ戦で見せたように得点力は健在。
サイドに流れても、DFを背負っても機能し、、空中戦からのヘディングも正確であり、逆足でもプレーを苦にしない。


長野パルセイロ
・勝又
得点は8点と満足がいく結果ではなかったが、自慢の快足を生かしたプレーを見せた。
積極補強を見せるチームにあって常にフルタイム出場できたわけではなかったが、3部リーグでは圧倒的な知名度を誇る選手だけにこれからも活躍してほしいと願う。


とにかく、まっすぐ走るのはすんげえ早い。


SC相模原
・レオジーニョ
与沢何某さんのように秒速で、元相模原の佐野ちゃんがいるマルヤス工業に移籍していった快速アタッカー。
名前の響きとアホみたいに速い俊足でギオンスタジアムの多くのサポーターにロマンを抱かせた。
子どもからの人気も高かった。

ただ、本当に足が速いだけの選手だった。
成績は11試合で2得点、期待外れと言われても致し方ない。

勝又と2人で並べたらカウンターサッカーが捗るかもしれない。


カターレ富山
・苔口
かつての”足が速い選手”というイメージから、真ん中でガッシリと構えてボールを収めることが出来るFWになった。
富山はチーム失点数がレノファと同数だったが、攻撃が貧弱すぎた。
サポートも攻撃回数も少ない中、苔口が7点奪ったのは褒められるべき。
FC東京しかり、守備が堅くても得点を多く奪えなくては優勝争いは見えてこない。


ガイナーレ鳥取
・フェルナンジーニョ
いわゆる1つのちっさいオッサン。
ドイヒー稼働率の割に出場すれば確実にチャンスに絡む。
セットプレー、ドリブル、パス、シュートとどれをとってもJ3では、まだまだ普通にやれる。
14試合、826分出場で5点は立派。


福島ユナイテッド
・石堂
まるで助っ人外国人かと見間違えるほどタフな選手。
強烈な接触プレーに絡んでもスグに平然と走り出す姿に恐怖を覚えた。

ブラウブリッツ秋田
・熊林
今シーズンで引退するテクニシャン。
昨季は奪ったボールを次々と熊林に蹴らせて前線に放り込むという、移動砲台として怖い存在だった。
最終節、熊林が出場するのを期待したが出場はなく、彼のフットボーラーとしての人生は終わった。

サッカーを熱心に見始めた頃、マリノスに移籍してきたので知らない選手が多いJ3では、数少ない顔がわかる選手の1人だった。

琉球
・中山
かつては足が速いというイメージがあった。
今の彼は前線で起点となる選手であり、当たり前だけど加齢とともにプレースタイルが変わった。
琉球の中では屈指の知名度を誇る選手ではあるが、彼がかつて世代別代表のエース候補だったのを知る人はどれだけいるのだろう。


藤枝MYFC
・大石
いつ見てもビックリする選手。
決して背が高いわけでも、足が速いわけでもない。
ただ、飛んできたボールを正確かつ強烈にゴールにたたき込むだけ。
得点力不足のチームは喉から手が出るほど欲しい選手。

・満生
フィジカルお化け。
最近、藤枝はCKをニアサイドで満生に競らせてズラすことが多い。
170cm台の身長とは思えないくらい空中戦で目立つ。


グルージャ盛岡
特になし

U22
・望月
多くの試合に招集された野洲高校出身の若い才能。
中盤のやや低い位置でゲームを作るのが得意。
観戦した試合では、自分のポジションを放棄して前線で絡むのはそこまで好きじゃないのか、あまり見られなかった。


YSCC
特になし



スカパーさん、来年はもっとJ3を配信してください。

こんにちは、毎度お馴染みギオンスタジアムからtakuがお送りいたします。
ドモッ!!(*´ω`*)ゞ
明治安田生命J3リーグ第22節 SC相模原対レノファ山口を観戦してきました。

気温が36~37℃になるかもしれない、、というトンデモナイ猛暑日に13時よりキックオフということで、急病人必死な状況での試合を観戦してきました。

※試合のディテールはスカパーオンデマンドでご確認ください!!
 J3の放送はめったにないので、ぜひご自身の目でご確認ください!!!
 といわけで、今回試合分析はほとんどありません。

『天王山』と大々的に宣伝をしていたのですが、残念ながら当日を4位で迎えてしまったSC相模原。

IMG_2372
女性が無料なのは嬉しいですね。
B席、C席が無料ですが、、、この時期屋根のないバックスタンドB席、ゴール裏C席に座るのは気が進まないところです。
(グレードアップで安く、屋根のあるメインスタンドのA、Sが買えると思えばいいかも)

なお、女性は2,000円でピンクのTシャツを買えば、SS席に座れると聞いたので、連れがTシャツ1枚と私は初SS席を購入しました。
「連番でお願いします」と申し出たら、店員が右往左往してしまった。
(忙しかったのに申し訳ないけど、男性はTシャツを買ってもチケット付いてこないんでね。)

IMG_2389

実はチケット販売の列を間違えていて、チケット購入前にヒロインブースに並んでいたので、無料券ももらってしまっていました。
返却を申し出ましたが、不要であると言われるも納得がいかない。
女性にお願いしてヒロインチケットを貰って、Sにグレードアップして男性に渡したら、B席相当分を得できちゃうじゃん。)

よくわからんばーい(´・ω・`)

IMG_2505

グッズ売り場の奥にはサッカーグッズ屋さんがお店を構えていました。
IMG_2506

先日公式Facebook行われた人気投票の結果として、3名のパネルが設置されていました。

さっそく、「ソガベ( ゚Д゚) ソガベ( ゚Д゚)」と隣の連れが指差しておりました。
(他人を指さしてはいけないと習わなかったのか?)
相模原のプリンス という枕は使われなくなったようですが、本人がイヤだったのでしょうか。
IMG_2509

一位は工藤なのですが、工藤には興味がないようです。

IMG_2510

後で本物の寺田と遭遇したのですが、「同じ人?」という始末。
黒木くん間違い事件の主犯としては何もいえねぇ、、、、(´・ω・`)
(いつまでこのネタ引っ張るんだよ)

IMG_2511

冠企業のブース。
石鹸の良い匂いがします。
数々の試供品を頂き、ボディシート(女性用)を購入しました。
ボディシートはが全て使い切りました(*´ω`*)ゞ
IMG_2512
IMG_2514

レノファブースには、元マリノスの松本翔のグッズが買えるみたいですが。
5,000円するので、華麗にスルー。

IMG_2516

暑いのでワンツードンまで行くまでに溶けそうだったので、ジェラートを買いました。
(ワンツードンは隣にあります)
IMG_2517

左がレモン、右がローズミルクティーです。
とてもおいしかったのです(*´ω`*)ゞ
IMG_2518

さて、やっとワンツードンに着きました。
マスターが玉のような汗をかいて接客していました。
この頃顔見知りになったバイトちゃんもいましたが、暑さで完全にフリーズしておりました。

今日から相模原ビールが販売開始なのは知っていましたが、カレー屋さんなのにうどんメニューの方が多いという謎。
アップルミルクを飲みたいところですが、、主食を購入です。
IMG_2519

安定の旨辛カレー。
初めて食べる人はちょっと変わった味だなーと思うかもしれませんが、、、
気を付けてください。
99%また食べたくなりますから!!

IMG_2520
連れは、冷やし鳥塩うどん。
「今まで食べたうどんで一番おいしい。」と、何度も連呼するあたりおいしいようです。
(食す前に無くなりました)
IMG_2521

麻溝台高校のチアバトン部によるパフォーマンス。
IMG_2522

練習見学券をもらっていたので初めてギオンスタジアムのピッチレベルに突入しました。
IMG_2523
IMG_2524

当たり前ですが、陽を遮るものが何もありませんね。

今日はマヨネーズもいないし、クマのぬいぐるみでもありませんでした。
誰だ、お前は!!!|д゚)
誰おま君がスタジアムDJをしておりました。


ゴール裏の方々は準備中。
この暑さでもあそこに陣取る人たちの心意気には脱帽です。
(帽子は被ってませんけど)
IMG_2525

ドM心満点なバックスタンドを選択した人が結構いてびっくりです。
熱中症対策は充分なのでしょうか、、、、
とはいっても、他人を気遣う余裕はありません。

ピッチ脇は外と比べて体感温度がさらに高かったです。
こんな状況で走って、飛んで、90分、、、拷問ですよ、、、、
IMG_2527
IMG_2528

GKが出てきました。
強烈なシュートを次々止める姿はカッコイイですね。

IMG_2529
メインスタンドの屋根がカバーしている範囲にしか人が座っていません。
IMG_2530

選手が入ってきました。

IMG_2532
IMG_2533


先日、栃木から移籍してきた永芳卓磨が目の前に来ました。
大型でありながら、テクニックがある選手と聞いていますが、どうなのでしょうか。
IMG_2536

交代の切り札、大森。
このクソ暑い中でも笑顔を見せるナイスガイ。
彼を生かすにはサイドの高い位置で起用したい。
IMG_2537

曽我部のクロス練習を激写。
ピンボケですね、
IMG_2541
IMG_2543

成田くんから、高原?へのクロス。
IMG_2544


お酒が飲みたいと言うので、相模原ビールを連れが購入しました。
またしても「おいしーおいしー(*´ω`*)」と連呼です。
(俺も飲みたいんだが、、、、(´Д`))
IMG_2547

さて、メインスタンドに入りましょう。
もうすぐ試合開始です。
スカパーの中継車がきています。
わざとらしく「スカパーはJ3を全然放送しねえんだよなー( ゚Д゚)」と言いながら通過してみました。
IMG_2548

レノファ山口サポーターは結構な数がきていました。
メインスタンドのアウェー寄りにも相当数がいて、勢いのあるチームであることを感じさせてくれました。
IMG_2549



SS席からの視点。
普段より角度が無いので、少し見にくさを感じました。
自分の好きな視点が1つ下のグレードなので、次回からはまたS席に戻る予定です。
IMG_2550
IMG_2551

さて試合開始です。
IMG_2554
IMG_2555

前半を終えて0-2。
サッカーは11人でやるスポーツであることを実感させてくれる内容でした。
少なくない差があり、ビハインドの相模原はどうしてくるのか。






IMG_2556

結果は0-3となりました。
新加入のタレス、永芳は周囲との連係不足から、効果的とはいえず、、
曽我部のドリブルはゴールから遠く、飯田は低い位置でボールを裁かざるを得ない状況でした。
森がケガで退場したことで、小谷が入り右サイドからの攻撃は完全に停滞し、前半に攻め立てられたLSBの成田と交代で入った大森も仕事をすることは叶わず、最後は多くの選手がスタミナ切れから何もできずタイムアップを待つだけに。





レノファ岸田はCkから2得点。
SC相模原はセットプレーへの弱さを露呈しました。
IMG_2557





引き上げる曽我部が「庄司!!」と声をかけていました。
彼らには交流があるのでしょうか。

IMG_2558


帰りにカムイに寄り、アリオで買い物をしました。
家につくと疲れがドッと出て、扇風機の前にパンツ一枚で鎮座しておりました。

IMG_2560

試合前、鈴木健太と写真を撮ってもらいました。
SC相模原の選手と写真を撮るのは初めてです!!
その最初が彼だったのは、とても嬉しいことです(*´ω`*)ゞ
IMG_25071111111


それではまた、次回の記事でお会いしましょう。

このページのトップヘ