フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:マンチェスター・ユナイテッド

 前編はこちら(http://football-mansion.blog.jp/archives/45883349.html

IMG_1566

 今夜の試合は重要だ。セルティックが勝利を収めれば16強へ望みを繋ぐこととなるが、負ければ敗退が決定する。

 一方、デンマークでビジャレアルを迎え撃つオールボーは、今夜の結果に関係なく突破の可能性を残している。

 興味深いことに、ナカムラはフィールドに立つ際、ベスト16進出のチャンスについて考えないことを重視している。テニス界ではラファエル・ナダルが、試合の重要度を考えずにすべてのポイントを全く同じアプローチで臨むことを求めている。ナカムラも同じだ。

 彼は、「その試合の持つ意味を考えたりはしない。ピッチに出たら、それがグループとかにどんな影響を与えるかなんて考えない」と語る。

「90分間はただの1試合で、勝ち点3としか見てない。他のこと?終わってから考える。目の前の試合に集中したい」

「ホームで試合ができるのは良いこと。多分、自分たちのサッカーがやりやすくなるだろうし、相手は影響を受けるんじゃないかな。テクニックはユナイテッドの方が上だから、ハードワークしないと」

「チームとしては、ポゼッションを上げるってはっきりさせることが必要。個人的には、もっとボールに触って攻撃の面で貢献したい」

 UEFAチャンピオンズリーグにおいて、セルティックの心臓はホームゲームにある。アウェーでは災難な成績だが、セルティック・パークは欧州トップクラスの要塞である。

 これまで6度のCLで、グループステージにてホームのセルティックを破ったチームはバルセロナのみ。時が進むにつれて選手達が変わり、監督も変わったが、セルティック・パークの観衆はそのままだ。

「サポーターが手助けしてくれる」と、ナカムラは口にした。「セルティック・パークがこのような夜みたいになることは、誰もが知ってる。素晴らしい雰囲気で、僕らを後押ししてくれる」

「危機的なのは知ってる。オールド・トラッフォードで負けた分を取り返さなきゃいけない。個人的には、自分のフットボールを見せつけ、違いを生み出したい」

「全員がチームを助けながら個人の仕事もしなきゃいけない。チームで守ってチームで攻める必要がある」

「まとまっていかないと。チームメートを孤立させたままじゃダメ。すべての時間で、チームとしてプレーする」

 今夜の試合は、日本でも注目度が高いものになるとみられる。東京や横浜のどこかで、次のナカムラになる少年がテレビに張り付き、セルティックのヒーローが欧州王者を相手に素晴らしいプレーをするところを見るだろう。

 ナカムラも、かつてはそのような少年だった。20年前、彼はプロになることを夢見て、ACミランやバルセロナがヨーロッパの覇権を争うことに憧れを抱いていた。

 神秘的で魔法のようなフットボールの環境を見て、彼は“こうやったらどうなるんだろう”と考えた。彼が日本とイタリアでプレーした後、セルティックはその才能を世界中に見せつける舞台を提供した。

 引退後にどこで何をしようが、ナカムラはいつだってセルティック・パーク、カンプ・ノウ、オールド・トラッフォードやサン・シーロでの夜を思い出すだろう。彼の思い出は、セルティックで作られるのだ。

 彼は語る。「子どもの頃、サッカーを始めた時には、日本にプロリーグすら無かった。最高レベルの舞台でプレーすることを夢見ていたけれど、プロになった時も本当に海外でプレーするとか、あり得なかった」

「そういうのを全部考えると、これは自分にとって夢の舞台。こういう試合は自分の中にずっと残ると思うし、セルティックのためにベストを尽くしたい」

「ただ点だけをとりたいって意味じゃなくね。前回ここでやったユナイテッド戦のことというと、みんなFKを覚えていると思うけど、自分にとってはそんなに大事なことじゃない」

「確かにFKを決めたこともそうだけど、あの試合での全プレーのことを考える。いいことも悪いこともね。そこから学べるし。一本のキックじゃなくて、一番大事なのは試合を通じて全部のシーン。そういうふうに考えて成長しなきゃいけない」

 2年前、シュンスケ・ナカムラはピッチへ行き、思い出を作って試合を終えた。我々は、デジャヴを体験できるだろうか…全てにおいてね。

A moment of magic gives Celtic a lead!」

 この実況を覚えてる人も少なくないだろう。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・グールプステージ第5節、セルティック対マンチェスター・ユナイテッドのワンシーンだ。

 0-
0で迎えた81分、中村俊輔の左足から放たれたFKが、クラブを史上初のベスト16に導いた。

 しかし、物語の続編を記憶している人は多くない。両クラブは、2年後にグループステージで再激突。アウェーで0-3の大敗を喫したセルティックは、敗れればグループ敗退が決まる状況で、本拠地セルティック・パークにマンチェスター・ユナイテッドを迎える。

 先日、友人からこの試合のマッチデープログラムを譲っていただいた。


IMG_1565

 伝説の一撃から2年が経ち、崖っぷちに追い込まれた同クラブは、再びこの男に助けを求めたかったのだろう。プログラムには、彼の特集が6ページにわたって掲載されている。

 先に話すのは無粋かもしれないが、結果から言うと、“救世主”は90分間ベンチから試合を見守り、チームは引き分けた。

 彼が試合に出ていればどうなっていただろう。またもチームを救っていた可能性もあるが、クリスティアーノ・ロナウドやパトリス・エブラを相手に消えてしまったかもしれない。

 前置きが長くなったが、そんな妄想を広げながら読んでいただきたい。タイトルは「Can Lightning Strike Thrice?」

IMG_1566

 ゴードン・ストラカンの時代の到来を告げる時が来た。その中心に相応しいのは、このクラブで自身の歴史を刻んでいる男、シュンスケ・ナカムラだ。

 2
年前から時間は止まっている。日本から来た男が魔法のような素晴らしいFKを決めてマンチェスター・ユナイテッドから10の勝利を手にし、セルティックを史上初のベスト16に導いたあの時から。

 あの夜の試合のプログラムでも、ナカムラのインタビューは「この世界のすべてがステージだ」というヘッドラインに掲載された。何百万もの人間が見守る中で35ヤードからネットへ突き刺した後、セルティックのスターはまさに世界的な怪物となっている。

 状況が変われば変わるほど、本質というのはそのままだ。この2年間、彼はセルティックのかつてない栄光を支え続けている。今日もまた、通訳のマコトとともにテーブルの端に着き、試合の展望を語っている。

 彼の前には2006年のプログラムのコピーが置かれた。吉兆となるか?歴史は繰り返されるのか?ナカムラは肩を竦めて笑う。迷信深いタイプではないが、エドウィン・ファン・デル・サールからまたもFKを決めることになれば、それも変わるだろう。

 衝撃的な瞬間だった。すべてのセルティック・サポーターは、ナカムラがFKを決めた瞬間にどこにいたのかを覚えている。マーティン・グレイグ氏の著書『ナカムラの禅精神』の中には、「あのシュートは世界中に響き渡った。トールクロスから東京まで」という、的を射た1文がある。

 6
万の観客と数百万のテレビ視聴者が見守る中、ナカムラは6人の壁の上から、6フィート以上のGKすら越えてトップコーナーに突き刺し、永久的な信頼を掴み取った。セルティックの運命を握る瞬間、クラブのレジェンドになるワンチャンスに、彼は何を考えていたのだろうか。

「スタジアムが満員で、すごい大きな歓声が起きていたけど、全部遮断しようとした」彼の芸術性を解き明かすインタビューで、ナカムラはそう答えた。

「正直、歓声が頭に入ってくる時っていうのは、決まらない。良いボールが蹴れるのは、平常心でいられる時」

「よく説明できないんだけど、FKって別のステージだと思ってる。ボールをセットして壁とキーパーの位置を見るんだけど、その時にフリーキックに『入れてる』と、だいたい決まっちゃう」

「壁とかキーパーの位置とか確認した時になんか違うと思ったら、入らなかったりする。上手く伝えられないんだけど」

(後編はこちら http://football-mansion.blog.jp/archives/45883932.html) 

このページのトップヘ