フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

タグ:ブラウブリッツ秋田

いよいよ明治安田生命JリーグもJ1・J2リーグが開幕まで1週間。
J3リーグも開幕まで3週間。ここで今年のアスルクラロ沼津について昨年を振り返りつつ、一旦まとめを書いてみようと思います。

【2017シーズンの成績】
J3リーグ 3位 16勝11分5敗 得点60 失点27
天皇杯 3回戦敗退

・最終戦までもつれたJ3リーグ優勝争いこそ制する事は出来なかったものの、初年度にしてリーグ屈指の攻撃力を武器に3位に躍進。
・天皇杯では初出場ながら3回戦まで進出。J2京都サンガを下し、J1横浜・F・マリノスとの対戦とチームにとっても貴重な経験となった。

■2018シーズンスローガン■
IMG_2013
2018年のスローガンは「全力前力」前へ、未来へ進む沼津らしいスローガンとなった。
そんな2018シーズン、昨シーズンの仲間とも戦う事となる。
チームから離れていった選手をここで少し紹介したい。

=沼津から移籍した選手=

・薗田卓馬(→徳島ヴォルティス(J2)
何と言っても昨年チームから羽ばたいていった代表格はエースの薗田卓馬。
昨年も最後までJ1昇格争いを繰り広げた徳島ヴォルティスへの個人昇格を果たした。

昨シーズン・薗田選手の個人的ベストゴール


この直前に同様の形からDFの前に入りゴールを奪っていた薗田選手。このゴールでは中村選手の突破時に中央のDF背後へ。注目はこのDFの背後へと消える動き。
ストライカーらしさと中村→薗田の2017年の沼津を象徴するナイスゴールだった。
徳島は昨シーズンのチーム得点王の渡選手がサンフレッチェ広島へ移籍。沼津の「蒼い稲妻」は徳島をJ1へと導けるか?これもまた注目である。

・中村亮太(→ブラウブリッツ秋田)
薗田が沼津の「蒼い稲妻」ならチーム名が「蒼い稲妻」(ドイツ語でブラウが青、ブリッツは稲妻)昨年のJ3王者・秋田への移籍を果たしたのが中村亮太選手。

昨シーズン・中村選手の個人的ベストゴール


DFに当たり負けしない腰回りの強さ、相手SBに対して空中戦を制することが出来るという魅力。そしてドリブル突破。
同じくJ2ライセンスが無く、最後まで優勝を争ったライバル秋田の強力な力となるか?
沼津の前に立ちはだかる。

・白石智之、田中舜、河津良一(→グルージャ盛岡)
今シーズン、沼津の前に立ちはだかるのは中村選手だけではない。
ホーム開幕戦となる3/17。昨年のJ3初陣から丁度1年を前に(J3初陣の福島戦は2017/3/18)行われる1戦は3人の元アスル戦士が早くも敵として愛鷹に現れる。

昨シーズン・白石選手の個人的ベストゴール


昨シーズン・河津選手の個人的ベストゴール


リーグ戦で何度となくチームを支えた白石選手。
天皇杯ではキャプテンマークを着け躍進を支えた河津選手。
そして昨年こそ出番は少なかったもののJFL時代から守備を支えた田中選手。

愛鷹の開幕戦はJ3開幕と共に彼らを迎え撃つ。

・渡辺亮太、小牧成亘(→藤枝MYFC)
更に今年はGWの5/3開催が決定したJ3・静岡ダービー。県内のライバルチームにも2選手が移籍した

昨シーズン・渡辺選手の個人的ベストゴール


昨シーズン・小牧選手の個人的ベストゴール


スタメン争いこそ薗田、青木、染矢選手の影に隠れがちだったが2選手共印象的なゴールが多かった。

渡辺選手は開幕戦、沼津がJ3の歴史に初ゴールを刻んだゴール。そして大嵐の中ラストプレーで決めたC大阪U23戦の決勝点。
小牧選手はJ2京都を打ち破ったゴールに加え、首位秋田を粉砕した2ゴールに藤枝戦での同点ゴール。

そんな彼らは今年はダービーマッチで藤色のユニフォームを身に纏い沼津ゴールに襲い掛かる。
渡辺選手は同じくJ3盛岡から移籍した谷口選手辺りとレギュラーを争うことになりそうだ。


J3のみならず下のカテゴリをはじめチームを去る選手は新たな挑戦へ

去る者もいれば、新たなる力も加わっている。ただどの選手も活躍の地は違えど、沼津での経験やこのチームの教えを胸に活躍して欲しい(沼津戦以外でよろしくお願いします!)


次回は新加入選手を中心に書いていきます。
昨年の振り返りになってしまいましたが、長くなるので一旦ここまで


2017-12-03-12-14-55

明治安田生命J3リーグも遂に最終戦。

今季最後にして首位攻防。勝った方が優勝と、最大の決戦にアスルクラロ沼津は臨むことになりました。

決戦の日、夜が明ける
2017-12-03-06-43-38
2017-12-03-06-45-53
沼津の試合へ向かう朝はいつも早い。朝は沼津港で朝ごはん。もうこれが日課になっている。
この日は天皇杯で戦ったマリノスのサポーターの人が応援に来てくれる事もあり、駅まで迎えに行ったのだが、少し早く着き過ぎてしまったので大好きな狩野川沿いを少し散歩した。

2017-12-03-08-04-31
いつもと同じ朝、港に行けばいつもの仲間と「おはよう」と挨拶を交わす。
港には栃木のサポーターの方もいらっしゃり沼津の街を満喫されていた。
この街が好きな一人として、ただ戦うだけでなく沼津を満喫してくださるのはとても嬉しい事。

2017-12-03-10-06-15
スタジアムに着くと、栃木SCのサポーターの多さに驚いた。黄色いユニフォームがホームジャックといえる程の大軍団。


アスルクラロ沼津のバス待ちは今までで一番青い旗が揺れていた。

メインスタンドのコンコースで決起集会と、いよいよ決戦という気配が増していくのを感じた。

2017-12-08-11-12-14
栃木のバス待ちも凄かった。
こんな雰囲気を愛鷹で経験した事は無かったし、ロープ越えて来た時は警備員さんもビックリしたらしい。
アスルキッチンも凄い混雑でこの日は諦めました。

でも、全然圧倒されなかったのはホームの愛鷹だった事やアスルの友達が沢山居た事もそうだけど、天皇杯で圧倒的なアウェイをマリノスで経験したのも大きかったのかな?

■1つになった心、決戦の火蓋が切られる■
メインスタンドの半分とアウェイ芝生席全てが栃木の黄色で埋まる。そして沼津のサポーターも多く最高の舞台が整った。
試合前には沼津サポーターで大きな大きな円陣を組んだ。そこには昔から応援してる人も、初めて観る人も関係ない。アスルクラロ沼津を応援する同じ仲間が集まった。

♪アスルクラロ俺たちの夢を乗せ行こう~♪

2017-12-03-13-02-39

試合開始直後のお馴染みの「ガラスの十代」チャントからキックオフ。
チャントの通り、俺たちの夢を乗せた戦いが始まる。

試合は早々に右サイドに流れた太田選手のクロスにアスルブルーの稲妻がネットを揺らす。
前半7分、薗田卓馬選手のゴールで先制点を奪う。
沼津は自陣のセットプレーはGKの大西選手が蹴り、ハイラインを保っている感じ。
栃木のFWペチュニク選手を低い位置でプレーさせてその先を狙う西谷選手や牛之濱選手が拾ってもゴールまで時間を掛けさせ対応出来る様にしてる部分もあるのかな。という印象。

決定機もGK大西選手のビッグセーブもあり1-0でリードして前半終了。

■ハーフタイムはいつも通り楽しむ■
今年1年、アスルクラロ沼津の名物になったのが寝そべりハーフタイムショー
シーズン終了後にまた色々話題になったりしてるけど、その分試合中は全力応援。
どうしても悪目立ちもしてしまうけど、その事は覚えていて欲しい。

2017-12-03-13-55-23

■執念と執念のぶつかり合い。三つ巴のラストバトル■
後半が始まると栃木は川田選手を投入。中央を閉められたなと思って見てたけど、後半24分にFW服部選手を入れていよいよ攻撃の圧を上げてきた。
耐えに耐えたが、後半32分ボールはペチュニク選手の前に転がった。狭いコースをしっかり射貫かれて同点ゴールを許す。
直前まで苛立ちを露わにして、冷静さを欠いてる様なペチュニク選手だったが、ここ一番での冷静さは凄いの一言だった。
勝つしかないアスルクラロ沼津にとって重い重い1点がのしかかる事となった。
ただ、アスルクラロ沼津もまだ諦めない。後13分、まだ時間はある。最後まで戦うのがアスルクラロ。
諦めという言葉はこのチームには存在しない。
勿論それはサポーターも同じで、「まだ時間あるぞ!」と下は向いていない。

沼津の吉田監督も珍しく審判から注意されていた。
前澤選手、渡辺亮太選手、渡邊志門選手と投入。今まで見た事無い程にパワープレーを選択して「勝ち」に拘った。
何度も何度も栃木の壁に跳ね返された。

そしてタイムアップの笛を迎えた。

■悔しさを胸に未来へ■
試合終了後、歓喜の栃木を選手も沼津サポーターも涙を堪えて見つめていた。
悔しかった。でもこの悔しさを目に焼き付けようとその気持ちは同じだったと思う。

この日でアスルのゴール裏から引退するアスルマスクさんの為にも勝って喜びを分かち合いたかった。
おこがましい言い方かもしれないが、勝たせてあげたかった。
2017-12-03-15-07-56

目の前で歓喜を見せつけられたのは、個人的には2012年のナビスコ杯。
清水エスパルスvs鹿島アントラーズ以来だった。
あの時は悔しくてセレモニーが見れなかったけど、今回は目を逸らしてはダメな気がした。

そして、今年仲間になった友人たちの横断幕と吉田監督、尾崎キャプテンのセレモニーでの挨拶で悔しい想いも持ちつつ。最後まで戦って一緒に応援して、このチームが好きで改めて良かった。と実感した。

セレモニーの映像は是非、どのチームのサポーター等関係なく見て欲しい。
アスルクラロ沼津の根本となる部分がここに詰まってる。これだからアスルクラロ沼津が好きだ。



2017-12-04-06-19-21

■最後まで戦った3チーム■
試合後、栃木サポーターの方から色々声をかけて頂いた。
僕は「ありがとうございました!昇格おめでとうございます。絶対上でまた戦いましょう!」
等と、自分らしくやろうとこの日は決めていた。

サッカーは残酷だがとても美しい。戦いが終わればこうやって交流できる。それもきっと良さだと思う。
帰り道、アスルクラロ沼津のボランティアスタッフの皆さんかな?が出してくれていたこの看板。全力でぶつかり合って、最後まで闘いあった者同士だからこそ、最大の祝福を忘れない気持ちには改めて素晴らしいなと感じた。

2017-12-03-15-55-02
2017-12-03-15-55-12


大軍団が押し寄せた栃木SCの熱い応援に追いつくんだという気迫あふれるプレー。昇格が無くても走り続け勝利と優勝を目指した沼津の選手にサポーター。
そして、3位から優勝の僅かな可能性を諦めず戦い優勝を勝ち取った秋田の方々。

熱い熱いシーズンになった今季のJ3上位3チームに熱量の差など存在しない

各チームで身体を張り戦う選手がいて、涙を流して喜び、悔しくて泣く熱い人たちがそれぞれ居る。

2017-12-03-13-18-17
2017-12-03-13-18-14
過去最高の8649人が足を運んだ愛鷹、確かに沼津側はまだまだ青いユニフォームを着ていない方も多くいらっしゃった。

それでもアスルクラロというチームが沼津の地に根を張り、未来へと繋げていく大きな一歩をこの日刻んだことは間違いない。

小さなクラブの大きな冒険の航海。その1年目は大きな成果を残し幕を閉じたと言えるだろう。


■試合後■
試合終了後、1年間お疲れ様でした。と打ち上げを企画して下さり参加させて頂いた。
会場に行く途中で、馴染みの店に顔を出し「どうだった?」と聞かれたが「勝ちたかった」と口に出したらまた悔しさで涙が出そうで、「引き分けだった」としか言えなかった。

打ち上げも本当に楽しくてこんなに仲間がいる事も嬉しくて、2次会、3次会と行ったけど、ホテルに戻って一人になったらやっぱり悔しさがこみ上げた。

1年間気づいたら夢中で走ってたんだな(いや、知ってたけど)


試合から数日、感傷に浸る暇もなく退団選手の発表がありJFL時代を戦い抜いた選手をはじめ、全部で9名と既に多くの選手の退団が発表された。

そして、明日9日にはアスルクラロ沼津初のファン感謝デー。
シーズンは終わってしまったけど、今年もあと少し、ご迷惑をお掛けした方もいらっしゃると思いますが本当にありがとうございました。そして来年もよろしくお願いします。

助手「アズ岡さん。これどう見ても、某クラブの企画のパクリですけど大丈夫なんですか?」
アズ岡「う~ん…まっ、大丈夫でしょ!(素人のやってるパロディなので)」

ハイ、くだらない茶番は置いておいて、

6/18(日)開催 J3リーグ第13節 ブラウブリッツ秋田戦 そして
6/21(水)開催 天皇杯2回戦 京都サンガF.C.
の2試合について書いていこうと思います。

アスルクラロ沼津にとって、J3無敗で首位を走る秋田。そして格上J2の京都サンガF.C.
今シーズン最大の挑戦が間もなく始まります。
なのでぶっちゃけ、かかってこい!っていうのはちょっと可笑しな話で我々は挑戦者なのです。

■堅守を打ち破れるか?ブラウブリッツ秋田戦■
まずは、日曜に対戦するブラウブリッツ秋田。
ここまで J3リーグ11試合で8勝3分0敗 22得点5失点 と堅守が光るチーム。
前節、vsカターレ富山 では最後の最後まで追いつめられるが、起死回生のカウンターで同点ゴールを挙げ無敗をキープした。

秋田の試合は開幕から全試合のハイライト&前節の富山戦のフルタイムを見ただけなので詳しくは書けないかもしれませんが、感じた事をいくつか

◆低いDFラインと反応に優れたGK小澤章人選手◆
秋田のDFラインはバックスラインを3枚、4枚、5枚と変化させつつキッチリとスペースを埋めて固めてくる印象。攻撃時にラインを上げた後のカウンター時を除けばDFラインの裏のスペースを狙うのは中々困難かもしれない。
これはGKの小澤選手が近距離でも反射神経でなんとか出来るというGKのタイプとも合っている。
裏を返せば、DF裏のスペースにボールが流れた際はチャンスで、秋田vs長野の試合を観て頂くとわかる通り前への判断力は少し苦手なGKなのかもしれない。
(特にハイボールからのこぼれを一瞬迷ってDFに任せたシーンではそう感じた。)
中でもハイライトを見ると、目立つのがGKの左手側と腰から上への反応が優れている事。半面、GKの右手側、腰から下のボールへの反応シーンが少なく。失点シーンがそちらサイドが多い(北九州戦、琉球戦、富山戦)のはただの偶然では無いのではないだろうか?
GKというのは必ずどちらか得意なサイドがあるので、右からの中村亮太選手のカットインからファーサイドへのシュートなんかは刺さる可能性がある。
ここはねらい目かもしれない。

image


富山は速攻に失敗して組み立て直しを選択せざるを得ない際、この状況からスタートとなった。
見て分かる通り、青い5枚の壁と4枚の中盤を搔い潜るのは至難の業である。
この場面では、SBと中盤、CBの間の選手に一度食いつかせて、ダイレクトでサイドへと経由した。

これは京都のDFにも言える事なのだが、秋田のDFも「面」には強い。という印象が強い。
ダイレクトプレーで左右に揺さぶる、DFの間に飛び込むというのは秋田を倒す大きなカギになりそうである。
(実際の失点シーンでも北九州戦では左からスライド、スライドで隙間が出来、琉球戦は左からの大きな展開からダイレクトで中へ、富山戦は左からグラウンダーで早いボールがDFの間を抜けて佐々木選手の足元へ届いた。

パスの出し手とこぼれ球を抑えろ◆
秋田の堅守につい目が行ってしまいますが、攻撃陣も22得点と沼津に次ぐリーグ2位の攻撃陣を携えている。
注目は、田中選手&久富選手ら得点力のあるFW陣と7番の前山選手、9番の右サイド古田選手。

前節の富山は7番の前山選手+14番の山田選手に楽にパスを出させない様プレスをし、攻撃の糸口を塞ぎにいった。
これに加え、よく前山選手がやるDFラインの裏へのふわっと上げるボールにもしっかり対応したい所。水曜日に当たる京都のFW陣からは強さという点では劣るが、競った後のこぼれをキッチリと狙って秋田は体を入れてくる。特に元藤枝の久富選手は上背こそ無いものの、前を向かせたくない選手だ。
また、秋田の右サイドの古田選手は縦にスピードのある突破で勝負してきそう。沼津は藤嵜選手や前澤選手がここをどこまで抑えられるかも大切になってくる。

クロスボールは右サイドでは左足から、左サイドでは右足からゴールへ巻いていく様なクロスが多い。
ヘディング、こぼれ球、クロスが抜けてゴールマウスに吸い込まれない様に判断力を要求されるいやらしいボールにも集中が必要である。(加えて山田選手のロングスローもあり)

【ブラウブリッツ秋田を止める事は出来るのか?】
秋田は強い攻守にしっかりとしたコンセプトがある。
田中選手を頂点に置いた攻撃それ支える中盤からの押し上げとパス供給。前節の試合で
にげきりに失敗した富山だが、沼津はもうアウェイであれを今季経験済みだ。
勝つ為に吉田監督は恐らく様々なプランを用意していると思われる。
つい先日までJFLだったクラブが首位決戦という喜びを胸に、
ノーリスクでは勝てない相手にどこで勝負をかけるのか?
ハラハラどきどき必至の試合に日曜日はなるだろうが、リーグNo,1の沼津攻撃陣は
俺が決める!という気持ちを持っているはずである。秋田阻止の他クラブの思いを
達成出来るのだろうか?リーグ新入生の沼津の双肩に期待が掛かる。
沼津のサッカーは本来守備からの構築であり、乱打戦では無く1点を争う昨季の沼
津でよく見た試合になる可能性も十分に私はあると思って言る。
ダイレクトプレーこれが大きなカギになると私は試合前に思っている。日曜が楽しみ



■ジャイアントキリングを起こせ!京都サンガF.C.戦■
続いて水曜日に開催される天皇杯、京都サンガF.C戦についても書かせてください。
京都の試合は直近のvs岐阜、vs熊本、vs町田のフルタイム+無敗が始まった4/15の愛媛戦以降のハイライト等を観ました。

アスルクラロ沼津にとって、今季最大の「挑戦」となる試合だと捉えています。

◆京都がどこまでこの試合に重要性を持たせるか?◆
京都のサッカーはとてもシンプルです。どの試合を観てもやってる事は大きくは変わりません。
逆を言えば「J2のクラブが分かっていながら止められない」そんなサッカーをしてきます。

闘莉王、オリスの前2枚が身体の強さと高さを生かした競り合いをし、岩崎&小屋松がこぼれ球や裏への抜け出しを抜け目なく狙ってきます。
myboard
(※CB2選手が逆だったらすみません)

本多選手のオーバーラップは仕掛けるのが早く、石櫃選手は逆にバランスを見ながら上がってきます。
吉野選手、望月選手の2枚がこぼれ球を拾いに行き、前6枚がある一定の距離を保つ(+本多選手がオーバーラップする為、カウンターに少し弱い印象があります。)

※平均ポジション(熊本戦HT時)
vkuma1st平均ポジ


※熊本戦でカウンターを食らったシーン。
DFラインはリトリートを選択し、サイドのプレーヤーにはプレッシャーはかけてきません。
時間をかけると戻ってきた中盤とサンドされて奪われるといった感じ
kt

やる事は本当シンプルで、これに石櫃選手のロングスローからオリス選手の頭を経由してDFの間から素早くシュートに持ち込むパターンを加えてほぼ完成です。
相模原戦等で高さに不安を見せている沼津DF陣ですが、高さと同じ位、裏へ狙っている選手にも目を光らせなくてはなりません。
秋田もそうなんですが、この2チームは1つの攻撃の形で様々な状況が考え、選択を強いられるのが何より怖い部分で、特に京都は個人個人の強さもそこに光るといった感じです。


しかし、何より気になるのはタイトルにも書いた、「この沼津との試合をどう京都が捉えていてメンバーを出してくるのか?」です。
ky
これは4/15以降の以降の京都のスターティングメンバーです。
「-」の選手でも途中出場はありますが、そこは割愛。
※ハ選手、競飛王選手は怪我

4/29.5/3.5/7  5/13.5/17.5/21 の3連戦共に入れ替えは少ない。
6/5の熊本戦では闘莉王が疲労もありベンチスタート。
※岩崎選手はU-20の為中抜け、本多選手は前節事故の為ベンチ外

J2でもプレーオフ争いに向けて、これから夏の正念場が待っている京都がベストメンバーで臨むのかは正直微妙なラインかと思います。

◆町田が示した対京都への打開策。速攻と低くて速いボール◆
直近の町田戦。町田は京都対策を随分やってきたなと言う印象を受けた。
守備面では、石櫃選手のロングスローには常にプレッシャーをかけ、ヘディングも競り勝つ事と同時に自由にやらせない事。
攻撃では、低くて速いクロスを入れ相手の前を取る。カウンターからの積極的な仕掛けが大きなチャンスを生む可能性は高い。
こういったシーンを何回演出できるか?相手の攻撃に耐えつつどこで勝負をつけられるかが大きなテーマになりそうです。

秋田戦もそうだが、今沼津の武器である堅守速攻が一つ上のカテゴリーでどこまで通用するのか?
アスルクラロ沼津にとって最大の挑戦が今始まる。ジャイアントキリングを起こせ!


※そういえば、今年の天皇杯のポスターはジャイアントキリングと引き続きコラボ中
58db645d-04bc-4136-b3b9-4ea5d3093d95

今年のモデルはジーノこと「ルイジ吉田」だ!(沼津の監督も吉田だ!)

今日は相模原市にあるギオンスタジアムにSC相模原の試合を見に行きました。
気温は24.8℃とのことでしたが、日差しが強くて夏がいち早く来てしまったかのようでした。

試合が始まるころには風が吹き、汗が噴出すような暑さにはならず、半袖での快適な試合観戦ができました。
(ヨカッターー!!!)


さて、SC相模原ですが、、、
今シーズから薩川監督が就任し、新たな選手も加入し、開幕から2ヶ月ほどが経ちました。
現在、1試合消化が少ないものの上位グループに位置しています。
”走る”ことを重要視した新監督のもと、これまで3勝2分1敗と順調な滑り出しといえる成績です。
ホームYSCC戦、ホーム盛岡戦で勝利を収めていれば首位争いに食い込めた、、、といったところです。


今シーズンから加入した 元日本代表GK 川口能活が先発出場するという事前情報があり、注目度が高い試合となりました。
肌感覚ですが、SC相模原はこうした集客の見込める好機を苦手としていて、勝負弱いイメージがあり、それを払拭する好機になれば、、、



試合前
先日よりギオンスタジアムの近くにもう1つ駐車場ができたので、『ゆっくり行ってもOK』だと思っていたんですが、暖かい季節はお隣のギオンフィールド、相模原公園で催し物があることが多いので、自家用車で行こうという人はイベント情報を事前に調べて早めに出るか、KYB株式会社の駐車場からシャトルバスでの来場をお勧めします。
(最近気になるんですが、駐車禁止のカラーコーンを無理やりどかして駐車するのはやめましょうね)

今日は大型連休に続く土日で、お客さんの出足が早かったように感じました。
第5駐車場より先に第4駐車場が埋まったようです。

余談ですが、限定29個のプレミアなサイン入りイラストをgetしたいという友人に「9時半につけば絶対買える」と伝えておきましたが、スタジアムに着いたときにはすでに何人かの先客がいたようです。
(一番の方は6時台にいたとか、いないとか、、、、、)

P5082949

最近、ゴール裏席の入り口に選手の写真が張り出されるようになり、スタメンや誕生日の選手がわかるようになりました。
以前観戦した、JFLのアスルクラロ沼津でも選手の写真が張り出されていて、スタジアム観戦初心者や子どもたちに親切で興味を抱かせることが出来て良いなと思っていました。
SC相模原にはビジュアル面で特徴のある選手が多いので、より効果があると思います。

BlogPaint

ベンチを外れた寺田がJCOMブースで子どもたちとボール遊び。
イケメンは顔を拭うだけで画になりますね。

P5082955
試合前のスタジアム内イベントでは、僕らの怪しいコンビニこと、渡邊酒店の社長がSC相模原ビールを宣伝。
(いつもおしゃれな帽子を被っています。)
製造元は厚木市の七沢にある黄金井酒造。
会社のHPからさまざまなビールをネット注文することもできるようです!!



お昼はワンツードンです。
ギオンスセット 900円
2016-05-08-12-07-58


フランクとマッシュポテトのおいしいやつ(名前忘れました) 350円?だったけ
2016-05-08-12-02-01

いつもおいしいご飯をご馳走様です。
おひげのマスターはギオンスタジアムから近い2号店(健康文化センター)で営業中とのこと。
2016-05-08-11-12-19

応援練習で盛り上がるSC相模原サポーター。
2016-05-08-16-20-31
スタジアム内のすごし方は人それぞれですが、1つの指標として毎試合見に来てくれる不動層”コア”をもっと増やしていけると、練習応援のスケールも大きくなっていくんじゃないかなと思います。


スタジアム内
P5082957
あの川口能活がそこにいる!!という気持ちの高鳴りを強く感じました。


試合


P5082968
待ってました!! 元日本代表GK川口能活スタメン!!
P5082971
去年の大怪我からの復帰となった天野。
今日は出場も果たし、復帰をアピール。
P5082973
新加入のシンバ。
ブラジル人はルーカスでしょ、シンバでしょ、、、あと一人、、、えーーーと、、、
今日は得点に絡む活躍で良い経験を得たのではないでしょうか。

P5082980
心なしか普段よりメディアの方が多いような、、、

P5082986
川口キャプテンががっちりと握手で、試合開始です。

BlogPaint
ハーフタイム後に近くの席に現れた半田。
今シーズンはベンチ入り止まりで試合出場はありません。
薩川監督はメンバーを固定したがる傾向にあると思いますが、これから暑くなるなかでは若い半田にも多くのチャンスがあると思います。
また、練習からがんばってほしいですね。

P5083005
後半のキックオフへ向かう選手とベンチの選手がコミュニケーションを図る光景は興味深いものです。
曽我部はすれ違う選手の肩やおしりをポンポンと激励していました。
写真は保崎と北原、2人ともボール狩りの名人です。

P5083008
今日最初の交代カードは曽我部でした。
軽やかな足取りでベンチに向かいました。
P5083010
交代は18番 Fwの服部でした。
ここから目まぐるしいポジションチェンジが指示されました。
曽我部 右→FW
普光院 右→(曽我部交代以降)FW→右→左

曽我部投入後すぐに0-2となり、薩川監督はさらに動きを見せました。
P5083012
失点から5分後に2枚代えで交代枠を使い切りました。
牧内→天野
普光院→シンバ
天野は大怪我からの復帰、シンバはSC相模原デビューを飾りました。
P5083038
試合後、スタンドの声援に応えるブラジル人コンビ。
ハイタッチイベントの直前もルーカスがシンバの使っていたタオルを拝借する場面もあり、同郷同士ならではの仲の良さを感じました。

P5083057
相模原でのデビュー戦を2失点で終えた川口能活。
試合勘を取り戻すにはもう少し時間が必要です。

P5083049
フル出場し、走り回った深井は疲労感満載。
それでもハイタッチイベントが始まれば笑顔で応対するあたり、上位カテゴリで活躍してきた選手として模範的な行動をしていると思いました。
子どもがハイタッチを求めると、やさしい顔で応えており、非常に好感度が高かったです。

P5083048
新加入のシンバ。
ブラジル時代の動画を見るとFW,MFのどちらでも機能するタイプ、、、に見えましたが、、
味方の選手と近い位置を取って狭いエリアを打開したり、自らドリブルで仕掛けてみたりと なんだかいかにもSC相模原の2列目っぽい選手でした。
まだまだ未知数なところがあるので、練習を見に行ってみたいですね。


P5083053
昨シーズン後半のRSBのスタメンである寺田を完全に抑えてポジションを守っている牧内。
後半に入ってからチーム内で意識的に彼の攻め上がりを使おうとする意図を感じました。
が、、、彼の上がった背後を突かれてしまうことが多く、攻めあがったら確実にシュートで終わりたいですね。
今日の試合でも攻めあがった後の選択を誤り逆襲を受けてしまった場面も、、、

P5083073
怪我で欠場したという井上平。
彼がいないとFWの交代戦術の面が非常に苦しくなります。

安藝はベンチとベンチ外を行ったりきたり、、、
3人目のCBとして、出場停止や怪我に備えています。

P5083088
ボール奪取に特徴がある保崎。
基本的に表情が怖いけど、プレーは献身的で確実性があります。


P5083089
開幕スタメンからベンチ外へと転落したGK藤吉。
ただ、GK3人は薩川監督も言うとおり熾烈なポジション争いを繰り広げていて、明確な序列はまだない状態だと思います。

川上は層が厚いとはいえないCB陣の中で出遅れています。
早く、安藝とともに工藤、ルーカスにプレッシャーを与えるような状態に持っていきたいですね。


P5083134
笑顔あふれる服部。
今日は孤立した状態多く、また自身も今までの試合ほどボールを収めたり、反転してシュートに持ち込めるシーンもなく、相手にとって脅威になれませんでした。
今シーズンの始め、非常に良いプレーを見せていただけにチームが彼をどうやって使っていくかをよく考えてあげてほしいです。 

P5083138
途中出場でゴールを決めた曽我部。
怪我から復調し、今日は交代投入から長い時間プレーしました。
彼がピッチに入ったときの期待感、彼が前を向いてボール持ったときの高揚感、彼がゴールしたときの満足感、そのどれもがSC相模原における彼の影響力、存在感の大きさを感じさせるものです。


P5083101
CBの工藤は子どもが大好きで、笑顔でハイタッチに応じていました。


試合について

今日のスターティングポジション。
(坂井と岩渕については、メモを取らなかったので左右が間違っているかもしれません。)
myboard


sc

当初、SC相模原の狙いとしては、
・菊岡はフリーロール
・服部はポスト役(たまにサイドに流れても良い)
・ルーカスから長いボールを蹴り込む
・服部、菊岡が動いて空いたスペースに普光院が走りこむ。
・保崎は深井と連携してビルドアップ時の基点になる、、、難しいならボランチを飛ばして牧内(もしくは普光院)にサイドチェンジ。
・牧内は後詰。 
・ボランチ2枚は過度に攻撃参加せず、一定のラインを維持する。


菊岡はフリー、ルーカスから蹴りこむ、サイドチェンジ、後詰 の4つは出来ていたけど、
服部のポストと普光院の走りこみは大きな脅威を生まなかったのではないか、と思っています。

後半になって曽我部が投入されてからは、戦い方がまた少し変わり、シンバ、天野が入ってからはもはやなりふり構わないスクランブル状態だったと思います。
そこらへんについては今回はあまり触れません(なんかよく覚えていないって感じ)
ということで、試合の細かい描写は他の人にお任せします。



ところで、いくつか気になったことがありました。

・セットプレーの守備が弱い


先制されたシーンはFKに至る過程でGK川口の足元がおぼつかなかったり、その前の処理(岩渕かな?)もいい加減でした。
動画のあまり画質がよくないので正確にわかりませんが、3枚もフリーで飛び込まれたら、GKはどうしようもないノーチャンスだったと言えるでしょう。
普光院、ルーカスはマーカーに振り切られ、(おそらく)坂井は自分とボールの間に敵がいる状態でした。
これは失点もやむなしです。

以降、前半に何本かセットプレーや流れの中からのクロスがあったのですが、いずれも敵が先にボールに触れていたので、開幕前にセットプレー練習をたくさんやっていたチームとは思えないお粗末さだなと少しがっかりしてしまいました。

セットプレー動画を攻守にわたって何本か撮ってみました。







・中盤のバランスは誰が取るのか

坂井さんは、前回のホーム戦でも機を見てポジションを放棄し、上がってくることが多いのですが、守備に関しては元Fwの岩渕同様、あまりストロングポイントを見出せません。
薩川監督が曽我部をボランチで使うあたり、ボールを保持していれば負けないんだ!!ということなんでしょうけど、今日のように相手の元気なアタッカーが3枚くらいCBの間でウロウロされると、それはそれでどうなんです?って思うんです。

菊さんが前を向いて、よりゴールに近い位置でプレーすると得点のにおいがします。


・曽我部をどこで使うか




薩川監督にとって曽我部は便利屋か、はたまた2番手グループなのか。
そこはハッキリとしませんが、牧内と連携して攻めあがる右サイドに置くのが一番だと思います。


・自滅する必要はない


後半、牧内を少し無理やりにあげて右サイドからの攻撃を活性化しようとしましたが、その裏を使われるというブーメランを食らってしまいました。
ブラウブリッツの呉大陸は良い仕掛けを持っていました。

・0-2からの追い上げ
試合があまりおもしろくなかったのか、奥さんは寝てしまいました。
8番、曽我部の得点以降は起きていたようですが、、、
サッカー観戦素人である人がどこで飽きてしまうのか?というのがわかった気がしました。


短寸評的ななにか
SC相模原
・薩川監督
控えにFWがいないのは誤算だった。 アレなんとかもいない現状では、戦い方が狭くなってしまう。
シンバや天野はそういって面を考慮してのことだろう。
セットプレーの守備、クロス対応は確認しておくべき。
工藤を壁に入れていたのはちょっとわからない。

・川口
失点につながったボールコントロールミス、クリアミスはいただけない。
FK・OGともにそのシーンだけ見れば仕方がない。

・牧内
運動量多く上下動していたと思うが、より攻撃的にシフトした直後に背後を突かれてしまい、ブラウブリッツの対応されてしまった。
OGのシーンは良く足を出したが不運だった。

・工藤
安定感はあったが、競り合いを意識しすぎて中途半端なクリアや見送り、バックヘッドとなり見ている側がヒヤッとした。

・ルーカス
ボンボン前へ蹴りたがるが、FWがプレスに来ると待つ癖があり、パスを引っ掛けてしまうこともしばしば。
対人での強さを過信してはいないと思うが、セーフティは確実に、攻撃の基点になるときは正確にやりたい。

・保崎
ゴール前に何度も顔を出すなど、チーム内でも機を読んだスクランブルでの攻撃が目に付いた。
また、彼のボールの奪い方はぜひ注目してほしい。

・岩渕
危険なロストもあったが、安定感がある。
菊岡からのCKは難しいボールだったが、決めていれば違った展開もあったかもしれない。
坂井とのユニットは守備に不安がある。

・坂井
持ちすぎるシーンが何度かあった。
もっと簡単にかつ早く裁いてもいいと思う。 

・普光院
要所でボールに絡んでくる走力や判断力には優れている。
繊細なテクニックは無いにしてももう少しボールタッチでのミスを減らしたい。
スペースに侵入して思い切りよくシュートを打っていきたい。

・菊岡
いつもの半分くらいの関与率だったと思う。
CK、FKでもなかなかドンぴしゃりと合うことが無かった、
岩渕へのCKはもう少しだった。

・深井
ターンから相手を抜くなど、コンディションの良さを感じさせた。
90分質と量の伴ったプレーを見せた。
非常に難しいプレーだったが、前半ゴール前に飛び込んだシーンは決めたかった。

・服部
ボールの収まりはこれまでの試合より良くなかったが、周囲のサポートが少なく孤立するシーンが多かった。
井上のように中盤に下りて仕事が出来るタイプではないので、その点は差がでた。
ただ、サイズを生かしたキープやダイナミックなプレーは井上にない強み。
ややアバウトで高いバウンドになるようなボールを蹴って、ヨーイドンで競らせるシーンを増やしてあげたい。

曽我部:1点目はシンバとの1・2から落ち着いて決めることが出来た。 復活をアピール。
シンバ:曽我部へのアシストは落ち着いていた。
天野:危なげなくプレーした。



試合を終えて
0-2を2-2で終えたのは意味がある勝ち点1でした。
負けなくて良かったね という前々回のホームゲームと比べて曽我部、シンバ、天野と収穫があり、次につながると試合になったと思いました。
ただ、事前に用意してきたサッカーが試合開始早々機能不全を起こしているようにも見えたので、勝利を目指して一生懸命に練習してほしいです。

以上

このページのトップヘ