フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:清水エスパルス

はい。ついにこの時が来たんですね。

田坂さんが来て「いよいよ解任か?」と言われてましたから「かもなー」とは思っていたんですけど
前節マリノスに勝ったし、 その前の節で負けて解任無かったので「こりゃ解任せず心中かな」とか思ってたら、なぜかこのタイミングで辞任でした。よくわかりません。

鹿島のセレーゾ監督が解任された時「なんで大榎は解任されないんだ!」とネタにされ、先日の沼津vsFC大阪の試合では南河内君たちに会った直後に「清水、大榎解任しないんですか?」と言われw

でもね、解任じゃないんです。辞任なんです。

今思えば、就任直後にコンサドーレ戦観に行った時に書いてますね。

【you@あず】天皇杯 清水エスパルスvsコンサドーレ札幌戦 観戦記  

 (ただし、『面白い』と『強い』『戦える』サッカーは同意語になるとは限らない)

これ今だから言えますけど、純粋に強いサッカーだと思ってなかったんです。見た時から、それでも山雅戦、川崎戦と現地で観て、そのほかの試合もTVで観たり、悪い中でも少しずつ良くはなってるかなーとは思ってましたけど、1年見てきて思ったのは「ウ●ニングイレブンかな?」って感じ。攻撃がハマった時は面白いかもしれないけど強いチームではなかった。守備はザル。

結構オブラートに包んで記事を書いてきましたけど残念ですが、結果は出せませんでしたね。
まぁ、私は前監督の時からですけど、このチームの問題は監督だけの問題だとは思ってません。
選手にもかなり問題があると思います。
技術があり秀でた武器を持ってますが、自由と規律の中で゛チームとして強い”というものには今の所なってません。

1stステージの山形戦の後、地元のスポーツ番組で本田選手が「鹿島との違いは、鹿島の時は練習から若手がガンガン削りに来た。」と言ってのを聞いて、「じゃ、なんでキャプテンそれをこのチームに根付かせないの?」とか思ったり…(ってこの時期けが人トラブルをチームが抱えてたのもあるのかもしれませんけど)

まぁ、応援しているチームがうまくいってない時はフラストレーションもたまります(笑)
田坂さんには強いチームと意識改革を進めてほしいです。

まだシーズンありますし、解任ブーストも少しは発揮して欲しいので8/12応援に行きます。大榎さんお疲れ様でした。

おはようございます。朝活?でブログを書いている私です。

先週の土曜日(5/30)にJ1リーグ、清水エスパルスvs川崎フロンターレ戦を観てきました。
この対戦カード…この間書いた萌キャラの記事に出てきた「マルコダービー(仮)」じゃないか(笑)
【you@あず】Jリーグのチームがある街の萌えキャラを探る【静岡・清水編】 

さて、そんな訳で(どんな訳?)前日のFリーグに続き2日連続での試合観戦です。
【you@あず】初めてのFリーグ観戦【アグレミーナ浜松vsヴォスクオーレ仙台】 

開始2時間前に現地周辺に到着 
今回は、車で行きました。いつも通り?開始2時間ちょっと前に着いたんですが…
駐 車 場 が 無 い !  
あるあるすぎて困るんですが、この時間でほぼ満車に遭遇したのは初めてでした。
スタからそんなに離れていない場所は諦めて、ベイドリーム近くまで行ったんですが、どこも満車…。
誘導のスタッフの方に「あそこならまだ10台くらい空いている。」との情報でかなり遠目の場所まで移動。
セーフセーフ! 空いてたー (´∇`) 
ちなみに今回停めたのは日東富士製粉さんの所
iphone 005
シャトルバスに乗っても良かったんですけど、歩きました。(いつもスタまで歩く距離の3倍強)

iphone 058
 ちなみにいつもは大きい通りから入ってすぐ辺りの所に良く停めます。金額は1,000円で倍ですが、写真の様に周辺の企業さんが場所を開放して車を停められるようにしています。

今回はスタジアムのホーム側入り口まで歩いたのを動画で撮ってみました。
競技場敷地内に到着する前の民家のエリア、それとすれ違う方の顔などが映らない様に可能な範囲で削除しました。(尚、ブレは歩いてる感を出す演出ですw)万が一問題があるようでしたら速やかに削除いたしますのでご連絡ください。

 
岡崎慎司選手握手会

到着すると、岡崎選手の握手会の真っ最中でした。凄い人だ!
 iphone 060
全然見えないっす
iphone 062
おぉ!ちらっと見えたぞ
iphone 063

ここで私…気づいたんです。「あ、もうすぐ岡ちゃん挨拶でスタジアム入りする時間だ」って
そんな訳で、テント横の人がいないエリアで出待ち?を敢行…
iphone 004
 近くで撮れた―キター*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
「お帰り!」って声を私もかけました。清水サポの方はお帰りって声がやっぱり多かったかな?
お・か・ちゃーん 11日横浜観に行くからなぁー!待ってろー!
iphone 065

さて、そんな訳で急いでスタジアム内へ移動。ホーム側のゲートからぐるーっとコンコースを回ってスタグル見ながらメインスタンドを目指します。

コンコースもスタグルも“激混み” 

この間、コンコースの記事を書かせて頂いたんですけど、こりゃ確かに動画なんかとても撮れない訳だ…と素直に思いました。
特に日本平はコンコースが狭いのもあるんですけど、凄い混み具合…スタグルも結構長い列が出来ていてこの日駐車場で手こずって1時間ほどいつもより遅かったので、席確保を優先しました。(写真だけは撮ればよかったな。と反省。何故か動画でしか頭が廻っていなかった。。。)

あ、一応アウェイスタンド裏からの清水の街並みです。晴れていればもっと綺麗に見えます。
iphone 066
 
岡崎慎司選手挨拶 

岡崎選手、アイスタのピッチにこうやって帰ってこれて良かったです。
そして、清水サポからは愛されてますわ。誰かが言ってたけど、巣立っていった子供を見る気分なのかなぁ。
そして、川崎サポの皆さんにも感謝でした。

気合いを入れるエスパルス
iphone 069

試合に関する云々


現地観戦は山雅戦以来2か月?ぶりでしたが、
大きく変わったなと感じたのは
・サポートに献身的に動く事(特に中盤での石毛・大前が守備面でのサポートするシーン)
・連動して空いたスペースに選手が走る事
・3バックになった最終ラインの守り方と裏へのボールに対する対応

得点シーンでは1点目の大前→枝村→石毛→大前→枝村→ウタカと繋がったシーンが、今のチームが目指している形の特徴を表していたと思います。

叩いて動く、受ける、出す、相手を外す、動く

こういった部分でお互いの動きだしだったりに対する認識がかなり良くなっているなという印象でした。(松本戦の時はそういったスペースだったり2人目、3人目の動きが本当に足りなかったしパスも合っていなかった。 

それと、デュークを左、ウタカを真ん中とフィジカルで勝負出来る2枚少し離れた距離関係に置けてるのは、良いと感じました。彼らがDFだったりを引っ張る事でスペースを大前、石毛、竹内が活用出来ていましたし、そこのセカンドボールを狙っているというのは、変化したな。と感じます。

特に、この日獅子奮迅の活躍を見せた石毛は攻守両面で活躍しました。清水のチーム自体が抱えていたボランチの負担を大前、石毛が下がってチェイスする事、福村を中心に最終ラインを高くコンパクトに保つ事でフィジカル面での差を数とスペースを狭めて奪う事も出来ていたと思います。
また、彼ら2人が低目からゲームメイクする形になった時は竹内が少し上がり目になり、更には状況を見ながらサイドから枝村がいいタイミングでサポート出来ていたと思います。
石毛選手は昨シーズンのサイドバックだったり色々な経験がこういった所でもしかしたら活きているかもしれません。(それは勝手な妄想ですけど)
それと、大榎監督の信頼厚い水谷選手が、試合を通して活躍出来ていたのも素晴らしかったです。

最終ラインは驚きの連続でした。
まず、左サイドで獲得したはずの入団1年目の福村選手が中央でライン統率に声に手振りに奮闘していた事。けが人が多くこの試合は、ルーキーの松原選手、ヤコヴィッチ選手でしたので、 「誰がライン統率するの…?」と思っていたんですが、悪くなかったです。怪我の功名とはこれ故かw
松原選手は、後半に健勇選手にボールの無い所でのポジションの競り合いで小突かれてましたが、しっかりやりかえしていました。うん。頼もしい。

GKに関しては、試合後大榎監督が答えていた通り裏への飛び出しはすべて櫛引の飛び出しと身体的な能力に任せていました。
清水自体も、ラインを高くし憲剛選手の裏へのパスはコースに人が入って蹴りづらくはしてましたが、ある程度は蹴らせていたかもしれません。実際その方が川崎の攻撃は怖くなかったですし、水まきの量が多いアイスタのピッチでのボールの滑りを考えると、球足が伸びる可能性が高いのではないか?など色々妄想します。

尚、川崎サポの素晴らしいGK師匠の方にも伺ったのですが、現状として私も杉山選手の方が櫛引選手よりGKとしての技量という面では上だと思いますし、監督もそれは理解していると思います。
反面、こういったGKが広いエリアをカバーし飛び出す、体の面を使って防ぐ。という戦術を取る場合は櫛引選手の方が「適任」だと思いました。


と、まぁ今回は出来過ぎなくらい気持ちよく勝てました。
私自身も、中々勝てずにいた今シーズンのチームですから、久しぶりにスカッとする勝利とゴールに席から思わず立ち上がり喜びました。
大榎いいかげんにしろー!とか、なんだかんだ言ってますけど結局好きなんですよ。チームがw

次は浦和です。勝てるかどうかはわかりませんが、良くなってきている今のチームのサッカーを見せて欲しいものです。 

このページのトップヘ