フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:ジュビロ磐田

皆さんこんばんは。
夜磐です。

本日行われたJ2 岐阜-松本戦で、珍しい出来事がありました。

ユニフォームの見分けつかず試合中断…岐阜と松本の一戦で珍事発生(SoccerKing)
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170312/561970.html

岐阜の深緑のユニフォームに対し、同じチームカラーの松本は
グレーの2ndユニフォームを用意しましたが、見分けがつきづらく
選手が敵と味方を誤認してパスミスをする事象が発生。
結局、岐阜が白の2ndユニフォームを着用することで
事態は収拾しましたが、試合中のユニフォームチェンジ、
かつホームチームが2ndユニフォームを着用するという珍しい事態に
注目が集まっています。

サッカーファンの反応もさまざまですが、その中で
「ホームゲームなのにチームカラーのユニフォームを変えさせられる
岐阜が可哀相」という意見がありました。
言っていることはもっともなのですが、実は長いJリーグの中で、
ホームゲームで2ndユニフォームを着用したチームが他にもあります。
しかも、試合途中の変更ではなく、試合開始からずっと。

なぜ私がそんなことを知っているのかというと、
そのチームの1つこそ我らがジュビロ磐田で、
しかも私がその試合を観戦していたからなんです




それでは、実際にその試合の様子を見ていただきましょう。







時は遡る事21年前、1996年5月1日のジュビロ磐田スタジアム。
ジュビロ磐田と、今は亡き横浜フリューゲルスの試合です。

アウェイ1

改修前のヤマハスタジアムで行われている
ジュビロ磐田のホームゲームですが・・・


アウェイ2

磐田のユニフォームが白い・・・

どう見ても2ndユニフォームです。



Q.何故こんなことに?
A.両チームの1stユニフォームの見分けがつきづらかったため。
白を基調とする横浜フリューゲルスに対し、ジュビロ磐田は
水色基調でありながらも色素が薄いユニフォームであったため、
見分けがつきづらいと判断され、ホームゲームで2ndユニフォームを
着用することになったのです。
ホーム1
当時の磐田の1stユニフォーム。



ちなみに同じ年の横浜フリューゲルスのホームゲームでも・・・

ホーム2

やっぱりどっちも2ndユニフォームでした。

自分が知る限り、ホームゲームで2ndユニフォームを着用したのは
ジュビロ磐田と横浜フリューゲルスの2つだけです。
「他にも知ってるよ!」という人がいたら、ぜひ教えてください(笑)。


ちなみにですが、チームカラーが白だった横浜フリューゲルスは、
ユニフォームの色が他のチームと被る機会が少なく、
ほとんどの試合を1stモデルでこなしたそうです。
特に、先ほど画像を貼ったモデルは、対磐田戦の2試合でしか
着用されなかったので、幻のユニフォームとまで呼ばれていたそうで。

当時の自分は小学生で、自発的に試合を見に行くことができなかったので、
数少ない観戦でそんな貴重なユニフォームを拝めたのは、
自分らしくもなく幸運だったと今にして思います。

・・・まぁ、その試合は、前園の大活躍で磐田さん負けたんですけどね(笑)

いじょーです。

皆さんこんばんは。
夜磐です。

昨日NACK5スタジアムで、大宮アルディージャvsジュビロ磐田の
試合を観戦してきました。

試合は、既報の通りジュビロ磐田が2-1で勝利。
磐田さんは今季初勝利です。

DSC_2257

今宵の話題は、試合の感想というよりも、
先制点となった中村俊輔のFKについてです。

開始直後の前半4分、ゴールまで約17メートル、中央左寄り。
ファーサイドに向かって放たれたボールが、
鋭くネットに突き刺さりました。



磐田サポが陣取るゴール裏とは反対側のゴールでしたが、
NACK5スタジアムは反対サイドでもよく見えますので、
ボールがゴールに収まる軌道がよく見えました。
FKを獲得した瞬間にスタンドが一気に「中村!」と
期待するのがわかりましたし、きちんとその期待に
応える中村俊輔は、FKについては本当に凄いな、と。
決まった瞬間のスタンドは、先制ゴールという事実に沸きながらも
散々期待していた中村俊輔のFKのゴールを見られたという
独自の興奮も多分に含まれていました。
今季の磐田の公式戦初ゴールであると同時に、
彼個人の磐田移籍後初ゴール、しかも貴重な先制点ということで、
いろんな要素が絡んでいたこともありますが、
彼のFKには独自の空気感があるようです。
おそらく横浜FMのファンは散々に味わっている感覚でしょうし、
磐田ファンの自分も味わうことが出来て、非常に光栄です。

中村が蹴る前の太田の跨ぎにピッチ上の誰一人引っかかっておらず、
「あれやらなくても入ったな」と勝手に思っていたのですが、
あれは大宮GKの加藤の様子を伺うために中村が太田に
お願いしたとのことで、加藤の反応が速いのを見て、
蹴るコースを変えた模様。
いろんな駆け引きを経たが故に、本人曰く「コースが甘かった」
キックでもゴールになったのでしょう。

ゴールを決めて自陣に戻りながらこっちのゴール裏に
向かって拳を突き上げる彼の姿を見て、胸が熱くなりました。
ようこそ磐田へ。俺たちのイ中間、中村俊輔。


■川又も初ゴール
この日は中村だけでなく、川又も移籍後初ゴールを決めましたので、
そちらについても言及。一応、この試合の決勝点はこちらでしたしね。

 

川又はアップのシュート練でもぜんぜん当たっていなかったので、
今日は当たっていないのかと思いましたが、相手のミスを逃さず
しっかりと追加点を決めました。
インタビュー記事を読んでいると、テレビで見せる明るい一面とは裏腹に
ストイックなメンタルを持っている印象を受けるので、
初ゴールが遅れたら自分でプレッシャーを強めるような気がしていました。
なので、ここで結果を出すことができて、チームとしては
もちろんですが彼自身にもよかったと思います。

ゴールシーンについては、大宮の菊地のミスの要素が非常に大きい
気もしますが、川又が身体を張って突進しなければ
ゴール前に持ち込むことはできませんでしたし、ミスを
逃さなかったことに胸を張っていいと思います。
後半のチャンスを決めていれば、タイムアップを待たず
この試合は決まっていましたが、それは次以降に
とっておくことに致しましょう。

彼もゴールを決めた後、ユニフォームの胸のエンブレムを
アピールしながらスタンドに駆け寄ってくれました。
ただのパフォーマンスだとしても、こういう姿を
見せてくれるのは、サポーターとしては嬉しいものです。
ようこそ磐田へ。俺たちのエース、川又堅碁。

皆さんこんばんは。
夜磐です。

趣味になるものって、何かしら「ハマるきっかけ」ってありますよね。
読書が好きな人なら物凄く心に響く一冊を読んだとか、
散歩が好きな人なら滅茶苦茶気持ち良い場所を歩いたとか。
緩やかにハマったとか気付いたら好きになってたっていうパターンも
ありますが、ハマったきっかけになった記憶って、
色濃く耽美に脳裏に残り続けるものです。

さて、サッカー観戦を趣味の一つとしている当方ですが、
上記の話をわざわざ引っ張り出したことから伺えるように、
当方にもサッカー観戦にのめり込むきっかけになった瞬間があります。

それは、15年前の初秋迎えた頃。
2002年9月14日のことでした。

  cono

当時、黄金期の絶頂にあったジュビロ磐田ですが、
実は当方、この頃は今ほどに熱心にジュビロ磐田を
追いかけてはおりませんでした。
テレビで試合を放送していれば見ていましたが、
スタジアム観戦は年一回あれば良い方でした。
それが、この磐田-浦和戦だったのです。

当時はまだ磐田と浦和の力関係は、圧倒的に磐田が優勢でした。
まだ浦和が強くなる前の時期で、弱い印象しかなく、
まさか負けるとは思っていなかったのですが、なんとこの試合では
ミス絡みで2点を先行され、2点ビハインドで後半の
ロスタイムを迎えてしまったのです。

ちなみにですが、この年磐田は年間で3敗しかしていません。
この試合の時点では、まだ1敗のみでした。
「なんでよりによって見に来た試合で負けるんだろう」と
テンションが下がっていた後半ロスタイム、磐田が
ゴール前の角度のない位置からFKを獲得しました。

キッカーは名波浩。
誰に合わせるのかなぁ、とボケーッと眺めていた、その時でした。


本人以外の全ての人の予想を裏切り、
優雅な軌道を描いてゴールに飛び込んで行くボール。
一瞬の静寂の後に爆発するスタンド。
踵を返して自陣に走って行く背番号7。


なんだ、これ。
すっげぇ、かっけぇ。


本当に凄いと感じた瞬間って、声が出ないんですよね。
ガッツポーズをとるでも、絶叫するでもなく、
ただ立ち上がって呆然と名波選手の方を見ていました。
それまでの人生の中で他の何にも感じたことのないほどの憧れを、
名波選手に感じたのを今でも覚えています。

あの瞬間こそ、今日までプレーでも観戦でもサッカーに
関わり続けてきた日々を決定付けた瞬間でした。


今にして思えば、見ていたアングルもよかったです。
だいたい、下記の赤丸の位置だったんですよ。
coco

ちょうど軌道の延長線上だったんで、物凄く綺麗に見えたんですよね。

結局、試合はジュビロ磐田が負けてしまいましたが、
自分は今でもこの試合をスタジアムで見られてよかったと
心から思っています。


あれから、15年。
ジュビロ磐田を追いかけ続け、その過程の中で
酸いも甘いも噛み分けてきました。
もう二度と見るものか、と思ったこともたくさんあります。

でも、結局、この記憶が色褪せない限りは、
ジュビロ磐田は自分にとっての日常であり続けるのだと思います。


さぁ、2017年シーズンの開幕だ!!


夜磐

皆さんこんばんは。
夜磐です。

今宵は、Jリーグ界隈を騒がせているこのニュースをクローズアップします。



ジュビロ磐田・藤田義明ゲス不倫の実態「口止め料は20万円」(女性自身)




ジュビロ磐田に所属しているDF、藤田義明選手が
週刊誌に不倫をスッパ抜かれました。












dora2








なにしてんの藤田くん。
いやまじで。







どのタイミングでクラブに連絡が入ったのか
定かではありませんが、磐田さんも対応に負われています。
一部週刊誌報道について(ジュビロ磐田公式HP)



磐田さんったら、直近のアルビレックス新潟戦であのような醜態
晒したと思ったら、今度はピッチ外でもこの有様でございます。
こうなると試合の勝ち負けよりも先に
組織として正常にならなければなりませんよね。
ピッチの中でも外でも本格的に終わりかけてる磐田さんです。


■藤田義明って何者?
ジュビロ磐田に所属する33歳のDFです。
2011年に大分トリニータからジュビロ磐田に加入し、センターバックやボランチ、
サイドバックなど守備における多様なポジションをこなしています。
磐田では数少ない空中戦に強い選手であり、
加入以降それなりに重宝されてきていましたが、
今年は年齢によるフィジカルの衰えから出場機会が減っていました。
奥さんの絵美さんは芸能人で、2人の子供もいます。

■予兆はなかったの?
磐田には過去にちょいちょいこのテの噂が立つ選手はいましたが、
藤田選手については全く噂はありませんでした。
というのも、地元では奥さんのメディア露出が比較的多く
藤田選手は既婚者として有名だったので、
特別に女性サポ人気が高いわけではなかったんですよね。
もっとも、よほどのサッカーファンでなければ藤田義明選手のことは
存じ上げないと思うので、今回週刊誌にリークした
A氏が知らないのは道理かなとは思います。

■藤田選手はどうなっちゃうの?
とりあえず直近では厳重注意と罰金、なんらかの制裁が発表されていますが、
今後についてはよくわかりません。クラブの性格上、
シーズン終わりに契約満了というのは十分に考えられます。
そもそも今季は出番が少なかったですしね。

磐田さんは過去に常にちょっと傾いているあの人の件でも
やらかしちゃってるので、「またか」と言われると非常に耳が痛いです。
ようやく10年が経とうとした時期にまたコレですか。
恐らく次節は、試合前にスーツを着た選手達が一列に
並んでスタンドに頭を下げる
ことになるでしょう。

■今回の感想
よくもやってくれちゃったなぁ・・・と。
そもそも不倫をすること自体が頭の悪い所業ですけど、
サッカー選手として見た場合に遠征中にプライベートな
逢瀬をしている時点で意識の低さに辟易というか、
ただの勘違いだと思ってたやる気のなさが裏付けられちゃった
ので、ただひたすらテンションが下がっております。

チームが壊れる時ってだいたいこういうところから
ケチがついていくケースが多いと思うので、
これが本格的な崩壊のトリガーにならないことを切に祈ります。











・・・・とかなんとか思っていたところ。

一部選手の練習不参加について(ジュビロ磐田公式HP)

小川がアンダー代表選抜で離脱!!
ジェイが怪我で離脱!!
カミンスキーがプライベートな事情で帰国!!












itoshiki2





もう無理です(笑)

皆さんこんばんは。
夜磐です。

昨日、日産スタジアムで横浜Fマリノス-ジュビロ磐田の試合を
見て来きたので、感想のようなものを。
DSC_1991


■スターティング
1

磐田のシステムは3-5-2。
今季の磐田が何度かオプション的に導入している
システムだが、問題はその人選。
前線にジェイ、アダ小林という守備しないトリオが並び、
両ウイングバックには太亮と太田という攻撃主体のコンビ。
ボランチの片割れにはこれまた攻撃力が武器の川辺。
よほどシステムがちゃんとしてないと
守れなさそうな人選。

一方の横マリは、直近のJリーグではよく見る 4-2-3-1。
試合前の時点で2ndステージ首位、明らかな格上。
磐田としては前節対戦した川崎に続いてトップクラスの
相手との対戦となった。
厳しい相手だが、勝ちたいところだ。
DSC_2003


■試合開始、すぐさま劣勢
立ち上がりの10分こそ拮抗したものの、
試合はすぐさま横マリが優勢に。
焦点になったのは、両ウイングバックの裏。
3バックをやる場合、どうしても両サイドの
深いエリアのケアが問題になるが、
磐田がウイングバックに守備が苦手な選手を
配置したこと、また横マリの両ウイングに
優れた突破力を備えた選手を配置したことで、
その問題が顕著になった。

右サイドは、太田の背後の広大なスペースを
パパがケアできなかったこと、左は中村太亮の
対人守備力が高くないことで、磐田のサイドは大混乱。
また、磐田の守備のまずさは別として、
磐田を崩すために横マリが持ち出してきた手法が
なかなかに鮮やかだった。
2
ウイングはボールを持って中村をつり出す。
中村が中村の背後へ。ストッパーが一人ついてく。
空いたスペースにカイケが入り込んでくる。
スライドする形で齋藤学が中央に入ってくる。

さて、こんな感じでピンチが多発した磐田だが、
横マリのフィニッシュ精度が低くてなかなか点は取られなかった。
カイケも齋藤も、いまひとつ決定力を欠く。
磐田は明らかにスターティングの人選が間違っていたので、
前半はなんとかこのまま持ちこたえて
ハーフタイムに修正できれば・・・と思っていたのだが、
現実はそんなに甘くない。

25分、見事に先制点をブチ込まれた。
きっかけは、左サイドでのパスミス。
失点シーン以前から、左サイドでボールを失って
カウンターでピンチを招くシーンが続いていたので
「危ないなー」とは思っていたのだが、
ジェイ、大井に続いて宮崎も自陣でパスミスしてしまった。
横マリが決定力を欠いたおかげで助かっていたが、
さすがに3回も見逃してくれるほど横マリも甘くはない。
左サイドを突破され、鮮やかに決められた。

失点した後も磐田はタコ殴りにされていたのだが、
相変わらず横マリが枠を外し続けたおかげで
追加点は決まらず、前半は 0-1 で終了した。

磐田としては何の収穫もない前半だったが、失点が1で
収まったことで、まだ後半やりようは残った。
しかし、2点目が決まった瞬間に試合が終わることに
変わりはない。既に追い詰められてしまった。

DSC_2011

■ハーフタイムの修正
このままやったら磐田は敗北必須だから
やり方変えなきゃ駄目だなーと思っていた・・・
だが、しかし!
システム的な変更はなかった。
改善策は・・・監督の叱咤激励!
ハーフタイムにいつも身体を動かしてるサブ組が
ピッチにおらずロッカールームにいたので、
何かしら重要な作戦会議をしてるのだと
思っていたのだが、まさか具体的な改善策ではなく
精神論だったとは・・・。
特にジェイとアダイウトンはめっちょ怒られたらしい。
大丈夫かよ・・・。

DSC_2007


■後半、足が止まる横マリ
精神的要素だけで後半に挑んだ磐田、
これは詰んだかと思いきや、
なんとそれが効いてしまった。
なんだかよくわからないが、
急に攻勢に出始めた。

試合後の監督のインタビューいわく
「横マリの足が止まった」とのことなので、
とりあえずそういうことにしておく。

見ていて感じたのは、前半よりも両ウイングバックが
高い位置を取れているな、と。
特に太田の右サイドからのアタックは磐田の生命線なので、
右サイドからの攻撃が分厚くなったのは良かったな、と。

そんな中の17分、磐田がまさかの同点ゴールをゲット。
右サイドでボールを受けた川辺がゴール前に突進、
そのままロングシュートを横マリのゴールに突き刺した。

川辺はこれがJ1での初ゴール。
磐田のJ1昇格の原動力になった昨年と比較して
今季はややトーンダウンした印象があったが、
前節のアシストと含めてだいぶ復調してきたように思う。

実は同点ゴールの直前、同じような位置で
ボールを持った川辺が、攻め上がらずにパスを選択して
しかもボールを失ってしまったシーンがあった。
それを見て、「去年はああいうところで一人で持ち上がって
決めてたんだけどな~」と少々残念な気持ちに
なっていたのだが、この試合中に良かった時の
イメージに沿ったプレーを見られて良かった。

同点ゴールが決まったあとは、
再び横マリが攻勢に。
しかし前半とは違ってシャキッとしていた磐田、
チーム全体が踏ん張り勝ち越しゴールを阻止する他、
やられっ放しでもなくチャンスも作った。
決定的なシュートを放つ機会もあったが、
横マリのGK榎本に防がれてしまった。

試合終盤には勝ち越し点を狙った横マリの一方的な
攻撃を受けるが、ゴールライン上ギリギリまで
粘って相手のシュートを阻止。
そのまま1-1で試合は終了。
磐田にとっては、首位相手に敵地で貴重な
勝点1を得る結果となった。


DSC_1996

以下、試合に関するトピック

■試合の感想
前半のうちに横マリが2点目を決まっていたら、
その時点で試合の結果は決していた。
磐田にとっては横マリの決定力に助けられた
部分が非常に大きく、勝点1は幸運だった。
とはいえ、後半の気迫のこもった守備や
執念の同点ゴールがなければ勝点1も
奪えなかったことを思えば、全てを運と
片付けるのは磐田への敬意に欠くというものだろう。

磐田はとにかく前半が良くなかった。
両ウイングバックの件をはじめ、
全体のバランスが崩壊していた。
例えば、パパドプーロスは単体のDFとしては
優秀だが、狭いエリアを強固に守ることが
彼の長所であって、この試合のように
広いエリアをケアするのは必ずしも得意ではない。
正直、監督の人選ミスだと思うが、
翻って現時点で磐田は選手層が厚くないので、
ある程度は歪が出るのは仕方ないかもしれない。

横マリはFWがいまひとつシャキッとしていなかった。
守備で明らかにミスマッチが発生していたこの日の
磐田相手に、ミス絡みの一点だけで留まって
しまったのは、申し訳ないが前線の職務怠慢。
先制ゴールのシーンは鮮やかだったが、
カイケはややプレーが雑で、聞いていたほどの
インパクトはなかった。
それは両ウイングも同様で、齋藤は決定的なシーンで
シュートが枠に飛ばず、マルティノスも必ずしも
対人守備が得意ではない森下に突破を防がれていた。
まぁ、この試合の森下は今季のハイライトと
言っていいくらい頑張ってはいたが。
中盤の制圧力と守備の堅固さは伺えただけに、
その点が非常にもったいないなと思った。
特にGK榎本のセービングは素晴らしかった。
GKが榎本じゃなかったら、ウチはもう一点くらい
取れてたんじゃないかと思う。同点ゴールの
シーンだけはポジショニングミスってたっぽいけど。


■志村は良いGK
この試合で志村を見るのは2度目になったが、
相変わらず彼は非常に良い。
なにがいいって、あの物怖じしない感じ。
GKには必須の「安定感オーラ」を、高卒2年目にして
備えている。なんなら八田より堂々としているのでは(笑)
一瞬も集中を切らさず状況を観察しているからこそ
前への飛び出しにも安定感があり、正確なハンドリングや
速いリスタートで攻撃にも貢献できる。
ハードウェアが未完成であるが故に、守備範囲や
セービングなどプレーだけ見れば確かにまだ未成熟な
部分はあるが、普通のGKが持ち得ない要素を
若くして持ち合わせているのは大きな魅力。
カミンスキーが復帰すればその座を譲るかもしれないが、
仮にカミンスキーの調子が上がらなかった際に
「志村がいる」と思えるのは大きな利点だろう。

八田は怪我している間に奪われてしまった第二GKの座を
手中に取り戻すことができるか。


■中村俊輔の現在地
動いてる中村俊輔を見るのは3年ぶり。
大ベテランの域に入っているものの、
そのプレーぶりを賞賛する声は未だに後を絶たない。
そんなに凄いのかと物凄く楽しみにしていたのだが、
事前にハードルを上げすぎたせいかそこまで
凄くは見えなかった。というか、むしろボールタッチは
相当劣化してしまったように見えた。
以前のように、2~3タッチするだけで
「ありゃあ巧いわ」と感じさせるほどの繊細さは、
失われてしまっている。自慢のプレースキックも
この試合は不発で、7本あったCKも全て外れた。

その一方で、明らかに以前より向上している部分がある。
トランジションの精度だ。
ボールを奪ってからの展開が恐ろしく速く、高精度。
しかもボールを奪うところから自分でやってしまう徹底振り。
以前の中村俊輔は、どちらかといえば単体で答えを出す
選手であって繋ぎの部分では巧い方ではあっても
トップレベルではないと思っていたが、大いに認識を
改めることとなった。

ハードウェアの下降に伴い厳しくはなってくると思うが、
横マリという彼に全権が与えられている現場であれば、
まだしばらくはやれそうだなという印象を持った。


■磐田サポ減った?

今季J1に昇格し、ホームではチケットを完売させたり
NACK5のアウェースタンドを全開放させたりと、
動員面では比較的健闘していた磐田だったが、
この試合ではいつものような関東力がなく、
日産のスタンドをほとんど埋めることが
できなかった。
2ndステージに入って未だに勝利なし、
調子の悪さでやや客足が鈍ったのかもしれないが、
それにしてもあの客入りは寂しい。

本日は以上です。


このページのトップヘ