フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:浦和レッズ

埼スタでの試合が金曜日ばかりだったので、第2節のセレッソ戦以来の埼スタです。


ミッドウィークの試合が無く、ある程度の休養も取れてる中での札幌戦。

永遠のライバルである札幌さんですが、一体何年振りの試合ですか?忘れてしまいました。
お帰りなさい。


はい、まずは浦和のスタメン。

西川、
森脇、遠藤、槙野
関根、阿部、柏木、宇賀神、
武藤、興梠
ラファ

まぁ、ぶっちゃけ今の現状で一番安定したスタメンはこのメンツだと思います。

もちろん、青木をスターターで使うパターンでも全然問題ないとは思いますが、ある程度相手を押し込める可能性が高い相手であればこれでいいのではないかと。


さて、

「昇格組相手に勝ち点3以外は許されない!」的な意見もごもっともだと思いますが、ボロ負けしてる様な試合は案外少なく、しっかりJ1の舞台でも戦えている印象。

対策として、やはり頂点の都倉に自由にやらせない事が一番大事になるのは間違いありません。
仮に、ボールを奪われたとしても、しっかり相手を押し込んでおけば、都倉を含めた複数人でのカウンターという策も威力は半減します。

天候に関しても、現状は暑過ぎも無く、寒くも無く、風もそれほどない、という非常に良いコンディションになっていると思われます。

ただ、連戦の影響からなのか、はたまた気温が高かった事の影響なのか、非常に動きの悪かった東京戦の残像が消えてるわけでは無く、ゲーム展開によっては今週も「後半に無双する青木」の光景が目の前に現れるかもしれません。

今日も早めに先制点取って、必要以上に焦らずに落ち着ける展開にしたいな〜。


「札幌 お前はもう死んでいる」


ポンチョビ



年に1回(たまに2回?)しかないホーム味スタでの試合。

どうも、ホーム味スタで浦和が負けた
のは13年も前の話らしく、もはや試合内容すら覚えておりません。


さて、スタメンですが、

西川、槙野、遠藤、森脇、柏木、阿部、宇賀神、菊池、武藤、興梠、ラファ


注目は、右WBに入るであろう菊池。
仙台戦ではアシストを記録、結果を残してのスタメン起用。
駒井、関根の状態に不安がある中での起用ですが、こういったタイミングでの起用からチーム内での位置付けを高めた例は過去にもあったことから、菊池個人としてもこの試合に賭ける意気込みは相当なものでしょう。
もし、永井が左サイドに配置されるようだと、森脇の守備対応に対するケアにもかなり気を使わなければならない状況になるかもしれません。
これも相手の出方次第ですが、しっかり存在感を示して欲しいところ。


攻撃陣に関しては特に心配することはなく、今一番破壊力があるであろう3枚の組み合わせ。
相手が慣れるうちに、先制点を奪ってしまい、攻守共に良い流れを形成したいところ。


肝心の東京ですが、お世辞にもチーム状況が良いとは言えず、昇格組の札幌にも力負けしている状況。
大久保、ウタカといった新戦力が怪我で欠場が濃厚。
もしかしたら余計な贅肉が取れて良い方向に向かうのでは?という気もするが、それが出来るならとっくにやってるか。。。


もちろん勝負に絶対は無いですし、油断なんてもってのほかですが、今の浦和が普通に出来ることを表現すれば負ける相手ではないはずです。
ホームで負けるわけにはいかないですからね。



味スタの桜は今日がギリギリでしょうね。
桜と共に彼らにも散ってもらいましょう(笑)。

3-1。


まずは、リーグ戦での初勝利。

この事実がなによりも大きな戦果。
初勝利が遅くなればなるほど、チームを取り巻く雰囲気は自ずと悪くなる。
優勝を目指しているチームならなおさらである。
如何なる試合内容であろうと構わない、まずは勝ち点3。
それがこの時期のキーポイント。


さて、試合です。

開幕から続く5連戦の最後。
ここまで可能なポジションは選手の入れ替えを行いながら何とか戦ってまいりましたが、連戦の最後ということもあり、現状、試合に出れる選手でのベストメンバー?と思われる選手を起用してきた形。

最終ラインはいつもの遠藤・槙野・森脇。
阿部・青木の中盤に、両翼は宇賀神・関根。
前3枚は、ラファ・武藤・興梠。

対するセレッソは4-4-2。

鳥栖時代も対浦和戦で最終ラインを4枚でスライドさせていたように思いましたが、このセレッソでも同様の事をやろうと思っていたみたいですが、やはりまだまだ成熟までには時間を要するのかなと思いました。
特に、2シャドーの武藤と興梠の上下動を最終ラインでほとんど捕まえることが出来ておらず、正直やられたい放題になりそうな内容。
その大きな要因になっていたと思われるのが、2TOPの杉本・柿谷。ここがほとんどプレスを掛けに来ない、パスコースを限定するような動きも少なく、中盤以降に大きな負担を強いていたのは間違いないだろうと。
事前に山村のFW起用の報道もありましたが、まあわからなくもないというか、山村を起用する場合は柿谷との2TOPではなく頂点に柿谷をおいての縦関係が主かと思います。

そんなこんなで、前から追えないあの2TOPを並べることで浦和の最終ラインは比較的余裕を持ってボール保持ができる状況を作り出すことが可能となりました。
とはいえ、中央に構えるソウザと山口蛍のエリアはそう簡単に突破できる程甘いエリアではなかったこともあり、浦和は無理強いをして攻めるような極端なリスクは取らず、相手を動かす作業も行いつつ、前半で2点を先取。

相手の体力を削りつつ2点リードで終えたこともあり、後半は更なるゴールラッシュを期待したのだが。。。


後半、追いかける立場のセレッソはラインを少し高めに取ってきたが、浦和はそれを逆手に取り、ラファが裏抜けに成功して追加点。
この時点で試合の勝負自体はほぼ付いたと見ていたが、これ以降浦和の足が止まり始めてしまう。
交代策を用いても終盤の劣勢を押し返せなかったことがまたしても課題として残ってしまったかなと。
まあ、連戦続きの中での失速でしたのでその点での心配は必要以上にしませんが、失点パターンが限定的になってる点は非常に気になるところ。
この試合の失点に関しても、マリノス戦のリプレイでも見ているのかと言いたくなる形であり、きちんと対策を取って欲しいところ。

更に、この5連戦で選手の入れ替えが出来ているポジションと出来ていないポジションが明確になってきている点も合わせて気になるところです。
特に、森脇のところは替えがきかない存在になってしまっており、今シーズンもフル稼働一直線といったところ。
宇賀神に関しては、菊池が戦力として目処が立つことでスポット的に入れ替えは可能だろうし、関根や駒井を左に回す事だって検討できないわけではない。
青木に関しても、柏木の状態が戻ってくれば現状のようなフル稼働ではなくなるでしょう。
ただ、森脇に関しては正直そうもいかないところがありますので、何かしらの代替策を用意しておきたいところ。


さて、次戦はやっと約一週間空く形での甲府戦。
非常に厄介な相手ですが、何とか壁をぶち破って早々に1点取りたいところ。
序盤に先制できるか出来ないかで大きく展開が変わる相手ですが、必要以上に前掛りになりカウンターを喰らうようなミスだけは絶対に避けなきゃなりません。
その辺りでのリスクの掛け方の選択が非常に難しいですが、私は90分かけて1点確実に取りに行くというスタイルで良いのかなと思っております。

以上

今日は、J2から帰ってきたセレッソです。

昇格組とはいえ、代表級の選手だけは揃っているチームですので油断は当然禁物。

開幕戦を見ていないので、ユンジョンファンに監督が変わってどうなったかは分かりませんが、おそらくまだまだチーム状況としてはgdgdな状況である事は予想できます。


浦和は休み明けの阿部と遠藤がスタメンに復帰。森脇、宇賀神辺りの連戦具合が気にはなりますが、なんとか大過なくこなして欲しいもの。

前線はラファ、興梠、武藤という楽しみでしかない組み合わせがここで実現。阿部、遠藤から質のいいボールが配球されれば、相手の最終ラインをズタズタにする可能性はありそうです。

懸念点はやはりWBのスペースをきちんとケアできるのかという話。
鹿島の2TOP及び横浜の斎藤レベルでサイドで強みを出せる選手が各チームにいるわけではないですが、鹿島戦、横浜戦を見てきた相手チームがあのエリアの活用を候補から外すとは考えられないので、試合の中でキチンと対応して欲しいものである。

柏木を我慢出来たのは好判断。

ただ、ここら辺りで青木も休ませて、阿部と長澤でスタートする選択肢は無かったのかという思いもないわけではない。

リーグ戦はまだ未勝利です。
ACLで作れてる良い雰囲気をそのままリーグにも持ってきてキチンと勝ち点3取って雑音を取り除きたいものです。


おのおの、ぬかりなく。

このページのトップヘ