フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:カサイゴートク

私にとってのベストバウト
それは2012年J1最終節の新潟ー札幌戦である。

最終節までの経緯と試合内容は
Wikipediaに任せるとして
ここでは当日の私の心境などを中心に
語ろうと思う。


私はこの試合を


「新潟のJ1での末期の水をとる」


という覚悟を持って観に行ってきた。



試合終了から最終順位の確定までの数分間が
まるで数十分、数時間に感じられたのが今でも思い出される。

そしてスタジアムDJが新潟のJ1残留を告げたその瞬間

まさに「奇跡の生還」だった。

あの場に立ち会えたことを、私はきっと忘れることはないだろう。



今日はかつてニッポン放送で放送されていたラジオ番組

「独占!Jリーグエキスプレス」

の一コーナーについて語ろうと思う。

その番組では「モロビームを超えろ!」というコーナーがあった。
これは、素人のリスナーが「Jリーグのゴールシーンを妄想実況」して
その中でナンバーワンを決めるというものであった。

昨今では実況がへたくそだの改善しろだのと「ネットの世間」の声は確実に大きくなっている。
そんな中でもう20年以上前に聴いていたラジオ番組の一コーナーをふと思い出したのだ。

そしてそこから私の考えを暴論承知の上で述べよう。

いわゆる有名大学には「アナウンス研究会」という名のサークルが存在している。
構成員は当然アナウンサーになりたいとか何かしらの強い興味を持つ学生である。
そして、どうやら大学対抗で実況コンテスト?もやっているという。

そこで思いついたのだが、副音声実況で「大学生の実況チャンピオン」に
実際にオンエアーを担当させてみるというのはいかがだろうか?

一試合限定とかなら、「最大瞬間風速」でかなり質の高い実況ができるのではないか?
とも思うのである。

プロの「品質低下」に嘆くくらいなら日替わりでアマチュアのトップにやらせてみようというのは
外道な考えなのだろうか?



テーマ:サッカーの世界に入った経緯

とりあえず自分にとってターニングポイントとなった出来事を時系列で追ってみようと思う。

エピソード1.Jリーグの始まりとドーハの悲劇(1993年)
当時私は小学校6年生であった。その華やかさ故にクラスの中でも日々話題になった。
そしてみんなでドーハの悲劇を残念がった。
あの頃私はヴェルディ川崎(これもまた歴史を感じさせる言葉だ)にのめり込んでいたが
当時の私に今のヴェルディの惨状を話したとしても、きっと信じまい。

別の機会に触れようと思うが、ニッポン放送の「独占!Jリーグエキスプレス」という番組に
のめり込んでいたのもいい思い出である。

エピソード2.日韓W杯(2002年)
当時は毎日のようにサッカーを見ていた。「世界のサッカー」に入るきっかけになった大会でもあった。
恥ずかしながら、UEFACLの存在を知ったのはこの頃で、当時TBSで放送されていた
貴重な地上波のUEFACLを見るために寝るタイミングに悩まされることが多くなった。

エピソード3.アルビレックス新潟との出会い(2005年)
新潟のJ1一年目という記念すべき年である。
ある意味「親の出身地」という無理やりな理由でファンになったチームである(笑)
ものぐさな性格と社会人になっての忙しさ(これを言い訳にするという時点で(ry)故に
ビッグスワン初参戦へはそこから5年の歳月を要することとなる(笑)
日々新聞やらテレビでチェックするという状況であった。

エピソード4.ビッグスワン初参戦(2010年)
矢野貴章が南アフリカW杯メンバーに選ばれたことをきっかけに(笑)、ついにビッグスワン初参戦となった。
W杯メンバー発表直後の山形戦であった。
そこから2年間、往復700㎞の日帰り大旅行だらけな土曜日が始まるのであった(笑)

エピソード5.FBMへの入居(2014年)
昨年以降、プライベートの都合上ビッグスワンへの日帰り大旅行が全くできず、それがきっかけで
サッカー観戦への情熱が薄れかけていたところへtakuさんからFBM入居のお誘いをいただいた。
この場所は、私が憧れていた「物書き」の世界をかなえてくれる場所でもあった。
そして再びサッカーへの情熱に火が点こうとしている。

10年後、20年後、30年後、どんな「エピソード」が生まれているのか
さまざまな妄想をしながら、この項を締めさせていただく。











今日、来年度のJリーグクラブライセンスが発給されたわけだが
この記事では先週湘南が
「J2の2位以内を確定」
させたことに対する報道について疑問を呈したい。

先週の日曜日、湘南ベルマーレが今年のJ2の2位以内を確定させた。
糞真面目に言えば、先週の段階では「J2の2位以内確定」であって、

「J1昇格(J1復帰)」

という表現を安易に使ってはいけないはずだ。
(※使う場合はは但し書きが必要であろうというのが私の見解である。)

なぜならば、来年度のクラブライセンスが発給されたのは今日29日だからである。

にもかかわらず、大手五大一般紙(朝日、読売、毎日、産経、日経)はいずれも先週の時点で
「J1昇格」という表現を使い、なおかつ但し書きのフォローがなかったのはぞっとしない。

幸い、本日湘南には無事J1クラブライセンスが発給されたため、私の「心配」は杞憂に終わったが
このような報道は「雑だ」と感じるのはおかしいのだろうか?

みなさまはじめまして。takuさんのお誘いをきっかけに入居させていただくことになりました。
この場を借りて自己紹介させていただきます。よろしくお願いいたします。

Q1:お名前は?
カサイゴートクと申します。
新潟サポであることと、江戸川区在住なのでこう名乗っておりますw

Q2:ツイッターIDを教えてください。
@KasaiGotoku です。
(※livedoor IDのashtamory は旧ツイッターIDですw)

Q3:性別は?
男性です。

Q4:血液型は?
A型です。(父がA,母がOです)

Q5:貴方が推しているチームを教えてください。
アルビレックス新潟です。
母が新潟県妙高市出身でして、それがきっかけで追いかけるようになりましたw
(※余談ですが妙高市とビッグスワンとの距離は150㎞以上ありますw)

Q6:貴方が好きなサッカー選手を1名あげてください。
酒井高徳選手です。

Q7:Q6で答えた選手を選んだ理由を教えてください。
私がビッグスワンに行き始めた2010年にスタメンに定着し始め、そこからのステップアップがあったので
その過程を見てきた自分にとっては好きというよりは思い入れが強いっていう感じでしょうかね?

Q8:好きなスタジアムはありますか?出来れば理由も添えてください。
ダントツでビッグスワン!なんだかんだ一番行ったことのあるスタなのでw
他チームでは日立台です。

Q9:あなたはサッカーのプレー経験がどれくらいありますか?
フットサルを少々

Q10:御自身が得意とされているプレーはありますか?
ワンタッチパス

Q11:御自身が苦手とされているプレーはありますか?
ドリブル突破

Q12:年間でどれくらいスタジアムでサッカーを観戦されますか?
実はここ2年スタジアムに行けてません(´・ω・`)

Q13:サッカー漫画でお薦めがありましたら教えてください。出来れば理由も添えてください。
ORENGE:フロントなど「舞台裏」の描写が多く、そう言った部分を知ることができたのがよかったです。
ファンタジスタ:戦術面や心理面の描写、解説が多い点がよかったです。


Q14:サッカー以外で好きなスポーツを一つ上げてください。出来れば理由も添えてください。
テニスです。かれこれ10年以上続けてます。

Q15:ヤマザキナビスコ製品でイチオシの商品を教えてください。
リッツとオレオですかね。
(※リッツにミルクジャムの組み合わせが私のお気に入りですw)

Q16:カルビー製品でイチオシの商品を教えてください。
堅揚げポテトの塩味と柚子胡椒味!

Q17:スカパーには加入されていますか?
入ってないです。

Q18:TOTOはやりますか?最高当選金額などありましたら教えてください。
やらないです。ただ、競馬やってるのではまりだしたら大変なことになりそうw

Q19:ウイイレのマスターリーグにおいてのデフォルトチームで一番の推し選手は誰ですか?
ごめんなさいウイイレはやったことなくて(^_^;)

Q20:ご自由に好きなことを書いてください。

「ほんの少しでもいいから、日本のサッカー界が発展することにつなげたい」
「こうすればもっとよくなるのに」
「なぜ?を繰り返していき、本質に迫っていく」
というスタンスで語っていきたいと思います。

ハッキリ言って皆様からしてぶっ飛んだことを書いてしまうことが多々あるかもしれません。
その際は容赦なく突っ込んでいただければと思います。

それではどうぞよろしくお願い致します。

このページのトップヘ