フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:カサイゴートク

【プロローグ】
2017年正月二日、三日に行われた箱根駅伝。
私の母校明治大学は歴史的惨敗を喫した。

2016年、8シーズンぶりの予選会をエース抜きで突破して迎えた今大会。
Jリーグdevision 1で例えるなら”下剋上残留”の有力候補ともされながらこのザマである。
私の失望と怒りの度合いは、某知人に対して発した以下の言葉に集約されるであろう。

「ユザワヤ行ってきていいよね?」
(意味:上層部批判横断幕作るための布買ってきてもいいよね?))


一方、応援する側ももっとできたことがあったのではないか?
という思いもあった中で
モヤモヤした気分の中1月が終わり、2月中旬に研修出張で
勤め先のドイツ本社へ向かうこととなる。
だが、この時はドイツの地で「ぶっ飛んだアイデア」を
思いつくことになろうとは知る由もない。

【浮かんだコンセプト】

その研修、私と同僚以外は欧州各国からのメンバーで
フットボール好きはかなりの割合を占めた。
講師のドイツ人各位も上に同じである。
彼らとの交流を通じ、私はある一つの考えに至った。

大学駅伝の応援にも
サッカーのサポーターの思想を
取り込んでみては?
(例「12人目の選手」という考え)

というものである。

その思想の下で体現したいことを以下に記す。

・「俺たちが勝たせる」
→「選手が1分、1秒、0コンマ何秒でも早く走れるような応援をする」

・「結果に対する
喜びや悔しさを選手と同じ目線で共有する」

・サポーターズカンファレンスに相当する会合の場を設ける
 ・選手や首脳陣に対しての質疑応答
 (例:どういうチーム作りを目指すのか?目標とそれに対するアプローチは?)
 ・選手からファンに対して「こういう応援をしてくれると嬉しい」
など要望してもらう。

・選手向けチャント作って歌ったっていいんじゃね?You'll never walk alone歌ってもいいんじゃね?  
(※研修受けた仲間にアイルランド人のリバプールサポがいました。)

ざっとこんな感じである。

【おわりに】
この記事を読んでくださった明治大学競走部を応援してくださる皆様へ
忌憚のない感想をお待ちしております。

さて、前回の記事では「とあるスポーツでJ2を疑似体験」というトピックを取り上げたわけだが
(URL:http://football-mansion.blog.jp/archives/65893600.html)
そのチームの状況は今年のJ2に例えるなら清水エスパルスに近いと考えている。

そんな清水は今週は対松本山雅、来週は対セレッソ大阪と
J1復帰へ向けて極めて重要な連戦が控えているわけだが
くしくも今日、その私の贔屓のチームにとっては
清水にとってのその2連戦に匹敵する大一番が横浜市内で行われる。


何のことかさっぱりわからんという方は
お気軽にコメントもしくはツイッターでメッセージをください。
(※ただしサッカーではないのであしからず)

久しぶりの投稿がポエムであることをご容赦願いたい。

ご存じのとおり、J1残留に向けて新潟の現況は非常にマズい。
個人的な主観では2012年を超える危機的状況かもしれない。

「その時」が来たら、おそらく悔しさと悲しさに数日間支配されてしまうだろう。

だが、これだけは言いたい。

”2016年の正月に味わった悔しさと悲しさと絶望感”

に比べればどうということはない。

すでに私はJ2降格に匹敵する悲劇を、そして次のシーズンに向けての絶望感を
今年の正月に体験済みなのだ。
(※ここではあまりにもジャンルが違いすぎるのであえて多くは触れない。)

もしも新潟がJ2に降格しても、私が正月に味わったものを超えることはまずない。


そして、10月15日

新潟に起こり得る「最悪の未来」を疑似体験できる戦いがやってくる。

正月に失ったものを取り戻すための
負けたら失うものだらけの

苛烈な戦いが待っている。


私にとってのベストバウト
それは2012年J1最終節の新潟ー札幌戦である。

最終節までの経緯と試合内容は
Wikipediaに任せるとして
ここでは当日の私の心境などを中心に
語ろうと思う。


私はこの試合を


「新潟のJ1での末期の水をとる」


という覚悟を持って観に行ってきた。



試合終了から最終順位の確定までの数分間が
まるで数十分、数時間に感じられたのが今でも思い出される。

そしてスタジアムDJが新潟のJ1残留を告げたその瞬間

まさに「奇跡の生還」だった。

あの場に立ち会えたことを、私はきっと忘れることはないだろう。



今日はかつてニッポン放送で放送されていたラジオ番組

「独占!Jリーグエキスプレス」

の一コーナーについて語ろうと思う。

その番組では「モロビームを超えろ!」というコーナーがあった。
これは、素人のリスナーが「Jリーグのゴールシーンを妄想実況」して
その中でナンバーワンを決めるというものであった。

昨今では実況がへたくそだの改善しろだのと「ネットの世間」の声は確実に大きくなっている。
そんな中でもう20年以上前に聴いていたラジオ番組の一コーナーをふと思い出したのだ。

そしてそこから私の考えを暴論承知の上で述べよう。

いわゆる有名大学には「アナウンス研究会」という名のサークルが存在している。
構成員は当然アナウンサーになりたいとか何かしらの強い興味を持つ学生である。
そして、どうやら大学対抗で実況コンテスト?もやっているという。

そこで思いついたのだが、副音声実況で「大学生の実況チャンピオン」に
実際にオンエアーを担当させてみるというのはいかがだろうか?

一試合限定とかなら、「最大瞬間風速」でかなり質の高い実況ができるのではないか?
とも思うのである。

プロの「品質低下」に嘆くくらいなら日替わりでアマチュアのトップにやらせてみようというのは
外道な考えなのだろうか?



このページのトップヘ