フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:地域リーグ

天気もよく、暖かい日には「サッカー観戦が一番」
てな訳でFCTIAMOVSアミティエSCの試合を観てきました。

内容・結果はアミティエのワンサイドゲームでした

結果は0-3 でアミティエの勝利。
新聞の見出しになると「試合巧者アミティエTIAMOに完勝!!」
そこで、現場に行ってない人にも分かりやすく解説します。
両チームメンバー表 http://football-system.jp/fss/pubGameResultConf.php

アミティエのスタメン表を見ると5-3-2と引きこもってカウンターな戦術に見えますが実際は
4-2-3-1のフォーメーション
2015y04m18d_212053184

昨年と大きく変わった点は何か所かありますが、
特に注目すべき点は左サイドの「守屋」
昨年まで佐川印刷バリバリのレギュラーがなぜかココ(関西一部)にいている質という物が全く違いました。

次に8番の篠原。昨年アミティエの崩壊の中残留した1人。そこで試合にコンスタントに出る事によりパワーアップしてました。

27番勝矢ドリブルが得意な選手。守屋に気を取られるこ彼にやられることもあり。

この3名は今後の試合でもキープレイヤーになると思います!

試合に関しては「巧者アミティエ」と言いますが試合の入り方が本当に巧い。これは昔からである

攻め方
まずは、あっさり守屋にボールを渡し簡単にドリブル突破やら、1人ポジショニングの良さが目立ってました。
次に守屋を封じる為に人数をかけると篠原、勝矢が自由に動き、ボールを回しチャンスを作っていく。
相手チームのボランチは振り回され、やれたい放題でスタミナだけ消費していく・・・・
FWの脇がひたすらDFラインのボールを追い回し愛でDF(CB)を疲弊させる。スタイル

守り方
4番の端が先陣を切って高い位置に顔を出して潰す。10番の清水はバランスを取る。
今日の場合は端が8割方潰していたので、DFラインとしては暇を持て余していたと思います。
あとは25番も山崎が声が出ていて指示を与えていたので中盤の底から上はプレーしやすかったと思います。

後半20分以降の戦い方としては、脇を下げてより身体の良いエース中東を入れる事によりタメが作れる。
DF・ボランチが疲弊しているので1.5列目が自由に動ける。

現実脇が50分に退き中東投入で54分勝矢60分守屋と立て続けにゴールをあげている。
ただ脇が負傷交代なので中東投入は早まったがあと10分遅く使うと考えていたら良いと思う。

そしてきっちり3-0で完勝するあたり、今期の関西1部の台風の目ないし、地域決勝出場有力候補であることは間違いないと思う。

しかし彼らはこれで余力を残している訳である。「本気のアミティエ」これを観る事になるのは和歌山であったり滋賀、全社の3回戦以降になるであろうと思う。

あとはこのチームの弱点を探すことが、私の趣味であろう…
 

 はいどーも 

決勝戦なんである。ワタクシが所属する区リーグ決勝戦へ
久しぶりにわがチームが進出。
昨今は決勝トーナメントに行くのはいいがPK負けなどが続き決勝までいけず悔しい結果に・・・


それが今年久しぶりの決勝進出。ここで勝たずしていつ勝つのだ!
っていう感じの気合が入っております。

勝つぞー、おー!


俺はベンチで応援するからね!がんばれ!



祝勝会兼新年会を盛り上げるためにも
絶対に負けられない戦いがそこにはある! ※(追記)2ー0で快勝!!チャンピオーーーン!!! 三位決定戦はもった天気も決勝がはじまると同時に降り始め最後の方はグラウンド、グチャグチャ。 寒かった・・・・・ ※※ポンチョビさんブログで知りましたが当書き込みが300記事目/年だったそうで。 キリのいい番号いただき恐縮です

私の本職はこっちである!!下手したらJより面白い!!
それは私のすごく個人的な感想である。

私が今年一年観てきた関西L それはすごいものだった。
まず元日本代表「永井雄一郎」が和歌山にきたり、地域の化け物「御給さん」「菅原康太」
アミティエSCの化け物「須ノ又」の加入 であったり「安定と信頼のFC大阪ブランド」「信頼のアミティエブランド」
そんな言葉も生まれた。いわゆる昨年の「SAGAWA」ブランドみたいな奴である。
 
そんな期待を胸に始まったリーグは正直しんどい戦いばかりでしたし、奈良クラブには一度も勝てなかった。
ここでは詳細を書きませんが
チームとして変わったのは8/30の奈良クラブ戦以降と地域決勝でチームとして一皮むけたと思います。

さてさてベストイレブンですが
公式は
GKシュナイダー潤之介(奈良)
DF:伊澤(奈良)・岩本(FC大阪)・野本(奈良)・角南(和歌山)
MF:高橋(奈良)・ 稲森(奈良)
FW:瀬里(奈良)・川西(FC大阪)・大西(和歌山)

1人足らないのは、あとで補充します…

ベストイレブンが妥当というか安全パイというか…FW3人+周也+シュナ潤は妥当ですね

ここからは私的な関西Lベストイレブン

GK:内野(滋賀)
彼は関西Lの素晴らしいGKですよ。半月板やってしまって今後はわかりませんが、彼こそが関西L№1GKと思います。
DF:岩本(FC大阪)・伊澤(奈良)・板山(阪南)
正直DFを選ぶのは難しい。岩本、伊澤は公式にも選ばれてるので当確です
板山は身体は大きくないですが当たり負けせず、いいCBですよ。

MF;馬場(奈良)・高橋・川西。須ノ又(FC大阪)・白方(和歌山)
奈良クラブ快進撃の立役者は入れないといけません。あとは趣味です

FW大西:瀬里
言わずもがな
 
リザーブ
GK:紀氏(FC大阪)
DF:石橋(滋賀) 
MF:小野(奈良)
MF:芝崎(和歌山)
MF:永井(和歌山)
FWフィリッピーニョ(FC大阪)
FW御給(FC大阪)

こんな感じですかね私の主観では。

色々なご意見お待ちしております 

「取れるタイトルは取っておく」というのがFC大阪の考え方。
とりあえず今日も和歌山遠征へ

車が FC大阪の備品で一杯・・・デカイ車がほしいハイエースはアレだからセレナとかデリカとかね
それはいいや 
メンバーをいじるのかな?と思ったらほとんど変更なし! 
2014y11m30d_203612543

変わったところ:両サイドバック天羽がお休み。帯同せず。亮太は怪我(小指骨折)でベンチ外(こっちは帯同)
ベンチもほとんど変わってないが、最終鬼畜兵器「フィリピーニョ」が久しぶりにベンチ入り

試合内容:選手もサポーターも「消化試合な空気」なにも面白くないし試合に身がが入ってないというか・・・
一言でいうとチャントも何をすればいいのかわからない!と、いう状態の中で
FC大阪キラー?の白方にPKを決められて先制を許す。
その後もダラダラというか・・・「燃え尽き症候群」チームもサポーターもそんな感じでございました。

前半は1-0で終了

後半はHT四ヶ浦→最終鬼畜兵器フィリピーニョ投入
彼を投入すると変わるね。だってDF3人振り切るんだもん。
地域ではアカンね
相手DFがフィリピーニョに振り回されているスキを観て久保のクロスから塚田のヘッド!!
そこからなんですが・・・
フィリピーニョにボールが渡ると紀三井寺球技場に「歓声」ではなく「悲鳴」が聞こえました
サッカー観初めてかれこれ10数年たちますが「悲鳴というか奇声」が聞こえたとは勿論初

後々和歌山サポーターに聞いたら「和歌山サポは正直だから」と言われました。
試合内容は1-1の引き分けでPKで辛くも勝利。 
次は11時半から加古川 で高砂ミネイロとの戦い。何時起きやねん!頑張ります

番外編 
試合終了後このFC大阪サポーター が取材を受ける。
関東で学んでいる女子大学生。地域の経済活性化とかについての卒論の取材?にこられました。
サッカーチームが地域経済の活性化についてわざわざ和歌山まで。生まれと育ちが和歌山なんで紀三井寺まで来た事。

FC大阪は他のクラブと少し違う事とあと和歌山さんや、奈良クラブさんを調べてください。あと関東に帰ったらボンズ市原を調べてください。材料は関東にもありますとのこと。地方と都会の違いが勉強になりました。との事
卒論頑張れ!とエールを送ります。私の卒業論文は・・・・それはええわ 
私はここまでしなかったなぁ… 

これ以上の死闘があるものなのか?3日で3試合ではなく、USJから市原臨海までの運転!
終わった事だからこんな余裕な事が言えるのだろう。 

 11/21(金)20時森ノ宮。高井田を19時58分にでる。
そこから もうひとりを拾いにUSJの近くまで異動。そこからの旅が始まります。
先発ドライバーは私と1名もうひとりは・・・ サポート?まぁいいや。

とりあえず、 刈谷まで2時間半そこまで余裕でしたよ
刈谷でドライバー交代 即爆睡
2時間寝て沼津あたりで交代
そこから足柄まで任せて寝る
保土ヶ谷バイパスのどっかでドライバー交代。エース私?に交代
そこから走りきりました。ここでのトータルで思ったことは「アクアライン運転しにくいスリッピー」 

とりあえず市原到着。
とりあず準備。ウチは弾幕少ないからいいけどね・・・ 奈良クラブがね物凄い弾幕だったんよね

試合は前半早々に失点。うちのわるいクセだよ・・・32分四ヶ浦のゴール61分四ヶ浦のゴールで勝ち越したんだが…
向こうは岡山投入。パワープレーで攻める攻める。ウチのDFラインが下げられる・・
そして83分野本のスーパーゴールで追いつかれる。
そこからPKで敗北
交代枠を上手く使えなかったのが敗因ではないだろうか?
①実質の交代が四ヶ浦→御給のみ(清水→グスターヴォは清水負傷によるもの)そして交代枠を残す
野本に決められてから水谷投入でパワープレーでもよかったのではないのかと??
「90分負けしない」これが大切だと思いますが「リーグで負けている相手」
勝ちにこだわりを持って戦って欲しかった訳ですよ。

つまりベンチとしてやることをやってほしかった訳ですよ。

このページのトップヘ