フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:【公式】

新年明けましておめでとうございます。

フットボールマンション管理人のポンチョビでございます。

今年の目標は「良いところをピックアップ出来るようになる」ということにしたいと思います。

どうしても「あの動きがダメだ」とか「あそこの采配の意味がわからない」とか「運営マジでダメ!」とか、悪いことをピックアップした記事が目立つように思います。

今年は、そういう視点をなるべく減らして、あらゆる事象に対してなるべくポジティブに表現できるようになれればと思います。

今年も住民各々がマイペースなのは変わらないかと思いますが、何卒宜しくお願い申し上げます。


初体験でした(意味深)。

本当に凄かったし、と~っても疲れたよ(意味深)。

ええ、砂場が!

。。。

。。。

さて、先日(9月6日)、FBMとして第1回のサッカーオフ会開催いたしました。
【公式】(仮題)FBM 第一回球蹴りオフ。~ミニビーチサッカーを体験してみよう~ を開催します。


今回は、コナミスポーツクラブ府中さんのビーチコートをお借りしています。

本日は、10名の方にご参加頂きまして、約2時間かけてみんなでビーチサッカーをやってきました。
(ご参加頂きました皆様、ありがとうございました)


私個人で言えば、以前に「競馬場ラン」というイベントでダートコースを走るというドMの修行とも思える鬼畜イベントを経験していたこともあり、砂の上での動きにくさの予備知識みたいなものはあった。

ただ、マラソンとビーチサッカーの大きな違いは、「一定のペースで動けない」ということ。

これは、想像以上のインパクトを私に残しました。


さあ、この記事では、主催者である私が今回のオフ会で感じた
「ビーチサッカーのココが大変!」
をご紹介していこうと思います。



1、砂場は走るのがマジできつい!

「これはみなさんご想像に容易いと思います !」

とでも言うと思ったか!
たぶん、体験されたことない方が、今想像されてる3倍はキツイと思います。
まず、早く走るとかムリ、です。
そんなことしたら、止まれません。
止まるのに相当の労力を要します。

仮に、皆さんが出せる最高速を砂場で発揮したとしましょう。
5分でバテます(笑)。
実際、やり始めの試合は皆のテンションが子供のように少し高かったこともあり、結構動いていましたが、数人は開始3分で膝に手をつき始めることになりました。。。

「守りに戻るのめんどくさいし、疲れるから、キーパー宜しく!」
と言い出す主催者。
「もう疲れたから、帰ろ!」
と言い出す主催者。

アスファルトの偉大さを改めて感じました。



2、ボールがイレギュラーバウンドの連続!

「なるべく走らない、いや、動かない」

このミッションは、みんな徐々にクリアをし始めたのですが、新たな課題が我々に突きつけられることになります。

「パスがとにかく弾む、コントロールが出来ない!」

これは最後まで頭を悩ませました。
特にキーパーからボールを供給する時に、アンダースローで転がすのがいいのか、浮き球でモモなり胸なりでコントロールさせてあげたほうがいいのか、最後まで迷ってました。

味方から味方へのパスの成功率の低いことなんの。。。
困ったことに、周りの味方がまともに動けないので、スペースへのパスなんかまず追いつけないし、パスコースもまともに作れない。

じゃあドリブルだ!
 
と息巻いた所で、変な弾み方をするからなかなかうまくコントロールできない。

ただ、面白かったのは、参加していたみんなが時間が経つにつれて、徐々にコツみたいなものを掴み始めているような感じはしました。
実際、私も言葉でうまく表現できませんが、ビーチ特有のボールの動き、人の動き、といったところを体で少しわかるようになって行く感覚を2時間の中で味わうことが出来たので、非常に楽しかったです。

いつも綺麗で整備されたピッチの上では決して体験できない苦悩を味わえるのがこのビーチサッカーです。

ネルシーニョ監督が、ホーム開催試合のスタジアムを変えたいと発言する気持ちが少しわかりました(笑)。
そして、校庭のトンボがけをもっとちゃんとやらなきゃいけなかったなと反省しました。



3、キーパーも結構難しい

これも結構感じましたね。

まあ、ゴールが小さいので、そんなに飛んだりすることはないのですが、
いざっ!と踏み込むと砂場に足が入り反応が普段より遅れるような気がしました。

これは、最初にあげた「走り」の部分と共通するのですが、

砂場の上では、どういう風に歩くのが良いのか。重心の位置とか、足のどの位置に体重がかかると動きやすいのか、疲れにくいのか、何か意識すべきことはあるのだろうか。
 
という素人が考えても分からなそうな疑問にぶち当たってしまいました。
これに関しては、調べてどうにかなるなら調べてみたいですね。



4、アクロバティックなプレーがやりやすい?

まあ、今回の中ではそれほどありませんでしたが、下が砂場なので、飛んだり滑ったりは、芝の上と比較してやりやすいんだろうなと思いました。
ただ、すね当てをしているわけではないので、接触プレー等による怪我のリスクは通常のフットサルより高いかと思います。

そこは皆さん気をつけなきゃいけません。
⇒ ビーチサッカー用のすね当てとかあるんだろうか。やっぱ危ないもんな。今度、調べてみましょう。。。




5、通常のフットサルより個人差が出にくい。

普段、個サルだったりフットサルオフに参加していると、必ず出てくる問題点の一つに、
「個々人の能力差」
があります。
サッカー経験者と未経験者を同じピッチに入れて、皆がプレーを楽しめるようにすることの難しさは、周知のことと思います。
しかし、「1」「2」であげたように、サッカー経験者でさえも自分のイメージ通りに中々ボールを扱う事ができないため、個々人の差が非常に出にくいと感じました。

もちろん、ビーチサッカーの経験を積めば積むほど、イメージとのギャップは埋まっていくかと思います。
しかし、幸か不幸か、ビーチサッカーを個人が楽しめる環境は、関東近郊ではほとんどありません。
湘南海岸などでビーチサッカーのコートが借りられるような場所はいくつかありますが、個人でやってみたいと思って出来る環境は、現状ほぼ皆無と言っていいでしょう。

よって、今度しばらくの間、またビーチサッカーオフ会を開くことがあったとして、この「5」の状況が大きく変わることはないだろうなと思います。


ただ、誤解を招きたくないので付け加えますが、もっと気軽にビーチサッカーが楽しめる環境が増えてほしいなとも思います。

今回も、場所探しが一番大変でしたから・・・。

-----------------------------------------------------------

いや~、正直、当日まで「10人しか集まらないよ、どうしよ~」と思っていたのですが、個人的には成功と見ていい企画だったかなと思います。

おそらく、参加してくれた皆様も普段と異なる環境に楽しんでいただけたのではないかなと思っております。

え?辛かっただけだって?

そんなこと言わないでください。少なくとも、今回参加してくれた10人は・・・

俺、ビーチサッカーやったことあるぜ?コートちっちゃかったけど・・・

と、言うことが出来るのですから。。。


ビーチサッカー。ぜひ一度体験してみてください。後悔はしないと思いますよ。

またそのうち企画しますので、その際はぜひ参加してみてください。

では。




本当は、実際のオフ会の模様を写真なり動画で紹介したい意向があったのですが、
今回お借りした施設より、「写真撮影及び動画撮影はご遠慮いただいております」、との案内が予めありましたので、今回は文字でのみの紹介とさせていただきます。

近頃のフットボールマンションへたどり着く人達の分析をしてみた。

7月は27日現在で10,000PV越えを達成。
26、27日の2日間で1,800PVなり。


7月キーワード検索は、上位にJリーグ、個サルとある。
Jリーグは順位予想記事、個サルは夜磐くんのフットサル場記事、国王の個サル記事が投稿から長い間ロングヒットしている記事がPV数の底上げに寄与した。

相変わらず、柏木陽介の彼女を検索で知ろうとする女性レッズサポーターが多いのではないか。
柏木陽介、彼女 ともに上位にランクインしている。

FC大阪、SC相模原、専修大学サッカー部と下位カテゴリのチーム名の検索も多いようだ。
特にFC大阪はメディア露出がほとんどない中、南河内くんによる記事が独特の存在感を放っている。
その他、ジュビロ磐田に関する検索が多いようだ。
あ

7月フレーズ検索はやはり柏木陽介、彼女であった。
キーワード検索でも上位にいる フットボールマンションはフレーズ検索では1位を獲得。
専修大学サッカー部への興味関心の高さもうかがえる。
FC大阪の給料について知りたい人が多いようだが、実際はどうだろうか。

あ1

おもしろい検索フレーズ(デイリー編)
・三幸秀稔 好きなタレント
・2015エスパルスJ1に残れるか?
・飯田涼 相模原 イケメン
・はじるほじっち
・東アジア杯 メンバー 発表 豊田いないのか


6月キーワード検索である。
圧倒的な彼女、柏木の1、2フィニッシュである。
フットボールマンション開設当初からのキラーワードは、耐えることなくPVを稼いでいる。
やはり個サルも人気キーワードである。
浦和レッズ、SC相模原といったクラブ名が上位にランクインした。
高山主審は物議をかもした一件からか、検索数が上位にきた。
い
6月フレーズ検索も圧倒的な柏木陽介と彼女である。
浦和レッズ、選手、住まい とまで検索する人にはちょっとした怖さを感じる。
家が分かってどうしようと言うのか。
ダメですよ、ピンポンとかしちゃ。
い2
おもしろい検索フレーズ
・卒論 スポーツチームの活性化
・ゴールキーパー 喘ぎ
・吉本一謙 好きなタイプ
・陸上トラック は何でできているの
・静岡 丸子 安いラブホ


スポーツチームの活性化を卒論にするとは、興味深い。
GKの喘ぎ声はすごいのでしょうか、、、
静岡のラブホを検索してサッカーブログを開く人がわからないw


5月キーワード検索は個サルが1位を獲得。
他の常連も変わらずランクイン。
う
5月フレーズ検索では、相模原、サッカー、takuとある。
何回か検索を試してみた結果が上位に来ているのは、ちょっと恥ずかしい。

う2

おもしろい検索フレーズ(デイリー編)
・フットサル 空気読めないやつ
・ギオンスタジアム 車で行ける?
・中学時代同級生、焼津市、ラブホテル、藤枝
・サッカー批評とフットボール批評は違う本?
・サンフレッチェ ぼっち観戦
・キーパー 喘ぎ声、このキーパーすごい 喘ぎ声
・卒論 何をすればいいのか
・フットサル レベルについていけない

ラブホ検索でサッカーブログに行きつくとは、めくるめく謎である。

キーパーの喘ぎ声についての検索が何度かされているが、とてつもない叫び声のような女性に出会ったのだろうか、よくわからない。

卒論で何をやったらいいか?でフットボールマンションに辿り着く謎。
6月の検索と関連性アリ? わからない。




まとまらない まとめ
常連キーワード、フレーズがある中で、新しく上位に入ってきたものもある。
以前から言っていることだが、記事の蓄積=検索の対象=スケールメリッットの重要性 を再確認できた。
現在、サッカーブログ「フットボールマンション」には、430を超える記事が公開されている。
PV数の増加や新たな検索ワード、フレーズの登場は、開設から541日で430超の記事を発信してきた結果がやついてきたと言えるだろう。
今後も自分たちのペースは保ちながらも、楽しいサッカーライフに添えて記事投稿をしていきたいものだ。




いつもご覧いただいている皆様へ。
今後ともフットボールマンションでは、それぞれの書き手がマイペースではありますが、サッカーに関する座談会企画、連載モノ、写真投稿、戦術分析、スタジアム観戦記などさまざまな種類の記事を公開してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
ぜひ気に入った記事がありましたら、コメント、RTなど頂けると嬉しいです。
また、ご指摘などもございましたら後学のためにもコメント等を頂ければ幸いです。
それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

はい、ポンチョビです。

最近、仕事の忙しさと疲労を理由にして記事の更新数があからさまに減っているポンチョビです。
でも、何もしていなかったわけではなく、裏で色々と画策をしておったわけです。

その第一弾がこれです。

「FBM 第一回球蹴りオフ」
~ミニビーチサッカーを体験してみよう~

フットサルオフは、まあどこでもやってる。
適当に都内ブラついてればどこかのサルオフに遭遇することは容易いくらいに。。。(言い過ぎ)
それに、フットサルは個サルがあるから個人でやりたいと思った時に容易にプレーできる環境がある。

じゃあ、ビーチサッカーはどうだと言う話。

当然、個人参加のビーチサッカーなど常設されているところはほとんどない。

それどころか、まず、コートが無い!

以前は、クリエイティブライフ 羽田パークさんでちゃんとしたビーチサッカーのコートがあったのだが、
今年の5月に閉鎖してるというじゃないか。

関東には、平塚とか鵠沼とか湘南方面の海岸にコートを携えている所もあるが、競争率も激しそうだし、なにより天候に左右されやすい点で今回の企画を行うには少し適さないかなと。

ああ、もっと早くやっておけばよかった・・・、と思ったのだが、都内にはもう1か所ビーチコートが取れる場所があるのです。

コナミスポーツクラブ府中さんです。

ビーチバレーのコートが基本サイズなので、サッカーをするにはかなり狭さを感じる可能性が高いのですが、
まあ、ビーチサッカー自体やったことない自分にはちょうど良い場所かなと思いましたので、同士を募集してみるか!という話です。


というわけで、以下の日程で開催致します。

場所:コナミスポーツクラブ府中
日:9月6日(日) 

時間:11:00~13:00 (集合:10:30~45分)
⇒ コナミスポーツクラブの会員証をお持ちでない方は会員証の発行が必要になります。その為、集合時間を10:30から設定しています。
人数:20名 (参加人数の上限は変更の可能性有)

~金額に関して~
① コート代:17,280円÷参加人数
② 会員証発行手数料:1,080円(一人あたり)

⇒ 既に、コナミスポーツクラブの会員証をお持ちの方は不要な金額になります。

~レベルに関して~
サッカード初心者が半数近くかそれ以上になる可能性が高いため、経験者の方はそのレベルに合わせてプレーしていただきます。
競技志向の方だったり、ガツガツとした接触プレーもやりたいと言う方は参加をご遠慮ください。

ルールに関しても、厳密なビーチサッカーのルールを適用する形には致しません。
あくまで、「砂の上でボール蹴ってみようか」くらいのスタンスです。



参加表明及び詳細を含めた連絡事項の発信等はTwiPlaを活用する形を取りますので、以下のURLをクリック願います。

【TwiPla】(仮題)FBM 第一回球蹴りオフ。~ミニビーチサッカーを体験してみよう~



まあ、こんな感じです。

たぶん、大半の人が「ビーチサッカー初めてっす」パターンだと思いますので、砂の重さに四苦八苦しながら遊べる2時間にしたいなと思っております。

宜しくお願い致します。

こんばんは。
土曜日、ノジマステラの試合を見に行って風邪をひきました。
ノジマステラは2回目だったのですが最近、田中陽子より川島はるながお気に入りになりつつあります。
チャントは大宮玲央奈がお気に入りです。


さて、当ブログ フットボールマンションはどのように検索されたのか。
なぜこんなキーワードで? なぜこんなフレーズで検索されたのか。
非常に不思議に思えるものもありますが、ネットの世界も一期一会。
当ブログに縁あって来て頂いた、そう思います。
では、そんな奇妙な縁のきっかけについて、少しご紹介したいと思います。
※参考にする検索は2月から4月の本日現在のものです


2月は、Jリーグ開幕を控えた月らしく”順位予想”に関するフレーズが大半を占めていました。
順位予想座談会の記事を前後編に渡って公開した影響が大きいと思われます。



そんな中「柏木陽介 彼女」というフレーズ検索が49件。
これはフットボールマンションが始まって以来、毎月のように一定数の検索があるフレーズです。
柏木陽介の彼女が一体何者なのかを知りたい女性ファンの仕業でしょうか。
ようこそ!!! フットボールマンションへ!!!


さらに「FC大阪 給料」というフレーズもありますね。
FC大阪の選手についてなのか、それともスタッフの給料なのか、どっちなんでしょうか。
ようこそ!!! フットボールマンションへ!!!


キーワード検索でも”順位予想”に関するワードが多い中、「ボスロイド」「ジュビロ」と出てきます。
当ブログでは、2人のジュビロ磐田サポーターがいますので、自然と増えるものなのでしょう。
「NBOX」や「名波」といったキーワードもランクインの常連でジュビロサポーターは黄金期に思いをはせているのか、それとも現実逃避をしているのか、どっちなのでしょうか。
ようこそ!!! フットボールマンションへ!!!


月別PV、2月は23,471PVでした


3月のフレーズ検索も相変わらず”順位予想”が大半を占めています。
そんな中、「松本山雅 サポーター 清水」というワードが上位に来ています。
3月以降、松本山雅に関する記事がいくつか上がっていますが、いずれもPV数が多い記事になっています。
山雅サポーターの関心度の高さ、また他サポから見た山雅への注目度の高さがうかがえる結果だと思います。
ようこそ!!! フットボールマンションへ!!!



続いて前月より”柏木陽介”に関するフレーズが次々ランクインしています。
個人名で毎月検索フレーズ、ワードに食い込んでくるのは彼だけです。
よっぽど粘着質なファンが何度も検索しているのかと思うくらい、彼の人気が絶大なものなのでしょう。
(イケメンっていいよな。)

月別PV、3月は11,528PVでした。


4月になるとフレーズ検索上位にまたしても「柏木陽介 彼女」が登場します。
柏木陽介ファンの”検索力”はすごいですね、山本昌邦もびっくりの検索力。
今年はこの”検索力”という言葉、流行るかもしれません。
ようこそ!!! フットボールマンションへ!!!


そして、「松本山雅」に関するフレーズも上位を占めています。
「浦和ボーイズ解散の後は誰が仕切っているの?」というピンポイント検索をされた方もいるようです。
以前から定期的に「塚田卓」という個人名が上位に入っており、4月もまたランクインです。
これはFC大阪の選手名のようですね。


キーワード検索では「松本山雅」や「ノジマステラ」といった言葉で検索されているみたいですね。
また、夜磐くんのフットサル記事がヒットしたと思われる「フットサル」というキーワードでも検索されています。
ようこそ!!! フットボールマンションへ!!!

4月は13日現在で、3,761PVです。



この3か月近くで4万PV 近い閲覧数をあげています
ようこそ!!! フットボールマンションへ!!!
そして、閲覧ありがとうございました。
また、ぜひお越しください!!



出来ればコメントなぞ頂けると書き手も喜びます。
また、各人のtwitterアカウントはトップページから見ることが出来ますので、公式アカウント共々フォローをよろしくお願いします。
なお、公式アカウントでは最新投稿がされると記事のURLをつぶやく仕様になっております。





このページのトップヘ