フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:のすけ

 前編はこちら(http://football-mansion.blog.jp/archives/45883349.html

IMG_1566

 今夜の試合は重要だ。セルティックが勝利を収めれば16強へ望みを繋ぐこととなるが、負ければ敗退が決定する。

 一方、デンマークでビジャレアルを迎え撃つオールボーは、今夜の結果に関係なく突破の可能性を残している。

 興味深いことに、ナカムラはフィールドに立つ際、ベスト16進出のチャンスについて考えないことを重視している。テニス界ではラファエル・ナダルが、試合の重要度を考えずにすべてのポイントを全く同じアプローチで臨むことを求めている。ナカムラも同じだ。

 彼は、「その試合の持つ意味を考えたりはしない。ピッチに出たら、それがグループとかにどんな影響を与えるかなんて考えない」と語る。

「90分間はただの1試合で、勝ち点3としか見てない。他のこと?終わってから考える。目の前の試合に集中したい」

「ホームで試合ができるのは良いこと。多分、自分たちのサッカーがやりやすくなるだろうし、相手は影響を受けるんじゃないかな。テクニックはユナイテッドの方が上だから、ハードワークしないと」

「チームとしては、ポゼッションを上げるってはっきりさせることが必要。個人的には、もっとボールに触って攻撃の面で貢献したい」

 UEFAチャンピオンズリーグにおいて、セルティックの心臓はホームゲームにある。アウェーでは災難な成績だが、セルティック・パークは欧州トップクラスの要塞である。

 これまで6度のCLで、グループステージにてホームのセルティックを破ったチームはバルセロナのみ。時が進むにつれて選手達が変わり、監督も変わったが、セルティック・パークの観衆はそのままだ。

「サポーターが手助けしてくれる」と、ナカムラは口にした。「セルティック・パークがこのような夜みたいになることは、誰もが知ってる。素晴らしい雰囲気で、僕らを後押ししてくれる」

「危機的なのは知ってる。オールド・トラッフォードで負けた分を取り返さなきゃいけない。個人的には、自分のフットボールを見せつけ、違いを生み出したい」

「全員がチームを助けながら個人の仕事もしなきゃいけない。チームで守ってチームで攻める必要がある」

「まとまっていかないと。チームメートを孤立させたままじゃダメ。すべての時間で、チームとしてプレーする」

 今夜の試合は、日本でも注目度が高いものになるとみられる。東京や横浜のどこかで、次のナカムラになる少年がテレビに張り付き、セルティックのヒーローが欧州王者を相手に素晴らしいプレーをするところを見るだろう。

 ナカムラも、かつてはそのような少年だった。20年前、彼はプロになることを夢見て、ACミランやバルセロナがヨーロッパの覇権を争うことに憧れを抱いていた。

 神秘的で魔法のようなフットボールの環境を見て、彼は“こうやったらどうなるんだろう”と考えた。彼が日本とイタリアでプレーした後、セルティックはその才能を世界中に見せつける舞台を提供した。

 引退後にどこで何をしようが、ナカムラはいつだってセルティック・パーク、カンプ・ノウ、オールド・トラッフォードやサン・シーロでの夜を思い出すだろう。彼の思い出は、セルティックで作られるのだ。

 彼は語る。「子どもの頃、サッカーを始めた時には、日本にプロリーグすら無かった。最高レベルの舞台でプレーすることを夢見ていたけれど、プロになった時も本当に海外でプレーするとか、あり得なかった」

「そういうのを全部考えると、これは自分にとって夢の舞台。こういう試合は自分の中にずっと残ると思うし、セルティックのためにベストを尽くしたい」

「ただ点だけをとりたいって意味じゃなくね。前回ここでやったユナイテッド戦のことというと、みんなFKを覚えていると思うけど、自分にとってはそんなに大事なことじゃない」

「確かにFKを決めたこともそうだけど、あの試合での全プレーのことを考える。いいことも悪いこともね。そこから学べるし。一本のキックじゃなくて、一番大事なのは試合を通じて全部のシーン。そういうふうに考えて成長しなきゃいけない」

 2年前、シュンスケ・ナカムラはピッチへ行き、思い出を作って試合を終えた。我々は、デジャヴを体験できるだろうか…全てにおいてね。

A moment of magic gives Celtic a lead!」

 この実況を覚えてる人も少なくないだろう。2006-07シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・グールプステージ第5節、セルティック対マンチェスター・ユナイテッドのワンシーンだ。

 0-
0で迎えた81分、中村俊輔の左足から放たれたFKが、クラブを史上初のベスト16に導いた。

 しかし、物語の続編を記憶している人は多くない。両クラブは、2年後にグループステージで再激突。アウェーで0-3の大敗を喫したセルティックは、敗れればグループ敗退が決まる状況で、本拠地セルティック・パークにマンチェスター・ユナイテッドを迎える。

 先日、友人からこの試合のマッチデープログラムを譲っていただいた。


IMG_1565

 伝説の一撃から2年が経ち、崖っぷちに追い込まれた同クラブは、再びこの男に助けを求めたかったのだろう。プログラムには、彼の特集が6ページにわたって掲載されている。

 先に話すのは無粋かもしれないが、結果から言うと、“救世主”は90分間ベンチから試合を見守り、チームは引き分けた。

 彼が試合に出ていればどうなっていただろう。またもチームを救っていた可能性もあるが、クリスティアーノ・ロナウドやパトリス・エブラを相手に消えてしまったかもしれない。

 前置きが長くなったが、そんな妄想を広げながら読んでいただきたい。タイトルは「Can Lightning Strike Thrice?」

IMG_1566

 ゴードン・ストラカンの時代の到来を告げる時が来た。その中心に相応しいのは、このクラブで自身の歴史を刻んでいる男、シュンスケ・ナカムラだ。

 2
年前から時間は止まっている。日本から来た男が魔法のような素晴らしいFKを決めてマンチェスター・ユナイテッドから10の勝利を手にし、セルティックを史上初のベスト16に導いたあの時から。

 あの夜の試合のプログラムでも、ナカムラのインタビューは「この世界のすべてがステージだ」というヘッドラインに掲載された。何百万もの人間が見守る中で35ヤードからネットへ突き刺した後、セルティックのスターはまさに世界的な怪物となっている。

 状況が変われば変わるほど、本質というのはそのままだ。この2年間、彼はセルティックのかつてない栄光を支え続けている。今日もまた、通訳のマコトとともにテーブルの端に着き、試合の展望を語っている。

 彼の前には2006年のプログラムのコピーが置かれた。吉兆となるか?歴史は繰り返されるのか?ナカムラは肩を竦めて笑う。迷信深いタイプではないが、エドウィン・ファン・デル・サールからまたもFKを決めることになれば、それも変わるだろう。

 衝撃的な瞬間だった。すべてのセルティック・サポーターは、ナカムラがFKを決めた瞬間にどこにいたのかを覚えている。マーティン・グレイグ氏の著書『ナカムラの禅精神』の中には、「あのシュートは世界中に響き渡った。トールクロスから東京まで」という、的を射た1文がある。

 6
万の観客と数百万のテレビ視聴者が見守る中、ナカムラは6人の壁の上から、6フィート以上のGKすら越えてトップコーナーに突き刺し、永久的な信頼を掴み取った。セルティックの運命を握る瞬間、クラブのレジェンドになるワンチャンスに、彼は何を考えていたのだろうか。

「スタジアムが満員で、すごい大きな歓声が起きていたけど、全部遮断しようとした」彼の芸術性を解き明かすインタビューで、ナカムラはそう答えた。

「正直、歓声が頭に入ってくる時っていうのは、決まらない。良いボールが蹴れるのは、平常心でいられる時」

「よく説明できないんだけど、FKって別のステージだと思ってる。ボールをセットして壁とキーパーの位置を見るんだけど、その時にフリーキックに『入れてる』と、だいたい決まっちゃう」

「壁とかキーパーの位置とか確認した時になんか違うと思ったら、入らなかったりする。上手く伝えられないんだけど」

(後編はこちら http://football-mansion.blog.jp/archives/45883932.html) 

 会心の勝利。GW最終日に日産スタジアムを訪れた多くの家族連れが虜になるには、十分魅力的な90分間だった。

 2015明治安田生命J1リーグ1stステージ第10節、名古屋グランパス戦。横浜F・マリノスは、エリク・モンバエルツ監督曰く「この数日間に練習」したという3バックで臨んだ。3トップと両WBに対して5人の選手がマンツーマンで対応し、相手に形を作らせることなく2-0で試合を終えている。

 指揮官は試合後、「2つのシステムを使え得るようにしたい。1つだけしか使えないというのではなく、今Jリーグのチームで同じようなやり方をしてくる相手が多いので」と、この“ぶっつけ3-4-3”を今後も使うことを示唆した。

 名古屋戦はシーズン前半戦を振り返る上で、欠かせないターニングポイントとなるような試合だった。しかし、次の転機はあまりにも早く訪れる。

「相手に合わせ過ぎたくない。われわれのベースは4-2-3-1だ」

 名古屋戦のわずか1週間後、敵地でアルビレックス新潟に辛勝すると、モンバエルツ監督はそうコメントした。この試合も横浜は3-4-3でスタートしたものの、後半開始から4-2-3-1に変更。それ以来3バックは採用されていない。

 前任の樋口靖洋監督は、「チームのスタイルを構築すること」を就任する際の公約に掲げた。2013年のチームは彼の描く「攻守においてイニシアティブ」を体現。リーグ戦では62ポイントの勝ち点を積み上げ、ヤマザキナビスコカップベスト4に天皇杯優勝と、濃密な1年間を過ごした。

 翌シーズンに同等の結果を得られなかった要因の1つとして、積み上げた唯一のスタイルへ依存しすぎたことを挙げたい。樋口前監督は伝統的な戦い方の不在を指摘したが、相手によって戦い方を変えられない頑固さこそ、このクラブの伝統として就任前から染み付いた“色”のように感じる。

 ここで今年の話に戻そう。第4節柏レイソル戦のハイプレス&ショートカウンターや前述の名古屋戦における3バックといった、相手に合わせた戦い方には心が踊った。悪しき伝統を打ち払ってくれる期待を抱いたからだ。

 それだけに、「相手に合わせ過ぎたくない」発言には少し落胆した。

 チームはその後、清水エスパルスと松本山雅FCに勝利。4連勝を収めたが、リーグ戦で直接対決7連勝中の“お得意様”清水を順当に下しただけであり、松本戦は値段の差が出たに過ぎなかったとの見方もあるだろう。

 マリノスは4連勝の後に4戦勝ち無しで前半戦を終えた。結果を見てから指摘するのは簡単だが、例えば1-1の引き分けに終わったヴァンフォーレ甲府戦で5人のDFを並べるという選択肢はなかっただろうか。

 サッカーは数字の並びでするものではない。同じフォーメーションのままでも相手への対策は可能だ。しかし新潟戦以降、試合後の会見で指揮官の口から「相手がこういうチームだから、こういう対策を講じた」という話は聞こえてこない。

 2ndステージには、FWラフィーニャ、MF中村俊輔、DF栗原勇蔵の復帰が予想される。戦力の上積みは確実だが、優勝するためには「2つのシステムを使え得るように」が必要となるのではないだろうか。

 サッカー解説者の方々を雑に紹介していく。まるでtwitterのハッシュタグのような企画を始める。基本的に僕の個人的な感想なので、どうか怒らないでいただきたい。第2回以降のモチベーションとして、書きたい解説者をある程度とっておくことにした。
 年始の挨拶では文章のクオリティアップが見込めるかもとか偉そうなことを言っていたものの、普段と違って自由に…というとなんか全く別で、どこまでハッチャケていいのかわからない。引き続き、探り探り綴っていきたいと思う。

・松木安太郎
 記念すべき第1回の1人目は彼にしか務まらないであろう。お茶の間の人気者、松木氏である。
 なぜか知らないが奇跡的に"絶対に負けられない戦い"の放映権を勝ち取る頻度の多い某局で日本代表戦の解説、ではなく応援が基本的な仕事である。近年ではバラエティ番組にも進出している。
 日本男児っぽく気持ちが第1とか思っていそうだが、まともに試合について話す際、その内容は実は的確で、数分前に彼が予言したとおりに試合が進むこともしばしば。これまでに「ふざけたロスタイムですねぇ」や「なんなんすかこれ」などの様々な迷言を残している。PKが大好物であるので、点が入ってもPKの主張を優先する場合もある。

・粕谷秀樹
 マンチェスター・ユナイテッドが大好きであることを普通に言っちゃってて「大丈夫なのかな?」と心配になるプレミアリーグ博士。知識量がすごいのはわかるけど、上から目線のしゃべり方と常にニヤけているような声が嫌い。2011-12シーズンの最終節では愛するユナイテッドとサンダーランドの対戦に割り振られていた。「Agueroooooooooooooooooo!!」の直前に優勝もらったとか思いやがって「あと3分ですね(ニヤニヤ)」とか言ってたのにライバルに優勝を掻っ攫われた。「負けないよ」に次ぐフラグとしてとっておきたい名言である。それでも試合後は冷静にシーズンを振り返れていたので、やはりプロフェッショナルである。嫌いだけど。

・セルジオ越後
 JFLに所属する新潟のクラブ名ではなく、松木安太郎の相方のことである。
 ネガティブな批判コメントが売りで、『批判したいがための批判』もしょっちゅう見受けられるので、的を外れて逆にTwitterで批判される事が多い。じゃあお前出来んのかよ厨選定の『1度でいいから代表監督をやらせてみたい解説者大賞』の常連である。
 ドイツW杯での日本代表敗退後には、ネガティブコメントという得意技を日本中に持っていかれたため、逆に「頑張ったんだからそんな言わなくてもいいじゃないか」的な立ち位置になる瞬間もあった。
 根は日本大好きおじちゃんの為、大事な得点などには、放送などお構いなしに騒ぐ傾向にある。

・永井洋一
 プレミアリーグの解説をしている人。
 解説とは名ばかりで試合の解説2割、選手や監督のデータやウンチクが8割を占めるので、放送席に永井ノートを置いておけば、本人の登場は必要ないんじゃないかと思わせる。そんな無駄遣い解説者である。選手のデータはすべて脳内にインプットおり、その情報に対して絶大な信頼をもっているので、試合における選手の出来にはあまり興味が無いようだ。
 プレミリーグを担当する解説者にはこの『知識ひけらかし型』が多いので、需要と供給とはこういうことを指すのかと、視聴者になんだか難しげなことを考察をさせる、社会派解説者でもある。
 個人的に彼は非常に嫌いなタイプだが、彼の解説試合を見ていたお陰で当企画を思いついた。ありがたい話である。

・小倉隆史
 四中工三馬鹿(らす)の1人。過去にはレフティモンスターというあだ名の前に“元祖”という枕詞をつける風潮があった時期も。最近はもっぱら浮き球をドーンってする虎らしい。虎なのかモンスターなのかはっきりしてほしいが、とりあえず顔は猫顔である。
 豚さんのテレビ局でJリーグの解説をしているが、解説の際は珍獣成分をなかなか出せず、同局にありがちなやかましい実況にトーク支配率で完敗。たまにポツポツと何か発するものの、基本的に声量が小さい。

・金田喜稔
 こちらも豚さんの局の人。割と好き。
 「うぉーー」「うーーん」「まぁーーねぇ」と、伸ばし棒を多用するプレーが得意である。それ故に、テトリスをさせたらすごいんじゃないかな、うん、よくわかんない。
 日産OBだからか、基本的にテクニシャンタイプが好き。多分そのスタンスが嫌いになれない。あと、和司おじいちゃんと仲が良い。

・秋田豊
 酔っ払っているのか寝ているのか、それとも酔っ払って寝ているのか、そんな感じの喋りが得意。松木応援団長が大衆系居酒屋で5リットルくらいビールを飲んでいるような、やたらテンションの高いおっさんタイプであるのに対し、こっちは狭くて小汚い個人経営店か屋台のおでん屋で熱燗を煽るタイプである。
 解説の内容は安っぽい。裏に抜け出さないよう、言って良いオフサイドラインを探っている感じがするが、残念そこはまだ3列目だ。


 第1回はここまで!

皆様、あけましておめでとうございます。
座談会に遅刻したのをガッツリ晒された挙句、口癖が『箪笥』であるとバレたのすけです。
ふと気になってフットボールマンション開いたんす。管理人から新年のご挨拶とか上がってるはずだぞとか思ったんす。

いやね、何もないなんてねぇ!!!
世間では選手権のベスト4まで出揃ったのに何もないなんてねぇ!!

あ、私事ですが、今年は(大きな仕事ではないですが)フットボールメディアの一員として働くことになったんす。ちょっとでも文章のクオリティアップが見込めるかもしれません、期待していただければ光栄です、箪笥♡


ここで気の利くアピをしておけば家賃安くなるかなとかいう算段ですが、皆様どうか今年も良いフットボールライフを送りつつ、当フットボールマンションをよろしくお願い致します、箪笥。

このページのトップヘ