フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:ポンチョビ

今年最初の水戸!

ということで、味スタに行ってまいりました。(浦和戦が金曜日だったのでちょうど良かった)。

2017y03m13d_232847572


スタメンはこんな感じです。

結果だけ言えば4-0。
後半に水戸の細川が退場してしまったとは言え、内容レベルでもヴェルディの方が上回ってたと言わざるを得ない内容だったと思います。
特に、ヴェルディの後方でのビルドアップには色々仕込みがありそうな雰囲気が感じられて非常に見ていてワクワクするサッカーをしていたように思います。

初見ですので怪しいところもありますが、簡単に・・・。

2017y03m13d_234256178

この丸で囲った、3バック+GKでボールを動かしつつ、前線へのアプローチを模索するところから攻撃は始まります。
当然、相手の前線はそこに対して多少なりともチェックを掛けていきます。
必ずしもボランチが落ちることがマストではなく、基本的には3バック+GKで回すことを基本ルールとしているように思います。

2017y03m13d_234519983

ただし、相手のプレスが後ろ3枚+1に対して、しっかり3枚でかけられる状態に陥ったときは、すかさず永田の脇にボランチの井上か内田どちらか一枚が落ちてくる形を選択。
当然、その形を受けて井林と平は広めのポジショニングを取ることが可能となり、相手の選手間距離を広げることにも成功する。
よって、球出しの起点である永田に余裕が生まれやすくなる。
ポイントになるのは、内田と井上が落ちるタイミングを見逃さないか否か。
ここの判断が遅れてしまうと、たちまち永田は追い詰められてしまい、場合によってはボールを奪われて、絶対的なピンチを迎える流れになってしまうことになります。
このあたりのボランチの動きに関しては、決してオートマティズムではないため、相手の出方によっては厳しい結果が生まれてしまいそうな気がしますが、時間とともにその精度は上がってくるんじゃないかなと思います。

また、数回ですがボランチが2枚とも落ちる形も見せていました。

2017y03m14d_001011652

流石に1年目でここまで仕込み始めてるとは思いませんでしたが、この形は本線ではなく、あくまで緊急時のオプションなのかなという感じ。
井林・平を経由する形か、永田から一本で前線で当てにいってしまうかの2本くらいしかない様子。
2列目の高木善・アラン辺りがうま~く降りてきて、井上・内田からの縦パスを引き出せたりすればこの形も悪くないのかなと思ったりもしますが、多分それは本線の狙いとは違うのだろう。

あくまで、基本はCB3枚+GKで相手の一列目を剥がすことを基本路線としたいのだと思います。
安易にボランチを一列下げる選択も良しとしていないようです。

ただ、現状後方から効果的なロングボールを配給できるのが中央の永田のみというのが、今後どう影響してくるのかが少し気になるところ。
GKの柴崎から一本でサイドなり前線へのボール配球を狙うシーンもいくつかありましたが、精度面が正直厳しいのかなと。
これはあくまで個人的な予想ですが、ロティーナ監督が自身の人脈を用いて外国籍の選手を新たに獲得するとなった場合、GKを選択するんじゃないかな~という気がします。
CB3枚+GKでビルドアップの基本を構築したいのならば、キックのバリエーションに優れたGKは今後間違いなく必須になってくると思いますので。

実際、永田からのロングボールでWBが一発で裏を取る形に関しては、現状でも十分な武器になっておりますので、ここに永田以外の起点が作れるかどうかで相手に与える驚異も大きく変わるものと思います。

2017y03m14d_004832987

ただ、懸念点として、前線3枚のユニットの練度の低さがちょっと気になるレベルなのかなと個人的には思いましたが、時間が解決するのかそうですらなさそうなのか、そこまで見る余裕がなかったというのが正直なところ。
上背があって苦しい時のターゲットにできるドウグラスが外れるとは思えないが、そこに控える高木善とアランの組み合わせに関しては今後入れ替えの可能性が普通にありそう。

眠くなってきたので、この辺にしておきますが、ヴェルディはマジで結構面白いかもしれません。


ハーフタイムにツイートしたコメントですが、水戸の状態の悪さもあったかもしれませんが、それを差し引いても普通に見ていてワクワクするサッカーだったと思います。

ただ。。。


シーズン終盤には味スタに10,000人近く集められるような状況になってて欲しいものです。

それだけの可能性をもったチームだと個人的には思うのですが、この国においては必ずしもサッカーの結果・内容と集客力が直結しないのもこれまた事実。

まあ、みなさんも味スタにいって見てみるといいよ。

個人的には、千葉戦がとても楽しみです。(え?平日開催?)


結局、水戸のこと何も書かなかったけどそれくらいヴェルディの動きに集中しちゃってましたということで。
ごめん!

3-1。


まずは、リーグ戦での初勝利。

この事実がなによりも大きな戦果。
初勝利が遅くなればなるほど、チームを取り巻く雰囲気は自ずと悪くなる。
優勝を目指しているチームならなおさらである。
如何なる試合内容であろうと構わない、まずは勝ち点3。
それがこの時期のキーポイント。


さて、試合です。

開幕から続く5連戦の最後。
ここまで可能なポジションは選手の入れ替えを行いながら何とか戦ってまいりましたが、連戦の最後ということもあり、現状、試合に出れる選手でのベストメンバー?と思われる選手を起用してきた形。

最終ラインはいつもの遠藤・槙野・森脇。
阿部・青木の中盤に、両翼は宇賀神・関根。
前3枚は、ラファ・武藤・興梠。

対するセレッソは4-4-2。

鳥栖時代も対浦和戦で最終ラインを4枚でスライドさせていたように思いましたが、このセレッソでも同様の事をやろうと思っていたみたいですが、やはりまだまだ成熟までには時間を要するのかなと思いました。
特に、2シャドーの武藤と興梠の上下動を最終ラインでほとんど捕まえることが出来ておらず、正直やられたい放題になりそうな内容。
その大きな要因になっていたと思われるのが、2TOPの杉本・柿谷。ここがほとんどプレスを掛けに来ない、パスコースを限定するような動きも少なく、中盤以降に大きな負担を強いていたのは間違いないだろうと。
事前に山村のFW起用の報道もありましたが、まあわからなくもないというか、山村を起用する場合は柿谷との2TOPではなく頂点に柿谷をおいての縦関係が主かと思います。

そんなこんなで、前から追えないあの2TOPを並べることで浦和の最終ラインは比較的余裕を持ってボール保持ができる状況を作り出すことが可能となりました。
とはいえ、中央に構えるソウザと山口蛍のエリアはそう簡単に突破できる程甘いエリアではなかったこともあり、浦和は無理強いをして攻めるような極端なリスクは取らず、相手を動かす作業も行いつつ、前半で2点を先取。

相手の体力を削りつつ2点リードで終えたこともあり、後半は更なるゴールラッシュを期待したのだが。。。


後半、追いかける立場のセレッソはラインを少し高めに取ってきたが、浦和はそれを逆手に取り、ラファが裏抜けに成功して追加点。
この時点で試合の勝負自体はほぼ付いたと見ていたが、これ以降浦和の足が止まり始めてしまう。
交代策を用いても終盤の劣勢を押し返せなかったことがまたしても課題として残ってしまったかなと。
まあ、連戦続きの中での失速でしたのでその点での心配は必要以上にしませんが、失点パターンが限定的になってる点は非常に気になるところ。
この試合の失点に関しても、マリノス戦のリプレイでも見ているのかと言いたくなる形であり、きちんと対策を取って欲しいところ。

更に、この5連戦で選手の入れ替えが出来ているポジションと出来ていないポジションが明確になってきている点も合わせて気になるところです。
特に、森脇のところは替えがきかない存在になってしまっており、今シーズンもフル稼働一直線といったところ。
宇賀神に関しては、菊池が戦力として目処が立つことでスポット的に入れ替えは可能だろうし、関根や駒井を左に回す事だって検討できないわけではない。
青木に関しても、柏木の状態が戻ってくれば現状のようなフル稼働ではなくなるでしょう。
ただ、森脇に関しては正直そうもいかないところがありますので、何かしらの代替策を用意しておきたいところ。


さて、次戦はやっと約一週間空く形での甲府戦。
非常に厄介な相手ですが、何とか壁をぶち破って早々に1点取りたいところ。
序盤に先制できるか出来ないかで大きく展開が変わる相手ですが、必要以上に前掛りになりカウンターを喰らうようなミスだけは絶対に避けなきゃなりません。
その辺りでのリスクの掛け方の選択が非常に難しいですが、私は90分かけて1点確実に取りに行くというスタイルで良いのかなと思っております。

以上

今日は、J2から帰ってきたセレッソです。

昇格組とはいえ、代表級の選手だけは揃っているチームですので油断は当然禁物。

開幕戦を見ていないので、ユンジョンファンに監督が変わってどうなったかは分かりませんが、おそらくまだまだチーム状況としてはgdgdな状況である事は予想できます。


浦和は休み明けの阿部と遠藤がスタメンに復帰。森脇、宇賀神辺りの連戦具合が気にはなりますが、なんとか大過なくこなして欲しいもの。

前線はラファ、興梠、武藤という楽しみでしかない組み合わせがここで実現。阿部、遠藤から質のいいボールが配球されれば、相手の最終ラインをズタズタにする可能性はありそうです。

懸念点はやはりWBのスペースをきちんとケアできるのかという話。
鹿島の2TOP及び横浜の斎藤レベルでサイドで強みを出せる選手が各チームにいるわけではないですが、鹿島戦、横浜戦を見てきた相手チームがあのエリアの活用を候補から外すとは考えられないので、試合の中でキチンと対応して欲しいものである。

柏木を我慢出来たのは好判断。

ただ、ここら辺りで青木も休ませて、阿部と長澤でスタートする選択肢は無かったのかという思いもないわけではない。

リーグ戦はまだ未勝利です。
ACLで作れてる良い雰囲気をそのままリーグにも持ってきてキチンと勝ち点3取って雑音を取り除きたいものです。


おのおの、ぬかりなく。

2-3。。。


「怖いのはやっぱ、森脇と斎藤学とのミスマッチだよね〜」。
試合前にスタジアム前で100人くらいにインタビューすれば95人くらいは納得してくれそうなこのパターンでやられ続けるという実に情けない内容。


柏木、阿部、青木の3枚起用も特に目立った効果はなく、特に柏木が全く輝いてこない状況に陥っており、コンディション調整もどこまで出来ていたのか怪しい感じ。
実際、ビルドアップ時には青木と阿部の両センターを共に最終ラインまで落とし、槙野、森脇を更に外へ開かせる形を取り、WBは今まで以上に位置取りを高く取り、場合によっては少し中央寄りに陣取る事も出来るようになった。
ただ、この陣形はまだまだ未完成感満載で、パスミスも相当数あったように思うし、いざ守勢に回った時に中央の管理を誰が行うのか等の詰めがまだまだ甘い感じ。
ぶっちゃけ、このやり方を今後も続けるのだろうか。。。

そんな中、マリノスは守勢に回ると4-4-2の綺麗な形でスペース管理を行いながらも、前線の2枚は浦和の最終ラインにしっかりアプローチしており、浦和のビルドアップ機能を半減。

攻撃はとにかく斎藤学。
サイドで森脇との1対1を作り出す動きをとにかく繰り返し続けて、ボールもしっかりそこに出て来る。
特に自陣でのフリーキックの時に、斎藤はマストと言って良いくらい必ずサイドにダッシュで開く動きをして、キッカーも早めのリスタートを敢行していた。
全てが成功していたわけではないが、しっかり浦和対策を講じていたことがよく分かった。

結果として、1点目も3点目も斎藤のカットインからの失点であり、最後まで全く修正出来ない浦和の弱さが目立った。

さらに言ってしまえば、先週のゼロックスでも同様の形で幾度となく攻められており、この状況をミシャがどう捉えているのかは気になるところ。


ただ、悪かったところばかりではない。

特に新加入のラファが早くも2ゴールと結果を残せた辺りは非常に好材料。
前線で張ってボールを受けるタイプではなく、動きながら縦パスを受けるパターンが多かったことと、ショートパスの精度に多少難があるかもしれない点が今後どう影響するかは分からないが、裏抜けのスピードは一級品だし、シュートの意欲も非常に高い。
早くも自分の存在価値を示せた形であり、ラファ個人で見れば好スタートを切ったと言って良いと思う。

また、宇賀神の働きも昨年に引き続き素晴らしいもので、相手とのポジション争いで優位に立ち続けて幾度となく好機を作り出していた。
後半になって槙野が前に出て来だしてから突破の局面は減ってしまったけども、やはり、WBで起用していきたい選手であることを再認識させた。


攻撃に関しては必ずしも悪くはなく、「ここで決めきれていれば。。。」というシーンを作れていたことはしっかり評価しなきゃいけない。
(もちろん、それを決め切っていれば勝てた試合だったのかもしれないが)


後、青木がアクシデントで下がってからの采配。
柏木の先発起用、那須の投入意図、駒井を引っ張り過ぎ、などなど開幕から?マークが早速浮かんでしまう状況ではあるが、今に始まった話ではないのでこれ以上は控えます。



まあ、開幕であーだこーだ言いたくなるくらい不安感満載でスタートさせられるのは慣れっこですので、それほど気にはしてませんが、改善すべきポイントはキチンと修正に向けて動いてもらいたいものです。

取り敢えず、ソウル戦に向けて早々に気持ちを切り替えて頂きたい次第。


マリノスの新加入外国人にも触れたい所だが、ここでは控える。

以上。

(最後写真撮り忘れた。。。)

このページのトップヘ