フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:chu

  ガンバ大阪U-23 1-1 FC東京U-23
90’+1 一美和成     65' 内田宅哉



~試合前~
試合前1
3週間ぶりのホーム開催。最上段の端から全景を撮ってみました。だだっ広いなぁ。

試合前2
東京サポはあまりU23に興味ないのかな、意外と少ないと感じました。声出し隊も5人ほど。

試合前3
東京の中村監督。確かシーズン途中から就任だったよな。

試合前4
9/4広島戦で怪我をして離脱していた阿部が復帰。全治8週間という報道だったけど、思ってたより早い回復。

試合前5試合前6
東京のユニはトップとは別デザイン。ネームも入ってません。

試合前7
代表に3人連れていかれてるのでユースの食野と梅津がスタメン出場。
アデミウソンがトップで出場停止だったので、こっちに出てくるかもと思ったけどお休みでした。


~前半~
前半1前半2
前半3前半4前半5前半6前半7前半8
前半9
前半10
東京が積極的に前からプレスに来て、対応するのに四苦八苦。もう少しチームとしてプレスをどう躱していくのか、というところを練習しなければいけない感じでした。阿部は30分で一美と交代。内容はまあ良かったと思うし、トップでも時間限定で出場しても問題ないと思います。



~後半~
後半1後半2後半3後半4
後半5
後半6
後半7
後半8後半9
後半10
徐々に東京が主導権を握ると、混戦の中から押し込まれて失点。なかなか反撃できなかったけど、ATに食野のダイレクトスルーパスに一美が抜け出しGKとの1vs1。落ち着いてかわして土壇場で同点。このパスは巧かったなぁ。最後は野田をボランチに入れて逆転を狙ったけど無理でした。足元もそこそこ上手い野田のボランチ起用は意外とアリかも。



~試合後~
試合後1試合後2
終盤に追いついて何とかドロー。ATに2度のシュートチャンスを決めきれなかった食野は、終了のホイッスルと同時にへたり込んでました。

試合後3
両監督はにこやかに談笑。中村監督はサブの選手かと思うような恰好です。

試合後4
負けはしなかったものの順位は1つ後退。残り4試合、どれだけ勝利にこだわれるか。

ガンバ大阪 0-0 横浜F・マリノス


~コンコース~
コンコース1
台風18号が近畿上陸の可能性があったため開催が危ぶまれましたが、北部へ逸れたため無事開催。
雨も降ったり止んだりだったので、止んでいるうちにスタジアムへ向かいます。


コンコース2
台風直撃は免れましたが、強風にあおられる危険性があるので場外広場の催し物はすべて中止。
喫煙コーナーのみ設置されてました。


コンコース3
準々決勝でも配布していたルヴァンを今回もゲートで配布。今回は1箱でした。

コンコース4
スタジアムに入ってコンコースを歩いていると突然豪雨が降ってきて、屋根で反響した雨音が凄いことに。

コンコース5コンコース6
すいたんがユニフォーム着てる! スタジアムに来るようになって4年、ようやく作ってもらったようです。
ちゃんと『SUITAN』とネーム入りです。


コンコース7コンコース8
今回のスタグルはフラン・エレガンさんのチキンコンフィ&洋風キノコの炊き込みご飯(¥1,000)。
シイタケやマイタケを混ぜ込んだ洋風ご飯の上にチキンコンフィがどーん!
チキンはスプーンで骨から外せるほど柔らかく、バターとガーリックでほんのり味付けしたご飯との相性も抜群。
売り切れ必至なのは納得の一品。



~試合前~
試合前1
控えGKに田尻ではなく林を選出。今まではずっと田尻だったから、初めてのベンチ入りかな?

試合前2
こんなに青いテーピングってあるんだな、と思った瞬間。白かベージュしかないと思ってた。

試合前3
ゲーフラ制作のってセンス問われるよね。これはフランスのブランド「ゴヤール(GOYARD)」が元ネタかな。

試合前4
台風直撃の恐れのある平日、というのを考えるとかなりの人数が来てました。13時に開催確定したのを確認して
すぐ新幹線に飛び乗った人もいるとかいないとか。

試合前5
マリノスのアウェイユニは絶対これの方が良い。なんであんな気持ち悪いピンク色なんか採用したんだ。

試合前6
コイントスで全員笑顔ってそうそうない光景。中澤が結構しゃべるんだっけ。
参考:
中澤佑二選手コイントス 甲府戦



~前半~
前半1
前半2
前半3前半4
前半5前半6前半7
前半8
前半9
アデ長沢ベンチ&ヤット不在なのでそんなには攻めれないだろうと思ってたから、意外にもチャンスが多かった印象。
一番のビッグチャンスはパトの落としから倉田ボレー。倉田の決定力のなさが改めて浮き彫りに。
ジョンヤの大チョンボが失点にならなくてよかった。



~後半~
後半1後半2後半3後半4後半5
後半6後半7
後半8
CKから丹羽ヘッドは決まったと思ったんだけどな。GK榎本が素晴らしかった。負けじと藤ヶ谷も1本ビッグセーブ。
パトは時間を追うごとに消えていった。完全復調まではまだ遠い。マリノスは若手が躍動してたな。
25番前田が一番良かったと思う。マルティノスも怖かった。




~試合後~
試合後1試合後2
試合後3
ホームで勝てなかったけど、引き分けならアウェイゴールを許さない0-0がベスト。

試合後4
この二人の組み合わせはJリーグよりも前、日産自動車サッカー部の時代にまで遡る事になる。松永さん老けたなー。

試合後5
3人とも清水が関係してると思っちゃうけど、『ひょうどう』違いでしたw

試合後6
ヤットと長沢を休ませての0-0は大きい。2ndLegでアウェイゴールを獲れば一気に有利になりますが、まずは勝利を目指して。

 ガンバ大阪U-23 3-0 カターレ富山
    7' 堂安律
45'+2 小川直毅
90'+5 妹尾直哉


~試合前~
試合前1
久々の万博。10月のU23ホームはすべて万博開催です。夏が終わったはずなのにめっちゃ暑かった。
スタンドにいたので気づきませんでしたが、試合前に競技場の外壁が突然剥がれ落ちて大変なことになってたみたい。
万博記念競技場で外壁落下 サッカーJ3試合直前

試合前2
メインスタンドのコンコースに富山のマスコット・ライカくんが ガンバボーイはいないというのに 来てました。
アウェイのマスコットが来るのは非常に珍しい。


試合前3
前日の埼玉遠征に帯同していた岩下がいてビックリ。すぐルヴァン杯もあるし出ないと思ってた。

試合前4
ユースから来季昇格が内定している食野くん。今季の残り試合もユースではなくU23のほうに帯同する模様。
ちなみにジャージが10番だけど、二川のヤツではなく本人のもののはず。(ユースでは10番なので)


試合前5
富山サポ。そこそこの人数が来ていました。北陸道で4時間ぐらい?近いようで遠い微妙な距離だよな。

試合前6
富山のメンバー、控えにGKがいません。登録ミスではなく怪我で離脱してるとのこと。

試合前7
富山の三浦泰年監督。まだ試合前のこの時は穏やかな表情でしたが・・・

試合前8
アウェイ長野戦以来の出場の田尻。あの時は少し怠慢なプレーをして、試合中に岩下から相当怒られたらしいけど
今日の出来はいかに。

~前半~
前半1前半2
前半3
前半4
前半5
前半6
前半7前半8前半9
前半早々に初瀬が倒されて得たPKを、堂安がしっかり決めてなんなく先制。その後も主導権を握り
終了間際に初瀬→高木→小川と繋いで追加点。平尾のミドルシュートがポストをかすめたり、
堂安のドリブルシュートとFKがポストに嫌われたり、と惜しい場面も多かった。
富山は中盤でのパスミスが多くて、なかなかシュートまで持って行けなかった。


~後半~
後半1後半2後半3後半4後半5後半6後半7後半8
後半9
後半10後半11
前半は激しい当たりがほとんどファウルにならなかったのに、後半は同じような当たりで笛が吹かれ
観てる方もストレスが溜まるジャッジング。判定基準があまりにもブレまくりでした。
富山がようやくシュートまで行けるようになったものの、ガンバ守備陣のブロックに引っかかりまくりで
決定的な場面はほぼなかった。ATにCKの流れから最後に妹尾が頭で押し込み勝負あり。



~試合後~
試合後1
試合後2
鹿児島・栃木・富山と上位陣相手に3連勝。昇格争いをかき乱しております。

試合後3
キャリアの差がわかる両監督の握手。

試合後4
ヒロインは無失点に貢献し1アシストの野田。後ろで市丸・林のWみずきがイチャイチャしてます。 

試合後5
「とりあえずやってますよ」感が出てしまっている内田のWinning GAMBA。


試合後6
初瀬はPK獲得時に左手首を痛め、試合終盤でも再び痛がってましたがこの表情を見る限り大丈夫そう。
堂安・初瀬・市丸はU-19アジア選手権の代表選出のため、ここからしばらくクラブから離れます。
クラブとしては厳しくなりますが、怪我なく戦ってU-20W杯出場を掴み取ってきてもらいたい。

     ガンバ大阪 3-3 FC東京
 15' 大森晃太郎    13' 田邉草民
   18' 長沢駿    22' 河野広貴
’90+1 藤春廣輝    90' 平山相太



~コンコース~
コンコース1
いつもの開門時間ごろに到着したが、この日は全国少年サッカー大会・大阪府大会の開会式があるため
スケジュールが60分前倒しだったので入場待機列はすでに解消。


コンコース2
今年のCWC開催PRの垂れ幕も登場。椅子とか壊されなきゃいいけどなー。

コンコース3
コンコース4
コンコース5
コンコース各所に設置してあったモニターがついに稼働!  臨時バスの案内、スタグルの紹介、パナのCM、
ガンバの歴代選手たちの映像、各種お知らせなどを表示してます。また試合中は試合中継を映してましたので、
席を外してもこのモニターで試合を観ることが可能となってます。


コンコース6
怪我で離脱した阿部への激励弾幕には皆からのメッセージがびっしり。早く治りますように。


コンコース7
大会の開会式を終えた少年たちがコンコースの至る所にわらわらと。万博のころから続く年に一度の光景です。

コンコース8
コンコース9
今回のスタグルは「イタリア食堂うらや」さんのふわとろ卵のカツ丼(¥900)。無料でご飯大盛にできるという事で
大盛で注文。カツを卵でとじるんじゃなくて、スクランブルエッグにしてその上にカツを乗せデミグラスソースを
たっぷりとかけてあります。かなりボリューミーで美味しかった。



~試合前~
試合前1試合前2
少年たちのユニフォームが色とりどりで、さながらお花畑のよう。

試合前3
ナイトゲームではなく東京へ帰れる時間帯での開催だったこともあり、かなりの人数が来てました。
けどチケット完売しなかったんだよな。


試合前4
ホーム側はチケット完売したのに上層の隅は若干の空席。無理やり下層ゾーンに入ったのかな。

試合前5試合前6
名古屋戦で負傷交代したヤットはベンチスタート。J3で調整していたパトもトップへ無事復帰。
先週の鹿児島戦は良かったからね。

試合前7
カメラ大好きガンバボーイ。これ近すぎてちゃんと映ってないんじゃないか?w

試合前8
ピントが柵にあっちゃってるけどハリルホジッチ日本代表監督。疫病神だと思ってるので、できたら来ないでほしい。

試合前9
試合前10
試合前11
湘南戦の長沢のゴールが8月の月間ベストゴールに選ばれました。表彰後、列に戻った際に井手口に
副賞を盗られそうになる場面も。



~前半~
前半1前半2前半3前半4
前半5
前半6前半7前半8前半9前半10前半11
しょーもない凡ミスから先制され、逆転したと思ったら簡単なワンツーでフリーにさせてしまい追いつかれる。
今年はこういう失点が無くならなくて、ホントもったいない。2ndステージ逆転優勝したいんだったらこういうのを減らさないと。



~後半~
後半1後半2
後半3
後半4
後半5後半6
後半7後半8後半9
ビッグチャンスが何度あったのだろうか。特に長沢は4~5回あったと思う。それをことごとく外しては勝てるわけがない。
それでも最後によく追いついた。記録は藤春だけど、まぁ米倉のゴールだわなw 大森のガス欠が早かったのも計算外だったかな。


~試合後~
試合後1
試合後2
試合後3
痛み分けではなくお互い自滅での3-3。もう4連勝しか逆転優勝のチャンスはない。

試合後4試合後5試合後6
今野に吸い寄せられるかのごとく集まってくる東京の人々。

試合後7
試合後8
公式戦ここ5試合で9失点、3失点が2試合という中でジョンヤが警告累積で浦和戦欠場。
岩下なのか西野なのか今野を下げるのか、さぁどうなる?

   ガンバ大阪U-23 6-1 鹿児島ユナイテッド
     7' 藤本淳吾    35' 藤本憲明
   15' 呉屋大翔
   43' 呉屋大翔
   58' パトリック
   89' 一美和成
90’+3 食野亮太郎



~コンコース~
コンコース1
ゲート2横の小さなスペースを利用して、鹿児島のスタッフさんがグッズ販売を行ってました。
J3でアウェイグッズ販売は初じゃないかな。

この後は、当マンションの住人である夜磐くんと長崎より鹿児島サポの友人が来訪していたこともあり
3人で一緒にコンコースを話ながら散策したため写真とスタグルはなし。

参考:【夜磐】江坂に泊まってエエサッカーを観た 後編 


~試合前~
試合前1試合前2試合前3
OA枠でパトリック・藤本・岩下というトップのレギュラークラスが参戦。怪我の高木以外でU19代表や
トップ帯同で抜けている選手もなく、相当強力なメンバーが揃いました。


試合前4
3連休だったこともあり、J3では多い方の来場数でした。メインにも多数いましたね。

試合前5
試合前6
アップ終了時にはサブ組が片付けるんですが、髭を剃ってすっきりした野田が終始ニコニコ笑顔。何か良い事あったのかな。

試合前7
入場前のロッカーアウト、ハイタッチで出迎える列に私服姿のおっさんがおるなぁと見ていたら・・・

試合前8
試合前9
長谷川監督でしたw 平尾が恐縮そうにハイタッチしてます。



~前半~
前半1前半2
前半3前半4
前半5前半6前半7
前半8前半9前半10
中断前の琉球戦・中断明けの長野戦と、ともに4失点での敗戦で相当気合が入っていたのか最初からギア全開。
15分で2点を先制と素晴らしい出来でした。嫁阪のミスから失点しますが、終了間際に呉屋のダイビングヘッドで大きな3点目。
パトもボールをよく収め、サボり気味だったプレスも積極的でした。ただJ3ではできて当然、J1でも同様にできるようになると
完全復調かな。岩下もだいぶコンディション上がってきてるように感じました。



~後半~
後半1後半2
後半3後半4後半5
後半6
後半7後半8後半9後半10
後半11後半12
後半も前半の勢いそのままガンバペースで進み、パトにもゴールが生まれる。このゴールで試合は決まった感じでした。
その後は前掛かりに来る鹿児島を防いでカウンターで追加点を狙う方向にシフト。鹿児島はショートパスと連動で崩すのを基本に
サイド攻撃の場合は早めではなく深くまで抉ってからクロスを入れる、というのを徹底してたけど精度が低かった。
終了間際に一美がホーム初ゴール、食野がJ初ゴールを決めて終了。堂安のスルーパス凄かったなぁ。



~試合後~
試合後1試合後2
チーム最多得点を叩き出して快勝。連敗ストップに成功です。

試合後3
試合後に鹿児島の浅野監督へ藤本が挨拶。

試合後4
試合後5
鹿児島の永畑に岩下がユニフォームをプレゼント。調べたら永畑は08~10年に清水に在籍してたんですね。

試合後6
得点分の回数を万歳するんですが、ゴール裏の掛け声と万歳のタイミングが合わずグダグダになってた。

試合後7
鹿児島はちょっと対戦するタイミングに運がなかった感じでしたね。これもU23チームとやる時の宿命と思ってもらえれば。

試合後8
岩下に頭を撫でて労をねぎらってもらう嫁阪。ミスも多くまだ周りに助けてもらってる所もあるけれど
自分が見た中ではこの日が今までで一番の出来でした。

試合後9
ヒロインは前半2得点の呉屋。後半も惜しいダイビングヘッドがあり、U23メインで出場はちょっともったいない感じ。
残り試合はトップだけで勝負してもいいんじゃないかな。

このページのトップヘ