フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

カテゴリ:J1

天候に恵まれたルヴァン杯決勝戦。

お互いにシーズン中の怪我で離脱した多くの選手が戻ってきて、レッドカードで出れない奈良を除けばお互いにほぼベストメンバーだったのではないかと。
試合はまさにその奈良が欠場した穴から動くことに。

開始1分足らずでエドゥアルドが飛んでくるボールの対処を誤り、抜け出した杉本が先制弾。
以前の彼なら外しそうなシーンでしたが今季の杉本はこれをきっちり決める。

先制。
ここで試合は半分決まっていたと思う。
1つ目にスコアラーが杉本だったこと。
メンタルの影響がパフォーマンスにモロに出るタイプで、ポジティブな結果は献身的なプレーが期待出来る。
実際身体を張るシーン、戻って守備で貢献するシーンが沢山見られた
2つ目にフロンターレの置かれた状況と失点の仕方。
3度の決勝での敗北、しかもいずれもノーゴールのフロンターレにとって自らのミスで生まれた失点はネガティブな記憶を思い起こさせるのに十分だったはずだ。

ここからは長い長い我慢の時間に入ることに。
カウンターを伺いつつもブロックを作りセーフティーに試合を進める。

前半一番危険なシーンはパスワークから斜めに侵入した中村憲剛のシュートシーンだった。
完全に抜け出されたがこれは枠外。

セレッソ側のビックチャンスは清武のミドルシュートのシーンだろう。
しかしこれはチョンソンリョンに阻まれる。

前半厄介だったのは三好。
松田が手を焼いており、縦への突破を繰り返されるようだと中々難しい。
ゴールライン際から侵入するシーンもあり水際で撃退している状態だった。

しかし後半何故か彼が交代する。
代わって入った長谷川は三好よりフィジカルの強いタイプで松田としては前半より幾分楽になっただろう。

逆サイドでは家長のように上手いレフティーになれるようにと14番を引き継いだ丸橋がその家長とのマッチアップ。ここの勝負はほぼ完封したと言っていい。
前の清武も含め関係の深いマッチアップは大きな見所だった。

後半になっても展開は変わらない。
崩しにかかるフロンターレとブロックを固めるセレッソ。

ただし印象として危険なシーンはそれほど無かった。
理由は明白で、LIVEトラッキングのデータによればフルタイムでのフロンターレのシュート本数16本に対して枠内は僅かに3本。(因みにセレッソはシュート6本中枠内5本)
しかも全てジンヒョンの正面。彼がファインセーブを見せる場面は特になく、守備陣の身体を張ったディフェンスの結果シュートは1つもコースを突いていない。
決定機という意味で言えばチョンソンリョンが防いだシーンの方が多かったはずだ。

フロンターレは後半30分に知念を、35分には阿部を投入。
これも結果的にはセレッソを助けた。
エウシーニョとネットは厄介な選手だったが知念は最後まで試合に入れず。
阿部はミドルシュートを打ち上げるだけだった。

尤も、30分を過ぎた辺りからフロンターレのプレー精度や判断が悪くなっていったので一概に投入された彼らの責任とは言えなかったが…。

相手が交代枠を使い終わるのを見届けたユンジョンファンがここから動く。
相手が前の枚数を増やしたことを確認すると柿谷→山村。
ラスト10分を完封する為に5バックに変更。

更に前半から身体を伸ばしてピンチの目を摘んで来た木本を山下に代える。
そしてAT。前掛かりになるフロンターレに対し松田のロングパスに抜け出した清武がゴール前に運ぶと上がってきた水沼の中継からフリーのソウザへ。
ソウザはGKを落ち着いて躱すと右に流し込んだ。

勝ちを確信させたダメ押しのゴール
正直ここで既に泣きそうだった。
セレッソサポーターの大半はもう泣いていたかもしれない。

最後の交代は丸橋→田中
この後も抜け出すシーンがあったりしつつ最後まで集中を切らさず試合終了。

2つの長居の悲劇。3度の天皇杯決勝敗退。3度の降格。色々な苦しみを超えてようやく1つ目のメジャータイトルを獲得。
今季のセレッソでルヴァンカップに出場した選手は33名に上る。この中にはレンタルでチームを離れた丸岡や清原。或いは2000年生まれの喜田や瀬古、最年長茂庭、最古参の酒本など本当に様々な選手がそれぞれの立場でチームに貢献、GLやトーナメントのホームアウェーも含め無敗。
まさにチームの総力で掴み取った優勝だった。粘り強く戦ってきたルヴァン組の戦いぶりが乗り移ったかのような決勝の内容はこの大会のセレッソを象徴するゲームだったに違いない。

残りの公式戦はリーグ3試合。そして天皇杯。
3位の死守ともう1冠が目標になる。
また明日から締め直して、残りの試合を頑張って欲しい。

余談
表彰後代わる代わるトロフィーを掲げるシーン。
最後にモリシとユンが掲げるシーンを見た時に苦しかった時間が終わった気がした。

自分にとってのアイドルだったモリシがピッチ上でタイトルを勝ち取ることは最後まで出来なかったが、それでもトロフィーを持ち上げるモリシの姿は自分に取っては非常に大きな瞬間だった。

ユンは試合後のコメントで、17年前の長居の試合について触れていた。
当時最下位だったフロンターレに敗れたことで失ったタイトル。
今ではリーグ屈指の強豪として、そして我々と同じく悲願の初タイトルに手を掛けた状態での再開。
ここで勝ち切ったことで1つ清算出来たような気がした。

勿論今の選手には関係のないことだ。
彼らは森島や西澤、大久保とは違う。
2005を経験した選手も数える程になり、優勝目前で勝負弱さを出してしまったかつてのチームと今のチームは全くの別物だろう。

幸いにして今年は他にもまだチャンスが残っている。公式戦6連勝の流れを続けたい。
集中して1つずつ。

ご無沙汰しております。
ジュビロ戦以来の更新になります。

件のアントラーズ戦に敗れ優勝戦線から脱落して以来滞っておりました。
勝たなければいけない試合、終始押していた中での土壇場の失点は張り詰めていた糸を切るには十分でした。

ああいうところで勝ってきたからこそ今もアントラーズは王者であり、今季も首位を走っているのでしょう。

スルガ杯に伴う日程変更や、ルヴァンプレーオフ、セビージャとの親善試合の影響でサマーブレイクがなかったこと。
結果的に全体のパフォーマンスが落ち怪我人も増えてきた中でのアントラーズ戦。
敗戦によって清武が復帰するまで踏み止まるという目標をクリアできず、明らかにチームは方向性を失ってしまいました。
集中が切れるシーンが増え、今季それまで殆ど見なかった不用意な失点が急に増えたことで9月には3連敗。


そんな中「ルヴァン組」と呼ばれるリーグ戦のチャンスがあまり無かったメンバーが粘り強くルヴァン杯、天皇杯を勝ち進んでくれました。
チームの風向きが変わったのは「ルヴァン組」中心のメンバーが準決勝に勝利しルヴァン杯の決勝にチームを押し上げたこと。
そして清武がようやく復帰したことです。

清武が先発復帰してからリーグ戦は3連勝。
特に大きかったのは柿谷をゴールに近い位置に置けるようになったことでしょうか。

準決勝2ndレグ以来公式戦5連勝。この中にはカップ戦メンバー主体だった件の準決勝、そして天皇杯も含まれており、チーム全体として勝てるチームが帰ってきました。

私は今のチームが歴代最強だと思っております。それもまだ伸びしろがある状態です。
1999年、2000年、2005年、2010年、2013年いずれも魅力的なチームではありましたが、現チームほどの強さはありません。

リーグ戦はあと3試合、チームの歴代最多勝ち点に並ぶにはあと4ポイント。
天皇杯4度目の決勝まであと1勝。
ルヴァンカップは周知の通り決勝進出自体が初。

この時点でも国内の3つのコンペディション全てに於いて過去最高を更新する可能性が十分にあります。
今季は数々の負のジンクスを壊してきた1年でもありました。

1発勝負は去年の昇格プレーオフ以来です。
2年連続となったプレーオフは負ければ翌年もJ2に残るという大いなる負のプレッシャーとの戦いでもありました。

今回は遥かにポジティブな中で試合が出来る。
たった1年でチーム状況を大きく変えた監督や選手、スタッフには感謝しかありません。

一先ず、目の前の試合を楽しんで勝つこと。
今季何度も表現してきたセレッソとしてのサッカーを今日の試合でも期待したいと思います。

21節のエスパルス戦、仕事の為リアルタイムで見ることが出来なかったのですが、結果と山村負傷によりとても見る気にならず未だに未試聴。

チームは長い長い連戦を終えてようやく少し休みが入りました。

6月半ば以降1週間以上空くことはなく、セビージャ戦・レッズ戦辺りから明らかに疲労の色が隠せなくなってきていたのでここで一段落出来たのはチームとしては良かったかなと。
その分勝ち点的な代償は大きかったがレッズも似たような日程消化してるんだよなぁ。

ACLまであったあちらは結果監督交代まで発生してるのですが選手層は厚いのでまあ。

ブレイク直後はヤマハでのアウェージュビロ戦。
フロンターレとガンバを文字通り粉砕してる後半戦のジュビロはムサエフ川辺を欠いたサンフレッチェ戦の負けが響いて上位戦線からは交代しているものの難敵であることは変わらず。

セレッソは山下が復帰するも山村が離脱。右サイドは田中ではなく松田に戻っている。
山村のところにはリカルド。

試合展開はボールを保持するジュビロと引いて守るセレッソ。
ショートカウンターが怖いジュビロ対策としてはこれでいい。

川辺が飛び込むスペースは殺せている。
あとは中央のフィジカル勝負。

川又とヨニッチ
アダイウトンとソウザ
この辺りの勝負は何度も見られた。

30分辺りまで受け続けるが、そこからボールが持てるようになってくる。
試合が動いたのは37分。

相手のミスで奪ったボールから、水沼のクロスに杉本がワンタッチゴール。
あのコースはカミンスキーもノーチャンス。
前半をリードで折り返すと後半は更にはっきりと引いてカウンターという展開に。
正直完全にプラン通りだったし、夏前と同じ守り切れる空気を感じたのだが…。

中村俊輔の一振りから川又にヘディングを叩き込まれて終盤に追い付かれる。
マーカーだった山下の届かない位置に完璧なクロスに完璧なヘディング。

これがあるから今年のジュビロは本当に厄介。

他の上位陣が軒並み勝利していることもあり、ジュビロとセレッソは共に非常に痛いドローになった。
首位との勝ち点差は4に開いた。

怪我人が増えてきているのはやはり苦しい。
清武山村が9月半ば以降に同時に復帰してくるかなと。
そこまで踏み止まるにはアントラーズが止まってくれそうもない。
次節叩かなければ独走されそう情勢。

来週は大一番。勝てなければ優勝争いからは脱落となる。

吹田での手痛い敗戦から1週間。

勝ち点を落とした試合からすぐ立ち直れるかどうかは気を遣うところ。
過去のセレッソであればナーバスになることが多かったシチュエーションだけに。

今季は落とした次の試合が上手くいっている印象があり、その辺りは指揮官の腕の見せ所。

山村が負傷により別メニューになり、代わりはリカルド・サントス。
今季はカップ戦で結果を出しており、ここでチャンスを与えた形。

また、最終ラインでは松田を休ませ、田中が先発に。

コンサドーレとの前回対戦はドロー。
今回は今季全勝中のキンチョウでの試合の為、きっちり勝ちを続けたい。

開始一分足らずで試合が動く。
山口の縦パスから杉本がポストしてリカルドが前に飛び込む。
零れてきたボールを杉本が振り抜き先制。
一切の迷いなしといった感じ。

24分にはリカルドが背後からのタックルで倒され得たFKをソウザが直接叩き込む。
GK動けず。

更に柿谷→ソウザ→丸橋と外中外と繋いで丸橋のクロスに杉本がヘディング。
開始30分足らずで3-0。

この後も何度もゴールに迫るが圧倒的にゴールに愛されないリカルドサントス。

後半チャナティップに絶妙なスルーパスを通され1点を返されるも試合終了。

松田山村は全休。ソウザ・柿谷・水沼を休ませる等水曜日に備えた入れ替えも出来たのは良かった。
この日非常に良かったのはリカルド。

ゴールには嫌われ続けたが、コンビネーションの問題もなく2得点の起点になる活躍。
ここのところ疲れの見えていた山村の代役としては十二分の仕事をしたと言える。

去年とは見違えるような身体のキレや明らかに少し細くなった体格等。
また5試合連続ゴールの杉本は得点ランクトップタイに。
興梠が一時はダブルスコアで独走していたのだが、遂に追い付いた。

出来るだけ長くコンスタントに決めてくれることを祈るばかりだ。

次は水曜日に清水戦。
去年はアイスタでは勝っており、リカルドの初ゴールや山村のスーパーボレーなど縁起のいい場所だ。
きっちり3を持ち帰りたいところ。

余談
先日知人に誘われてレイソルとヴィッセルの試合を観に行ってきた。
どちらも荒い印象の強いチームだったが案の定荒れた展開に。

柏の背後からのタックルが連発したかと思えば田中が股間を踏みつけ退場。

ニウトンへの背後からのジャンピング蟹挟みでちゃんと赤紙だしておけばもうちょい落ちついたような気はするが…。

スクリーンショット (205)スクリーンショット (207)

プロレスかよと…。
こういうプレーはヒヤッとするからマジで怖い。

試合自体はスーパーゴールありファインセーブありで非常に盛り上がる試合だった。
また日立Dayの為、スポンサーを含めて盛り上げようという雰囲気は今後のチームを考える上でも非常にポジティブだったなと。

日立のお偉いさんの名前をコールするゴール裏とか非常に面白い。
色々と見どころのある1日でしたね。

ポドルスキ?練習見てたらやっぱ上手いなぁと。
日立台のピッチを活かした柏のサッカーの前にボールが前線に来ることが殆ど無かったので、今回はゲームから消えていた。

細かくポジション移動しながら貰おうとはしていたけども今回は実らず。

あとは秋口の埼スタはその時の状況次第で行ってもいいとは思う。
お盆の味スタは特にいいです。





このページのトップヘ