1日に!2つも!レビューを投稿だよ!

ということで、皆様こんばんは。
夜磐です。

マッチレビューを書く時間がないなら試合見ながら書けばいいんじゃね!?
という思いつきの元、試合を見ながら書いていたメモをベタッと貼り付けます。
最後に総評を書いて、今節のレビューとしたく。

0-0 ジュビロ磐田

またスコアレス。



■前半
スタメン見た時は新システム持ち出してきたと思ったが、
DAZNでの選手紹介では旧システム。どっちだろう?
鳥栖はトーレスと金崎を出してきた。勘弁してくれよ・・・。

磐田さんはどうやら新システムではなく4-5-1をやってきてる模様。
どうでもいいけど今日は通信状況が悪い。さっきからDAZNが頻繁に止まる。
鳥栖は・・・なんだこれ?4-3-3?

3分、鳥栖のセットプレー。原川が蹴ってくる。
ファーサイドで小野がヘッドであわせて枠外。
大貴は競ってたけど見失ってた。
原川はいい選手だよなぁ。欲しい。

大貴がヘッドで金崎に落としてピンチ。
大貴、今日大丈夫か?なんか変だぞ?

トーレスには祥平がベタ付きしてる模様。

10分、磐田のFK。
今年は全然セットプレー入らない。これもイージーにクリアされた。
鳥栖守備堅ぇ。

15分、鳥栖CK。普通に防いだ。
ミスから献上したCKだったので決まらなくて良かった。

トーレスにロングパスが飛ぶだけで慌てすぎ。
体勢が有利なら繋がれることはないだろうし、
イージーに対応していいよ。

小野が松浦にショルダータックル。レイトだし普通にファウルだろうに
なぜかノーファウル。なんやねん(笑)

今のところ守備のミスマッチはおきてないけど、攻め手もない。
点が入る気配がほとんどしない。
まぁ、鳥栖戦はいつもこんなもんだよな。

カウンターにいこうとしたところを奪われて原川にシュート打たれる。
シンプルに出しちゃえばいいのにって思うけどなぜかそうしない磐田さん。

一方的な鳥栖ペースになってきた。
磐田さんは守備は悪くないけど攻撃が絶望的すぎて
守備にリソースを割けさせられずに圧を受けてる。
FKを獲得したが、これまた簡単に防がれた。
続けてCK獲得も、川又のシュートは明後日の方向に飛んでいく。
磐田さん、ヤバい。

鳥栖が選手もサポも判定に不満っぽいけど、体勢作ってるとこにレイトで
当たりにきてるからファウルとられるのは仕方ないと思う。

鳥栖の流れるようなサイドアタックでピンチ、大貴がクリア。
今のは危なかった。鳥栖が攻撃の形を作ってきた。
立て続けのCKでニアでトーレスヘッド。危ない危ない。
さらに裏に抜けたトーレスに綺麗に縦パス通ってまたピンチ。
この時間帯は非常に怖い。

鳥栖が前掛かりになったところで裏を突く川又と松浦。
アダイウトンがいればこういう時に最後まで完結できるんだけどね・・・。

38分、鳥栖のFKからCKのセットプレー連打。
原川、珍しいキックミスでボールが流れる。どうした?

川又のファウルの貰い方がうまい。
キムミンヒョクにカードを出させた。
往年の師匠を思わせる仕事ぶり。

前半終了。スコアレス。
どちらかといえば鳥栖が優勢。磐田さんはかなりきつい。


■後半
後半。両チーム選手交代はなし。
磐田さんはシステムもそのまま。

いきなり鳥栖にサイドをぶち抜かれる。
後半も胃が痛い45分になりそうだ。

小野が抜け出してシュート。決定的だったが残念そこは
カミンスキー。壁を作って跳ね返す。守護神やべぇ。

川又、せっかくクロスが通るもボーっとしてて気付かず
チャンスをフイにする。おい川又、君の仕事は点を取ることだぞ。

トーレスが裏抜けしてGKと1対1、ループシュートをカミンスキーが阻止!
カミンスキー大先生、大好きすぎる。

後半はなんかどっちも元気になって攻撃態勢。
磐田さんとしてはこういう試合の方がいいかもしれない。

後半は鳥栖がシンプルにトーレスに放り込んでくる。
磐田さん、こういうの苦手だから守備は本当にきつそう。
そして鳥栖CK獲得。入りそうな雰囲気がちょっとある。
やばそう。
と、思ったがやばくなかった。むしろカウンターでチャンス作った。
やりおる。

鳥栖はせっかくのトーレスを空中戦大作戦要員でしか使わないのは
なんとももったいないんだけど、それ以外での可用性がそこまで
高くなさそうなので、これしかないのかもしれない。

63分、鳥栖CK連発。
でも入らない。今日は原川のキックがイマイチ合ってないのだろうか。

上原は今日もよくボールサイドによく顔を出してる。
絶対的とまではいえないけど、さすがの存在感。

新里、ロングパスを中途半端な対応でCKに。
これは良くないプレー。新里は普通にやれてるのに、この間の鹿島戦の
パスミス以降、妙にハラハラするプレーをすることがある。
普通にやればいいよ、普通にさ。今まで通りに。

磐田さん、山田に代えて大久保。
山田はここ2試合途中交代でかなり良かったんだけど、今日はあんまり
存在感がなかった。藤枝東出身ってそういうキャラが多いの?

さて残り20分。
前半よりはどっちも点取りそうな気配あるけど、あと一押しが出ない。

72分、またまた鳥栖CK。
クリアも繋いでまたCK。これで鳥栖9本目。
さすがにあげすぎ。入らないとはいえ。

松浦に代えて荒木。
たぶん同じタスクをそのまま。
磐田は大久保投入から全然攻撃の形を作れてない。
形見せていこうぜ。

鳥栖はなんかもう磐田にはどんだけ持たせてても怖くねーよ、みたいな感じ。
実際それで間違ってないんだよなぁ。

意表を突いた田口のミドルシュート。狙いは凄く良い。
今日一番「おっ!」って思ったシーン。

ゲッ、豊田がくる!これは嫌だ。
入っていきなりポストプレーで存在感を発揮された。
この時間でギアを上げてくる鳥栖。

磐田さんはなんか攻撃が合わない。
なんか大久保が入ってバラけたような感じすらある。
大久保がミスってるわけじゃないんだけど、一気に攻撃モデルを
失ってしまったかのような、そんな感じ。

オロオロしている新里。鹿島戦のあれが本当にトラウマなんだろうなぁ・・・。

上原に代えてコースケ。
上原は今日も普通に良かった。
頼むぞコースケ。

せっかくセットプレーもらったのにイージーに渡してカウンター食らうという
アレな流れを披露。こういうのはダメ。

ロスタイム3分。
なんかもう動かない気がしてきた。

予想通りスコアレス。


■試合の感想

どちらかのサポじゃなかったら見るのが苦痛な試合でしたね。
どちらも攻撃が拙くて、偶発的にしかフィニッシュにいけないので
試合としての娯楽性は非常に低かったな、と。

鳥栖はあれだけあったCKがほぼ全て得点の気配無く跳ね返されたのが
なんとも痛かったですね。正直、上げても問題ないよ、くらいの
気持ちになっていました。キッカーの原川が今日はちょっと
イマイチキックがあってなかったかもしれません。
セットプレーあるぞ、と思わせておけば磐田にプレッシャーを
かけられたんですけどね・・・。
ただ、後半シンプルにトーレスを使うようになった作戦は適切でした。
あれで何回かチャンスを作ったのですが・・・磐田のGKが
カミンスキーなのが不運でしたね。

磐田さんは、もうなんかどうでもいいから次頑張って、としか(笑)
大久保が入った途端に攻撃の秩序が崩壊するのはちょっと気がかり。
良し悪し、ではなく、大久保が入ることで制限解除されて
各々がやりたいことを勝手にやってるような感じになってしまって
いるんですよね。ちゃんと連携しないと点なんか取れませんから、
それでだいぶ終盤の攻撃をつぶしたような気がします。
荒木も異常に球離れが悪い悪癖出てましたしね・・・。
一方で、あの妙ちくりんなシステムを放棄したことで
守備の堅さは若干ですが持ち直しました。
カミンスキーありきが前提ではありますがね。

ただ、新里がちょっと心配。なぜ彼はあんなにオロオロしているのでしょう。
中断前は堂々としていたものだったのに、なぜかここ3試合くらい
自分のところにボールが飛んでくるとバタつくんですよね。
そろそろ結果にダイレクトに影響してきそうなんで、メンタルケアは
ちゃんとしてほしいと思います。

今日は以上ッス。