ごぶざたです。(最近の初めの書き方こればっかりな気がする)

 2018年のJリーグが開幕しました。

さっそくDAZNでダイジェストで(東京の試合はフル)全試合観戦したので
ざっと感想を。

2/23(金)

サガン鳥栖1(1-0)1

・史上初の金曜夜開幕戦ということもあり
DAZNも鳥栖もPRや集客に力をいれて平日夜開催でも
2万人近くの動員を記録。まずは成功かな?

試合開始早々の鳥栖PKゲットのシーンは
DFが後手に回り後ろからの守備となり
レフェリーの心象も悪い形となったこともあるが
開幕戦あの当たりで吹かれると
一年通してこれが基準??と思ってしまうが・・・さて。
サポーターにも選手にも気を付けましょう!というワンシーンでした。
(レフェリーも今後アジャストはしていくでしょうが)

それこそ シーズン開幕前、原さんがネット番組で語った
「試合後の月曜日あたりに『このプレーはこうだったああだった』みたいな検証番組をやってもいいのでは」
が実現したら、検証対象になるのかなと。

FC東京1(0-0)1浦和レッズ

・東京はまだまだこれからの状態ではある中
去年の諦めやすい空気や状態からは何とか脱したか。
それこそ、去年最も苦渋を味わった選手の一人、東選手が得点を決めたのは
サポーターとしてはうれしいものがありました。直後の失点が悔やまれるが
我慢できるようにはなったのでよし。久保選手も途中投入されて堂々たるプレーをしていたが
他2人(永井、富樫)ともに起爆剤としてはちょっと物足りなかったか・・・。

浦和のワイドに開いたサッカーに守備に追われる時間が長くなったが
最後のひと手間、展開が若干雑になっていた印象もあるのでそこは助かったかな。

最終節どのような状況で両チームが望むのか楽しみです


サンフレッチェ広島1(1-0)0北海道コンサドーレ札幌

・広島ティーラシン、札幌チャナティップが試合前タイの関係者から花束贈呈と
タイデー的な感じであったけれど、本当にタイデーになった。
主役はティーラシン。
札幌の数はそろっているけれどぼやけた対応をついてDFの間に入り込んだティーラシンが先制点。
それがそのまま決勝点となりみごとに広島の勝利。

タイではどのように報じられるのかなぁ。
ちょっと古いたとえで恐縮ですが
中田(ペルージャ)と名波(ベネチア)がセリエAで対戦みたいっというのは大げさ??
ティーラシンのゴールはジローラモさんの「シンジラーレナーイ!」みたいっというのは大げさ??


ガンバ大阪2(1-1)3


・攻撃的な両チームがいきなりそれを全快に発揮し、良ゲームになったようですね。
しかも獲る人が獲るし。
ガンバは遠藤選手、長沢選手
名古屋はガブリエルシビエル選手、ホーシャ選手、ジョー選手。
名古屋期待の外国人選手が戸惑いもなくいきなり爆発。
連携とか短期間にできるとは思わないけどもそこは個の力であわせちゃう??

ガンバも遠藤選手のゴールもおみごとですし長沢選手のヘディングゴールも
右サイドからワンツーでくずしクロスからのゴールときれいなもので
両チームのよさがでていたのでは。

爆勝の名古屋、この勢いのまま前半戦(たとえばW杯前ブレーク)維持できれば
台風の目ではなく、上位争いを堂々と演じてもおかしくはないイメージです。

ガンバはクルピ新監督のやり方が浸透したら、さらに破壊力のある攻撃サッカーが展開されるのでしょう。



湘南ベルマーレ2(1-1)1 V・ファーレン長崎


・去年J2で対戦した同士なのである程度のやり方はお互い知っている試合ではあったと思います。
っが、長崎は初のJ1ということもあって硬さがあったのでしょうか。
開始早々に、右サイドをあれよあれよと突破されて中央へ展開、失点。
逆に失点で硬さがとれたのか、
FKからの得点はお見事でした。
(J1で戦ううえでFKの重要性を認識しているのかワンフェイク入れてマークをずらしているなど工夫があるFK曲者かもしれません)
とはいえ、J1を何度も経験している湘南が先輩としての意地?もあり1枚上手でしたな。
躍動感のあるサッカーでJ1挑戦し跳ね返され、再度挑戦の一年。
新たな武器もあるのか、もしくは今までの戦いをさらに上塗りを濃くしてきたのか。
注目です。


DAZNのダイジェストもスタメン紹介を流し(海外放送みたいな選手に腕組させる動画)
見やすくなったのはありがたいですね。

まだ始まったばかり!と思っているとあっという間に
シーズン終わっちゃうので、一戦、一戦一喜一憂していきたいと思います。


さぁ楽しみましょう。