皆さんこんばんは。
夜磐です。

Jリーグ開幕前の悲喜交々が日本全国から聞こえてきておりますが、
サッカーを愛する皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて本日、タイトルに書きました通り、2月9日に文藝春秋より発売されました
中村俊輔 サッカー覚書』を読みました。

俊輔


普段はこういうハードカバーの本はあまり買わないんですけど、
この手の本ってサポが買わないと売り上げ低迷しちゃうんで、
お布施のつもりで買いました。
俺たちの10番の本の売り上げを低迷させるわけにいかねぇ。
今まで俊輔の本は一度も読んだことなかったので、ちょうどいいかなと。

目次見てたら開幕前に読んだほうが良さそうだったので、他に読もうとしている
本と序列を一旦入れ替え、昨日今日で読了しました。


内容は、いろんなテーマについて俊輔が無軌道に語っている感じですね。
Number に掲載された記事を集めて単行本化したものらしいので、
冊子としての秩序はありません。短編集を読んでいる感覚に近いです。


昨年一年間、「我らが選手」という目線で俊輔を見続けて、
磐田に加入する前は知らなかったいろんな要素を知りました。
その新たな発見のルーツがどこにあるのか、ということが、
この本に書いてあり、「なるほど、そうだったのか」と膝を打つ思いでした。

他にも読み応えのある内容があるので、磐田ファン、俊輔ファンの皆様も
是非ご一読してみてはいかがでしょう。少なくとも退屈はしないと思います。

現在、Number Web に特設サイトが解説されているので、まずはそちらをご覧ください。
注文もサイトからできますよ^^

http://number.bunshun.jp/articles/-/829765
(『中村俊輔 サッカー覚書』特設ページ)
俊輔特設


次は、開幕前にシーズンレビュー書きます。

・・・・余裕があれば(笑)