皆さんこんばんは。
夜磐です。

本日行われました、鳥栖-磐田戦のレビューです。

0-2 ジュビロ磐田
得点者)オウンゴール、川又


■試合の流れ
今日もフォメ図を用います。
磐田の先発は下記の通り。

1

磐田さんは、FC東京戦以来の4バックスタート。J2時代の4-2-3-1です。
FWはいつも通り川又の1トップですが、二列目は松浦の1シャドー。
いつもはダブルセンターに近い形をとっているアダイウトンと
中村俊輔は、それぞれサイド寄りをスタートポジションとする
ウイングのようなタスクになりました。

川又の調子が万全ではなく稼動域が狭まっている中でプレスにいく
ための緊急シフトだったのではないかなと。1トップ2シャドーの形では、
1トップが広域に渡ってチェイスをかけなければいけません。
現在の川又が広域プレスに対応できないため、プレスには不十分。
しかし、サイドにウイングを配置しておけば、サイドへのケアのタスクを
分散できますので、ハイプレスを維持することができます。
フィジカルの強い鳥栖相手に、ラインを下げては守りきれないため、
ハイライン、ハイプレスを維持する方針を採ったのかなと。


鳥栖は前期と同じくダイヤモンド型の4-4-2。
磐田キラーの豊田が、嫌でも気になります。

試合は思いがけない幕開け。アダイウトンのクロスが
ファーに流れたところで、鳥栖の吉田がキックミスを犯し、
自陣ゴールにまさかのオウンゴール。見事なボレーを叩き込んでしまい、
開始2分で磐田が先制します。
その後もよくボールを繋ぎ、シュートチャンスを作ります。

2

鳥栖はたまらずシステム変更。
ボックス型の中盤をボックス型に変更し、前の2毎で磐田のサイドバックに
プレッシャーをかけ、ビルドアップを阻害しにかかりました。
この作戦がハマり、前半途中からは鳥栖ペース。
しかし、シュートがなかなか枠にいかず、磐田キラー豊田のヘッドも
クロスバーを直撃。前半は磐田が一点リードで折り返し。

後半、鳥栖が同点を狙って攻勢に・・・と思いきや、意外にも
立ち上がりから積極的に出たのは磐田。開始直後にアダイウトンの
突破からチャンスを作ると、その後も速い攻撃で鳥栖を追い込みます。
11分にはアダイウトンのカウンターから最後は川又が決めて追加点。
2-0とし、試合の流れを決定付けました。その後も磐田は最後まで
プレスの手を緩めず、鳥栖にプレッシャーをかけ続ける積極性を披露。
前半とは打って変わって鳥栖にあまりチャンスを作らせず、
リードを守りきって磐田が 2-0 で鳥栖に勝利しました。

■試合の感想

開始2分のオウンゴールで試合の趨勢が決まってしまったかなと。
「触らなければ入っていた」ような仕方ないオウンゴールではなく、
見送っていれば大したピンチではなく、クリアするにしても難しい
ボールではなかったので、吉田のあのクリアミスは致命的でした。

鳥栖は前半途中にシステムを変更した後にたくさんチャンスを作っており、
それをひとつでもモノにできていれば結果は違っていたのでしょうけれど、
得点機を逃したことで追いつく機会を失いました。

後半、リードを追いかける展開で逆に攻勢に出られなくなってしまった
ことについては、よくわかりません。バテてしまったんでしょうかね。



■磐田さんについて
プレスにいかなければ守りきれない、でも前節までのやり方では
前から奪いにいくことができない。その中で名波監督が
よく妥協点を見つけてきたな、と。

鳥栖は非常によくデザインされたチームで、フィジカルの強さもさること
ながら、最終ラインの背後を取る動きも洗練されています。
河野や小野といったあたりの選手が、ロングパスに合わせて
最終ラインの背後に飛び出そうとしてきます。
豊田とイバルボのゴリ押しに耐えつつ最終ラインの神経質な駆け引きを
続けるという、磐田にとっては困難なミッションが90分続きましたが、
大井を中心に見事に成し遂げました。

先制した後は、俊輔のセットプレーかアダイウトンのカウンターで
追加点を奪う。ある意味、磐田にとってはいつも通りだったのかなと思います。

アダイウトンといえば、彼は今節もキレてましたね・・・。
少し前までは自分の周りにスペースがなければボールを運べなかったんですけど、
このところは狭いエリアで受けてもパワーとアジリティでブチ抜ける
ようになっているので、前さえ向けていればゴール前まで運べる
期待感があります。カットインもうまくなっていますよね。
この試合は守備のタスクもこなしながらだったので、
相当負荷がかかっていたと思うのですが、終盤までその役割を
しっかりとこなし続けました。
凄かったです、アダイウトン。ブラボー。


さて、いよいよ次は今季最終節。
天皇杯で敗退している磐田は、次が今季最後の公式戦です。
ホーム・ヤマハスタジアムに迎えるは、リーグ優勝がかかった
昨季の王者、鹿島アントラーズ。
絶対王者が高いモチベーションで乗り込んでくるという、
磐田にとっては非常に困難な試合となります。
躍進を果たした今季のラストを飾るために、なんとか
勝利をもぎ取ってほしいなと思います。


■珍しいスタイル
この日のジュビロ磐田は、紺色のシャツに白のパンツという組み合わせの
ユニフォームで登場しました。紺色のユニフォームはこれまでも
着用してきていますが、パンツが白というのは記憶になくて、
パッと見どうにもジュビロ磐田には見えませんでした。
ユニ
鹿児島ユナイテッドかな?

今季は上下水色だったり、夏場の黒ユニだったりと、これまでの磐田さんが
採用してこなかったスタイルが複数見られました。
このスタイルも、何度も見ていればそのうち見慣れるかもしれませんね。

この試合については以上です。


さて、今回は磐田さん以外の結果について触れます。


■残留争いは甲府と清水の一騎打ちに
今節、降格チームが決定する可能性があったので、磐田さんの試合を見ながら
他会場の速報を追っていました。清水-新潟の試合が、前半終わった段階で
清水の2-0だったので、「これはこのまま清水が勝って残留決定だな」と
思って目を離していたら、新潟が1点2点と奪い、最後は3点目を奪って
逆転勝ちしてしまったので、滅茶苦茶驚きました。
選手の負傷で一時的に10人になっていたところでカウンターで1点、
セットプレーで2点、前掛かりになったところで逆襲の3点目だったようで。
勝っていれば残留が決まっていただけに、清水のショックは甚大。
現地にいっていた清水サポの友達に「何があったんだよ」とLINEしたら、
「俺が知りたい」と返ってきました。ですよね。

新潟はこれで3連勝らしいです。追い詰められてからというもの、
新潟の粘り強さには目を見張る物がありますね。
残念ながら降格は決まってしまいましたが、この粘りがあれば
すぐにJ1に戻ってこられるのではないかと思います。

また、今日の結果、大宮の降格も決定しました。
2015年に共にJ2で戦い、昇格を勝ち取った大宮の降格には、
多少のショックはあります。しかも昨季は躍進を果たしており、
さあこれからというタイミングでしたからね。
今季大きくジャンプアップした磐田さんも、来季も同じように
やれるとは限りません。やはり現実的な目標としては、
来季もJ1残留を最優先事項としていきたいところですね。


■浦和ACL制覇
今節のJリーグの話ではありませんが、前日に行われたACL決勝2ndレグで、
浦和レッズがサウジアラビアのアルヒラルを下し、見事に優勝。
10年ぶり、Jリーグ勢としても9年ぶりのアジア制覇を果たしました。

私は浦和ファンではありませんが、それでも同じリーグのチームが
大陸王者になったことは、とても嬉しく、誇らしく思います。
浦和レッズの選手やコーチ陣、スタッフ、そしてサポーターの皆様に、
心からお祝いの言葉を贈らせてください。
念願のアジアタイトルの獲得、本当におめでとうございます。

Jリーグ勢がACLで敗退するたびに、「Jリーグはレベルが低い」と
メディアから叩かれ、Jリーグファンとして忸怩たる想いでした。
今回の浦和のアジア制覇に関して、磐田さんが優勝したわけでも、ましてや私自身が
やったわけでもないのに、「どうだ、見さらせ」と思ってしまいます。
そんな思いを持たせてくれたことに、感謝したいです。

当たり前ですが、私のように思わない人もいます。
「浦和なんか負けちまえ」と思っていたJリーグファンもいたでしょう。
そういう人たちが、狭量だとは思いません。
それもあり方のひとつであり、この文章もそういう人たちを揶揄するものではありません。
ただ、私は、嬉しかったな、と。心から、そう思います。


以上です。