21節のエスパルス戦、仕事の為リアルタイムで見ることが出来なかったのですが、結果と山村負傷によりとても見る気にならず未だに未試聴。

チームは長い長い連戦を終えてようやく少し休みが入りました。

6月半ば以降1週間以上空くことはなく、セビージャ戦・レッズ戦辺りから明らかに疲労の色が隠せなくなってきていたのでここで一段落出来たのはチームとしては良かったかなと。
その分勝ち点的な代償は大きかったがレッズも似たような日程消化してるんだよなぁ。

ACLまであったあちらは結果監督交代まで発生してるのですが選手層は厚いのでまあ。

ブレイク直後はヤマハでのアウェージュビロ戦。
フロンターレとガンバを文字通り粉砕してる後半戦のジュビロはムサエフ川辺を欠いたサンフレッチェ戦の負けが響いて上位戦線からは交代しているものの難敵であることは変わらず。

セレッソは山下が復帰するも山村が離脱。右サイドは田中ではなく松田に戻っている。
山村のところにはリカルド。

試合展開はボールを保持するジュビロと引いて守るセレッソ。
ショートカウンターが怖いジュビロ対策としてはこれでいい。

川辺が飛び込むスペースは殺せている。
あとは中央のフィジカル勝負。

川又とヨニッチ
アダイウトンとソウザ
この辺りの勝負は何度も見られた。

30分辺りまで受け続けるが、そこからボールが持てるようになってくる。
試合が動いたのは37分。

相手のミスで奪ったボールから、水沼のクロスに杉本がワンタッチゴール。
あのコースはカミンスキーもノーチャンス。
前半をリードで折り返すと後半は更にはっきりと引いてカウンターという展開に。
正直完全にプラン通りだったし、夏前と同じ守り切れる空気を感じたのだが…。

中村俊輔の一振りから川又にヘディングを叩き込まれて終盤に追い付かれる。
マーカーだった山下の届かない位置に完璧なクロスに完璧なヘディング。

これがあるから今年のジュビロは本当に厄介。

他の上位陣が軒並み勝利していることもあり、ジュビロとセレッソは共に非常に痛いドローになった。
首位との勝ち点差は4に開いた。

怪我人が増えてきているのはやはり苦しい。
清武山村が9月半ば以降に同時に復帰してくるかなと。
そこまで踏み止まるにはアントラーズが止まってくれそうもない。
次節叩かなければ独走されそう情勢。

来週は大一番。勝てなければ優勝争いからは脱落となる。