皆さんこんばんは。
夜磐です。

DAZN で磐田-川崎戦を見ました。

ジュビロ磐田 0-2 川崎フロンターレ
得点者)阿部、長谷川

■試合の流れ
序盤から川崎がボールを支配、得意のパス回しで磐田を翻弄。
磐田は集中した守備で前半をスコアレスで凌ぐが、後半に
ついに決壊し先制点を献上。ビハインドを負ったが反撃することができず、
終了間際に追加点を奪われて0-2の完敗を喫した。

■試合の感想
ここ最近、相手が決定機を逸し続けてくれたおかげで勝点を重ねられて
いましたが、やはり上位相手になるとそう外してはくれません。
非常に悔しいですが、純粋な力負けですね。
チームとしての完成度の差が歴然でした。

磐田さんは、リードを奪われた後に課題を残しました。
相手が重心を下げたのでボールは持てるようになりましたが、
そこから能動的に相手を崩すことができませんでした。
相手のブロックの外で横パスを繰り返していても、
勝手に相手は崩れてはくれません。
かといって、必ずしも縦パスを刺す必要はありません。
ブロックの外での横パスにしても、例えばダイレクトで
ファーストディフェンダーを外すとか、サイド変えてから
縦につけるとか、やりようはあります。
その点で、磐田さんはちょっとアイディアが乏しかったですね。

横パスやバックパスを一概に無用だと断言はできないにしても、
この日の磐田さんの横パスは意味をなさないものが大半でした。

負傷した太田吉彰が軽傷であることを祈りつつ、
感想を締めさせて頂きます。


■小川航基の不在が痛い
ルヴァンカップでハットトリックして以降、完全に戦力になっていた小川航基。
U-20 W杯に参加するため、今節からチームを離れているのですが、
この日は小川不在の影響をモロに感じました。
小川は、身体を張る川又の下でパス出しとフィニッシュの両方を担うことが
できるので、今日のように追い上げになった際の存在感は非常に大きいです。
小川が得意とするシチュエーションになったからこそ、
その存在がいないことを痛手に感じました。

U-20 W杯に参加することは、彼にとって非常に大きな経験になるでしょう。
喜んで送り出したいと考えています。

でも終わったら早く帰ってきて!


今日は以上です。