過密日程に入る中、第8節の相手は徹底して固めてくる甲府。

吉田達磨がリアリズムに溢れたサッカーをやっているという事実が甲府の凄さを物語っている。

ここまでの成績は2勝2分3敗で一見パッとしないが既にACL組4チームとの試合を消化してこの数字なわけで。
3敗中の2つは鹿島浦和と考えるとやっぱり堅実に勝ち点を積んでる印象。
やっぱり日程偏りすぎじゃないですかね…。
某首都のクラブに有利な日程だというネタが話題になったけどさ。

メンバーは前節と同じ。
木本先発にしてくれないかなぁと思うが、中盤最終ラインの広い範囲でバックアップが利くマルチロールだと考えると取っておきたいのはわからなくもない。

清武の先発復帰はまだ。
というか現状だと完璧にコンディション戻すまでは関口のメリットの方が大きい。

甲府相手に清武の途中投入は結果的に失敗だったしなぁ…。

甲府は前半15分、新井の負傷により畑尾に交代。
アクシデントにより今季初出場とのこと。怪我人の多さはやっぱり吉田達磨だなぁとは思う。

前半は堅い守備に阻まれスコアレス。
決めるべきシーンはあったが決めきれず。
相変わらず得点力にはまだ課題が残る。

後半開始直後。
柿谷のスルーパスから杉本。
2試合連続のゴールで先制。綺麗な引き出しと落ち着いたシュートはコンディションの良さが見える。

その後流れを少し失う。相変わらず畳みかけるのが出来ないなぁ。
14分関口→清武。

これは正直早かった。
そのわずか3分後。

右サイドで取られたFKからアクシデントで投入されていた畑尾がヘディングでゴール。
兵藤のキックも畑尾のヘディングも完璧。
杉本が前を取られる。得点分は帳消し。

相変わらず甲府の守備は堅かった。
面子が入れ替わっても変わらないどころかむしろ抜群のラインコントロールを見せ堅守を支えた畑尾。
相手のアクシデントによる序盤の交代は結果的に攻守両面でこっちにとってはマイナスになった。

また途中から入ったボザニッチはドゥドゥより怖さがあり、なんで先発じゃないんだろうかと。

終盤、山村→木本の交代。
木本はやっぱり落ち着いてるが、結果1つ前に入ったソウザのトップ下はイマイチだなというのが正直な感想。

終盤連続のチャンスは岡の懸命のプレーに阻まれ、1-1のままドロー。
5戦負けなしも2試合連続のドローで一歩後退。

この連戦はアウェーが多くかなり日程が厳しいが上手くマネージメントして欲しい。
アウェー甲府→アウェー鳥栖→ホーム川崎→アウェー広島→アウェー柏→ホーム新潟→ホーム広島と続く7連戦。
連続アウェーの甲府→鳥栖とか広島→柏とか連戦にはきついっす。
まあルヴァンに主力は連れて行かないだろうけど。

余談
今日も案の定磐田。
アウェー鹿島戦を後半から。

前半0-2で磐田リード。カミンスキー負傷交代。何だこれ。

そして鹿島は怒りのレオシルバPJ投入。
いや、だからレオシルバがすげーのはわかるんだけど何で前半温存なんだよ…。
90分トータルで凄い選手であってジョーカーじゃねーだろと。

PJは…まあわからんでもない。

磐田はGKがカミンスキーじゃない弊害はわりとハッキリ出てた。
相手の攻撃が切れない。
後半はわりとサンドバックになっていたが鹿島が全く決める気配がない。
今季の鹿島はホーム4試合でわずか1得点。もはや鬼門。

PJが右サイドでボールを持つ。ゴールラインを割る。判定はゴールキック。
PJキレた。
スローで見ると確かに磐田のDFは触れてない。副審ナイスジャッジ。

今度は鹿島ゴール前。俊輔上手く誘ってFKをゲット。
FKはレオシルバの腕に当たったあと植田の手に当たるがいずれもハンドはなし。

後半34分、川又が粘ったところを川辺が迷いなく振り向いて0-3。
終盤のチャンスを鹿島が外し続けてそのまま試合終了。

得失を大きく伸ばし、同勝ち点のフロンターレ、セレッソ、マリノスをかわして6位浮上。
俊輔のミドルえぐい。そしてサッカー楽しそう。鹿島アウェー0-3で勝てたらそら楽しいよな…。

次節の注目は埼玉ダービーだろうか。
大宮の終末感がやばい中現状頭一つ抜けてる浦和はきっちり勝ち点を積めるか。