なぜか勝てない。なぜか勝ちきれない。

結果は0-0のスコアレスドロー 

これで1勝3分けで3位。チームとしてどうなのか?戦術が悪いのか、我々が悪いのか何が悪いのかが本当にわからない。

スタメン 
2014y05m12d_225537339

GK:紀氏に変えてゲンキがスタメン
DF:天羽が右に入り久保が初先発。清水が初めてのベンチ外
MF:山瀬がベンチ で吉村がスタメン。3人がフラットに並ぶ
FW :変化なし

ある程度「変化」をしたが、FWを何も変えなかったのは少々疑問である。

前半
どちらも精彩を欠く 。

FC大阪の精彩を欠く点はは中盤のバイタルがスカスカになる。どうしても須ノ又、高橋が上がるとそうなる。同じタイプだから仕方ない。あとは吉村が初出場だが消えていた。
DFについては久保がCBの選手で去年と同じポジションだったので、不安定だが要所は締めていたので、合格点である。
FWについては後でうんざりするほど書く


  奈良クラブは4‐3‐3のスタイル。
守備はうまくいくが、中盤より先がうまくいかない。FC大阪の4枚プラス高橋に手を焼いていたし、そこからの提案もなくお互いが苦しい状態であった。前半0-0で折り返す


後半は先にFC大阪が動く。
19番吉村に代えて4番濱上を投入。 守備を安定させる。中盤を落ち着かせる。スタイルも4‐2‐1‐3になる。
前半に比べると中盤の底に濱上、高橋なのでほぼハーフコートサッカーですが、奈良クラブのボランチとDF4枚を崩せない。
この2人が昨年の得点の半分以上だから、やはり、彼らの活躍なしには、浮上はない。
奈良クラブも点をとる為に池田、岡山を投入。縦ポンである。 しかし、彼にボールが集まらない。
なぜかって?
塚田が全部跳ね返す。元Jでフィジカルを売りにしてた人が東大阪FCにぶっ飛ばすんだから、卓さんあんた何者よ?
あとは、DFリーダー岩本が巧く岡山の前に立ち競り勝つ。岡山は敵じゃない。 なので奈良クラブは打つ手がなく最後に濱岡投入。裏狙いにするがダメ。
そして、グダグタなまま、試合終了。ビックセーブもなければ、バー直撃もない。なんか寂しい試合でした。

課題点・対策

その前に関西一部の現状

関西Lがトップが和歌山で勝ち点7。FC大阪が勝ち点6。最下位関大が勝ち点4と混戦も混戦。
歴史からして勝ち点30以上が、優勝ラインですが今年は30もいかないと予想
28前後だと思います。 これを踏まえて、意見、課題対策を書きます。私が選手を自由に動かせないので、あれですが……

①四ヶ浦をスタメン外す
エース四ヶ浦本当に洒落にならん。
一度ベンチから試合を観た方がいい。彼の為にもだしチームの為にもなる。 まず、彼に「怖さ」が無くなった。それに伴い川西が全く活きない

②須ノ又トップ下固定
彼は元々トップ下の選手。山瀬より上だし、動きから90分掻き回せれる。

③ボランチの高橋の相方に濱上もしくは、小田原を使う
チームのエンジン高橋は絶対外せない。彼以外舵をとれない。その相方は守備が得意で彼のサポートが出来る彼らと思う。小田原に関しては昨年終盤はボランチでコンビを組んでいたので問題はない。濱上も昨日のデキからしていける。

④サイドバック清水孝太
各所からサイドバッグを拉致してきてサイドバック王国ですが清水を使う。 去年の評価からまずは左サイドバックにし、天羽を右にする。 彼は声が出てチームのバランスをコントロール出来る人左サイドバックに置くのは清水 の上がりすぎを無くす為。

⑤リスクを背負う
リスクを背負わないと勝てない。勝ち点3を取りに行くスタイル、ベンチからのメッセージを送らないといけない。内容より結果は勿論だけど、奈良クラブ戦に関してベンチから 「勝ちに行くぞ」という気持ちが観ていて見えなかった。

⑥全員でサッカーをする
すごく意味がわからない内容かもしれない。現在FC大阪は個人でサッカーをやっている。チームの総合力0で試合をしていると言っても過言ではない。去年はチームとしてまとまったし勢いもあったしね。
退団したけど「松尾直人」のみえないちからがおっきかったかもしれない。御給さんや岳登にはない何かがね。 

加古川戦以降の対策
 
 
元祖引き籠もりサッカーチームなのは、周囲がわかってる。弱点であるバイタルを狙われカウンター一発狙いなのも確か。
向こうが引いてるからといって攻めずになにもしない訳ではなく、勿論点数を取る為に攻めないといけない。 
後半も20分すぎで0-0の均衡 ではDF削ってFWを入れないといけないし更に、バイタルを狙われるのわかっててボランチを削ってFWを入れないといけない。そのリスクを背負えるのか?
加古川だけではなく、各チーム引き籠もりで試合に臨んでくると思う。ポイント1狙いでね
本当にポイント3取るならそのリスクを背負う事をベンチがやってほしい。
それで負けたら仕方ない。勝負事だから負ける事もある。やる事やって負けてくれ。