2-0。



必ずしも浦和の内容が良かった訳ではないが、こういう試合を勝ち切る事が本当に重要。

個人的には関根が高い位置を取れた時にクリスティアーノを守勢に回せたのが大きかったかなと。
低い位置で持たれる分にはそれほど怖くは無く、捌きの質も雑なので怖さは半減していたかなと。

前半、柏のサイドチェンジ、スライド、入れ替え、この辺りの質が結構高く、それに伴って中央がぽっかり空くような流れが幾度か生じる。ゴールこそ奪えなかったですが、可能性は感じる攻撃だったように思います。
(まぁ、ゴール奪えないというのが重症と言えるのかもしれませんが)
ただ、後半にそれを継続して行うだけのベースはまだ無いようで。。。

守備陣は、久方ぶりのクリーンシート達成で、シャッターガラガラ。
戦術兵器伊東純也の対応に苦しみながら、またラッキーも何度か重なっての無失点。
復調に向けての良いきっかけにして貰えればオーケーなのだが、やはり那須のリベロはライン管理の面でかなりの不安がある。まぁ、しばらく試合に出ていなかった影響も少なからずあるとは思うので、なんとか持ち直して欲しいところ。まず間違いなく、これからの対戦チームは狙ってくるはず。



攻撃陣は近い内に状態をかなりあげてくると思います。
興梠がいなくなってどうなるかは微妙ですが、正直、武藤と李の方が戻しつつあるのかなという印象。
特に「原点回帰」と評して、なにがしヘア〜にさせられた武藤は良好。
前線での献身的なアプローチと効果的なランが大分戻ってきた。武藤は今の浦和のメンバーでは替えがいないタイプなので、彼の復調は今後の連戦で必ず生きてくると確信。
ゴールという結果もそう遠く無い内に見れると思います。


阿部ちゃんのフリーキックは文句無し!

というか、やはりあの位置は槙野に蹴らせるのでは無く、阿部に蹴らせるべきでは無いかと。

もう「アベッカム」を死語とは言わせない。

というか今の若い子達は「アベッカム」という言葉を知っているのか問題。






ポンチョビ。