今年は開幕早々に見に行けるチャンスが出来ました。

専修大学絡みの記事を書くのは、去年、『【ポンチョビ】専修大学サッカー部の試合を2試合見に行ってみた。』 を上げて以来になりますね。

今回は、桐蔭横浜大学との一戦です。

「ここ数年で急成長」というと失礼かもしれませんが、それくらい急激に存在感を示し始めたチームです。


スタメンです。

2016-04-09-13-39-14

2016-04-09-13-39-01

システムはこんな感じ。

2016y04m09d_230024717

名前の横にある数字は学年を示しております。

まず4月の頭であるこの時期で専修大学は4人の1年生を起用してきました。
個人的には、去年のブログで書いた小口選手と下田選手が見たかったのですが、それはまたの機会になりました。


以下、雑感です。

2016y04m09d_233424072

専修大学はこれまでと同様に、自分たちでボールを保持してパスワークを駆使しながら攻撃的に闘って行くスタイルを継続しているものと思われます。
まず肝になるのは、中盤の3人。
アンカーに入った吉村選手、一列前に陣取る中村選手と野田選手。
この3人の4年生でどれだけリズムを作れるかが大きなカギになっていたように思います。
基本的にはこの3人でリズムを作り、SBが高い位置を陣取り、サイドへボールを配球。
両サイドに一枚ずつ配置されたWGと連携を取りつつサイドを蹂躙して相手ゴールへ迫る。
そんな狙いなのかな~と思っておりました。

しかし、桐蔭横浜大学もそれをやすやすと許すわけがなく・・・。

2016y04m10d_001249341

専修大学の中盤3枚の赤丸エリアに対して結構厳しくいっていたように思います。
このエリアで自由にやらせなければ怖さは半減するということを見込んでいたのか、試合の中で掴んでいったのかは分かりませんが、ここからサイドに効果的な形で振らせることに対しての警戒心は強かったように思います。

実際はこの状態でも専修大学はある程度ボールを保持できておりました。
前半終了時でも支配率で言えば、60%近くは持てていたかもしれません。
ただ、自陣ないしはセンターサークル近辺でのボール回しが多く、中々相手ゴールに迫る形でのパスワークというものは見せられなかったように思います。
それでも、時折アンカーの吉村選手辺りから一発で左SBへのロングパス等を活用して、相手ゴールへ迫る場面も作れそうな気配もありましたが、そこからCFに合ってくる場面が殆ど有りませんでした。

ただ、この中盤の圧縮に専修大学も黙っていたわけではなく。。。

2016y04m10d_003123701

アンカーの吉村選手を最終ラインまで下げて3バックのような形になる時間帯が出てきました。
明確に練習していてのオプションの話なのか、流れの中でたまたまそういう陣形にならざるを得なかった時間帯なのか分かりませんが、ちょっと「おお!」とおもった瞬間ではありました。

この形が出てきた時に、この6番吉村選手がどう考えてもこのチームのキーマン中のキーマンであり、ボールは彼を経由させて動かして行きたいという意図を感じました。
アンカーに入ってはいましたが、守備よりはボールを保持している時の方がより強みを発揮できるタイプなのかなと。


専修大学のことばかり書いてしまってますけど、結局、前半はどうだったかと言うと2-0で桐蔭横浜大学がリードする流れになりました。先制点はセットプレーから、追加点はパスミスからのカウンターと、まあ抜け目ないと言うか取れるところでしっかり取るというタスクがしっかりこなせていたのかなという印象です。


後半に入って専修大学はメンバーを弄ってきました。

2016y04m10d_082208231

SBとなかなか縦の連携で崩すことが出来なかった両WGをハーフタイムで2人とも変えてきました。
また、中盤の攻勢も後ろ2枚を基本陣形として中村選手をより高い位置でプレーさせようという陣形に変えてきたように思えました。
これは結構上手くいっていたように思います。
吉村選手の所で余裕が出来やすくなりましたし、両WGがある程度は個で押しこめるタイプになり、周囲のカバーがいまいちな局面でも押し込めるような流れが出来るようになりました。
桐蔭横浜大学もこの陣形には中々手を焼いていたようで、中盤3人の所で潰せない時間帯が結構な時間続きましたが、最後のところだけはやらせない固さを見せておりました。

総じて、桐蔭横浜大学は90分通じて大きなミスというミスもなく堅実に試合を進めていたなという印象がありました。また、専修大学の選手と比べて体が一回り大きいというか、しっかり体を仕上げてきているように見えました。その影響もあるのか、球際の場面では桐蔭横浜大学の方がアドバンテージを多く有していたように思います。
一方、専修大学はまだまだ仕上がり途中という感じでした。
細かいパスミスも見られましたし、後方からのビルドアップでもSBのエリアで何度か詰まる場面もあったりして、怖い場面もありました。

個人では、桐蔭横浜大学の11番鈴木国友選手が非常に可能性を感じさせるプレーを見せておりました。
相手DFを背負えるフィジカルの強さは体格を見ればなんとなく想定できましたが、圧巻だったのは2点目のカウンターからのシュート。
ドリブルでありながら相手DFを置き去りにするスピード。そして、直線的なドリブルでありながら、そのままゴール右上隅へズドン!
文字で凄さを伝えるのが難しいゴールなのですが、ちょっと規格外な凄みを感じましたよ。
3年生ということで卒業まではまだ1年以上ありますが、どこかのJクラブが目をつけても可笑しくない選手なのかなと。
同じく、桐蔭横浜大学の27番イサカ・ゼイン選手も1年生ながら存在感を示していたように思います。
長い距離をトップスピードでぶち抜けるドリブルはこのチームの大きな武器になるな~と見ておりました。この試合では後半途中でガス欠状態に陥ってしまいフル出場とはいきませんでしたが、今後の成長が楽しみな逸材なのかなと思います。


ではまた。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

~結果~

専修大学 1 - 3 桐蔭横浜大学 (県立保土ヶ谷公園サッカー場)

〇 得点者
13分 今関 (桐蔭横浜)
43分 鈴木 (桐蔭横浜)
51分 岸   (専修)
76分 浅沼 (桐蔭横浜)


2016-04-09-13-40-54

2016-04-09-13-54-35

2016-04-09-15-50-29