どうも。

さっそくいきましょう


1位   浦和レッズ
2位   サンフレッチェ広島
3位   ガンバ大阪
4位   鹿島アントラーズ
5位   サガン鳥栖
6位   川崎フロンターレ
7位   FC東京
8位   柏レイソル
9位   横浜F・マリノス
10位  大宮アルディージャ
11位  ヴィッセル神戸
12位  湘南ベルマーレ
13位  アルビレックス新潟
14位  ベガルタ仙台
15位  名古屋グランパス
16位  ヴァンフォーレ甲府
17位  ジュビロ磐田
18位  アビスパ福岡



(1) 2ステージ制ではありますが、これまで通り年間順位を基準に見ていくことにします。
(2) あくまでリーグ戦での獲得勝ち点順を予想するものとします。
⇒ さすがに、一発勝負のCSの予想まではこの時期に出来ませんし、意味がありません。



細かい話は追記。気になる点を簡単にいくつか。

1、TOP3(浦和・広島・ガンバ)+1(鹿島)の構図は変わらない。
⇒ 浦和は一位予想縛り。
⇒ 上記チームに昨年比で大きなマイナス要素が見当たらないのと、下位からの突き上げ要素の期待値がそれほど高くないという見方。

2、鳥栖・川崎・東京辺りで1グループを形成して上位を脅かせるか。
⇒ 鳥栖は5位の年。川崎は通してみれば変わらず。東京は太田の穴が地味に響きそうだが、地力はあり。

3、上位7チームで一区切り、柏以下は少し離れる予想。
⇒ 「中位に大集団」「どこが優勝してもおかしくない」というリーグから変わりつつあると見ている。
⇒ 自分の中では11位以下に記載されているチームは、順位ほどの大きな差がないと見ている。

4、不安いっぱいの名古屋だが、多分途中で難しいことはやめて勝ち点をギリギリで稼ぎきる。

5、得点王は怪我さえなければ、ピーター・ウタカ (浦和) (広島)。
⇒ 大久保とか宇佐美とかみんなが予想しそうな人以外で面白そうなのはラファエル・シルバ(新潟)。
⇒ J2得点王は船山(千葉)。

6、たぶん今年もだいたい当たる。
⇒ 去年大きく外したのは広島くらいだもんな~(12位予想)



すげー、簡単だけど書かないよりはマシでしょ。

ポンチョビ