皆さんこんばんは。
夜磐です。

2016年のJ1の日程が発表されました。
各チームのファンの悲喜交々が聞こえてきますが、
その中で「磐田戦の会場がヤマハなのかエコパなのか」に
注目されている他サポの方が何名か見受けられました。
なので、今回は「磐田がエコパを使う条件」につきまして、
皆様にご共有しておこうと思います。

まずエコパについて簡単にご説明致します。
正式名称「小笠山総合運動公園スタジアム」、通称エコパ
静岡県が国体開催と02W杯開催を見据えて建設した陸上競技場で、
国内でも屈指の5万人という収容力を誇ります。
01年の落成以降、清水や磐田が稀にホームゲームの会場としている他、
日本代表の国際試合やJリーグオールスターなどでも使用されています。
最近は、J3の藤枝MYFC も使用しているようで、
静岡県民には馴染深いスタジアムと言って良いでしょう。

しかしながら、このスタジアムはサッカーファンからの評判がよくありません
理由は様々ありますが、筆頭として挙げられるのは
試合が見づらい」の一点に尽きます。
陸上競技場であっても、旧国立やヤンマースタジアム長居のように
サッカーが見やすいスタジアムは存在しますが、
残念ながらエコパはその次第ではなく、
サッカーが見づらい陸上競技場の部類に入ります。
P1030942
ゴール裏からの視点。まぁ見えなくはないのですが・・・

DSC_1340
比較対象がコレですからなぁ・・・

準ホームとしている磐田や清水、藤枝がサッカー専用スタジアムを
本拠地としていることもあって、対静岡勢との試合会場をエコパにされるのは、
他サポからすると嫌がらせに他ならないとか。
大宮アルディージャのNACK5と熊谷の関係に近いかもしれません。

また、清水や藤枝はわかりませんが、磐田としても会場として
あまり積極的に使用したくない理由があります。
その理由とは、エコパを使うと開催費がかさむこと。
スタジアム使用料もそうですが、運営のためにアルバイトを
多数動員しなければいけないので、ヤマハスタジアムで開催する試合の
10倍の開催費がかかってしまうとかなんとか。
ヤマハスタジアムの改修が終わったこともあって、磐田は降格前から
エコパの使用は可能な範囲で避けていました。

誰にも望まれていないんだったら全部ヤマハでやればいいじゃん」と
誰もが考えると思いますが、磐田がエコパを使うのにも理由があります。
相手次第で、どうしてもエコパを使わなければいけない状況もあるのです。
以下、過去の傾向と実績から、磐田がエコパ開催にする相手の条件を想像してみました。


①多数の観客動員が見込まれる試合
ヤマハスタジアムの収容力が1万6千人と比較的少ないため、
多数の動員が見込まれる試合では、チケット難民を避けるために
より多くの観客を収容できるエコパを使うことになります。
まぁ、早い話が浦和レッズのことですね(笑)
2006年に浦和戦をヤマハスタジアムで開催したところ
未曾有のチケット争奪戦が発生したため、
以降はリーグ戦で対戦する時はエコパに一本化されています。

②ヤマハスタジアムでサポが問題を起こしたチームとの試合
ヤマハスタジアムは専用スタジアムであるが故にスタンドとピッチの距離が近く、
サポーターが物の投げ込みなどを行うと選手に危害が及ぶ危険があります。
そのため、ヤマハスタジアムでサポーターが問題を起こしたチームとの対戦は、
翌年からエコパ開催に切り替えられる傾向があります。
このパターンでエコパ開催にされることを、一部の磐田サポーターが
エコパ送り」と呼び罰ゲーム扱いしている他、
エコパ開催からヤマハ開催に切り戻されることを「刑期を終える」と
表現している方も一部いらっしゃいます(笑)
過去、これに該当したのが清水G大阪名古屋の3チーム。
水筒を投げ込む程度だった名古屋は2年でヤマハに帰してもらえましたが、
警備員に水をぶっかけ川口にまで攻撃をしたG大阪は3年間エコパに送られ、
名波にビール缶をブチ当てた清水については10年もの"刑期"が与えられました。
磐田がJ2に降格する前年に一応浦和を除く全てのチームとの対戦がヤマハに
切り替えられていますが、その年に清水サポがまたやらかしてしまったため、
再びエコパに送られることが予想されます。

③開幕戦やGWなどの試合
多数の動員が見込まれる試合という点では①と変わらないのかも
しれませんが、最大の違いは相手を選ばないということ。
開幕戦やGWの連休中など、対戦相手に関係なく多数の来場が
予想される試合でエコパが使用されることがありました。
この条件に該当するのが、福岡東京V
どちらも特別に高居動員数を誇るわけでも、ヤマハで問題を
起こしたわけでもありませんが、エコパ開催に割り当てられました。


・・・以上の条件を踏まえまして、自分は開幕前に
エコパ送りになるチームを予想していました。
事前に「エコパは3試合」という情報が入っていたので、
該当3チームについては「浦和は確実でG大阪もほぼ確実、
ラスト1枠は鹿島横浜FM、大穴で名古屋」と予想しました。

さて、本日発表された日程により、
エコパ送りが決定した3チームは・・・。



浦和G大阪FC




FCまさかのエコパ行き!




いやぁ、ビックリしました。
FC東京は上記のどの条件にも該当しないので、
まさかエコパ開催の犠牲者になるとは
全く予想しておりませんでした。
是非とも磐田フロントにはFC東京をエコパ対象とした
理由を聞いてみたいものです。

以上です。
日程が発表され、各々方テンションが上がっていることと思います。
今季も皆で楽しいJリーグを築いて行きましょう!