僕はサポーターという言葉、人物、集団については本当によく考えています。
でも、頭の中で考えるだけで言葉にもしないし、文章にもしていない。
せっかくなのでここ、FBMに書いていこうと思っています。
ある程度のことはすでに考えていることなので、サラサラっと出てきますが、
今のところ、思ったことをそのままに箇条書きのようにして、かつ日記のように追記していきます。


1(4月2日)
サポーターとは一体何者なんでしょうか?とりあえず漠然とした何かがあっても、これがサポーターだ!
という答えは明確に打ち出されていないような気がします。たとえば、スタジアムに来るすべての人がサポーターだとしましょう。そうすると次のFC東京のHPを見てみてください。
http://www.fctokyo.co.jp/185920/
FC東京というクラブは意図的にファンとサポーターという言葉を使い分けているように思います。
では、ゴール裏がサポーターで、それ以外の席種にいる人はファン、これでいいのでしょうか?
そもそもチケットを買って応援する人、という大きな括りから二つに分けてしまうことは正しい考え方
なのでしょうか?

2(4月2日)
思い出してみてください。たとえば浦和がACL優勝を決めた瞬間、スタジアム全体から地鳴りのように響き続けたチャントは上記のサポーターによるものだけだったのでしょうか?
コンサドーレ札幌がJ1昇格を決めた2012年のFC東京戦、スタジアムは完璧なまでに赤黒に染まりました。
ゴール裏にいなかった彼らはサポーター、支える人間とは呼べないのでしょうか?

3(4月2日)
サポーターがするサポートの内容、つまり行動を紐解けば答えに近づけるかもしれません。
ゴール裏でチャント歌い飛び跳ねる、これはかなり一般的なサポーターのイメージに近いかと思います。
集客のためのビラ配りや、身銭を削ってクラブ会員になったり株主になったり。
サポートする行為が伴って、人はサポーターという人間になれる。そう考えると、1も2も解決できてる
ように思います。

4(4月4日)
ツイッターではファンとサポーターの違いについて盛り上がってるみたいですね。どうでもいいんじゃないかとか、
色々意見があって面白いんですけど、上記の通りFC東京に聞いてみたらいいんじゃないでしょうか?
FC東京はきっと明確な答えをもっているかと思います。
答えを持っていないないのに使い分けるなんて、それはそれでおかしな話です。

5(4月4日)
一言断りますが、すべての記事(日記)が連なって答えを出していく訳ではありません。

サポーターの立ち位置はクラブにおいてどんなものになるのでしょうか?
サポーターはどういう関係にあるのでしょうか?
いや、みなさんはどんな関係がそこにあると思っているのでしょうか?

サポーターグループはチームとどんな関係を築いているのでしょうか?

6(4月4日)
クラブ 我々が応援する、関わっているチーム名に関わるすべてのものの総称
クラブに含むもの
チーム 選手、スタッフ、コーチ
フロント クラブの内政に関わる部分、またはその仕事に携わる人々
サポーター クラブを支える人々(仮)
と僕は考えています。

7(4月4日)
ファンとサポーターを区別することを嫌がる理由って、ファンの上位に来る人(集団)がサポーターの
ようなイメージがあるからなのでしょうか?面倒な儀式や何か特別な行為をもってして、ファンはサポーターに進化、変身するのでしょうか?
いや、そうするとサポーターとは行動が伴わないとファンから昇華できないのでしょうか?

8(4月4日)
サポーターという言葉にも形容詞がついてるのをよく見ますよね。
たとえばコアサポーター、とか。
コンサドーレ札幌のHPには熱烈サポーターという言葉があったりします。
彼らはやはり普通のサポーターとは違うからこそ、こういう形容詞がついているのだと思います。
何が違うのでしょうか?
ここのところ疑問ばっかりですね。

9(4月4日)
サポーター現地リポート
柏レイソルのお話
とある日、柏レイソルのミーティング(サポーターの集まり)に参加する機会がありました。
そこでかの有名なみゃ長が、当時加入したばかりでかつ怪我で出場出来ていなかったレアンドロドミンゲス
選手のコンディションについてクラブの方々と話したと、ミーティングの場で言っていたのがとても衝撃的でした。
もちろんどんな怪我であるとか、復帰時期はいつだとか、そんな内部情報は話していません。
確かレアンドロ選手は期待できるぞーとか、そんな話だったと記憶しています。
僕は、サポーターグループがそうやって会談の場をきちんと設けている事自体に衝撃を受けていました。
選手紹介のVTRでも一つの驚きが。
出場選手、ベンチ入りの名前を会場のMCがアナウンスすると、その選手チャントがゴール裏から
響いてきます。MCは選手によって長さの違うチャントをきちんと終わるのをまって、次の選手の紹介を
進めていきます。要は打ち合わせ済みって事ですよね。終わるのを待たずに勝手にMCが次の選手を
紹介するようなことは無かったです。当時は本当に何も知らなかったので、「こういうのもあるのか」と
びっくりしていたのを記憶しています。






続く