入居早々ではあるが早速一つ記事を書きたいと思う。


新国立競技場問題で沸く昨今、大阪府は吹田市に建設中のガンバ大阪の新スタジアムが完成間近である。

日本初寄付金で作るスタジアム 

と称し寄付金を募り、ガンバ大阪の三冠効果もあり無事に目標額であった140億円を突破。フルスペックでの建設が決定している。

今回はそんな新スタジアムについて公式サイト(http://www.field-of-smile.jp/) を参考に簡単に紹介したい。

収容人数は40000人で、スタジアム全体が日産スタジアムの中にすっぽり入る程度の大きさである。 


ca10b614

↑こんな感じ(左:日産スタジアム 右:ガンバ新スタ)
 
現在使用している万博記念競技場が21000人の為約2倍の収容数になることになる。スゲ-
又新スタジアムの建設地も万博記念競技場よりやや南にいった所にあるためアクセスもさほど変わりはない。

最前の客席からタッチラインが7m、ゴールラインが10mと非常に近く、長年見にくさと戦って来たガンバサポも完成を首を長くして待ちわびているようだ。

現在既に外装工事は終了した模様で、照明のテストやビジョンの設置、芝植えなどが残っている感じで、今秋にも完成予定。


とまぁこんな感じ(大分ザックリ)

今回こうして【寄付金で作るスタジアム】の成功例が出来た事で今後専用スタジアム建設に乗り出すクラブや自治体も増えてくるのではないだろうか?
まだまだ専用スタジアムが多いとはいえないのでこれを機にサッカーが見やすい環境が増えてくれればうれしい限りじゃないだろうか?

最後になるが、新スタジアムが完成すれば現状使用している万博記念競技場は使われなくなるだろう。
とても見にくいクソスタジアムではあるが 大阪遠征が残ってるチームのサポーターの方は最後の万博に足を運んではいかがだろうか?