こんにちは、先週の水曜日(8月19日)に同じフットボールマンションの住人takuさん(『taku』ツイッター)の誘いもあり、天皇杯神奈川県予選準決勝を観戦してまいりました。

既にtakuさんの記事があがっています。是非そちらも一緒に見て頂けるとより楽しんでいただけるかと思います。
【taku】天皇杯神奈川県予選 YSCC対桐蔭横浜大学 専修大学対SC相模原  

試合の記事は鮮度が命!…私の記事ずいぶん遅くなってしまったので急がねばw

さて、今年の天皇杯といえばポスターが人気漫画『GIANT KILLING』を起用した事で話題になりました。
一発勝負のトーナメント大会では「ジャイアント・キリング」まさに「番狂わせ」も楽しみです。

●静岡を出発  
そんな訳で会場であるBMWスタジアムを目指し、平塚へ出発します。
①新幹線で小田原まで→平塚まで東海道線
②東海道線で鈍行
の二択でしたが30分位しか変わらないのに、特急券の分で値段が倍近く違うので、今回は鈍行で行きました。
東海道線で買う時は、切符が1,660円区間(静岡から小田原、平塚から沼津だったかな?)までしかないので、みどりの窓口でお買い求めになる事を推奨します。(後清算は、精算機で弾かれます。)
TOICAを持っていないので(SUICAは持ってるくせに)その場合は不明。
2015-08-19-08-37-17
 どうでも良い話ですけど、熱海は乗り換えには少し手狭ですね。昔から思っていましたけど、伊豆方面への乗り換えもあるしもう少し大きくてもいいのでは?と思ったり、でも繁忙期以外は十分なのかな?

そんなこんな、えっちらほっちら平塚に到着
2015-08-19-13-51-39
 
時間が早かった事も有り、少し大学生の野球を平塚球場で見ました。
こういった陸上競技場や野球場が一緒にあるタイプの施設ならではの出会いですね。
フラッとバットの音やボールの音に足を運んだからこそ見れた。といった感じです。
IMG_2736
 (今回は重複する写真も多かったので、takuさんの写真をお借りします。)

2015-08-19-15-09-35

●第一試合 YSCCvs桐蔭横浜 
まずは前回出場のYSCCと県大学2位の桐蔭横浜

YSCCはJ3では大苦戦中です。すみません私、知ってる選手いません。
IMG_2742

桐蔭横浜は、13番の吉田選手が浜松開誠館出身。もしかしたら、数年前に母校応援で高校サッカー観に行った際に相手チームで出てたかもしれません。
IMG_2743

 近年、Jに優秀な選手を送り出してる大学サッカー。そして、現在J3最下位とはいえ、Jの看板を背負っているチームの対戦。2試合目の専修大学vsSC相模原を含め、ある意味私はこの後衝撃を受けました。

試合開始から攻勢に出たのは桐蔭横浜。11番の長身、鈴木選手をターゲットに裏を10番の石川選手が狙ったり、一度落として7番の山根選手を中心に展開したり。
一旦戻して4番のCB佐々木(宏)選手から大きく右サイドの13番吉田選手、8番の佐々木(俊)選手を使ったり左サイドを上げたりと揺さぶりをかけます。

image


特に印象に残った素晴らしかった選手は4名
・11番鈴木選手…彼の身長を活かした戦術はチームの柱の1つだった。対峙したYSCC4番・松田選手にも負けていなかった。
 ・4番佐々木選手…右サイドへ正確かつ速いフィードは見事だった。最終ラインに広く展開できる選手は重要だなと改めて感じた。
・5番金子選手…攻守にわたって良く走り危険な芽を摘み取っていた。サポート意識も素晴らしかった。

そして、MVP級だったのは7番の山根選手(ウィザス高校出身)彼はこの試合では別格の選手だった。近づけばいなされ、距離をとれば展開され、無理と判断すれば、素早く下げる。
技術、判断力共に素晴らしく、YSCCの選手は彼を終盤の疲労が見えた時間帯まで捕らえる事は出来なかった。

桐蔭横浜のチーム自体も、展開に合わせ選手が動き、常に互いがパスの出し所を意識していた。
中に選手が切り込めば、空いた外のスペースを使う動きをしたり展開していく先がいくつもの未来を見せていた。
対し、YSCCは足元の技術と言う点では全体的には格上ではあったが、短い足元への単発なパスが目立ち、『崩す』とか『相手をかき乱す』という意識はかなり欠けていた。
故に、しっかり守備ブロックを中盤・最終ラインで作られてしまうと先の展開が作れなかった。 

しかし、試合と言うのは面白く可笑しなもので、先制したのはYSCCであった。セットプレーから4番の松田選手がスルスルスルと相手左サイドの選手の所へ。ミスマッチを突き、FKから頭で競り勝つとボールをエリア中へ落とし、一瞬生まれたポケットの様な空間からボレーシュートでゴールが決まる。
そのボレーも完全なミートで無く、少しふわりとした分GKも触りきれなかった。

その後は、柔軟性に富んだ桐蔭横浜がジワリジワリと力を見せ2ゴールを奪い逆転に成功。
後半、流石に疲労が見えた時間帯にYSCCは畳み掛けるように前線のフレッシュなプレーヤーを投入するが、ゴールは生まれずに試合終了。

1試合目から早速大学生がJクラブを破るという展開となった。
試合を分けたのは、やはり90分という時間の中で様々な攻撃を見せた桐蔭と頑なに中央で足元、足元になってしまったYSCCとの柔軟性の差だと私は感じた。

それと同時に初めて見る大学サッカーのレベルの高さを見せつけられた。

以下当時のツイッターでの感想
 おい、殆ど書いて無いやんw 小学生みたいな感想だな。

さて、長くなりそう&出勤時間が近いので2試合目 専修大学vsSC相模原はまた後程。 
桐蔭横浜の山根選手!要チェックや!