いよいよドイツ・ブンデスリーガの新シーズンが開幕しました。

今回も暁さんの恒例の企画に参加させて頂きました。
別ブログですがドイツサッカーに興味がある方には是非見て頂きたいです。
3つに分かれておりますがそれぞれ以下のリンクから。
上編
中編
下編

これほど内容の深いプレビューは他では見られないと思います。

自分個人の話をすると特定のサポートチームを持たない立場なので質問によっては一言しか回答がなかったりもしてますが…(笑)
個々のサポーターが語るそれぞれのクラブに対する文章には深い知識と強い想いを感じます。

読んでるうちに興味が湧いてくるチームが出てきたり、知識が頭の片隅にあるだけでも試合を観るときに少し見方を変えることが出来たり。
もう一歩深くサッカーを楽しむ手助けになるのではないかと思います。


ところで中編では各参加者が順位予想をしています。

ブンデスリーガに造詣の深い13人がどのように予想したのか。
18チームについて予想者の平均値・中央値・最高順位・最低順位をまとめてみました。



こんな感じになりました。

簡単に見ていきましょう。

①優勝争いは昨年の2トップ

ヴォルフスブルクの躍進とバイエルンの内部事情もあり予想が昨年より明らかに拮抗している。
中にはブンデスファンのバイエルンに対する複雑な感情が見え隠れする部分も感じるが…(笑)

優勝予想はバイエルン6、ヴォルフスブルク5、ボルシアMG2。
ただしボルシアMGに関してはCL圏外予想が9人と2/3を占めており、予想に幅が出ている。

②CL争い優位に立つドルトムントとレヴァークーゼン

プレシーズンから好調をキープしたドルトムントが優勝予想0というのは少し意外だったかもしれない。
尤も、昨年7位のチームを優勝予想にするには少し勇気が要るが。
レヴァークーゼンの予想最高位が2位なのはご愛嬌…(笑)

少し差がついてボルシアMGとシャルケ。ここまでが欧州圏内ということに。

③BIG6の壁を超えるのは?
昨年はアウクスブルクが旋風を起こし5位に食い込みましたが今年の予想はというと上6チーム以外で6位以内の予想があったのはホッフェンハイムのみ。
3人が皆シャルケを崩すと予想。

④個性が大きく出た7位~14位
ホッフェンハイムからフランクフルトまでの8チームは個々の予想の差が一番大きく出ているところであり、いずれのチームにも一桁順位(即ちトップハーフ)から残留争いまでの予想が出ている。

⑤降格予想はヘルタ、ハノーファー、そして昇格組2チーム。
昇格組の評価は厳しい。そもそもどちらも現体制での一部リーグ経験がないのだから当然だろう。
そして去年辛うじて残留を免れた2チームには今年も厳しい評価が下っている。

予想を数値化するとこんな感じ。
平均値の分布を見るとどこに格差が出ているのかがより明白に。

また個々人のどこに個性が出ているかというのも見えてくるのではないかと。

シーズンが進んだ頃にまた見返すと面白いと思います。