今年の順位予想後半戦。因みに前半はこちら

今回はJ1についてチームごとに簡単に見ていきたいと思います。
こちらの記事を読んだ上で見て頂けると更に楽しめるかも。


J1詳細(予想順位)
川崎(優勝)
余剰戦力を整理しバックアップを整え主力を残し切った実りのあるオフシーズンを過ごした印象。
最もキーとなっていたレナトを完全移籍で確保し最終ラインにはジェシが健在。
昨シーズン後半に右肩上がりで順位を上げてきた流れを継続出来れば今年は開幕から勢いに乗れるか。
懸念があるとすればやはりACLだろうか。怪我人に耐えうる選手層ではないように見えるが…。
風間体制がほぼ3年目(1年目は途中就任)。昨シーズンは主力の移籍が多く立ち上がりに大きく躓いたがその心配は今年はなさそう。
川崎サポーターの懸念材料だった風間兄弟の移籍もあり、今年は風間体制の集大成と言えるシーズンになるのではないかと思う。

広島(2位)
2連覇中の広島。3連覇が期待されるシーズンであり、若手の突き上げも好材料ではあるが優勝は厳しいか…
林は優秀なGKではあるもののJリーグで3本の指に入る名手西川の後釜としては少し能力が落ちる(それほど大きな影響はないだろうがそれでも勝ち点には影響がある程度)。
ここもACLがあり…どの程度そこにウェイトを掛けるかというのは非常に大きく影響を与えるところ。
優勝チームが2年連続で醜態を晒すのは他のJサポの不興を買うだろうから今年はそこにも重心を移して欲しいところではある。
先制さえすれば勝ち切れる強さは健在であり、今年もやはり優勝争いに終盤まで絡んできそう。
とはいえ昨シーズンのような棚ボタはもう起こらない。

C大阪(3位)
昨シーズン4位。豪華な補強に見えるがベースは昨シーズンとほぼ変わらず。シンプリシオ→フォルラン、枝村→アーリア、茂庭→カチャルと見るとそんなに大きく変わっているわけではない。
大きな変化は監督であり、名将クルピからポポヴィッチに変わったここがやはり懸念材料である。
ここの技術レベルは非常に高いが試合運びが上手いとは言えない為ここを変えられれば優勝の目も出てくるが…。
戦術面ではシンプリシオが抜けた中盤のリスク管理がポイント。個人的にはフォルラントップ下で組み立てに参加させるのも面白そう。昨シーズンからの上積みは補強組よりも既存の成長が鍵。
ACLの負担と夏移籍が読めない為、正直順位予想は非常に難しいところ。

柏(4位)
レアンドロ、ハン グギョンを獲得。澤とワグネルの移籍はダメージではあるが、レアンドロ加入の影響は非常に大きいのは2012シーズンのガンバを見れば一目瞭然。Jでの成功がある程度約束されているこのエースストライカーの加入は非常に大きい。
今シーズンはACLの負担もなくコンディションの管理はかなり楽になるか。
最終的にレアンドロ ドミンゲスの出来がチームを左右するのは変わらずだが今年の方がそこの計算は出来るのではないかと。
とは言え失点が少なくないチームの為そこが改善しないと更に上を目指すのは難しいところ。

浦和(5位)
西川・青木・李 忠成。確かに戦力は積んでいる。昨シーズンの興梠の加入は非常にポジティブではあったし以前に比べれば非常に理に適った補強をしているように見えるのだが…終盤崩壊した守備組織の構築が出来るのかどうか。そこが補強から見えづらいのが難点。
ペトロヴィッチのサッカーは広島時代から試合のある時間帯に穴が出来る欠点を克服出来ておらず守備の体質を変えられなければやはり不安定な状態が続くように見える。
それでもやはり戦力はリーグトップクラス。西川の奮迅と青木の成長が上位進出への鍵。

横浜FM(6位)
昨シーズン1番強かったのはこのチームかもしれない。
優勝争いのプレッシャーに飲まれ、最も大事な最後の連戦に絶好調だった新潟・川崎の2連戦は不運な面もあった(前半の大宮戦がスロベニアコンビが抜けたタイミングという幸運もあったが)。
しかし今年は順位を落としそうな情勢、元々チームの柱にベテランが多くACLと平行して戦うのは非常に厳しい。
マルキーニョスに代わる前線の柱がまだ確立されておらず、藤本は優秀な選手ではあるが2列目の構成は兵藤の方がバランスが取れそう。
下平が最終ライン加入は朗報だが中澤がそろそろ限界を見せており破られるシーンが散見されている。
ボランチコンビが健在であり、随所にタレントが揃っている為大崩れはなさそうだが…ここから上に行くには足りないか。

清水(7位)
ゴトビ体制に入って以後、毎年開幕に間に合わず後半調整して中位に終わっていた清水。今年はベースは大きく変わらず。大前、本田が開幕からいることは非常に大きい。更にストライカーがノヴァコヴィッチになった攻撃陣は脅威。
ハマればもう少し上もあり得る。とはいえ優勝争いに絡むほどではないか。
昨シーズンよりは確実に順位を上げてくると予想。

新潟(8位)
昨シーズン終盤驚異的なペースで勝ち点を挙げていた新潟。先制点が勝負を決めるチーム体質は大きく変わらず。
前線の破壊力には更なる成長が期待できる反面東口の移籍により取られる可能性が上がったのは確か。
とはいえ東口自体は通年で働くことはなく守備面が崩れなければ損失は限定的なところで収まるか。
昨シーズンよりは1ランクダウン。最後の壁東口が抜けて零れ落ちた数ポイントが順位に少し出る形。

G大阪(9位)
もう少し上の予想が多そうなこのチームだが宇佐美の離脱はかなり痛手。脱臼については癖になる場合も多い為この才能の取り扱いは慎重に行って欲しいところ。
今のところ助っ人外国人が計算出来ておらず東口が通年働けるかどうかが1つのポイント。
本来絶対的なストライカーにある程度頼るチーム体質の為、宇佐美が戻ってきてからが本領発揮となるか。
代表の出来に直結する遠藤と今野がいい状態でW杯に行けるよう5月にはある程度良いチーム状態であって欲しいところではあるが…
守護神とストライカーの出来に全ては託される。

FC東京(10位)
新監督の技量が未知数で非常に予想がしにくいチーム。
準代表クラスの選手が多く層は厚いものの、Jで違いを見せられる選手はというと難しい。怪我がちな米本の稼働率とエドゥーの活躍がポイント。優秀な選手が揃っていながらポカの多いDF陣の改善にも期待したい。
ルーカスの引退が非常に痛手。
ツボを知るベテランは他のチームにとっては厄介な存在であり続けたのだが…。引退するシーズンまでチームに献身的であり続け、中盤起用が多い中で2桁ゴールを挙げたこの名手の穴は埋まるのだろうか。

鹿島(11位)
昨シーズンの印象があまりに大迫頼みな部分が大きく、今年は正直期待感が薄い。ある程度計算出来るストライカーの補強があれば…というところではあったが今年はダヴィと心中というところか。ダヴィの能力自体には疑いの余地はないのだが昨シーズンの大迫ほどの活躍を期待するのは難しいのが正直なところ。
大迫の力で奪った勝ち点が少なくない為大きく順位を落としそう。
過渡期のチームにありベテランから若手にどうシフトしていくのかというのが注目ポイント。というかここ数年の課題。
昨シーズンは逆転負けがあまりに多いのでそこを修正していきたい。

神戸(12位)
Jで実績のある外国人を揃えたが(PJは別として)抜けていった選手の穴は埋まり切っていない印象。とはいえ残留に足りうる駒は十分に揃っている。
小川と森岡の若手2人の働きには大きな期待がかかる。
上記2人にマルキーニョスとシンプリシオの絡む攻撃陣は期待十分でDFラインの出来がチームを左右するか。
昨シーズンの失点はG大阪より少ないものの堅いとはとても言えずそこの改善は必須。

鳥栖(13位)
正直このクラブ規模でよく残留出来ているなというのが正直なところ。
補強は堅実かつ着実な強化に繋がっておりレンタル→完全の流れが非常に良い。
若手がサイドを駆け上がり前に豊田がいる攻撃はシンプルながらも効果的であり、昨シーズン途中から加入した林により後ろも一定の安定を得た。とはいえ昨シーズンの失点数はやはり多すぎるのでそこの改善を目指したい。エースの離脱がなければ残留は堅いか。

仙台(14位)
長く指揮を執ってきた手倉森前監督を協会に連れて行かれ…補強はしているが監督次第ではよもや降格もありえるかも。
ベースを崩さなければ戦えるかと言えば昨シーズンから怪しい部分は見えてきており、得点力は貧弱な為守護神林が移籍した影響が出れば一気に崩れる可能性が。
先制すれば負けないチームだった昨シーズンの堅さを維持出来れば10位前後で終えられるか。

甲府(15位)
ここから下は普通に落ちてもおかしくないラインに。
残留出来たのは昨シーズンの残留争いが厳しくなかったことが大きい
今年は昨シーズンより明らかに周囲が厳しく難易度は高め。
試合を殺してドローに持ち込む能力は高い為、クリスティアーノの得点力が残留の鍵になるか。
先制されるとまず勝てない為、点を取って試合を殺し切れるかどうかがポイントに。

名古屋(16位)
西野監督のサッカーと名古屋のこれまでのサッカーが全く別物の為、1から作り直しになる今シーズン。
単純な計算をするのであれば昨シーズン最も先制しながら半分近くを守り切れていない中、得点に直結する藤本を失ったのは非常に大きい。
選手を大きく入れ替え、若手主体にシフトしていく流れが見える状態で今年を耐え切れるかどうかが今後の名古屋の未来を大きく分けることになりそう。
鍵を握るのは枝村。チームの体質を大きく変え、サッカーの質を変えていくには彼の働きが必要不可欠になる。

大宮(17位)
落ちない落ちないといいつつ今年の流れは例年とは別物。
崩壊した昨シーズンの中盤以降の流れを引きずれば今年は浮上出来るかどうかが非常に怪しい。
加入した選手は実績のある選手が多く、家長は非常に注目を集めているが…彼自身がチーム状態に左右される選手でありその影響を受けるかのように2度のJ2降格を経験している。
チームの状態が良ければ屈指の名手なのだが今年の大宮にそれが期待できるかは不明。

徳島(18位)
初のJ1参戦だが明らかに戦力は足りていない。
主力が抜かれるのが3番手昇格チームの常であり…。
唯一好材料である小林監督の手腕とクレイトンの爆発がなければ残留は遠い夢である。

さて、こんな感じ。
まあ当たらないとはいえここまで書くと説得力は出るでしょ?(笑)
他の参加者の記事を楽しみつつ自分の今回の企画記事はここで締めさせてもらいます。