おはようございます。
先日、開催を発表した【告知】『Jリーグ予想大会2014』開催のお知らせ。
昨年は、まあ散々な結果でしたので、今年は、もう少し当てられるようにしたいと思って・・・

んなわけねーだろ!と。

まあ、優勝チームくらいは当たると思いますよ。
全て載せると大変な分量になってしまいますので、2分割か3分割くらいであげていこうと思います。

本当は、この時点でまだ全部原稿書き終えていないとか言えない。


失礼な物言いもあるかと思いますが、広い心で見てあげてください。

では、早速。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◎ 全体のキーポイント

①2013年の超簡単な総括。

優勝した広島から勝ち点10以内に8チームいた状況で混戦のように見えるが・・・。
(8位のFC東京が54)
⇒ 私の見方としては上位2チーム(広島・横浜)とそれ以下では勝ち点差以上の実力差があったと見ている。実際、天皇杯の決勝もこの2チームであった。
しかし・・・。

②ACL

毎年、評価に迷うACL参戦に関してだが、今期もここの判断は難しい。
年齢のことを言うのはナンセンスかもしれないが、横浜Fマリノスは主力メンバーの平均年齢の高さ及び全体の選手層を考えて、難しくなる可能性はあるとみる。セットプレーという得点の形を有しているので、仮に厳しくなっても、大崩れまではしないと思う。
広島に関しては、今期もおそらく昨年と似たような状況になってしまうのではないかと思う。
川崎に関しては、前線に控える個の破壊力を考慮すると、試合数の少ないACLでは一番可能性があるのではないかとみている。ACLに対して手を抜くようなクラブでは無いし、期待はしている。だからこそ、リーグに関しては多少影響が出るかもしれない。特に、ジェシに何かあった時は一気に崩れる可能性もある。
C大阪に関しても、こういった補強施策を取ってきている以上、ACLをないがしろにするとは考えにくい。今年は、あらゆる面で勝負の年である。

③監督交代

昨シーズンが勝負の年だったチームが多く、監督交代でさらなる上積みが出来るのか?という?マークがつくチームが散見されたり、ここからさらに上ですか?というチームは見受けられる。
そういう意味では、下位チームの逆襲がある可能性は大いにある。


④昇格組に関して。

ガンバに関しては柏や広島の時のような優勝争いまでは無いと見ている。
期待値が高いのは分かっているし、期待はしたくなるが、どうしても、気になるのは失点数。

2013年 G大阪 5敗  42試合で46失点  (2014年J1 ?位)

2012年 甲府  4敗  42試合で35失点  (2013年J1 15位)
2011年 F東京 7敗  38試合で22失点  (2012年J1 10位)
2010年 柏   2敗  36試合で24失点  (2011年J1 1位)
2009年 仙台  9敗  51試合で39失点  (2010年J1 14位)
2008年 広島  4敗  42試合で35失点  (2009年J1 4位)

2008年~2012年の計5年間で見ても、J2優勝チームで試合数よりも失点数が多いのはガンバだけである。
それがガンバだと言われてしまえば、そうなのかもしれないが、不安定感はどうしても拭えない。

ちなみに、神戸は42試合で41失点。徳島は42試合で51失点。
どちらも際立つ材料にはならない。

⑤補強に関して

やはり目立つのはどう見てもダントツでセレッソ大阪。

他のチームに関しては、ライセンス制度との兼ね合いもあるのか、補強に関してはいささか低調気味ともいえる。1人2人足りないくないか?というチームも散見される。
⇒ 細かくは各チームの論評で。
これに関しては、Jリーグからタイを始めとした東南アジアのリーグに行くルートが今オフで完全にメジャー化してしまったことも大きいのではないだろうか。




【必須回答項目】

~J1リーグ~

①1位~18位まで全チームの順位予想をする。
② ①の順位予想に加えて、勝ち点分布を記入する。(5刻み)




1位 浦和(66)
---------65-------------------
2位 C大阪
3位 広島
---------60-------------------
4位 横浜FM
5位 柏
---------55-------------------
6位 川崎
7位 新潟
--------50--------------------
8位 FC東京
9位 G大阪
10位 清水
11位 鳥栖
---------45------------------
12位 鹿島
---------40------------------
13位 大宮
14位 名古屋
15位 仙台(36)
---------35------------------
16位 神戸(33)
17位 甲府(30)
----------30-----------------
----------25-----------------
---------20------------------ 
18位 徳島(18)



~J2リーグ~

① 1位~6位までの順位予想を行う。
② ①の順位予想に加えてプレーオフを勝ち抜くチームを3~6位より1チーム選抜する。



1位 磐田 
2位 山形
-------自動昇格ライン--------
3位 長崎
4位 札幌 (昇格)
5位 千葉
6位 松本



~J3リーグ~

①優勝チームのみ予想する。
②J-22は何位になるかを予想する。

1位 AC長野パルセイロ
3位 U-22選抜


Q&A

Q1:Jリーグの中でお好きなクラブをご回答ください。(複数可)【必須回答】


A:浦和レッズ・大宮アルディージャ・水戸ホーリーホック。

Q2:Q1でご回答いただいたクラブをお好きになられた経緯を簡単でも長文でも良いのでご回答ください。【自由回答】

A:
①浦和レッズ…自分の「夢」だから。
②大宮アルディージャ…自分が育った大宮市のチームだから。
③水戸ホーリーホック…深夜23時に電話しちゃったから。

Q3:ご自身の順位予想で「ここに注目してくれ!」というポイントがあったら教えてください。【必須回答】


A:
浦和とセレッソは上位にいかなきゃいけない年。
柏レイソルのACL圏内は無いと見ている点。

Q4:J1リーグの得点王は誰で何点取ると思いますか?【必須回答】


A:大前元紀(清水)22点
⇒ チームが機能出来ていなくてもゴールを奪う術を有している(FK・個人突破)。

Q5:J2リーグの得点王は誰で何点取ると思いますか?【必須回答】

A:前田遼一(磐田)21点
⇒ 磐田は、2列目に面倒臭い選手(褒め言葉)を揃っている中で、前田の予備動作までしっかり見れるチームがJ2にそれ程あるとは思えない。ポポの存在が若干の不安ではある(得点数の伸びという意味で)。

Q6:今年、「この選手に注目!」という選手がいれば教えてください。【自由回答】


A:
①柴崎晃誠(広島)
⇒ どれだけ早くフィット出来るかで、森崎和幸の負担量が大きく変わる。ACLを戦い抜く上でも、広島が何としてもフィットさせなければならない選手。
②青木拓矢(浦和)
⇒ 正直、浦和サポ周辺でも戦前予想での評価がまだまだ低いイメージ。状態が万全であれば、啓太と阿部の牙城を崩して開幕スタメンでも全然驚かない選手。浦和が頂点に辿り着くとすれば、導いてくれるのはこの選手です。
③佐々木翔(甲府)
⇒ 既に、甲府で中心選手で24歳なのだが、もう少し脚光を浴びて良いと思っている。
④家長昭博(大宮)
⇒ ズラタン・ラドンチッチと点を取ることに秀でた最前線がいる環境で、彼が自分の居場所を見つけられれば面白いチームに化ける可能性はあるのだが…。
⑤小野伸二(札幌)
⇒ 早く帰って来い!ユニフォーム買っちゃうぞ!


Q7:Q6と被りますが、今年一気にブレイクしそうな若手選手がいたら教えてください。【自由回答】

A:
①小川慶治朗(神戸)
⇒ 90分戦えるベースとスピードは十分身に付いてきた。更に化けるなら間違いなく今年が勝負。ある意味、序盤で一度壁にぶつかれば良いのだが…。
②松田力(名古屋)
⇒ ケネディのコンディションが安定しなければ、早々にスタメン奪取でそのまま行く可能性もある。浦和もやられたしね(笑)。
③岡本拓也(長崎)
⇒ 確固たる自信をこの一年間でさらに身に付けて欲しい。DFとして際立った穴がなく、基礎ベースがしっかりしている選手だからこそ、大きく伸びる可能性はある。
④仙石廉(岡山)
⇒ 前田俊介(札幌)と同様に諦めたくない選手。技術に確かなものがあることは間違いない。柏ユース時代に感じた大きな可能性を今こそ。
⑤小島秀仁(徳島)
⇒ レンタルで出るのが1年遅かったというのが正直な印象。まずは、スタメンを確保して試合に出続けること。守備面での対人プレーの向上の兆しが見えれば伸びしろはある。


Q8:Q1でご回答いただいたクラブに、あと一人だけ他のJチームから自由に獲得できるとしたら、誰を獲得しますか?また、その選手を獲得することでそのチームの成績はどれくらい向上しそうでしょうか。【自由回答】


(浦和レッズ)
A:丸橋祐介(C大阪)
⇒ どうしても左サイドを使って攻めることが多い我がチームにとって、左WBのクロス精度の向上は必須課題。守備面の不安はあるが、それを補って余りある攻撃力に期待したい。
効果としては、既に優勝予想しているのであれだが、さらなる勝ち点の上積みは間違いない。
※ 本当ならば、リベロか右CBをという気持ちがあったが、現所属選手以上の適任者が見つからなかったので敬遠した。さらに言えば、来季、岡本をレンタルバックすれば問題ないと思っている。

(大宮アルディージャ)
A:田中マルクス闘莉王(名古屋)
⇒ さいたまダービーの盛り上がりが今までにないものになりそうだから(笑)。まあ半分冗談ですが、大宮は闘莉王みたいな規格外な選手を入れて、思いっきりぶっ壊しに行くのも悪くないと思ってる。
効果としては、残留は約束されると思いますよ。上位争い云々までの効果はないかと。

(水戸ホーリーホック)
A:レナト(川崎)
⇒ あまりにも非現実的すぎるし、どのチームも欲しいだろ!
J2はまだまだ「ボール渡すからお願い!」的な反則FWがいれば上位は約束されるリーグだと思ってます。これで、6位以内は間違いないと思います。


Q9:今年のワールドカップでの日本の最終成績を予想してください。【必須回答】


A:今回はグループリーグを突破できただけでも十分合格点。それくらい難しい組。
ただ、真面目な話、マグレで良いから優勝しよう。

Q10:最後に、今シーズンの意気込みをお願い致します。【必須回答】


今年は、結婚します。

------------------------------------------------------------------------------------------------------

続き(各チームの論評)は、近日中に掲載いたします。


ポンチョビ



サッカー ブログランキングへ