長丁場のJ2も前半戦が終了しました。簡単に成績表を載せておきます。

順位 チーム名                         勝点  勝    分   負   得点  失点 得失点 
1 大宮アルディージャ         46 14 4 3 33 11   22
2 ジュビロ磐田                  40 12 4 5 34 22   12
3 ツエーゲン金沢                37 10 7 4 28 16   12
4 ジェフユナイテッド千葉 36 10 6 5 31 20   11
5 セレッソ大阪                  34  9 7 5 32 19   13
6 コンサドーレ札幌          34  8 10 3 24 16     8
7 アビスパ福岡                  33  9 6 6 24 23     1
8 東京ヴェルディ          31  8 7 6 23 21     2
9 横浜FC                          31  8 7 6 22 27    -5
10 V・ファーレン長崎  30  8 6 7 23 17     6
11 愛媛FC                          30  9 3 9 23 24    -1
12 ファジアーノ岡山          29  7 8 6 22 16     6
13 ギラヴァンツ北九州  29  9 2 10 27 30    -3
14 カマタマーレ讃岐          25  6 7 8 14 17    -3
15 ザスパクサツ群馬          25  7 4 10 19 29  -10
16 栃木SC                          22  5 7 9 22 29    -7
17 京都サンガF.C.          22  6 4 11 25 33    -8
18 水戸ホーリーホック  20  5 5 11 17 24    -7
19 徳島ヴォルティス          19  3 10 8 17 25    -8
20 ロアッソ熊本                  19  4 7 10 16 29  -13
21 FC岐阜                          19  5 4 12 23 42  -19
22 大分トリニータ          15  2 9 10 18 27    -9



15節終了時点で首位に立った大宮アルディージャが、そのまま1位をキープして前半戦を終了しました。

J2が始まって以来、前半戦を首位で折り返したチームは2012年のモンテディオ山形、2011年のジェフ千葉を除いて全チーム昇格しているので、大宮アルディージャはほぼ昇格決定です。おめでとうございます。後半戦も頑張ってください。


他の上位陣ではJ3から昇格したばかりのツエーゲン金沢、井原監督率いるアビスパ福岡、去年はギリギリで残留を決めた東京ヴェルディの躍進が目立ちますね。一方、J1からの降格組のセレッソ大阪、徳島ヴォルティスは厳しい 戦いを強いられています。


昇格争いに加わると期待されていたファジアーノ岡山、京都サンガは思ったように勝ち点を伸ばせておらず、下位グループでは大分トリニータが逆の意味で頭一つ抜け出す形となってしまいました。監督も交代し、後半戦の巻き返しが期待されます。

 後半戦の注目ポイントは、当然昇格争い、残留争いになるわけですが、まさかの2シーズン目のJ2に突入してしまったジュビロ磐田がこのまま自動昇格圏を守りきることが出来るのか、それともツエーゲン金沢が一気のJ1昇格を決めるのか、はたまた大宮アルディージャを加えたこの3チームに待ったをかけるチームが現れるのか、大変興味深いです。




J2の得点ランキングも載せておきます。


順位      選手名         所属                                  得点        PK        出場
 1  難波 宏明 FC岐阜                              12 02/03 18
 2  アダイウトン ジュビロ磐田                      10 00/00 20
 2  清原 翔平 ツエーゲン金沢              10 05/06 21
 2  大黒 将志 京都サンガF.C.              10 02/03 19
 2  フォルラン セレッソ大阪                      10 02/03 16
 6  都倉 賢         コンサドーレ札幌                9 02/02 18
 7  ジェイ         ジュビロ磐田                        8 02/02 15
 7  ムルジャ         大宮アルディージャ        8 00/01 16
 7  ペチュニク ジェフユナイテッド千葉        8 01/01 20
 7  原 一樹         ギラヴァンツ北九州        8 02/02 21
 7  小松 塁         ギラヴァンツ北九州        8 00/00 21
 7  齊藤 和樹 ロアッソ熊本                        8 00/00 21


前半戦の得点王はFC岐阜の難波選手でした。チームが下位に苦しむ中、ハットトリックも決めるなど孤軍奮闘しています。ツエーゲン金沢を引っ張る清原選手も10得点と活躍しています。得点の半分がPKというのもなかなかすごいですね。


後半戦は天皇杯も始まって、より一層厳しい戦いが予想されます。どのチームもそれぞれの目標に向かって頑張って欲しいですね。