岡山遠征。
近場の遠征なので身体も余裕がある。
相手はファジネク事、
ファジアーノ岡山ネクスト。ここまで勝ち無し。このようなチームを苦手にするのがFC大阪さんな訳。
しかも前からのプレスも来るのでヤバイかな?と思いました。

スタメンは、
ぱく
岩本
木下
りゅーせい
しみず
タリッキ
桑島
男塚田
川西
りよーた
2015y04m27d_222205977

 

岡山さんは一応清水のところには、つめていきまます。。
それも20分くらいまで。ただただ、FWが体力を食っただけ。そこから、ゾーンで守るに変更。
そうすると、楽に攻めれる。

タリッキ、清水を自由にさせていただける。本当に攻めたい放題。試合プランどうりすぎる。

得点には前半の3点は全てセットプレー。
1点目は斎藤の、コーナーキックをファーサイドにいた岩本にドンピシャで先制。
2点目もコーナーキックからファーサイドに岩本にドンピシャ
3点目もコーナーキックからファーサイドから塚田のドンピシャ。

リプレイ×3

セットプレーの対策は??といった内容の前半。
セットプレーの練習は?といった岡山さん。
このままタリッキと清水が自由にさせていただける限り負けることはない。

後半は、色々試す
HT
タリッキ→ジュニーニョ

15分塚田→田中


最前線に田中が入り、セカンドを川西、中村が拾う。
組み立ては桑島、清水
ジュニーニョはふわふわ…
ふわふわしながらもボールを追いかける。

そんな状態でもサイドをえぐって川西のゴールで4点目
その後すぐに失点する。あの攻めかたが岡山のやりたい攻め方らしい。

まだまだ攻めたりないFC大阪さんは攻めるが単調

5点目はまえかがりになった岡山のラインを抜け出したがGKに阻まれるがクリアがジュニーニョへ。
そのままふわっとシュートそしてゴール。

スコアは1vs5でFC大阪の勝ち。

岡山寸表
トップと同じやり方をするのが正しくないのでは?と思いました。
カテゴリーも違えば、選手、監督も違う。ネクストはネクストのサッカーを作るべきではないのか?と感じました。
トップで出るのが最大の目標値であることは、わかってます。その前に選手は個人事業主であり賞品です。トップでプレーするのが絶対ではありません。
移籍金を岡山に渡すだけでもヒーローですし、他のクラブからオファーがあるとその選手の寿命も延びます。
と、私は考えますが…
流れ自体、ユース→トップが普通なので関所を1つ多く作るのは些か疑問に思います。

FC大阪寸表
兵器、水谷、高橋、天羽、あげくのはてに、エース四ヶ浦ベンチ外
関西lの人がいたらまぁこれだけ居なくてこの戦力?
やり過ぎですわ。
選手層に関してはJFL一番と思います。府リーグから誰が出ても変わらない戦力を心掛けてました。想定外にも対応していると思います。

そして須ノ又外してあのサッカーが出来た事、桑島を90分使えた事を考えると良い方向に向いていると思います。

欲を言えば今のサッカーの弱点の対策と、キープレイヤーが抜けた時のサッカー同じように出来るのか?それがチームの課題と成長につながるのではないのか?