アジアカップは残念ながら負けてしました。勝負事だから仕方ない。
それでアギーレ監督の采配のウィークポイントをまとめたブログ「猫に小判」さんを知り合いに教えてもらい
読む
この内容が森岡茂が考えるサッカーに近い物を感じた訳ですよ。
 
【共通点】
①フォ-メーションが同じ
②孤立するFW
 まずこれが思った所ですね。

ブログに合わせて書いていく。
フォーメーションはこんな感じ
2015y01m26d_221633510
アギーレさんと同じです。
実際は濱上の所が清水になったりしてますが大体こんな感じ。

攻める姿勢としてはこれ
2015y01m26d_221917506
和歌山戦でも書いたとおりですが、須ノ又・高橋は上がったら帰ってこないのでバイタルスカスカを濱上が埋める。
両サイドバックは、ウイングバックとなる。 
ここまでは、アギーレさんと同じ。
ただ違うのは、展開力がない濱上。位置がフォアリベロのポジションなのでまだ、高い位置でボールが取れるがFWのチェイシングで濱上でも取られる訳がだ・・・地域決勝では、MF無視のFWへロングボールオンリーだったので今後「自分たちのやりたいサッカー」をやると須ノ又・高橋に当てて攻めるスタイルになるのでちょっと心配。

理想
2015y01m26d_225644055

この様な「細かく刻み魅せるサッカーができるのか?」濱上では、失礼だが、タクトをふるうのは厳しい

守り方
 2015y01m26d_230454553
これ。どっかで見たことある守り方です。あくまでもFWはカウンターいや縦ポンの為に待機。跳ね返して前に蹴る。ただこれだけ。
サイドが中に入り(STに化ける)こもとなくCFの四ヶ浦 がOHに化けることもない(相手のバイタルの支配)がないわけである。これでは一辺倒であるのはいうまでもない。

2章 久保を投入する事でアギーレからなんちゃってザックになる。

このチーム「人材が多いのが売り」タイトルどうり#3番の久保を投入する
※久保:左利きのCBだが、左利きを活かしサイドバックへ転向。スピードがないのなら、アリークロスを特訓したり、ロングスローも特訓中。守備的プレイヤー
彼は元々CBなのでSBの上がり方が出来ないのが以外にいい味になる。
基本
2015y01m26d_232259662
とりあえず、中村を外して久保を入れる。
攻め方のベースが右サイドアタック中心になる。濱上も安定しバイタルを守れる。
須ノ又が左のワイドにできる3-4-3の1ボランチになったいる
2015y01m27d_221530884
図をみてもわかるとおり、「守備的な久保を入れる事によりより攻撃的なフォーメーションで相手に攻める事ができる。仮にカウンターを受けても濱上がCBに入るので4枚は残っている状態になるので、以外に安定する。

勿論左から攻める時もある。
 それが下記の図になる
2015y01m27d_222426075
久保はまずスピードがないが「精度のいい左足」があるので無理に上がらずアリークロスをあげる
それが「川西・四ヶ浦への裏への飛び出し」を活かせる。
須ノ又へのパスもある。彼に広大なスペースをフルに活かせる訳。そして彼からの2次攻撃ができる。
逆に攻撃的選手を使うより守備的選手を使う方がより攻撃的になる。これがFC大阪の現状である。
無理に2-1-4-3みたいに前がかりにもならない。

つまり

このチームは守備的選手を上手く使う事でチームはより攻撃的になる素質がある。

今後どうするのか?

多くの選手が残りました。そして全国への闘いが始まる。新卒以外の補強は佐川(京都)より斎藤、足立、和歌山より原 徳島から木下
それ以外は新人 である。彼らはFCに足らない所の選手であるので、「何か起こすであろう選手」である。

勿論新卒にもチャンスはあるし奪い取ってほしい。
そんなのを楽しみにするのが我々サポーターであるが私が今季注目いていること

監督の成長と挑戦である。
 
選手を活かすも殺すも監督である。あと上記で書いたように。「守備的選手を入れる事によりより攻撃的になる」矛盾みたいな事をやって頂きたい。監督の中の引き出しを増やしてほしい訳。
その為には「挑戦」が必要。つまり誰とは言わないが「絶対的CHを頭から使わない」とかそこでのオプションのスタイルが必要。
個人の力より「チームが1つになること」が必要。今年こそ始めからそうなってほしい。「空中分解寸前のチームをガムテープ一本とMDMA」で復活させたんだから出来るでしょ?と私は信じる。