フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

2017年05月

クリアボールの跳ね返りによる失点で2ヶ月振りの敗戦を喫してから1週間。
その丸橋はルヴァン杯でラッキーゴールを決めて、切り替えは出来たかなと。

下位に沈むサンフレッチェの試合を今季見ておらず。
初のベストメンバーという実況の言葉を鵜呑みにするのであれば、まさに今日こそが注意するべき試合なのかもしれない。

立ち上がりどちらもプレーが軽い。
柿谷の決定機は決めるべきシーンだったが力の入らないシュートが正面。

決定機を2度ほど作ったあと、青山の縦パスで崩され中に入ったアンデルソンロペスに先制弾を浴びる。

丸橋は前に入られていたし、ヨニッチは上げさせてるし、そもそも青山には簡単に通されてるし。
正直酷い有様だった。

序盤大きな問題だったのは何度も青山にボールが簡単に入ったことだ。
2トップのどちらかがケアすべきだった。実際失点後にそこの修正は入っていた。

また、ミキッチ柏の両サイドはかなりうちの面子的に対応が難しいところだった。
幸運だったのはワントップが浅野でもウタカでもないことだろうか。

先制を許した後は、森保サンフレッチェを象徴するローテンポな試合運びを進められる。
失点後10分で観るのが嫌になるような試合だったが29分に突如サンフレッチェが勝手に崩れた。

アンデルソンロペスから工藤への縦パスをヨニッチが潰す。そのまま山村に縦パスが入る
スクリーンショット (130)
スクリーンショット (131)
スクリーンショット (132)
スクリーンショット (133)

この段階で山村の前にサンフレッチェの守備陣は5人。セレッソの攻撃陣は杉本のみ。
スクリーンショット (134)

山村には青山が対応。正直スピードは速くない2人。
山村がそのままタッチライン沿いまで運んで速度を上げたところで青山が届かないタックルを披露し1人消える。
スクリーンショット (135)
スクリーンショット (136)
スクリーンショット (137)
スクリーンショット (138)

フリーになりタッチライン際を持ち上がる山村に対し水本が対応に向かう。
水本の半端な脚出しの逆方向へグラウンダーのクロスを入れる山村。
スクリーンショット (139)

中は杉本を挟むように千葉と塩谷がいるが反応が遅い。
スクリーンショット (140)
スクリーンショット (142)
スクリーンショット (143)

余裕を持って振りかぶったシュートは千葉に当たってゴール。
このシーンもそうだが、サンフレッチェの最終ラインはこの試合中ずっと枚数は足りているのにフリーでシュートを打たれていた。

遅れて追いかけているだけでさしたるプレッシャーのないシュートシーンが散見される。
連動したパスワークで置いていかれた、というわけでもなくただ人数が少ない攻撃側のドリブルで崩れていった。

逆転シーンは33分。
山口と挟み込んで青山からボールを奪う清武。
スクリーンショット (113)
スクリーンショット (114)
スクリーンショット (115)

拾った山村が前を向く。
スクリーンショット (116)
スクリーンショット (117)

山村が拾った段階で山村の前にサンフレッチェの選手は4人。
セレッソは杉本のみ。
しかしあっさり突っ込んでかわされる塩谷。
スクリーンショット (118)
スクリーンショット (119)

一枚かわした山村は杉本にパス。
スクリーンショット (120)
スクリーンショット (121)
スクリーンショット (122)

杉本には誰もプレスをかけない。
後ろから追い越してきた柿谷のケアも誰も居ない。

スクリーンショット (123)
スクリーンショット (125)
スクリーンショット (126)

柿谷はフリーでシュートを打つがニアポストに跳ね返る。
サンフレッチェの選手が全員棒立ちになる中ファーの清武が押し込んだ。
スクリーンショット (127)
スクリーンショット (128)
スクリーンショット (129)

さらに43分。
ソウザのミドルで得たCK。
ニアに飛び込んだヨニッチのヘッドで3-1。
マーカーの塩谷を置き去りにし、落下点に居たアンデルソンロペスの前に入り込んだ。
スクリーンショット (150)
スクリーンショット (151)
スクリーンショット (152)
スクリーンショット (153)
スクリーンショット (154)
スクリーンショット (156)


直前のミドルは森崎が不用意にボールを奪われた結果であり、サンフレッチェは最終ラインと両ボランチがずっとプレーが軽い印象。

結局3-1と前半リードで折り返す。
因みに今季先制された試合は未勝利(レッズ戦・ガンバ戦のみだが)

後半11分。ミキッチから柏へのロングボール。クロスをヨニッチが弾き返すも落下点に入ったミキッチにダイレクトボレーを叩き込まれる。
ミキッチのシュートが見事だったなと。

両ウイングバックと青山からの縦パスはJでも上位の質なんだけど…。

1点差に詰め寄られた直後再び杉本が突き放す。

自陣ペナルティエリア手前。塩谷から千葉へのパスを千葉がコントロール出来ず山村が攫うと杉本にボールが入る。
スクリーンショット (157)
スクリーンショット (158)
スクリーンショット (159)
スクリーンショット (160)
スクリーンショット (161)
スクリーンショット (162)
スクリーンショット (163)

杉本と山村が横並びで前には水本のみ。
ここからゴール前まで独走。
スクリーンショット (164)

千葉の背後からのタックルは届かず。
スクリーンショット (165)
スクリーンショット (166)
スクリーンショット (167)

最後は脚を出した水本の股を狙ったシュートがゴール左隅に決まった
スクリーンショット (168)
スクリーンショット (169)

セレッソは山村を最終ラインに下げる。
広島は森崎にかえてフェリペシウバを投入。
更に工藤に変えて皆川を投入。

76分更に突き放す。
柿谷のミドルで得たCKから。
千葉のマークを外した杉本がフリック。
マーカーの塩谷を外したヨニッチが触って押し込んだ。

ホームで3点差のリードになったセレッソはあと1試合でJ1通算300試合となる茂庭を投入準備。

78分には自陣低い位置でボールを奪った丸橋がそのままフェリペシウバと塩谷をかわしてゴール前まで独走。
シュートに持ち込む。

80分過ぎ最終ラインに入っていた山村に変えて茂庭。
サンフレッチェは同時にミキッチ→高橋。

89分には杉本の落としを拾ったソウザがドリブルでゴール前まで持ち込みシュート。
ATに入ると杉本を下げ、木本。
更に松田→田中。
そのまま試合終了。

今日のMVPは文句なしに杉本。

サンフレッチェの試合になりかけたところでの同点ゴール。
2点目に繋がる柿谷へのパス。
1点差に詰め寄られた直後に試合を決める追加点。
5点目のアシストになるフリック。

得点以外のシーンでも身体を張ってボールを収めるなど十二分の活躍を見せた。
ここまでゴールを決めた試合で勝ちがなかったのを本人も意識していたようで。
いつも以上に勝ち切る気持ちが入っていた。

サンフレッチェは1トップと最終ラインが正直話にならない。
現在の順位も納得だった。

先制されてボールを回されてる時に強いサンフレッチェのイメージで嫌な試合になるなぁと思ったのだが。

ボランチを含め不用意なプレーが多すぎる。
追うのが遅れて後から苦し紛れに脚を出すのは諦めてるのと変わらない。
カウンターを浴びるシーンで簡単に飛び込んでかわされる判断の悪さが目立つ。

各選手の意識の問題だと思うのだが…。

生命線とも言える両WBは健在なだけに勿体無い。

次節はアルディージャ戦。
現地参加の予定だったのだが、家庭の都合で暫くスタジアムに行くのは我慢。
嫁の悪阻のフォローをしないと

今日と同じく下位相手にきっちり勝ち切りたいところ。

余談
今日の余談はエスパルス対サガン。

と言っても流し見だったのだが…。

エスパルスにチャンスらしいチャンスはあまりなくサガンペースの試合だった印象。
ただチアゴアウベスのゴールは流れをぶち壊すに相応しい威力のゴールだった。

鳥栖は最後の最後で執念が実を結んだ。
水野のゴール前のフェイクはあの終盤で素晴らしい落ち着きだった。

やっぱり清水は右から斜めに入ってくるボールが苦手なんだろうか。
仙台戦を思い出すには十分なゴールだったなと。


皆さんこんばんは。
夜磐です。

DAZN で磐田-川崎戦を見ました。

ジュビロ磐田 0-2 川崎フロンターレ
得点者)阿部、長谷川

■試合の流れ
序盤から川崎がボールを支配、得意のパス回しで磐田を翻弄。
磐田は集中した守備で前半をスコアレスで凌ぐが、後半に
ついに決壊し先制点を献上。ビハインドを負ったが反撃することができず、
終了間際に追加点を奪われて0-2の完敗を喫した。

■試合の感想
ここ最近、相手が決定機を逸し続けてくれたおかげで勝点を重ねられて
いましたが、やはり上位相手になるとそう外してはくれません。
非常に悔しいですが、純粋な力負けですね。
チームとしての完成度の差が歴然でした。

磐田さんは、リードを奪われた後に課題を残しました。
相手が重心を下げたのでボールは持てるようになりましたが、
そこから能動的に相手を崩すことができませんでした。
相手のブロックの外で横パスを繰り返していても、
勝手に相手は崩れてはくれません。
かといって、必ずしも縦パスを刺す必要はありません。
ブロックの外での横パスにしても、例えばダイレクトで
ファーストディフェンダーを外すとか、サイド変えてから
縦につけるとか、やりようはあります。
その点で、磐田さんはちょっとアイディアが乏しかったですね。

横パスやバックパスを一概に無用だと断言はできないにしても、
この日の磐田さんの横パスは意味をなさないものが大半でした。

負傷した太田吉彰が軽傷であることを祈りつつ、
感想を締めさせて頂きます。


■小川航基の不在が痛い
ルヴァンカップでハットトリックして以降、完全に戦力になっていた小川航基。
U-20 W杯に参加するため、今節からチームを離れているのですが、
この日は小川不在の影響をモロに感じました。
小川は、身体を張る川又の下でパス出しとフィニッシュの両方を担うことが
できるので、今日のように追い上げになった際の存在感は非常に大きいです。
小川が得意とするシチュエーションになったからこそ、
その存在がいないことを痛手に感じました。

U-20 W杯に参加することは、彼にとって非常に大きな経験になるでしょう。
喜んで送り出したいと考えています。

でも終わったら早く帰ってきて!


今日は以上です。




弥彦神社良かったな〜⛩


弥彦山スカイラインからの眺望!

水田が綺麗過ぎるな〜!



ノンアルコールビールもイタリアンもやはりうまいな〜。

。。。


既に、やられております。

瀕死状態に近いです。

これで、温泉なんて出された日には。。。

明日有給になっちゃうよ(笑)。




さて、メンバーですが。

西川
宇賀神、遠藤、槙野
関根、阿部、柏木、駒井、武藤、興梠
ラファ

柏木と遠藤が戦線復帰。

スタメンが噂されていた矢島はベンチスタート。
更に、ACLで復帰していた高木もベンチ入り。

チーム状態が底に近そうな状況の中、こうして選手が戻って来るのは朗報です。

しかし、先日の騒動を受けて森脇が出場停止中。

ここまで働き詰めだったことを考えればいい休養になるとも言えなくもないですが、やはり、痛い。

この森脇のポジションだけはどうしても替えが効かない。

スタメン発表では宇賀神が便利屋さん扱いで右CBで使われそうですが果たしてどうでしょうか。

アルビレックスがある程度引いて来ることが想定できる以上、駒井、柏木の特攻ボランチで阿部を最終ラインに下げるオプションもありそうな気もしますが、その辺はアルビの出方次第かもしれません。

怪しい雰囲気が出始めた東京戦から約1ヶ月。ここに来て連敗と結果も着いてこない状況に陥っております。

ソウル戦である程度メンバーを休ませる事が出来ている状況ですので、ここらでしっかり内容も付いて来る形での勝利が欲しいところ。


ただ、森脇居ないんだよな〜。

う〜ん。


新潟は。良い天気です。

※はじめに※
今回の内容はアスルクラロ沼津以外の方々にも出来れば読んで頂きたい内容となっております。出来る事なら最後までお付き合いいただければ幸いです。

1s
5
2n



無題
3
4

上の2つを見て何か違いにお気づきだろうか?
上3つが今シーズン・アスルクラロ沼津が戦ったホームゲームでのベンチ入りメンバー
下3つが今シーズン・アスルクラロ沼津が戦ったアウェイゲームでのベンチ入りメンバーである。

ホームゲームでは7人、アウェイゲームでは6人がベンチ入りしている。


なぜアウェイでも7人ベンチ入りさせないのか? 単純な話である、遠征費が足りないのだ。

今回タイトルにつけた「Ready for」国内最大のクラウドファンディングサイト。

このサイトでアスルクラロ沼津は遠征費及び選手のコンディション維持費を現在クラウドファンディングにて行っている(5/31迄)
2017年J3リーグ参入!アスルクラロ沼津、次なるステージへ!!

クラウドファンディングとは

「なんだよ。募金しろってかよ」
 と言う話がしたい訳では無い。
(勿論力を貸していただけたら嬉しいが今回したいのはそう言った話ではない。)

日本ではまだまだ馴染みの無いクラウドファンディングであるが、このサイトを見て行くと様々なジャンルへ資金を求めている団体がいる。
スポーツのジャンルに限ってみても、障碍者スポーツ、海外への援助、マイナースポーツ団体と多岐に渡る。

その中でちょっと気になったのがプロバスケット・B2リーグの鹿児島レブナイズだ。
Bリーグと言えば、Jリーグ初代チェアマンの川渕三郎氏がチェアマンに就任し、昨年華々しい幕開けを飾ったばかりだ。

そのBリーグのチーム。鹿児島レブナイズが経営難で存続の危機に瀕しているらしい。
財政難に苦しむ鹿児島レブナイズの現状、Bリーグの手厚いフォローがクラブの再生を支える
(BASKETBALKING)
財政難でチーム消滅危機!存続へ向けた最後の挑戦に力をください
(Ready for 鹿児島レブナイズ)

Ready forでの期間は後8日。(5/11現在)
仮に達成され今シーズンを含め乗り切ったとして、財源確保へクラブは難しい戦いを強いられるだろう。
Jリーグでも先日のV・ファーレン長崎の経営危機。古くは横浜フリューゲルスの消滅。
(JFLカテゴリで言えばSP京都や企業チームの退会。特にアスルクラロ沼津にとっては同じ東部にあったジャトコサッカー部の解散は、しばしDAZN等でも話題に挙がる。)

決して対岸の火では無い。
だから「我々が何をする」と言う事ではないが(可能であれば少しでも助けてあげてほしいとは思う。応援するクラブが消えるのはやはり見たくない。)、アスルクラロ沼津のクラウドファンディングから鹿児島レブナイズのページを見つけてそう感じ。書かずにはいられなかった。


…SC相模原との試合で楽しむ沼津サポーター&相模原サポーターの皆さんの姿を見て、今ここに大好きなサッカーや大好きなチームがあるのって改めて幸せな事だな。と思い。
特に沼津はJリーグに上がって「今まさに上へ上へ全力で進んでるタイミングで、ちょっとこういう湿っぽいと言うかマイナス的な話を書くのはなぁ…」って何度も書かない方がいいのかなって自分の中で葛藤があったけど、だからこそ今のチームや応援を全力で楽しみたい。色々な人達の思いが詰まってるからこそ、出来る事からサポートしたいと感じました。
このブログFBMの住人の人も閲覧して頂いた皆様も皆応援しているチームはそれぞれ違うと思いますが、「今そこにあるサkk」←言いたいのはこれです!

なんともおセンチなお話を長々と見て頂いた方々!ありがとうございましたm(__)m
なんか答えのないし、メンドクサイ話を書いて後で後悔しそうですw

そんなこんな、さぁ!まだまだ走りますよー!アスルクラロ沼津!

見た事無い夢の軌道 追いかけて!







どうも、一級フラグ建築士です。
GWずっと忙しくて、唯一取れるお休みをアスルクラロ沼津の遠征にしたのですが、前日夜に練ったゲームプランが起床と同時に終了してました。

朝、沼津港で取れたての魚を食べつつ、デッキからびゅうおを見るという夢も
2017-04-05-13-15-21
2016-09-23-14-53-35

もし、その展開が通じなかった場合、駿河湾沼津SAのバーガーを食べながら移動するという目論見も
image

「やばい!駐車場無くなるー!」

にとって変わりました(白目

そんなこんな(どんなだ)交通量も多かったので、安全運転でSC相模原のホームギオンスタジアムに到着。


2017-05-07-11-08-10

2017-05-07-11-09-05

なんとか1台だけ丁度車が出たのを見つけて駐車出来ました…(ラッキーでした。)

ギオンスタジアムに来るのは昨年の
【you@あず】相模原ドリームマッチ&SC相模原vs大分トリニータ【J3】
この時以来ですね。

相模原の試合を観るのは天皇杯予選と藤枝との試合を入れて通算4回目。


◎今日の相模原オススメグルメ◎
今回はアウェイという事で、いつのも愛鷹スタグルでは無くギオンスで…でも無くちょっとスタジアムから800mほど離脱してこちらへ
2017-05-07-11-35-33

同じ公園敷地内?(スタから約800m程)にある健康文化センター内のワンツードンさん(@one2don)へ行ってきました。
このお店はギオンスで出店しているのですが、この日は出店できなかったとか
2017-05-07-11-25-28
DONカレーを頂きました。相変わらず食欲をそそる辛さ、そして旨さ。
店長…愛鷹で…待ってるからねw(はーと (-_-)

さてお腹も満たされてスタジアムまで戻ります。
2017-05-07-11-56-59

2017-05-07-11-55-02


BlogPaint

スタグルエリアをうろうろしていると、知っているアスルサポの方がチラホラ。
挨拶して、お互いに知っている人がいる事にホッとしたりしながらワイワイ。

相模原のビッグフラッグの下でSC相模原のフォロワーさんにもご挨拶させて頂いてたら隣でサガミスタの方達の決起集会が始まりました。(いそいそと退散

2017-05-07-11-53-24
(ユニあと半月位でくるはず)

実は私自身はアスルクラロ沼津のアウェイ観戦は2回目でして
【you@あず】東京武蔵野シティFC vs アスルクラロ沼津【JFL】

この頃は、実は誰とも話すことなく、ちょっと離れた位置でこっそり見てたんですよね。
それが今はいつも声をかけて下さる方々、新しくお話した皆様。まだご挨拶出来てないフォロワーの方々やゴール裏の皆さまも含め色々な方にスタでお会いし、それが一つの楽しみになっている感じです。

2017-05-07-12-02-58

2017-05-07-12-31-56


BlogPaint


シロツメグサが咲き、お花畑のゴール裏。
花冠を作ったり、寝そべったり、「キャプテン翼」コールで作者でありゲスト来場された高橋陽一先生を困らせたり、ハーフタイムには遂にアウェイ初上陸寝そべりwthマスクさんを並べたり、オーロラビジョンのチアの子達を下からのぞき込む悪い大人が現れたり試合以外の時間ある物を全力で楽しんじゃう。アウェイでもアスルらしさ全開。

2017-05-07-13-00-04
反面、試合中は熱い熱い応援をこちらも全力アスル!

試合は先制するも相模原のFWガブリエル選手に打点の高いヘッドを決められて追いつかれ、アディッショナルに値千金のゴールで勝ち越すもラストプレーでGK石井選手が掻き出したボールを再びガブリエル選手に押し込まれ2-2の引き分け

スリリング且これぞサッカーという試合に、悔しさと同時にゾクゾクする様なサッカーの面白さを改めて体感させられました。




動画を撮影して下さっていたのでお借りしました。

試合後の挨拶でGKの石井選手は泣いていました。CKになってしまったクロス、そしてラストのプレー共に風の影響を読み切れず同点ゴールを与えてしまった。
仲間たちが必死になって捥ぎ取った勝ち越し弾を自分のミスで守り切れなかった。
そんな気持ちだったのでしょうか。GKを遊びながらずっとやっていた人間なので気持ちが凄くわかり、自分も涙がちょっと抑えられませんでした。

まるで負けたかのように項垂れて帰ってきた選手に、沼津のゴル裏からは動画を見て頂いてもわかる通り「よくやった!」「前を向け!」「敵地で勝点取ったんだぞ!」と激励の声。
選手が引き上げた後も「いやぁ悔しいなぁ、でもこれがサッカーだなぁ」「Jリーグやっぱ凄いな」等の声も多かった印象。

「なんだよ沼津サポ甘いな」という方も、もしかしたら居るかもしれませんが、私はこれが沼津の人であり沼津の良さだとも思います。甘いのではなく、温かいのではないかと思うし「そんなんだから…」みたいな事を言われるのであれば、このままその先へアスルクラロは全力で越えて行って欲しいと思います。
幸いにも偉大なるキャプテン、精神的に頼れる大ベテラン選手に監督もいらっしゃいますので、きっとこの経験でまた強くなったアスルに会える事を願ってます。

2017-05-07-15-20-50

そんな訳でギオンスタジアムを後にしました。友人を送る為に、この後車で移動。車中で今日の試合の反省会をガヤガヤ。これもアウェイの楽しみ。

image
話が尽きず、途中の商業施設で軽くご飯食べながらまたワイワイ。
友人を送り届け、いざ帰路へ(この時17時過ぎ)

2017-05-07-18-48-56

2017-05-07-18-48-34

足柄で綺麗な富士山を見て


2017-05-07-19-57-13

2017-05-07-20-02-31
気が付いたら沼津で降りて浜忠さんでご飯を食べ




海で夜光虫が凄いとの情報に大瀬辺りまで行き

さて帰るか…と思ったら、偶然の出会いがあり夜中までファミレスで色々話し仕舞には閉店時間で駐車場の電気が消え、自宅に着いたら朝の4時でした(笑)

いやぁ…相模原遠いなぁ。16時前にスタジアム出たのに(棒
※本来は2時間で着きます

試合の事を含めて、まるでGW1週間を全部1日に詰め込んだ様な濃い濃い一日でした。
凄く悔しかった試合でしたけど、改めてサッカーを好きになりました。
GWで凄く疲れ切ってたはずなのに、一日遊んで遊び疲れてもいるはずなのに、今日元気すぎるのは多分色んな人にエネルギーを貰ったんだなぁと思います。感謝。

※試合内容については別途書くかもしれません。まだDAZNチェックしてないのでゴル裏からだと何となくしか見えない(ただ、相模原の支配率が上がったのは普光院選手のお陰なんじゃないかな?と勝手に思ってます。今の所。)

このページのトップヘ