試合以外に関してはコチラで書かせて頂きました。
(J3ってどんな感じなのか?編)

こちらでは試合に関して書かせて頂きます。一体、J3ってどんなレベルの選手がいてどんなサッカーしてるんだろう?ワクワクしながら観戦させて頂きました。

試合は僅か4分で動きます。
中盤でボールをカットした相模原。軽く叩いてショートカウンター(恐らく)菅野から高原の開けたスペースに走り込んだ曽我部へ、ニアで服部が体格を生かした高さからのヘッドで先制

(イメージとしてはこんな感じ)・・・が走ってる所、→がボールの動き うん、使いこなせてない!見づらい!
sag

立ち上がりであった事も有り、藤枝のDFは完全に後手を踏んでいた。
ファーにも敵選手がいた事も有り、藤枝GK朴もニアまでケアしたポジショニングが出来ていなかった。(曽我部のクロスの段階で左足に一歩体重をかけてしまった段階で朴はニアの飛び込み見えてなかったかもしれないです。)

■チャンス自体は藤枝の方が多い
開始早々に失点こそしてしまったものの、決定機が次訪れるなら藤枝の方だと思っていた。
相手のセンターバック2人は対面では強いものの、裏を取られたり敏捷性という意味では欠けている。所謂、肉壁DFだ。
藤枝の狙いはこうだった。
fuji
FWの大石は囮で、裏を狙うロングボール、飛び出しを徹底していた。右サイドの久富は個の力で打開が可能な選手であり、センターサークル付近で大石或いは中盤のプレーヤーがポストに成功した時は右サイドからのアタックが有効だった。
実際、前半のうちにゴールをこじ開ける事に成功したが、オフサイドの判定に泣いた。

■SC相模原というチーム 
相模原というチームは非常にわかりやすいチームではある。前線の服部は一般的なガタイの良いFWの典型の様なタイプ。サカつくなら「平均的な能力を持った。」っていう言葉が本当似合いそうなくらい。
それを高原が確実にポストプレーをこなしたりダイアゴナルランして2列目を引き出す。ポストプレーなんか負ける気がしなかった。
中盤の曽我部は実質的な司令塔。ボールホルダーの近くに顔をだしボールを回してはまた顔を出す。気の利く衛星が常に飛び回ってる感じだ。
佐野は10番だが、どちらかというと叩き役の影。ただ、前がガッポリ空けば突然飛び出してくる様な動きも持っている正にシャドー。
彼らをサポートしているのが北原と菅野。北原は少し地味な役回りだが中盤のバランスを保ちながら守備陣との距離を保っている。菅野は足元の基礎技術も高い物を持ちながらもセカンドボールを拾う動き、読みが素晴らしい。仮に曽我部、佐野が封じられても彼が前に出てくる選択肢も作れる。
全体的に中盤の選手は戦術としての頭の良い選手が多い。

反面、後ろ4枚は重い。左サイドバック(寺田?)は久富にやられ放題。センターバック2人のウェズレイ、フェアー・モービーは先述通りの肉壁。右サイドは藤枝自体が攻撃の主軸を右に置いていた為、評価が難しい。GKの佐藤もあの前のセンターバック2枚にどう評価していいかわからなかった。
これが、この試合を観て感じた感想。 

■藤枝MYFCというチーム 
対して藤枝というチームは何ともまた極端だ。
FWの大石は流石ゴールランキング上位の選手だけはある。この試合、終了間際に藤枝は追いつくのだがエリア内でのターン、疲れの見えたウェズレイを振り切る動きは見事だった。ポストプレーも得意なのだろうが、試合を通してゴールを背負った時に外人DFにガツガツ当たられると相手にならなかった事は今後の課題だろう。
同じくFWの石井はもっと周りを活かすことを覚えるべきだと思う。筋肉質で縦へ縦へ裏を狙っていたが、もっとポジションを動かすべきだ。そうすれば大石のポストでもっとミスマッチを作れたし、点を取る以上に動きを覚える必要があると思う。
沓掛、笹垣に関してはこの試合は落第点。何がしたいのかさっぱりわからなかった。それとも力量が足りないのか。特に笹垣はもっと仲間を信頼するべきじゃないかな?
久富はサイドでドリブルするだけでも1つの戦術となる選手で相手にとって脅威だ。中央が活きれば彼は大車輪だろう。
中盤の底を務めた枝本は恐らく本来はもう1列前でボールを散らす選手。実際後半に16番の水木選手が入ってから1列前に上がっているが、既にその頃には運動量も落ちていた。それでも彼はパイプ役として必要なプレーヤーだろう。
DFラインはキャプテンの奈良林を欠く急造ラインだったようだが酷い有様だった。
右サイドの市川はボール供給のフィードは○ ただ、右膝のテーピングが痛々しかった。トレーニングでも細かいステップではスピードを上げなかったので無理使いは出来ないんだろう。それでも終始無難にこなして見せた。 
問題は残りの3人、キャプテンを務めた内田はライン統率に苦労した。もっとキツく言うべきだし声を張り上げるべきだ。ラインを意識して組織を維持したいのは見て取れただけに、それが感じられなかった。
センターバックのもう1枚望月は、言い方は悪いが脳筋プレーすぎた。対峙している高原に良い様に受け流され、守備では追いすぎでしばしば最終ラインを崩した。筋肉質なのはいい事だが、体の使い方をもっと覚えればいい選手になれそうなんだが・・・
左サイドバックの佐藤はコーナーの後や守備後のライン押上げが遅いのが目立った。気が抜けてるのか、なんでチンタラ歩いてんだろう?ってシーンがいただけない。それだけ変えればいいだけなんだけど
最後にGKの朴。中々に良い選手だ。ハイボールの飛び出しは広い。それだけ自信があるんだろう。セービング能力をも良いものを持っている。強いて言えば、パントキックの精度向上。ボールを蹴れる範囲をもう少しだけ絞れるようになりたい。まだまだ誤差の範囲が広い。

両チームのこの日見て受けた印象はこんな感じ。藤枝はバラつきが大きい感じ。相模原は後ろに重りをつけてる。

■試合としては最高の展開
チームの分析でも書いたが、試合はロスタイムに藤枝が追い付く劇的な展開。後半に入り攻め手を失いかけていた藤枝がワンチャンスをモノにする。ゴール前の大石の粘り、そしてしっかり詰めた途中出場の西山は見事だった。これで落胆した相模原を残りの時間も一気に攻め立てたが逆転のゴールを奪うまでには至らなかった。
しかし、会場に来たファンを大いに楽しませてくれた試合ではあった。