フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

こんにちは。いよいよアスルクラロ沼津のJ3での戦いが明日始まります。
Twitter上でも、
・Jリーグに上がったので初めて観に行く方。
・中山選手・伊東選手を観たいという磐田・清水のファンの方。
・藤枝との静岡ダービーを観に行く!
・25日サトミキ来るの!?じゃ観に行く!
・ラブライブ!サンシャイン!!好きで、サッカーにも興味あって行ってみようかなと思ってる。

等、結構お見掛けしたので、あくまで自分の感覚なのですが簡単に書こうと思います。 

■車でのアクセス
※あくまで、公式発表の公共交通(シャトルバス)をなるべくご利用ください。車でのアクセスを助長する内容では無い事にご理解ください。

遠方よりいらっしゃるアウェーサポーターの方、また清水や磐田のファンで観に来る予定の方は車での来場を予定されている方も多いと思います。(地方都市は車社会なのでそうなるのは当然と言えば当然です。)

ただ、可能であれば沼津駅からのシャトルバスのご利用を推奨します。
【バス】3/18(土)福島戦 バスでのアクセスについて

というのも…
2017-02-23-16-30-19

 上の写真は愛鷹広域公園内の看板を先日撮影したものです。(競技場の上の方から)
ご覧の通り駐車場は決して多くありません。
テニス場の駐車場解放があるとしても、 来場者の予想がつかないので、ご来場の際はお早めに入らっしゃることをオススメします。
また、夏時期には向かいの野球場で甲子園予選なども開催され、他競技団体との兼ね合いもあります。

集客の多い試合では、臨時駐車場の開放なども今後あるかもしれませんが、事前に公式からのリリースを必ず確認して向かってください。
停められないとなると、愛鷹山から随分と離れてしまいます。 

また、高速道路から来場される方の降り口 としては

◎愛鷹PAスマートインター
◎東名沼津IC
△新東名長泉沼津IC

ですかね。というのみ新東名からだと少し道が分かりづらいです。

image

料金所を過ぎて左の「あしたか広域公園」方面へ
→二股の分かれ道を右折
→最初の信号を左折
→クネクネ細い道を抜けて東名を横目にたどり着いた信号を左折
→ローソンの角を右折

↑このローソンの角辺りで東名の沼津IC出てきた辺りになりますので、明らかに新東名からだと遠いのです。

 ■シャトルバスでのアクセス 
上にも公式リリースの時刻表を書きましたが、可能であれば沼津駅からのシャトルバスの利用を推奨します。
【バス】3/18(土)福島戦 バスでのアクセスについて
 
乗り場は北口の2番乗り場です。ラブライブ!ファンの方は内浦方面と逆側ですね。(作中でファーストライブのビラ配りしてた方)
間違えて南口に出てしまうと、ぐるっと回らないといけないのでご注意下さい。

運賃は片道 大人360円・子供180円 です。

駅から愛鷹広域公園までは結構距離があります。愛鷹山と言われる通り、途中から傾斜がきつくなり軽い山登りになるので、徒歩・自転車等を考えている方はファイトだよ。

■チケットに関して
公式リリースにもあった通り、今年はバックスタンドの芝生解放がありません。
2017シーズン チケット情報 
 
ゴール裏はまさに今年ゴール後方から選手に声援を送る感じですね。


また、開幕節は沢山のスタグル「アスルキッチン」がなんと過去最大の19店舗出店されるようです。
スタジアムで、沼津の思い出に美味しい物も食べていってほしいです。

【アスルキッチン】

2016-10-30-11-41-55

2016-11-13-11-51-16
2016-11-13-11-53-36


パッと思いついた感じで書きましたので、まずい部分があれば、修正・削除させて頂きます。明日から始まる愛鷹での試合。マナーを守って皆で楽しく観戦しましょう!

今年最初の水戸!

ということで、味スタに行ってまいりました。(浦和戦が金曜日だったのでちょうど良かった)。

2017y03m13d_232847572


スタメンはこんな感じです。

結果だけ言えば4-0。
後半に水戸の細川が退場してしまったとは言え、内容レベルでもヴェルディの方が上回ってたと言わざるを得ない内容だったと思います。
特に、ヴェルディの後方でのビルドアップには色々仕込みがありそうな雰囲気が感じられて非常に見ていてワクワクするサッカーをしていたように思います。

初見ですので怪しいところもありますが、簡単に・・・。

2017y03m13d_234256178

この丸で囲った、3バック+GKでボールを動かしつつ、前線へのアプローチを模索するところから攻撃は始まります。
当然、相手の前線はそこに対して多少なりともチェックを掛けていきます。
必ずしもボランチが落ちることがマストではなく、基本的には3バック+GKで回すことを基本ルールとしているように思います。

2017y03m13d_234519983

ただし、相手のプレスが後ろ3枚+1に対して、しっかり3枚でかけられる状態に陥ったときは、すかさず永田の脇にボランチの井上か内田どちらか一枚が落ちてくる形を選択。
当然、その形を受けて井林と平は広めのポジショニングを取ることが可能となり、相手の選手間距離を広げることにも成功する。
よって、球出しの起点である永田に余裕が生まれやすくなる。
ポイントになるのは、内田と井上が落ちるタイミングを見逃さないか否か。
ここの判断が遅れてしまうと、たちまち永田は追い詰められてしまい、場合によってはボールを奪われて、絶対的なピンチを迎える流れになってしまうことになります。
このあたりのボランチの動きに関しては、決してオートマティズムではないため、相手の出方によっては厳しい結果が生まれてしまいそうな気がしますが、時間とともにその精度は上がってくるんじゃないかなと思います。

また、数回ですがボランチが2枚とも落ちる形も見せていました。

2017y03m14d_001011652

流石に1年目でここまで仕込み始めてるとは思いませんでしたが、この形は本線ではなく、あくまで緊急時のオプションなのかなという感じ。
井林・平を経由する形か、永田から一本で前線で当てにいってしまうかの2本くらいしかない様子。
2列目の高木善・アラン辺りがうま~く降りてきて、井上・内田からの縦パスを引き出せたりすればこの形も悪くないのかなと思ったりもしますが、多分それは本線の狙いとは違うのだろう。

あくまで、基本はCB3枚+GKで相手の一列目を剥がすことを基本路線としたいのだと思います。
安易にボランチを一列下げる選択も良しとしていないようです。

ただ、現状後方から効果的なロングボールを配給できるのが中央の永田のみというのが、今後どう影響してくるのかが少し気になるところ。
GKの柴崎から一本でサイドなり前線へのボール配球を狙うシーンもいくつかありましたが、精度面が正直厳しいのかなと。
これはあくまで個人的な予想ですが、ロティーナ監督が自身の人脈を用いて外国籍の選手を新たに獲得するとなった場合、GKを選択するんじゃないかな~という気がします。
CB3枚+GKでビルドアップの基本を構築したいのならば、キックのバリエーションに優れたGKは今後間違いなく必須になってくると思いますので。

実際、永田からのロングボールでWBが一発で裏を取る形に関しては、現状でも十分な武器になっておりますので、ここに永田以外の起点が作れるかどうかで相手に与える驚異も大きく変わるものと思います。

2017y03m14d_004832987

ただ、懸念点として、前線3枚のユニットの練度の低さがちょっと気になるレベルなのかなと個人的には思いましたが、時間が解決するのかそうですらなさそうなのか、そこまで見る余裕がなかったというのが正直なところ。
上背があって苦しい時のターゲットにできるドウグラスが外れるとは思えないが、そこに控える高木善とアランの組み合わせに関しては今後入れ替えの可能性が普通にありそう。

眠くなってきたので、この辺にしておきますが、ヴェルディはマジで結構面白いかもしれません。


ハーフタイムにツイートしたコメントですが、水戸の状態の悪さもあったかもしれませんが、それを差し引いても普通に見ていてワクワクするサッカーだったと思います。

ただ。。。


シーズン終盤には味スタに10,000人近く集められるような状況になってて欲しいものです。

それだけの可能性をもったチームだと個人的には思うのですが、この国においては必ずしもサッカーの結果・内容と集客力が直結しないのもこれまた事実。

まあ、みなさんも味スタにいって見てみるといいよ。

個人的には、千葉戦がとても楽しみです。(え?平日開催?)


結局、水戸のこと何も書かなかったけどそれくらいヴェルディの動きに集中しちゃってましたということで。
ごめん!

皆さんこんばんは。
夜磐です。

本日行われたJ2 岐阜-松本戦で、珍しい出来事がありました。

ユニフォームの見分けつかず試合中断…岐阜と松本の一戦で珍事発生(SoccerKing)
https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20170312/561970.html

岐阜の深緑のユニフォームに対し、同じチームカラーの松本は
グレーの2ndユニフォームを用意しましたが、見分けがつきづらく
選手が敵と味方を誤認してパスミスをする事象が発生。
結局、岐阜が白の2ndユニフォームを着用することで
事態は収拾しましたが、試合中のユニフォームチェンジ、
かつホームチームが2ndユニフォームを着用するという珍しい事態に
注目が集まっています。

サッカーファンの反応もさまざまですが、その中で
「ホームゲームなのにチームカラーのユニフォームを変えさせられる
岐阜が可哀相」という意見がありました。
言っていることはもっともなのですが、実は長いJリーグの中で、
ホームゲームで2ndユニフォームを着用したチームが他にもあります。
しかも、試合途中の変更ではなく、試合開始からずっと。

なぜ私がそんなことを知っているのかというと、
そのチームの1つこそ我らがジュビロ磐田で、
しかも私がその試合を観戦していたからなんです




それでは、実際にその試合の様子を見ていただきましょう。







時は遡る事21年前、1996年5月1日のジュビロ磐田スタジアム。
ジュビロ磐田と、今は亡き横浜フリューゲルスの試合です。

アウェイ1

改修前のヤマハスタジアムで行われている
ジュビロ磐田のホームゲームですが・・・


アウェイ2

磐田のユニフォームが白い・・・

どう見ても2ndユニフォームです。



Q.何故こんなことに?
A.両チームの1stユニフォームの見分けがつきづらかったため。
白を基調とする横浜フリューゲルスに対し、ジュビロ磐田は
水色基調でありながらも色素が薄いユニフォームであったため、
見分けがつきづらいと判断され、ホームゲームで2ndユニフォームを
着用することになったのです。
ホーム1
当時の磐田の1stユニフォーム。



ちなみに同じ年の横浜フリューゲルスのホームゲームでも・・・

ホーム2

やっぱりどっちも2ndユニフォームでした。

自分が知る限り、ホームゲームで2ndユニフォームを着用したのは
ジュビロ磐田と横浜フリューゲルスの2つだけです。
「他にも知ってるよ!」という人がいたら、ぜひ教えてください(笑)。


ちなみにですが、チームカラーが白だった横浜フリューゲルスは、
ユニフォームの色が他のチームと被る機会が少なく、
ほとんどの試合を1stモデルでこなしたそうです。
特に、先ほど画像を貼ったモデルは、対磐田戦の2試合でしか
着用されなかったので、幻のユニフォームとまで呼ばれていたそうで。

当時の自分は小学生で、自発的に試合を見に行くことができなかったので、
数少ない観戦でそんな貴重なユニフォームを拝めたのは、
自分らしくもなく幸運だったと今にして思います。

・・・まぁ、その試合は、前園の大活躍で磐田さん負けたんですけどね(笑)

いじょーです。

皆さんこんばんは。
夜磐です。

昨日NACK5スタジアムで、大宮アルディージャvsジュビロ磐田の
試合を観戦してきました。

試合は、既報の通りジュビロ磐田が2-1で勝利。
磐田さんは今季初勝利です。

DSC_2257

今宵の話題は、試合の感想というよりも、
先制点となった中村俊輔のFKについてです。

開始直後の前半4分、ゴールまで約17メートル、中央左寄り。
ファーサイドに向かって放たれたボールが、
鋭くネットに突き刺さりました。



磐田サポが陣取るゴール裏とは反対側のゴールでしたが、
NACK5スタジアムは反対サイドでもよく見えますので、
ボールがゴールに収まる軌道がよく見えました。
FKを獲得した瞬間にスタンドが一気に「中村!」と
期待するのがわかりましたし、きちんとその期待に
応える中村俊輔は、FKについては本当に凄いな、と。
決まった瞬間のスタンドは、先制ゴールという事実に沸きながらも
散々期待していた中村俊輔のFKのゴールを見られたという
独自の興奮も多分に含まれていました。
今季の磐田の公式戦初ゴールであると同時に、
彼個人の磐田移籍後初ゴール、しかも貴重な先制点ということで、
いろんな要素が絡んでいたこともありますが、
彼のFKには独自の空気感があるようです。
おそらく横浜FMのファンは散々に味わっている感覚でしょうし、
磐田ファンの自分も味わうことが出来て、非常に光栄です。

中村が蹴る前の太田の跨ぎにピッチ上の誰一人引っかかっておらず、
「あれやらなくても入ったな」と勝手に思っていたのですが、
あれは大宮GKの加藤の様子を伺うために中村が太田に
お願いしたとのことで、加藤の反応が速いのを見て、
蹴るコースを変えた模様。
いろんな駆け引きを経たが故に、本人曰く「コースが甘かった」
キックでもゴールになったのでしょう。

ゴールを決めて自陣に戻りながらこっちのゴール裏に
向かって拳を突き上げる彼の姿を見て、胸が熱くなりました。
ようこそ磐田へ。俺たちのイ中間、中村俊輔。


■川又も初ゴール
この日は中村だけでなく、川又も移籍後初ゴールを決めましたので、
そちらについても言及。一応、この試合の決勝点はこちらでしたしね。

 

川又はアップのシュート練でもぜんぜん当たっていなかったので、
今日は当たっていないのかと思いましたが、相手のミスを逃さず
しっかりと追加点を決めました。
インタビュー記事を読んでいると、テレビで見せる明るい一面とは裏腹に
ストイックなメンタルを持っている印象を受けるので、
初ゴールが遅れたら自分でプレッシャーを強めるような気がしていました。
なので、ここで結果を出すことができて、チームとしては
もちろんですが彼自身にもよかったと思います。

ゴールシーンについては、大宮の菊地のミスの要素が非常に大きい
気もしますが、川又が身体を張って突進しなければ
ゴール前に持ち込むことはできませんでしたし、ミスを
逃さなかったことに胸を張っていいと思います。
後半のチャンスを決めていれば、タイムアップを待たず
この試合は決まっていましたが、それは次以降に
とっておくことに致しましょう。

彼もゴールを決めた後、ユニフォームの胸のエンブレムを
アピールしながらスタンドに駆け寄ってくれました。
ただのパフォーマンスだとしても、こういう姿を
見せてくれるのは、サポーターとしては嬉しいものです。
ようこそ磐田へ。俺たちのエース、川又堅碁。

このページのトップヘ