フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。


「おおきくなったら、うらわれっずにはいりたい」

小学生時代、私を取り巻く友人達の多くが本気で抱いた夢である。


幼稚園の年長時代に埼玉県与野市(当時)から隣町の大宮市に転園してきた私に「サッカーしようよ」と誘ってきてくれた子がいた。
それまで、実は一度もサッカーなどやったことが無かった。
しかし、転園したばかりの友達が居ない状況で、誘われれば喜んでついて行くし、両親はその光景に安堵したという。

ここが、私のサッカー人生の始まりである。

小学生に上がり、私はサッカーへ招き入れてくれた恩人と共に地元の少年団に入ることになる。
事実から述べると、フィールドプレイヤーとして試合に出られることはほとんど無かった。
試合に出られないならということでキーパーへの転向を図ったのも小学4年生の頃である。
幸いなことに身長だけは高かったので、多少有利に働く点はあったが、それでもやはりうまくはいかなかった。

ただ、サッカー自体を嫌いになることは全く無かった。
下手くそではあったが、みんなとサッカーに興じているときは楽しかった。

そして、自分が育った埼玉県には浦和レッズがあった。

「おおきくなったらうらわれっずにはいりたい」

小学校からの帰り道で、この手の会話をしたことは今でも記憶に残っている。
(まあ、その中で1人「僕は、ACミランに入りたい!」と息巻く友人もいた)
今思い返せば、本当に良いタイミングだったと思う。小学生といういい意味で一番自己形成をしやすい時期にJリーグが生まれ、更に自分が住んでいるすぐ近くにチームが生まれたという事実。

幼いながらも初めて自覚的に描いた「夢」である。

この後、進学するに連れて、私とサッカーとの関係は非常に難しい関係になっていった。
サッカーが原因で不登校の一歩手前まで足を踏み入れたこともある。
私をサッカーへ招き入れてくれた恩人達とサッカーをすることを意図的に避けていた時代もあった。
毎回、断る理由を考えながらの苦しい時期であった。

まあ、この辺りの話までしだすと本題から逸れすぎてしまうので、私の話はこの辺にしておきましょう。
(ご希望があればまたの機会に)


「何故、浦和レッズを応援しようと決意したのか」


たまたま、このブログをクリックしてくれた皆様にもお伺いしてみたいのですが、「何故、○○を応援しよう」とご決意されたのでしょうか。
・チームの所属地と出身地もしくは住所が同じだから。
・偶然、友人や恋人に連れていってもらって、「サッカーって生で見るとおもしれーじゃん」となったから。
・代表戦でイケメンを見つけちゃって、その選手のいるチームの試合を見に行くようになったから。
・自分が惚れ込んでしまった選手がいるから。
そこには、実にいろいろなパターンがあると思う。

おそらく、候補を出せばキリがないでしょうし、10人に聞けば10通りの回答が得られるだろう。

では、私の場合は…。

もう、お分かりかと思いますが
「おおきくなったら、うらわれっずにはいりたい!」
やはりコレ。

別にかっこつけているわけでも何でもありません。
極めてベタな表現かもしれませんが、こうなのだからしょうがない。

浦和レッズを応援すると決意した根っこの部分は、やはりここにある。

子供の頃に描いた「夢」である浦和レッズを越えるチームが、私の前に現れる気配は今のところ皆無。
恐らく、今後も現れないだろう。

唯一、候補として挙がるチームがあるとすれば、同じさいたま市を拠点とする「大宮アルディージャ」かな?。
浦和レッズを応援する人の中に、大宮アルディージャを嫌う人は少なからずいるでしょう。いや、多いといっても過言じゃないと見て良い。
しかし、私はそのパターンには該当しませんし、恐らく今後も変わらないでしょう。
(この話もまた別の機会があれば)


さて、少し長くなり始めましたが、ここで一つ究極ともいえる問いを立ててみましょう。

「『浦和レッズ』の全選手及び全スタッフが、急遽、大嫌いなライバルチーム『大宮アルディージャ』に移籍してしまいました。その代わりに、『大宮アルディージャ』の全選手及び全スタッフが我が『浦和レッズ』に来てくれました。変わらぬものは、赤いユニフォームと我が家埼スタ。さて、むちゃくちゃな条件ですが、この両チームが試合をするとき、どちらのゴール裏に陣取りますか?」

※ 別に、相手がアルディージャである必要は無いのですが、分かりやすくするためにそう表記しました。読者の皆様も自分なりのチームを当てはめてみてください。


たぶん、私はこの状況でも『浦和レッズ』を応援するのだと思います。
多少の混乱はあるかもしれませんが、最終的には「WeAreREDS!」と叫んでいる気がします。

気持ち悪いと思う方もいるでしょう。その気持ちもわかります。

ただ、遊び感覚を除いてあの埼スタの小さなアウェイゾーンから、赤いユニフォーム着て奮闘している選手にブーイングは出来ないと思いますし、そちらの方が間違いなく気持ち悪いです。自分自身が…。
仮に、このケースで大宮アルディージャを選択することが、間違いとか言うわけではありません。
私がレッズにブーイングできないのと同様に、原口元気や阿部勇樹にブーイング出来ないという人がいても何らおかしくないし、それも極めて普通の感覚でしょう。

仮に、この構図に耐えきれずに浦和レッズを離れる決意をしたとしても、私は他チームを応援することはないと思う。

元に戻ってしまいますが、結局、子供の頃の「夢」を越える何かしらの動機が生まれるとは考えにくい。

仮に、フロントがチーム作りに関してどれだけ迷走しようとも、チームにどんな選手やどんな監督が来たとしても、どれだけ弱くなったとしても・・・。
まあ、本当にこんな状況になったら、毎週のように怒るだろうし毎週のように暗い足元をみながら美園の駅へ歩いて帰ることになるでしょうが、それでも、スタジアムに行かなくなるとか、サポーターをやめるとか、そういう話にはたぶんならない。

ここで、「アイデンティティー」などという良く解ってもいない言葉を使うつもりはないが、
「サッカー」そして「浦和レッズ」が、自己を形成する上で不可欠な存在になってしまっているということでしょう。

そういう意味では、不自由なのかもしれませんがそれで良い。


23年前、私に「サッカーしようよ」と一言声を掛けてくれたあの瞬間が無ければと思うと、今でもその恩人には感謝の気持ちしかない。
ただ、恥ずかしいので直接伝えるのは、自分がもう少し老けてからで勘弁してください。



ちなみに、何故ちょっとこんな記事を書いたかということについてだが、そこに関しては今は伏せておくことにする。
必要になれば、また書く時が来ると思います。


ポンチョビ

Q1:お名前は?
北海太郎 と申します。

Q2:ツイッターIDを教えてください。
@hokkaitarou2

Q3:
性別は?


Q4:
血液型は?
牛はみんなB型です。

Q5:
貴方が推しているチームを教えてください。
コンサドーレ札幌
 

Q6:貴方が好きなサッカー選手を1名あげてください。
曽田雄志

Q7:Q6
で答えた選手を選んだ理由を教えてください。
内緒

Q8:
好きなスタジアムはありますか?出来れば理由も添えてください。
訪れたスタジアムの数が少ないのでなんとも言えないが
感動をもらった数でいえばやはり札幌ドーム

Q9:
あなたはサッカーのプレー経験がどれくらいありますか?
小学校の6年間

Q10:
御自身が得意とされているプレーはありますか?
狙ったところにボールを蹴る。
ワタシのことはアベッカムとお呼びなさいな。

Q11:
御自身が苦手とされているプレーはありますか?
走ること。ノンプレッシャーで止まったボールだけ蹴らせて。

Q12:
年間でどれくらいスタジアムでサッカーを観戦されますか?
10試合程度。金と時間が許す限界がこんな感じ。


Q13:
サッカー漫画でお薦めがありましたら教えてください。出来れば理由も添えてください
ジャイキリ(GIANT KILLING
サッカークラブ を軸に、それに関わる全て(スポンサー、監督、スタッフ、サポーター等)を
描こうと頑張っているから。
正しいかどうかは読んでご自分でご判断ください。 


Q14:
サッカー以外で好きなスポーツを一つ上げてください。出来れば理由も添えてください
バスケ、アメフト、ベースボール。
アイスホッケーは好きじゃないのでアメリカかぶれではないです。

Q17:
スカパーには加入されていますか?
J
リーグパックに加入しています。

Q18:TOTO
はやりますか?最高当選金額などありましたら教えてください。
2000円くらい。
牧場の土地を拡張したいので、毎回6億に期待してるんですけど。 


Q19:
ウイイレのマスターリーグにおいてのデフォルトチームで一番の推し選手は誰ですか?
ミナンダを使ったことのないやつは友達になれない。

Q20:
ご自由に好きなことを書いてください。

マンションの住人として自覚をもって
頑張っていきたいと思います。

 

 


本日2月13日、マリノスタウンで行われたトレーニングマッチ『横浜F・マリノスvsザスパクサツ群馬』を観戦した。出場選手数が非常に多く、チームとして一括りにして感想をまとめるのは違うと考えたのでマリノスの「個人的な各選手評」をまとめた。ザスパクサツの選手に関しては正直個々の出来と選手名鑑を照らし合わせる余裕がないため割愛させていただく。ただ、33番のロビーニョは元川崎のジュニーニョのようなプレーぶりで、シーズンが楽しみな選手ではあった。


ゲーム時間は30分×4で、一本目・二本目が主力及び準主力メンバーにより構成され三本目・四本目は若手主体のメンバー構成であった。フォーメーションは一本目・三本目が昨シーズンを戦った4-2-3-1で、二本目・四本目は新しくチャレンジしている3-4-3を使用した。両チームの詳しいデータはそれぞれの公式サイトを参照していただきたい。
横浜→ http://www.f-marinos.com/news/detail/2014-02-13/163000/164021
群馬→ http://www.thespanic.jp/thespa/club_newsinfo/news/newsdesc.cgi?newsid=2014021301


それではここで本題の選手評に移る。


GK
榎本→これといった難しいシーンは少ないものの安定したプレー。だがキックでターゲットとのズレが目立つ。失点シーンは責めらないもの。

六反→1対1ストップなど好プレー。こちらも失点は仕方が無い。

鈴木→度重なる怪我から復帰。交代出場時にはスタンドから大きな拍手で迎えられる。15分ほどプレーし、1対1を脚でブロックしたシーンやCK時のハイボール処理をしたシーンが印象に残る。


DF
小林→攻め上がるシーンが多かったが昨シーズン終盤に目立ったドリブル突破は見られず。

栗原→二本目にみせたクロスでのアシストは3バックならではの新しい形。小林との連携次第でこれからもっと面白い攻撃パターンもできるのではと期待。

中澤→安定した高さと強さ。しかし3バック時に組み立てで存在感を示せず。足元の技術が優れるタイプではないためイタリア代表DFボヌッチのようなビルドアップにおける存在感を求めるのは酷ではあるが、攻撃の手詰まり感を招く原因の一つに挙げられる。

下平→技術の高さは伝わるものの、もっとタメを作ったりギャップを狙ったりするプレーを見たい。他の新加入選手よりチームへの適応は早いか。

三門→右SBとWB、それとボランチでプレー。サイドでは攻撃参加の積極性、持ち前の運動量でアピール。懸念されていた足元の技術の低さはこれといって目立たず、ボランチ時には大きな展開も。三本目にはオーバーラップしエリア内角度のない位置から際どいシュートも放つ。

ファビオ→相手にしっかり食いついてボールをつつく守備など、昨シーズンから引き続き好パフォーマンス。藤本のFKを得意の頭で合わせ1得点をマークした。ビルドアップでの消極性が目立ったが彼は公式戦になればなんとかなるであろう。

奈良輪→昨シーズンから引き続き自らの武器である運動量をアピールしようとしたが、元の位置が高いWBではそこまで目立たず。ボールを持った時のプレーの引き出しが少ないのは今後も課題か。また、相手の攻撃が彼のサイドをあまり使わなかったため守備機会は少なかったか。

喜田→右CBにて出場。怪我を負った為、無念の途中交代。今年は手倉森ジャパンやU22選抜での出場機会の確保が予想されるので早期回復を願う。


MF
富沢→中町との中盤コンビはやはり鉄板。3バックの左CBは『こなしていた』印象だが個人的には中澤と逆、中央で試して欲しい。

中町→終始キレキレ。ボールを持って相手を剥がし前線の数的有利を演出したり、相手のプレッシャーの追い詰められた先で逆をつき回避するテクニックを披露した。

兵藤→矢島とのポジションチェンジを繰り返しながら高い位置に基点を作る。細かい崩しに気の利く顔の出し方など、随所に彼らしさを発揮。

中村→さすがの技術を見せるがゲーム立ち上がりのGKへのバックパスが相手FWに攫われるなど、パスの強弱の感覚がまだイマイチな印象。しかし当たり前のようにすぐ感覚を戻してくるであろう。

斎藤→対面して仕掛けるドリブルは少なかったもののロングボールでDFラインの裏に抜けだして矢島の先制点をアシスト。こぼれ球を押し込み1Gも記録したが、この得点シーンは私がよそ見をしてしまった。なんたる不覚…。

藤本→センターハーフ、右サイドハーフ、トップ下と三つのポジションを任されたがその全てで高いレベルのプレーを見せた。センターハーフ時のゲームメイクはもちろん、前線へ抜け出す動きも非常に効果的だった。ファビオへのアシストとなったFKは流石。

小椋→中盤で熊谷とコンビを組んだほか、3バックの中央でもプレー。一般にイメージされるガットゥーゾのような「小椋らしさ」は見られなかったものの、左右へのロングボールによる展開を繰り返した。しかし狙ったボールに精度を欠く場面も少なくはなかったので今後に期待したい。

佐藤→常にトップギアで走り回り相手をかき回すことで持ち味を発揮。デビュー二年目である今年はスタートから戦力として計算できるか。

天野→右サイド高い位置でボールを持つシーンが多く、シンプルに周りを使った。だがそれ以上のインパクトは弱く、狭い局面では当たりの弱さを露呈することも。

熊谷→微妙な出来。中盤で相手をヒラヒラといなしながらのキープは見せたがボールを持ってもそこからのチャレンジが少なく、淡白なプレーが多かった。


FW
矢島→本日一番の収穫であろう。ワンタッチでのポストプレイを見事にこなし、2Gを奪う活躍。二点目の打点の高いヘディングは圧巻。課題としては守備面で休むシーンが多い点とパスを呼び出すタイミングを他の選手と共有出来ていない点。また、ワンプレー毎にスイッチを一度切る癖が見られた。怪我人の多いCFで唯一怪我なくこれているのでこのままシーズンをむかえて欲しい。試合中に周りの選手とのコミュニケーションが少ない点もやや気がかり。

端戸→動き回ってボールを引き出すことで矢島との違いを見せたが痛めた腰を押さえながらプレー。結果、負傷により出場時間は10分にとどまった。

松本→負傷の端戸に代わり慣れないCFで出場。キレのあるドリブルや積極的にシュートを狙う姿勢を見せた。また四本目では何度も左サイドとポジションを入れ替えダイナミックなサイドチェンジでチャンスを演出。レンタルバック時の本人コメントのとおり「ガムシャラに、そしてひたむきに」アピールをした。


全体として4-2-3-1の完成度は引き続き高いものの、新たに取り組む3-4-3は若手組の方がピッチを広く使う展開が出来ていた印象。
チーム・個人ともに伸びしろを随所に感じられ、今シーズンもこのチームを見ていく事への楽しみ・期待感が膨らむ良い試合であった。





image

写真:計120分のトレーニングマッチを終え、握手をする選手達

こんにちは。
みんなのオーナーことポンチョビだよ。
住人のみんなはちゃんと家賃払ってるかい?
未払は追い出すからね

・・・。

はい、気持ち悪がられてブラウザバックされても困るので、とっとと本題に入ります。
早速、各住人の皆様が記事を上げ始めてくれている中ですが、当ブログ『フットボールマンション』で最初の読者参加企画として、Jリーグの予想大会を開催させていただきます。

詳しいルールに関しましては、下記のページをご参照ください。
【反省から始まる2014。決意の5年目突入】~2014Jリーグ予想大会~【ザ・リベンジ】
だけでは、あまりにも不親切ですので、最低限ご認識いただきたい事項について抜粋いたします。


【必須回答項目】


~J1リーグ~

① 1位~18位まで全チームの順位予想をする。
⇒ 今年もどうせ当たりません。
② ①の順位予想に加えて、勝ち点分布を記入する。(5刻み)
⇒ リーグ全体の勢力図が見えてくる。

~J2リーグ~

① 1位~6位までの順位予想を行う。
⇒ プレーオフ進出圏内まで
② ①の順位予想に加えてプレーオフを勝ち抜くチームを3~6位より1チーム選抜する。

~J3リーグ~

① 優勝チームのみ予想する。
② J-22は何位になるかを予想する。



※ 下記Q&A項目にもご回答ください。

⇒ 【必須回答】と【自由回答】があります。【必須回答】には必ずお答えください。


Q1:Jリーグの中でお好きなクラブをご回答ください。(複数可)【必須回答】
Q2:Q1でご回答いただいたクラブをお好きになられた経緯を簡単でも長文でも良いのでご回答ください。【自由回答】
Q3:ご自身の順位予想で「ここに注目してくれ!」というポイントがあったら教えてください。【必須回答】
Q4:J1リーグの得点王は誰で何点取ると思いますか?【必須回答】
Q5:J2リーグの得点王は誰で何点取ると思いますか?【必須回答】
Q6:今年、「この選手に注目!」という選手がいれば教えてください。【自由回答】
Q7:Q6と被りますが、今年一気にブレイクしそうな若手選手がいたら教えてください。【自由回答】
Q8:Q1でご回答いただいたクラブに、あと一人だけ他のJチームから自由に獲得できるとしたら、誰を獲得しますか?また、その選手を獲得することでそのチームの成績はどれくらい向上しそうでしょうか。【自由回答】
Q9:今年のワールドカップでの日本の最終成績を予想してください。【必須回答】
Q10:最後に、今シーズンの意気込みをお願い致します。【必須回答】




【希望者のみ回答】


① 各チームの論評(順位予想の根拠や注目選手など)

⇒J1・J2・J3どこまでやるかは参加者様のご判断にお任せ致します。
尚、論評に関してもご提出いただいたものはブログへの掲載を検討しております。参加者様自身でブログ等の媒体をお持ちであるのであれば、そちらにご掲載したほうが良いとは思います。


◎応募方法

スカイプ・ツイッターなどは活用せず、メール応募のみとなります。
下記メールアドレスまで送信願います。
メールアドレス:

データ保存等をスムーズに行いたいので、「Word」「Excel」もしくは「メモ帳」等にご記載いただき、添付メールで送信願います。
②添付資料には、必ずツイッターでのアカウント名をご記載ください。



◎提出期限

3月1日(土) AM0:00までに上記メールアドレスで受信が確認できればOKです。
ロスタイムはありませんので、ご注意ください。



このような感じになっております。
尚、皆様から頂いた情報に関しましては、3月1日以降に情報の整理を行い、当ブログへの掲載を検討しております。

はっきり申しておきますが、まず当たりません。
嫌になるくらい、当たりませんよ。
恥ずかしさ万点になるくらい、当たりません。
くどい様ですが、本当に当たりません。
シーズン終了後に自分の予想を見返す恥ずかしさを楽しめる方。
⇒ もちろん、当ブログでもシーズンオフにあらゆる形で取り上げる予定です。

もちろん、『フットボールマンション』の住人の中にもご参加いただく方がおります。
ご参加いただく住人の方々には、事細かに予想を書いていただき、年末に笑われる準備をしていただく予定です。
そちらの記事も是非お見逃しなく!


多くの読者の方々のご参加を心よりお待ちしております。



ポンチョビ

Q1:お名前は?
   シバサキ

Q2:ツイッターIDを教えてください。
   hibariiiii

Q3:性別は?
   男
 
Q4:血液型は?
   -

Q5:貴方が推しているチームを教えてください。
   東京ヴェルディ

Q6:貴方が好きなサッカー選手を1名あげてください。
   林健太郎

Q7:Q6で答えた選手を選んだ理由を教えてください。
   すごく上手いのに、イージーミスをたくさんするから

Q8:好きなスタジアムはありますか?出来れば理由も添えてください。
   俯瞰で見られるとこならどこでも

Q9:あなたはサッカーのプレー経験がどれくらいありますか?
   ない

Q10:御自身が得意とされているプレーはありますか?
   -

Q11:御自身が苦手とされているプレーはありますか?
   -

Q12:年間でどれくらいスタジアムでサッカーを観戦されますか?
   30試合弱(ヴェルディ、ベレーザ、ユースのリーグ戦、カップ戦がほぼ全て)

Q13:サッカー漫画でお薦めがありましたら教えてください。出来れば理由も添えてください。
   漫画を読まないので、ありません

Q14:サッカー以外で好きなスポーツを一つ上げてください。出来れば理由も添えてください。
   見るのも、やるのも、動力の有無や車輪の数に限らず、乗り物で地面を速く走ろうとするスポーツ
   刷り込まれたものなので理由はありません

Q15:ヤマザキナビスコ製品でイチオシの商品を教えてください。
   リッツ

Q16:カルビー製品でイチオシの商品を教えてください。
   -

Q17:スカパーには加入されていますか?
   はい

Q18:TOTOはやりますか?最高当選金額などありましたら教えてください。
   やりません

Q19:ウイイレのマスターリーグにおいてのデフォルトチームで一番の推し選手は誰ですか?
   やらないので分からない

Q20:ご自由に好きなことを書いてください。
   苦手なこと
     ・文章を書くこと
     ・期待に応えること
     ・自由にやること

   好きなこと 
     ・文章を読むこと
     ・期待を裏切ること
     ・型に嵌められること

このページのトップヘ