フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

全国5000万人の地域Lサポーター、マニアの皆様 南河内です。

大阪ダービーのチケットを買い忘れて&そして完売 加古川までドライブがてら加古川VS奈良クラブの試合を見に行って来ました。

加古川まで遠い片道70キロ は疲れます。

今日の目的は
①奈良クラブの状態を見る
②補強に成功した加古川の状態の確認
③森脇(昨年までFC大阪所属の愛する選手)の確認 

地域マニアには大切な試合でございます 。

とりあえず日岡山に到着。周りは田んぼ、大自然で家もありませんが
「鳴り物禁止」 理由は地図を見てください。なのに奈良クラブは能とかで使うようなタイコとゴングを使ってました。
 加古川のコールリーダーが挨拶で「ただ見ていただけるだけで結構です。良いプレーには拍手を送ってください」が印象
 あと某チームの太鼓師さんが鳴り物禁止のところで鳴り物を使わずバケツをひっくり返して鳴り物として使用の件で「あれは・・・鳴り物ちゃうしね・・・」と少々呆れぎみ

加古川スタメン
GK:日野
DF:松本・福田・大久保
MF:桶田・竹内・竹内・辻村(弟)
FW:新保・鈴木・堂柿
SUB:津司・長瀬・仲道・辻村(兄)・松川・水谷・森脇

奈良クラブスタメン
GK:シュナイダー潤之介
DF:三浦・伊澤・志水・森田・野本
MF:塚本・小野・稲森
FW:瀬里・鶴見
SUB:松本・岡山・吉田・濱岡・池田・岸田・桜井 

スタッツを見ると元奈良クラブが加古川には3名います。いわば恩返しがいきなりできるチャンスな訳
元FC大阪の選手も3人いるや・・・

結果は2-2の引き分けでしたがすごく内容が濃かった。

加古川のスタメン
2014y04m12d_212457505

3-4-3というコンパクトにまとめるスタイル・・・と言いたいですが旧docomoの携帯というか・・・なんというか
引きこもってカウンター。
しかし、堂柿が少々ややこしく無駄にヒールパスをする。お前のテクニックなら推進力は関西Lでも片手に入る実力者だぞ・・・
「シンプルにいけ」と言いたい。いやちがう。自分で切り込んで新保・鈴木にロストを拾ってもらう…これに徹したらもう少しいけるぞよ。

このチームも蛇口(パサー)もわかりました。№25辻村弟です。加古川の得点全てに絡みました。彼の制度のいい左足からのクロスは注意。1点目はコーナーからの混戦でした。勿論辻村弟がキッカーあの制度の良さが光る

2点目もセットプレー彼の左足から大久保に合わせると思いきや彼はおとり。ファーに走り込んでた松本にドンピシャで0-2です。ここまで、完全に加古川ペース。加古川は100点の45分でした。

相対する奈良クラブ
2014y04m12d_221408072
新加入選手シュナイダー潤之介を中心に5バックというか、これでどうするのか?マジでイマイチだった前半
それは加古川の誇る引き籠もりスタイル。docomoの携帯ですよ901とか言わない 
それでハーフラインでボールを回すというか回すだけ・・・瀬里に縦ポンしても「そこは残念大久保だ」
まぁ跳ね返す、跳ね返す。大久保の加入はやっぱり違うなぁと流石安定と信頼の「アミティエブランド」やで
そしてボランチをうまく使えない、野本のアーリークロスもイマイチで前半で2失点。
終了間際に小野のミドルで2-1となる。
加古川は「守って逃げる」奈良自体正直敗戦濃厚。しんどい後半であることは間違いない。

さてさて後半。選手交代を全く知らなかったHTで№20稲森→№30桜井を投入。知らなかったこれを見逃していた私のミスだわ。
彼が入ったおかげでボランチが機能しだす。
2014y04m12d_223409730

後半は加古川は電電公社スタイル継続。奈良クラブは攻め込めないので野本のアーリークロスを繰り返すが
大久保が跳ね返す。
69分加古川が動くサイドハーフの№25辻村(弟)を変え№14の長瀬を投入。
77分カウンター狙い&新保がばてたので我々のアイドル森脇を投入。
2014y04m12d_224950613
2014y04m12d_224950613
もう逃げる&ワンチャンス狙いが見え見えです。奈良に引導を渡すスタイルですが、奈良クラブはどうるのか

ええここで、奈良クラブは岡山投入を決断。個人的には濱岡ナンダケドナァ。。。
安定の信頼の縦ポン中盤無視が始まります。
そのスタッツがこちら
2014y04m12d_230456062
もうこれは岡山or瀬里が落として鶴見が拾う。もうだめだ・・・サッカーからほぼテニスになるぞこれ・・・
案の定テニスでした。
しかし岡山が決める
森田のロングフィードから岡山が競り勝ちそのままゴール。加古川追いつかれる。
2-0は怖いスコアなんだな・・セレサポでもある私は0-3なら勝てると思ってしまいますwww
両方交代枠を使うがそこから動かずスコアレスドロー
外野には非常に面白い試合でした。

森脇に関しては、監督のやりたい事を理解してたので、安心しました。ただ、敵にしたら厄介やなぁ・・と実感



 先日、在京サポとしては貴重な関東アウェーを観に日立台に行ってきました。

4月ながらとても寒く…雨が降るかどうかといった天候。
個人的に雨のアウェーは2010開幕戦を思い出すのでわりとネガティブな印象が強いです。(実際にはそんなに降りませんでしたが) 
柏サポのotteさんと札幌サポのやすたんと3人で観戦。

まさに戦っている相手と並んで観戦なんてのは初だったのですごく不思議な感じ。
気が強い人間同士なら試合展開次第では某所のようにふうf…もとい、喧嘩に発展してもおかしくないのですが。 
まあそもそも自分は試合中喋らないタチではあるし、otteさんも基本的に落ち着いてるので問題なし。

さて、本題に入りましょう。

スタメンは杉本が外れ、扇原が復帰。
個人的には残念だったのですが真夏のブリーラムから戻ってきたこともあり、コンディション面がどうなのか自分にはわからないので仕方ない部分もあるのかなというのが本音。

序盤から左サイドで数的不利を作られる。
理由はいくつかあって、南野の戻りが中途半端なこと。
それから左のCBに入ってる山下がレアンドロとのマッチアップになり、工藤を丸橋で見る状況になっているところ。
扇原がかなり気を遣っていたものの、キムチャンスが空くシーンが目立つ。
いきなりの失点シーンはまさにそのキムチャンスのクロスから。

シュートのコースに関しては明らかに偶々ではあるが…少なくとも左サイドが常に数的不利を作られていて崩れるのは時間の問題だったのは確か。
元来サイドの守備が弱いとされているうちの守備において、南野は確かに対人守備の能力はそれなりに高いのだが…ポジショニングはもっと改善すべき。

CKからの失点はアーリアのミス。一歩下がれば届いたはずだが…ジンヒョンは2失点どちらもちょっとノーチャンスだったように見える。

終盤面子を入れかえた後の猛攻はかなり迫力があり、杉本から丸橋のゴールシーンなんかはらしさが見えるシーンでもあったのだが…。

反撃も及ばず1-2。
鹿島と広島が走り出してることもあり、かなり痛い敗戦。

個々の能力は高いがチームではないとの感想が隣からもあったが個々の能力が還元しきれてない感じが歯痒いのは確か。
ただ、少なくとも今回の敗戦の責任は決定機を逃し続けたFW陣にある。
リーグ戦ではDF陣のが遥かにゴールを決めている状態なので自分が決めるという強い意志の感じるプレーを見せてほしい。

あともう1つ。フォルランは確かに“巧い”のだが、周りが欲しいテンポからワンテンポパス出しが遅れているのが気になる。
これは開幕からずっとそうでフォルランがボールに触るとリズムに一拍入る。
これが活かせる場合も出てくるとチームのプレーの幅も広がるのだけど、現状目先の勝ち点3に近いのはその一拍を無くした早いテンポの崩しなので色々勿体ない部分を感じる。


対戦相手の柏について。
ちょくちょく試合自体は観ていたのだけど、今回ほどレアンドロが楽しそうな試合は今シーズン初。
というのかレドミは不要なのではないかという疑問が。 

工藤と田中を両脇に置いて中央で暴れるレアンドロからは非常に能力の高さを感じる。
山下が負けていたとは思わないけど中盤に下りてきての仕事されるのは非常に厄介だった。

レアンドロを活かす今のフォーメーションを採用するならレドミの居場所はない。
レドミがボールを持てば当然光るプレーは出てくるのだが、レアンドロとの噛み合わせが悪い上にリスクとの釣り合いが取れてない印象。

レドミレアンドロ工藤のトライアングルは絵に描いた餅に終わっているが、レアンドロ工藤TJの3人は非常に脅威であり、これを続けるのであれば年間で5位前後に付けてくるのではないかと。
それと今年は菅野さんが調子いい。
開幕から何度も負けを防いでる。昨シーズンがわりと不味かっただけに今年の復調がレイソル自体に与える影響はかなり大きい。

さて、週末のダービーは南河内氏に任せようと思います。
ここはきっちり叩き潰すべき試合。うちの攻撃陣が点を取れるかどうかが1つの分け目かと。

その次の味スタアウェーでまた現地に行きたいと思いますのでその際にはここで報告させて頂こうと思います。 

日本代表候補合宿に南野拓実・川又堅碁・小林悠ら7選手が初選出(まとめ)
http://blog.livedoor.jp/domesoccer/archives/52077995.html
ドメサカさん記事の引用で1ネタ投下。


山下達也、塩谷司、今井智基、昌子源、川又堅碁、小林悠、南野拓実の7選手は初召集。
(小林はケガのため不参加、広島 石原直樹が追加招集)
さて、この7+1(小林)、8人について雑感を少し。


・山下
昨シーズン終盤、自分の周辺のサッカークラスタでは、彼の話題で持ち切りだった。
それにしても、昨シーズンほとんどセレッソの試合を見てこなかったせいか、彼の良さが
つい最近までイマイチわかっていなかった。

第3節、清水エスパルス戦。
彼の身体能力を見せつけられた。
打点の高いヘディング、寄せられても軸のぶれない体の強さ、確かに日本人離れしている。
世界相手に戦えるファイタータイプは必要。

足元はどうなのだろうか。

・塩谷
当初、森脇の上位互換か?と思っていた。
森脇より、パワフルでダイナミックなプレーが持ち味で、キックの強さも持っている。
チャレンジを恐れない身体能力を生かしたダイナミックなプレーは、
Jリーグで飛びぬけて目立っている。

ただ、広島という特殊な環境下で輝いている彼が、ザッケローニのサッカーでも生かせるのか。


・今井
昨シーズンから注目している選手。
運動能力が抜群の選手で、ムラが少ない堅実なプレーが特徴。
長い距離を走ってのサポートや激しい上下動にも耐えるスタミナや体の当りの強さは、右の長友、、、
というと言い過ぎかもしれない。
今シーズンはゴール前まで侵入するプレーも見せている。
イタリア人が好みそうなタイプである。
(確かに良い選手だが、インパクトでは塩谷やパンゾーの方が上ではないかとも思う。)

・昌子
プレシーズンマッチだったか、植田と組んだ試合を1度見たが、
チョンボありの悔しい試合だったと思う。
正直、あまり見たことがないので多くは語れないが、鹿島でスタメンをはれる選手は
代表候補になるだけの実力はある。

今後は鹿島の試合、要チェックや!!



・川又
なんか色々おかしい人。
彼は常識が通用しないという意味では、久保竜彦にそっくりである。
昨年、2度ほどTV観戦、1度生で彼を見た。
動き出しのタイミングや動き方が動物的で、クイックネスとパワフルさを兼ね備えた”強いCF”

ただ、彼1人では点を取れない。
となると、組み合わせは非常に重要である。

彼を前線に置いた場合、多少無理な配給や点で合わせに行くようなクロスでも得点チャンスがあるのは大きい。
また、アバウトに放り込むための的としても優秀なので、1トップ候補としては期待大。

そうは言っても、やはり組み合わせは重要だと思う。
あまりにスペースがない中で、DFを背負い続けるのは 彼の魅力を引き出せないだろう。

動物は前を向いてナンボのもん。(誰かさんっぽい言い回し、、おーこわ。


・小林
仲良しサッカークラスタでもある、大人気ブロガー 暁さんの若かりし頃のご尊顔にクリソツな選手である。
CFで起用するには線が細く、DFを背負いながら前を向くことは難しい。
また、サイドで起用するにはドリブルやクロスがないので、CFとの絡みでオフ・ザ・ボールの動きでペネトレーションするタイプ。
多少無理な体勢でもゴールマウスを捉える決定力や、思い切りの良さは素晴らしいが、(大きな分類で)タイプが近い岡崎と比べると汎用性に欠けるのではないだろうか。

ケガは残念、人生変わったかもしれないのに、、



・南野
最有力即戦力の1人。
驚異的なテクニックとクイックネス、シュートやクロスへのアプローチに自分の型がいくつもある素晴らしい選手。
攻撃時に押せ押せのセレッソ大阪でのプレーが代表でどうなるか?
1度は現有戦力のスタメンに混ぜてみたい選手である。

ただ、現時点ではあくまで使われる側の選手である点は考慮すべきである。
強豪相手に、香川や柿谷、岡崎との同時起用はあまり現実的ではないと思う。

現時点では、乾が脱落しそうなジョーカー枠を斎藤学と取り合う形になるだろう。


・石原
使われる側の選手の代表格。
湘南時代に初めて見てから注目してきた選手で、個人的には非常にうれしい召集ではあるが、岡崎に大きなトラブルでもない限りは最終選考に残ることはないだろう。


総括
今回は非常に目的がはっきりとした合宿になると思う。
1、CB、RSBに負傷者が出ており、スタメン、バックアップを探していること。
(柏の鈴木、広島の水本など、、、、なお勇蔵くんは、、、、、)
2、乾が不調に陥り、2列目のジョーカーの選抜が振出しに戻っていること。
(ゲンキ・ハラグチも再度招集されている)
3、長谷部が間に合わない場合の想定。
(柴崎、アーリアが再度招集され、高橋先生も呼ばれている)

この3つが今回の合宿のとらえ方になると思う。
とはいっても、もうW杯まで試す場がほとんどないので、博打的な要素が大きい。
監督に計画性がない という指摘できるだろうが、最後まで可能性を広く持つことは、悪くないと思う。




さて、最後に今回召集されなかった中で、個人的におすすめ選手を数人。
あくまで列挙するだけなので、あくまで列挙。

大久保嘉人、興梠慎三、中村、、、中村俊輔。


はい、最後の人が言いたいだけだったですね。
では、、、また。

ついに発表されましたね。

我らが、山田暢久選手の引退試合の詳細が。。。

「山田暢久 引退試合」開催のお知らせ


◆大会名
山田暢久引退試合 『Nobuhisa Yamada Testimonial』

◆日時
2014年7月5日(土) 17時00分キックオフ(予定)

◆対戦カード
浦和レッドダイヤモンズ vs レッズ歴代選抜 Rest of the REDS
※出場選手は、後日発表いたします。

◆開催場所 埼玉スタジアム2002



取り敢えず、歴代選抜とか誰が来るんだ?

変な話、Jリーグ2年目から在籍してるから、レッズに在籍経験のある選手はほぼ全員と言っていいほど、一緒にプレーしてるんだもんな。

ペトロビッチさんとか、べギリスタインさんとか、バインさんとか、ギドさんとか、往年の外国人選手には是非来ていただきたい。

そして、岡野さんと闘莉王さん、貴方達がいないと盛り上がりませんよ。



とりあえず、続報を期待しましょう。

このページのトップヘ