フットボール マンション

『フットボールマンション』は、各住人に一つのカテゴリー(部屋)を与えており、その中で自由に執筆活動をしております。 初めて当サイトにお越しくださったお客様は、是非、右記カテゴリーより『はじめに』及び『住人の自己紹介』をお読み頂ければ幸いです。記事の更新情報は公式ツイッターアカウントから随時発信されますので、是非フォローをお願い致します。

あれ????
なんか人がニッパツの看板の上にいますね。
数年前、思わずカメラにおさめた1枚です。

あ

この試合、夏場の熱い日の試合でした。
また、内容が荒れた試合でもありました。
詳細については家本さんのウィキペディアをご参照ください。

家本さんも今はこう言いたいと思いますよ。
反省してまーす ってね。

お後がよろしいようで。

Jリーグ史上最強チームはいつの時代のどのチームか、という話題になると、
01年、02年辺りの磐田が候補の1つとしてしばしば挙げられる。
当時の磐田を象徴する戦術が "N-BOX" であり、磐田ファン以外でもかなりの知名度を誇る。
だがしかし、N-BOX に関する議論を眺めていると、N-BOX に関して多くの人の見解と自分の見解の
間に多くの差異があることをしばしば認識する。
そもそも、磐田サポの中でもこのシステムの理解には大きなギャップがある。
今回は、自分なりの "N-BOX" を理解を明らかにすることで、この記事を読まれる皆様が
N-BOX を認識する際の手掛かりになろうと思う。

・そもそも "N-BOX" ってなに?
サッカーの戦術の名前。フォーメーションの名称ではない。
wikipdedia では "中盤の陣形" と説明しているが、規律無しでこの配置をやると
弱いを通り越して崩壊に至るので、やはり N-BOX は規律含めての名称であるように思う。
一つの戦術に個別の名称がつくことは稀なので、その点でも印象深いワードなのだろう。
ちなみに、命名は当時毎週発行されていた専門誌「サッカーマガジン」である。

・どんな戦術なのか
N-BOX は、プレスとカバーリングによる能動的なボール奪取を可能とするシステム。
前線から最終ラインまで、チーム全員で絶え間なくプレスとカバーリングを行い、
ボールを高い位置で、或いは相手の攻撃を狭いエリアに誘い込んで奪うことができる。
選手の並びは以下の通り。
サイドハーフを置かず、サイコロの「5」の目のような中盤の5人の選手配置が特徴。
N-BOX1

この戦術の最大の特徴は、波状攻撃ならぬ波状防壁を作ることにある。
ボール奪取までの流れを、図を交えて簡単に説明してみる。
相手が4-4-2で、左サイドから攻めてくると仮定する。
サイドが変わっても、N-BOX は左右対称の戦術なので、同じ事を実践すると考えて欲しい。

N-BOX2
まずはボールに近い方の FW が相手のボールホルダーに対してチェイスを行う。
相方の FW とボールサイドの2列目の選手は、中央へのパスコースをカットしながらフォロー。
相手は、チェイスを受けているので正確なサイドチェンジは出せず、隣接する選手に
横パスを出すしかない。
今回の場合では、赤の3番は2番か5番にしか出せない。

赤の5番がボールを持ったら、水色はボールサイドのFW と2列目の選手で中央へのパスコースを
カットしながらプレスをかける。同時に、ボランチがボールサイドに寄り、相方のFW と逆サイドの2列目の
選手は中央に絞る。ちなみに、技術の未成熟なチームが相手の場合はここで奪えてしまう。

逆サイド、および中央へのパスコースがカットされているので、赤の5番はサイドから縦にパスを出す。
ここで水色チームはボールサイドに寄っていたボランチが守備に当たり、中央にいる "7番" が
ボランチがつり出されたスペースをカバー。2列目の選手も前線から戻る。
すると、下記の図のような状態になる。
N-BOX3
ボールホルダーを3人で囲める。ここで奪える。

これが N-BOX の守備の基本的な規則。
攻撃は、奪ったところから即座にカウンターを発動する。
試合を落ち着かせたいときには、逆にゆっくり回して相手を帰陣させる。
他にもたくさん決まり事があるが、数が多いことと複雑すぎることから、ここでは紹介しきれない。
この戦術の代表的な流れを説明することで、戦術の紹介としたい。

・N-BOX は守備のシステム
ここまでお読みいただいた方ならお気付きだと思うが、N-BOX は守備をするために考案された戦術であり、
最大の強みは攻撃面ではなく優れたボール奪取構造にあった。
むしろ、攻撃面の規則はほとんど決まっていなかったらしい。
Number 798号 の「ジュビロが最強だった理由」記事内にて、名波が N-BOX について
「攻撃の場合、5人の動きは基本的に自由。最初は服部だけが定位置を守るという考え方だったが、
トレーニングもしないで勝手に連携が生まれた」と語っている。
何よりもまず、この点を誤解を解いておきたい。

・N-BOX は7試合くらいしかやっていない!

これもまた誤解されることが多いが、N-BOX が採用されていたのは 2001年1stステージの半分だけ。
カップ戦で多少あったとしても、多く見積もっても10試合には達していない。
というのも、戦術の核である名波が1stステージの途中で怪我で離脱してしまったため。
N-BOX には、長い距離が走れて守備時のカバーリングのセンスがあって、かつ奪った時の
攻撃の起点になる役割が求められる選手が必要不可欠であるが、こんなことができるのは
当時の磐田では名波だけだった。というか、Jリーグ全体で見渡しても名波だけだった。
名波抜きの初戦となった試合で、磐田は藤田俊哉を中央に配置した "F-BOX" を試した結果清水に完敗。
以降、サイドハーフとトップ下を置いたオーソドックスな 3-5-2 でシーズン終了まで戦っている。
翌年にはまた違うことをやっていたので、結局 N-BOX は7試合程度しか導入されていないのである。
恐らく名波が離脱するまでが鮮烈すぎたので、そのイメージが先行しているのだろう。

・N-BOX の弱点はなに?
ウイングを置かれることと精度の高いサイドチェンジをされること。
相手に高い位置に張っているウイングがいると、どんなに頑張っても寄せる前にサイドの深い位置を
使われるので、狙い通りにボールを奪えずピンチが多発するばかりか、カウンターも打てずにチャンスが減った。
典型的だったのが当時のFC東京。当時のFC東京は両サイドに高い突破力を持つウイングを配置した 3 トップを
配置し、なおかつ精度の高いサイドチェンジを連発していたので、FC東京戦では深刻な戦術崩壊を招いた。
当時の対戦では勝利しているが、これは負けそうになった結果 N-BOX を放棄して
個の力で勝負という超強引な手段に出た結果。
N-BOX という戦術面では、完全にFC東京に屈していた。

・N-BOX を再現することはできるか?
できないことはないと思うが、現代で再現するのはあまりにナンセンスだと思う。
N-BOX は、試合に出ている選手達の戦術理解が高い次元で融合していないと、簡単に破綻する。
カバーリングが一瞬遅れただけでもすぐに突破されるし、プレスに行くタイミングを間違えたら
後方の選手がついてこない。カウンターに関しても、チームメイト全員で「あの位置で奪う」という
共通理解の元、奪った時には既にカウンターが始まっているという状態だった。
その共通理解を養うには長い年月の間同じメンバーで試合をこなす必要があるが、
試合数が当時に比べて格段に増えている今、ターンオーバーの効かないレギュラー完全固定システムを
導入したら、7試合とは言わないまでも1シーズンは絶対に持たない。
相互理解が進む前に、ガタが来てしまうだろう。

・N-BOX は現在でも通用するか?
ある程度は通用するだろうが、かつてのように絶対的王者に君臨するのは無理だと思う。
当時のJリーグに比べて、現在は選手全員の技術が洗練されている。フィジカルコンタクトを受けながら
正確なロングパスを通せる選手はどのチームにもいるし、複数人に囲まれても平気で突破していける
選手もいる。しかも最近ではキックの精度が高いGKが台頭し始めており、プレス回避にGKを使うチームも
多い。いかに N-BOX といえど、GKにまでプレスをかける仕組みはない。
技術的、戦術的に未成熟な部分が多かった当時だから通用した戦術であり、
「プレスしたら奪える」という前提がなくなった現在では、無闇矢鱈にラインを上げるこの戦術は
根底から覆されてしまう。技術的に未成熟なチームに確実に勝つ、という意味では無類の強さを
発揮するだろうが、上位チーム相手には通用しないだろう。

・結局何が言いたいのかというと
最後の方で N-BOX を否定したので、「お前は N-BOX が嫌いなのか」という疑念を
抱かれた方もいらっしゃるかもしれないが、そんなことはない。むしろ大好きまである。
当時としては洗練された戦術であることは間違いなかったし、歴代最強議論で毎度挙げられるのも
悪い気はしない。ただ N-BOX の構築には長い時間を要し、かつ構築しても扱いが非常に難しいこと、
また構造自体に限界があることを思うと、「またやってくれ」という気はまったく起きない。
Jリーグの歴史を振り返る上で、日本サッカーを成長させる要因の一つとして有意義なものだったと
たまに思い返すのが、N-BOX との正しい付き合い方なのだと思う。


・ついでに
N-BOX を考案、実践することに成功した鈴木政一監督は、現在 U-18日本代表の監督を務めている。
もともとスカウト出身で若手選手の選出眼には定評のある鈴木監督が、
自身の目利きと戦術構築能力をどう活かすのか、磐田サポーターとして興味は尽きない。
かつて「日本のデル・ボスケ」とも評された戦術の鬼才がどのようなチームを作るのか、
またどれだけの選手を未来に送り込むのか、ぜひとも皆様に見守っていただきたいと思う次第。


夜磐


「おおきくなったら、うらわれっずにはいりたい」

小学生時代、私を取り巻く友人達の多くが本気で抱いた夢である。


幼稚園の年長時代に埼玉県与野市(当時)から隣町の大宮市に転園してきた私に「サッカーしようよ」と誘ってきてくれた子がいた。
それまで、実は一度もサッカーなどやったことが無かった。
しかし、転園したばかりの友達が居ない状況で、誘われれば喜んでついて行くし、両親はその光景に安堵したという。

ここが、私のサッカー人生の始まりである。

小学生に上がり、私はサッカーへ招き入れてくれた恩人と共に地元の少年団に入ることになる。
事実から述べると、フィールドプレイヤーとして試合に出られることはほとんど無かった。
試合に出られないならということでキーパーへの転向を図ったのも小学4年生の頃である。
幸いなことに身長だけは高かったので、多少有利に働く点はあったが、それでもやはりうまくはいかなかった。

ただ、サッカー自体を嫌いになることは全く無かった。
下手くそではあったが、みんなとサッカーに興じているときは楽しかった。

そして、自分が育った埼玉県には浦和レッズがあった。

「おおきくなったらうらわれっずにはいりたい」

小学校からの帰り道で、この手の会話をしたことは今でも記憶に残っている。
(まあ、その中で1人「僕は、ACミランに入りたい!」と息巻く友人もいた)
今思い返せば、本当に良いタイミングだったと思う。小学生といういい意味で一番自己形成をしやすい時期にJリーグが生まれ、更に自分が住んでいるすぐ近くにチームが生まれたという事実。

幼いながらも初めて自覚的に描いた「夢」である。

この後、進学するに連れて、私とサッカーとの関係は非常に難しい関係になっていった。
サッカーが原因で不登校の一歩手前まで足を踏み入れたこともある。
私をサッカーへ招き入れてくれた恩人達とサッカーをすることを意図的に避けていた時代もあった。
毎回、断る理由を考えながらの苦しい時期であった。

まあ、この辺りの話までしだすと本題から逸れすぎてしまうので、私の話はこの辺にしておきましょう。
(ご希望があればまたの機会に)


「何故、浦和レッズを応援しようと決意したのか」


たまたま、このブログをクリックしてくれた皆様にもお伺いしてみたいのですが、「何故、○○を応援しよう」とご決意されたのでしょうか。
・チームの所属地と出身地もしくは住所が同じだから。
・偶然、友人や恋人に連れていってもらって、「サッカーって生で見るとおもしれーじゃん」となったから。
・代表戦でイケメンを見つけちゃって、その選手のいるチームの試合を見に行くようになったから。
・自分が惚れ込んでしまった選手がいるから。
そこには、実にいろいろなパターンがあると思う。

おそらく、候補を出せばキリがないでしょうし、10人に聞けば10通りの回答が得られるだろう。

では、私の場合は…。

もう、お分かりかと思いますが
「おおきくなったら、うらわれっずにはいりたい!」
やはりコレ。

別にかっこつけているわけでも何でもありません。
極めてベタな表現かもしれませんが、こうなのだからしょうがない。

浦和レッズを応援すると決意した根っこの部分は、やはりここにある。

子供の頃に描いた「夢」である浦和レッズを越えるチームが、私の前に現れる気配は今のところ皆無。
恐らく、今後も現れないだろう。

唯一、候補として挙がるチームがあるとすれば、同じさいたま市を拠点とする「大宮アルディージャ」かな?。
浦和レッズを応援する人の中に、大宮アルディージャを嫌う人は少なからずいるでしょう。いや、多いといっても過言じゃないと見て良い。
しかし、私はそのパターンには該当しませんし、恐らく今後も変わらないでしょう。
(この話もまた別の機会があれば)


さて、少し長くなり始めましたが、ここで一つ究極ともいえる問いを立ててみましょう。

「『浦和レッズ』の全選手及び全スタッフが、急遽、大嫌いなライバルチーム『大宮アルディージャ』に移籍してしまいました。その代わりに、『大宮アルディージャ』の全選手及び全スタッフが我が『浦和レッズ』に来てくれました。変わらぬものは、赤いユニフォームと我が家埼スタ。さて、むちゃくちゃな条件ですが、この両チームが試合をするとき、どちらのゴール裏に陣取りますか?」

※ 別に、相手がアルディージャである必要は無いのですが、分かりやすくするためにそう表記しました。読者の皆様も自分なりのチームを当てはめてみてください。


たぶん、私はこの状況でも『浦和レッズ』を応援するのだと思います。
多少の混乱はあるかもしれませんが、最終的には「WeAreREDS!」と叫んでいる気がします。

気持ち悪いと思う方もいるでしょう。その気持ちもわかります。

ただ、遊び感覚を除いてあの埼スタの小さなアウェイゾーンから、赤いユニフォーム着て奮闘している選手にブーイングは出来ないと思いますし、そちらの方が間違いなく気持ち悪いです。自分自身が…。
仮に、このケースで大宮アルディージャを選択することが、間違いとか言うわけではありません。
私がレッズにブーイングできないのと同様に、原口元気や阿部勇樹にブーイング出来ないという人がいても何らおかしくないし、それも極めて普通の感覚でしょう。

仮に、この構図に耐えきれずに浦和レッズを離れる決意をしたとしても、私は他チームを応援することはないと思う。

元に戻ってしまいますが、結局、子供の頃の「夢」を越える何かしらの動機が生まれるとは考えにくい。

仮に、フロントがチーム作りに関してどれだけ迷走しようとも、チームにどんな選手やどんな監督が来たとしても、どれだけ弱くなったとしても・・・。
まあ、本当にこんな状況になったら、毎週のように怒るだろうし毎週のように暗い足元をみながら美園の駅へ歩いて帰ることになるでしょうが、それでも、スタジアムに行かなくなるとか、サポーターをやめるとか、そういう話にはたぶんならない。

ここで、「アイデンティティー」などという良く解ってもいない言葉を使うつもりはないが、
「サッカー」そして「浦和レッズ」が、自己を形成する上で不可欠な存在になってしまっているということでしょう。

そういう意味では、不自由なのかもしれませんがそれで良い。


23年前、私に「サッカーしようよ」と一言声を掛けてくれたあの瞬間が無ければと思うと、今でもその恩人には感謝の気持ちしかない。
ただ、恥ずかしいので直接伝えるのは、自分がもう少し老けてからで勘弁してください。



ちなみに、何故ちょっとこんな記事を書いたかということについてだが、そこに関しては今は伏せておくことにする。
必要になれば、また書く時が来ると思います。


ポンチョビ

Q1:お名前は?
北海太郎 と申します。

Q2:ツイッターIDを教えてください。
@hokkaitarou2

Q3:
性別は?


Q4:
血液型は?
牛はみんなB型です。

Q5:
貴方が推しているチームを教えてください。
コンサドーレ札幌
 

Q6:貴方が好きなサッカー選手を1名あげてください。
曽田雄志

Q7:Q6
で答えた選手を選んだ理由を教えてください。
内緒

Q8:
好きなスタジアムはありますか?出来れば理由も添えてください。
訪れたスタジアムの数が少ないのでなんとも言えないが
感動をもらった数でいえばやはり札幌ドーム

Q9:
あなたはサッカーのプレー経験がどれくらいありますか?
小学校の6年間

Q10:
御自身が得意とされているプレーはありますか?
狙ったところにボールを蹴る。
ワタシのことはアベッカムとお呼びなさいな。

Q11:
御自身が苦手とされているプレーはありますか?
走ること。ノンプレッシャーで止まったボールだけ蹴らせて。

Q12:
年間でどれくらいスタジアムでサッカーを観戦されますか?
10試合程度。金と時間が許す限界がこんな感じ。


Q13:
サッカー漫画でお薦めがありましたら教えてください。出来れば理由も添えてください
ジャイキリ(GIANT KILLING
サッカークラブ を軸に、それに関わる全て(スポンサー、監督、スタッフ、サポーター等)を
描こうと頑張っているから。
正しいかどうかは読んでご自分でご判断ください。 


Q14:
サッカー以外で好きなスポーツを一つ上げてください。出来れば理由も添えてください
バスケ、アメフト、ベースボール。
アイスホッケーは好きじゃないのでアメリカかぶれではないです。

Q17:
スカパーには加入されていますか?
J
リーグパックに加入しています。

Q18:TOTO
はやりますか?最高当選金額などありましたら教えてください。
2000円くらい。
牧場の土地を拡張したいので、毎回6億に期待してるんですけど。 


Q19:
ウイイレのマスターリーグにおいてのデフォルトチームで一番の推し選手は誰ですか?
ミナンダを使ったことのないやつは友達になれない。

Q20:
ご自由に好きなことを書いてください。

マンションの住人として自覚をもって
頑張っていきたいと思います。

 

 


このページのトップヘ